輸入住宅のメンテナンス性

輸入住宅の魅力の一つは、経年とともに手入れを施すことで、味わい深くなり、より趣のある家になる点です。
ここでは、天草ハウジングの輸入住宅のメンテナンスについてご紹介します。
メンテナンスはより長く住み続けていくためにも非常に重要な作業です。そのためにはメンテナンスのタイミングを知ることが第一歩となります。

輸入住宅の造りや部材の素材と適切なメンテナンスのタイミングを知ることで、長く住み継がれる家を育てていってください。

外回り <メンテナンスの目安:10年>

家
ほとんどの外壁材が10年サイクルということを前提としているので、定期的なメンテナンスをするようにしましょう。
「この状態はメンテナンスが必要かな?」と迷った場合は、一度メンテナンス部にお問い合わせください。

屋根、軒回り、窓回り <メンテナンスの目安:10年前後>

屋根
最終仕上げで塗装をするのですが、そのメンテナンス時期の目安は10年前後です。
煉瓦はメンテナンスフリーとはいえ、手を加えながら家を造り上げていくとより継続性のある家になります。
また、輸入部材を使用する場合、気軽に交換できなくなるのでは?と不安になる方もいらっしゃいますが、天草ハウジングでは必ずしも輸入部材を使用しているわけではありません。
会社で選別をして、地域の修理屋さんでも入手できるような物も取り扱っています。
そのため、メンテナンスが必要になればすぐに部材を交換できる体制を整えています。

無垢材のフローリング <メンテナンスの目安:10年>

無垢材のフローリング
貼りものフローリングの場合はコーティングがはげたり、ベニヤ板が見えてしまったりと劣化しやすいという難点があります。
一方、無垢材のフローリングは1本の板からできているため、10年経っても綺麗さは変わりません。
もちろん経年とともに年季は入ってきますが、それは味わいとなります。

全館空調設備 <メンテナンスの目安:毎日>

工具
定期的なフィルター掃除が必要ですが、どなたでも簡単にご自分でできる簡易なものです。
日々のお手入れをきちんとすることで、より清潔な空気で室内が快適になります。
機械部分のメンテナンスが必要な場所は、弊社にお問い合わせいただくか、お近くの電気屋さんでも修理依頼することが可能です。
ページトップへ