スウェーデン

森と湖の国スウェーデン。


神々がトネリコとニレの樹から一組の男女を作ったという神話があるほど、木の文化が根強く受け継がれた国。

凍りつくような銀世界の中で、木の温もりに包まれながらゆっくりと時を過ごす人々。

MG_3404-e1532322505627
素朴なパインの壁に、飾られた人形や絵皿。

母から子へ受け継がれたキッチンの木目は、料理とともにより味わい深く。

薪を焚いたストーブの炎は、体だけでなく心も温め続ける。

はだしで歩くと、パインの温もりがやさしくてつい幸せな気持ちになる。


そんな風景を、SVENSKAHUSに。

SVENSKAHUS(スヴェンスカヒュース) の主な特長

1.スウェーデンの森の恵みを生かす。
スウェーデンの森の恵みを生かす。
スウェーデンでは、1903年に伐採後の植林を義務付ける森林法という法律が定められたほど、森を管理する制度が古くから発達しています。
その背景には、ヨーロッパで良質の木材の需要が高まり、継続的に木材を提供する必要性が高まったことがありました。
現在も伐採する以上の面積が植林されており、森がますます広がりつつあります。
そんな豊かな森が生み出した木材は日本をはじめ世界中に輸出され<SVENSKA HUS>にも活かされています。

スウェーデンは北緯55度から69度の間に位置する北の国。

北部は厳しい極北のため、約900万人の人口のほとんどが中・南部に集中しています。
その国土は美しい森と湖に覆われており、自然を共有財産と考え、大切に守る習慣が根付いてます。

寒暖の差が激しい気候条件で育った木材の特長は、長い年月をかけてゆっくりと生育するため粘り強く引っ張り強度に優れていること。

製材工場に運ばれた木材は樹心を取り除いた後、用途に応じた含水率になるようコンピュータ管理された乾燥室へ。
ねじれやひび割れのない安定した建材へと生まれ変わります。

2.家族を見守り続ける家
hokuo_img2
<SVENSKA HUS>では、壁・床・天井にそれぞれ適した樹種の建材をご提案しています。
スウェーデンから輸入したスウェディッシュ・パインをはじめ、見る人に高級感を与えるチェリー、落ち着きを感じさせるオーク、明るいイメージのアッシュなど、天然の無垢材が理想の空間づくりをお手伝いします。
また、天然素材ケルザイムを使った塗り壁が、お部屋の空気を美しく保ち、有害物質とは無縁の健康的な環境をかなえます。

もっとも多く採用されている樹種はスウェディッシュ・パイン。
年数を経るにつれ、やさしい飴色に変化していきます。

100%天然の酸化カルシウムとミネラルを主成分とした、ケルザイムを塗壁材に採用。
調湿性・脱臭性にも優れています。

手に触れたときのすべらかな感触、手塗りならではの味わいあるテクスチュアは、長く暮らしても飽きることはありません。

1.一年中春のような室内は高い住宅性能の恩恵。
3-2
<SVENSKA HUS>では、1年を通じて素足で過ごす方や、冬でも半袖を愛用する方が少なくありません。

こうした快適さを創り出すには、24時間空調システムや床暖房、薪ストーブなどの設備が大きな役割を果たしていますが、どんなに高性能な設備を投入しても、住まい自体が高気密・高断熱でなければ、快適な温度を外へ逃がしてしまいます。

つまり、快適さを持続させる住宅こそが、真に優れた住宅なのです。

2.あなたの理想のライフスタイルをコーディネーターにお話し下さい。
コーディネーター
AMAKUSAのインテリアコーディネーターがご提案するのは、壁紙・カーテンなどの内装や照明関係だけでなく、お施主様1人1人の夢のライフスタイルをかなえるプランです。

ホームシアター、フィットネスルーム、SOHOスペース、アトリエ、サウナ、ベッドスペースなど、どんな夢でもお気軽ご相談ください。
コーディネーターがお施主様のご希望を細やかにヒアリングし、具体的なプランへと落とし込みます。
住まいを愉しむ ~癒しの空間~
もともと英国で温室として発達し、その後居住空間と庭の中間スペースとして定着したコンサバトリー。

広さや形のバリエーションも豊富で、熱帯性植物を育てたり、暖かな陽射しの中で朝食やアフタヌーンティーを楽しむなど、自由に使えるプラスワンの世界です。


長い冬を室内で過ごすことの多いスウェーデンでは、住まいの中でいかに楽しむかが大きな関心事。

家も住みながら手を加え、趣味の住空間創りを楽しむのが一般的です。
屋根裏をプレイルームにしたり、DIYや庭仕事に精を出したり、住む人の好みにより愉しむ方もさまざまです。

家に守られるぬくもり、是非ご体感ください。

横浜モデルハウス

北欧住宅SVENSKAHUS
 
ページトップへ