【バラ部】2019年 バラを楽しむ会開催!

天草ハウジングのお庭を彩るたくさんのバラをご鑑賞いただける

「バラを楽しむ会」

今年も開催が決定しました。

 

◆詳細はこちら◆

日程:2019年 5月 12日 (日)

時間:13:30 - 16:00

場所:立川展示場

 

バラを楽しむ会2019詳細

 

 

◇お申込方法◇

1.電話

TEL : 042-526-2433  (立川展示場)

 

2.各展示場に設置してある、または毎月オーナー様にお届けする弊社情報誌「AmaCan」3月号同封の応募用紙よりFAX申込み

FAX : 042-527-5480

 

3.メールにて「氏名」「お電話番号」「住所」「参加人数」を記載の上、送信

Mail : info@amakusa.co.jp

 

 

お申込み締め切りは 4月27日(土)です。

 

 

バラの花の鑑賞をしつつ、

ちょっとした楽しいイベントもご用意しております。

 

飲み物片手にゆったりとした時間をお過ごしいただけるよう、

天草ハウジングのバラ部員総出で企画しております。

 

皆様のご応募お待ちしております。

 

 

【バラ部】冬に向けての準備

こんにちは。バラ部の霜島です。

秋バラシーズンですね。
立川展示場では、あちらこちらにバラが咲いています。
数は少ないですが、春バラよりも色が鮮やかに出ていて、一輪一輪キレイです。

さて、そんなまだまだ秋バラを眺めていたい時ですが、
そろそろ冬に向けて準備を始めましょう。

11月下旬になると徐々に葉が落ち始め、シュートの成長もとまります。
(写真は10月中ですが、葉が既に落ち始めています。)
また、10月以降に出てきたシュートはそのまま冬を越すことができないので、
もったいないですが根元から切り取ってしまいましょう。

 

そして、11月下旬には1年間頑張ってくれたバラ達に、お礼肥えをあげましょう。
冬はバラが休眠期に入るので、じっくりきいてくれる有機質のものがおすすめです。
土も健康にしてくれる優れもですよ。

 

また、冬は病気も減ってきますので、薬剤散布の回数も徐々に減らしていきます。
そして、マルチングを敷いている方は外して、処分を。
病原菌や虫が潜んでいることがありますので、焼却処分するとよいそうですよ。

最後に水やりです。
段々と回数を減らしていきましょう。
休眠期に入ったバラは、土が乾いたら水をあげる程度で十分なんだそうです。
頻度としては、3日に1回、5日に1回、1週間に1回と、徐々に回数を減らし、
根が腐らないように注意をしてくださいね。

 

これから冬選定が待っていますが、今から来年のバラが楽しみですね。

今年のバラ↓

ポールネイロンとアンクルウォルター

ラ・フランス、ルイ14世、グルース・アン・アーヘン

 

以上。バラ部霜島でした。

 

 

 

【バラ部】

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

涼しくなってきましたね。
秋咲きの準備は出来ていますか?

 

今の時期の四季咲きの品種は、秋咲きに向けて成長している期間ですので、
あまり咲いているバラは少ないですね。

立川展示場でも繰り返し咲きの品種がパラパラと咲いている状態です。

 

そんな中でも元気なのが「ルイ14世」。

例年、あまり枝を大きく伸ばさなかったのですが、
今年はかなり大きく育ちました。

四季咲きですが、早咲きなので、
他のバラ達が咲いた頃にはいつも咲き終わっているので、
あまり注目されないのが残念ですが、
お花自体は中輪で濃い赤で、ベルベットのような色合いの何とも上品です。

 

隣に目を向けますと、花つきがとても良い「マ・パーキンス」が咲いています。

綺麗なピンク色の花をつける、丈夫で育てやすい品種ですよ。

 

マ・パーキンスで見つけたローズ・ヒップ。

花柄の摘み忘れですね・・。

 

ローズヒップティーでも作るのでなければ、
実はつけさせない方が良いですね。

植物も生き物で、種の保存の為にエネルギーを費やしますから、
実をつけさせてしまうと実の方に養分をとられてしまいます。

 

きちんと花ガラ摘みをしないとならない!!
そう思った朝でした。

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】ブルー・ムーンの復活

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

6月29日のオーナーズ倶楽部レポートで、
夏の元肥のお話しをいたしましたが、
その際に、まったく元気が無いバラとしてブルー・ムーンをご紹介しました。 ⇒こちら

 

そのブルー・ムーンですが、
努力の甲斐あって元気な芽が出てきましたよ!!

 

ここだけ季節感が違うのは相変わらずですが、
病気に比較的掛かり易い品種なので、
消毒をしながら育てて、
秋咲きに間に合わせたいと思います。

 

バラ部でした。