【バラ部】「バラを楽しむ会」ご応募ありがとうございました。

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月12日開催の「バラを楽しむ会」にたくさんのご応募ありがとうございました。

抽選をさせていただき、
当選された方もそうでない方も
キチンとご連絡差し上げますので、
今しばらくお待ちください。

 

さて、気になる現在のバラの状況ですが、
思ったよりも開花が遅れています・・・。

 

今朝の状況はこんな感じです。

 

モデルハウス正面側

 

玄関側のツルバラたちは
開花まであと数日要する感じです。

 

モデルハウス正面側 ガレージ前

 

ツボミはたくさんついています!

ここのところの冷え込みで遅れてしまったんでしょうか・・?

 

玄関側花壇のバラ

 

ツルバラよりは花壇の木立性のバラの方が早そうです。

特に早咲き品種の「ルイ14世」は開花しています!

 

ルイ14世

 

「ルイ14世」は早咲きの品種なので、
例年ですとバラを楽しむ会の時には咲き終わっていることがほとんどでした。

今年はこの花も皆様に観ていただけそうですね!

この「ルイ14世」はここ数年、
枝の新旧交代に成功し、
毎年若い枝を伸ばしてくれるようになったので
花つきがすごく良くなってきました。

 

 

では裏庭に回ってみましょう。

 

モデルハウス裏庭

 

裏庭の方が日当たりが良いので
少し進行が早いみたいです。

ですが、入り口のツルバラはどれもまだ開花していません。

しかし、ツボミの状態をみると
開花まであと2~3日だと思います。

 

モデルハウス 裏庭

 

見ごたえがありそうな一角のバラたちも
開花まであと3日ほどでしょうか。

 

開花間近のブライダル・ピンク

 

でも裏庭の花壇のバラは開花してきていますよ。

「ブライダル・ピンク」は明日には花が開いているでしょうね。

「ブライダル・ピンク」は花つきがとにかく良く、
年間通して本当に良く咲いてくれます。

また、咲いた花が割と長持ちしますし、
その間に形や色が微妙に変わっていく様も楽しめます。

黒星病に若干掛かりやすいイメージはありますが、
樹形もキレイに保ちやすいので
おススメ品種です。

 

その隣の区画は、
既に見ごろを迎えたかのような華やかさです。

 

ツルバラと木立性の見事なコラボレーション

 

レンガの壁に誘引してある真っ赤なツルバラの「アンクル・ウォルター」は
安定の奇麗さですね!

日当たりが良いところから咲き出していますが、
毎日、続々と開花していますので、
「バラを楽しむ会」当日には見事に咲いていると思います。

そして木立性のバラも日に日に花数を増やしています。

ここは見ごたえありそうな区画になりそうですね!

 

そして裏庭のもう一つの見どころのパーゴラですが、
4つのツルバラの先陣をきって
「エブリン」が開花しました。

 

裏庭のツルバラ エブリン

 

「エブリン」は香水の原料としても使われているほど香りが強く、
1輪だけしか咲いていないにもかかわらず
近くによるだけでダマスク系の良い香りが漂っていました。

「エブリン」は若い芽にアブラムシがつきやすいのはありますが、
とにかく病気知らずの強健種です。

お花はアプリコットがかったピンク色の大輪で
見ごたえも十分!!

スクスクと伸びて育てやすいので
おススメのツルバラですよ!

 

ということで、
「バラを楽しむ会」まであと1週間あまりです。

この1週間の天気は20℃を超える日が続きそうですし
晴れの日が多くありそうです!!

開花スピードに拍車がかかることを祈って
バラが奇麗な状態でお客様をお招きしたいです!

 

 

バラ部でした。

 

 

レンガの壁へのバラの誘引

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今日も寒いですね~!
でもそうも言ってられません!
出来る時に出来るところからバラの手入れをしていかないと終わりません!!

 

001

今日作業したのは立川モデルハウスの裏庭のアーチと壁に誘引してあるバラです。
(写真は作業後です・・)

アーチには2種類のバラが誘引してありまして、
手前側がゴールデンセレブレーション、物置小屋側にブルームーンです。

ゴールデン・セレブレーション

ゴールデン・セレブレーション

ブルームーン

ブルームーン

レンガの壁に誘引してあるのは赤いバラのテス・オブ・ザ・ダーバーベルズです。

テス・オブ・ザ・ダーバーベルズ

テス・オブ・ザ・ダーバーベルズ

 

今日は、レンガの壁に誘引する場合をご紹介しますね。

 

レンガの壁の目地の部分にビスを打ちます。
目地の部分はコンクリートなので、ビスが打てます。

注)貼りつけのタイルやスライスレンガの場合はこれをやってはダメですよ!
目地が割れてしまいます。

ビスを打ったらワイヤーを水平に張っていきます。
004縦に張っても良いですが、
ツルバラは基本的には横に広がるように誘引するので、
基本は横です。

 

横に数段分のワイヤーが張れたら準備はOKです。
あとは剪定後のバラの枝をワイヤーに結わえていくだけです。

005

枝は春以降にどんどん太くなりますので、
結び目がきつくなりすぎないように、余裕を持たせましょう。
不安定にならないように、結び目の数は少し多めにした方が良いです。
春になって葉が出てくると風の影響を受け易くなります。
結えつけが弱いと誘引自体が外れてしまうことがありますから、
ここは手を抜かずにしっかり行いましょう!!

 

今回もっとも苦労したのは、
最上部に太くて状態の良い枝が上に伸びていましたが、
それを横にするのに、曲がり切れずに大きく湾曲してしまったことです。

002

これ以上曲げると折れてしまいそうでした。
なので、とりあえずこのまましばらくおいて、
枝がこの形になじんできたら、もう一度グイッと曲げてみようと思います。

また、建物の角にある場合、雨樋にバラの枝がこすれてしまいます。
バラにも良くないですが、雨樋にも良くありませんので、
なるべくこすれないように頑張りましたが、
ここまで成長してしまいますと限界がありますね・・(10年モノです)。
何箇所か当たってしまっています。

003

 

以上、竹内でした。
ご参考にして頂けたら嬉しいです。

 

木立性バラの葉摘み

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

立川展示場のツルバラの葉摘みを終え、一部剪定と誘引のし直しを始めていますが、
まだ手をつけていなかった木立性のバラの葉摘みを今日行いました。

001

まずはアイスバーグから。

この株は僅かではありますが、花とツボミを残しています。
同じ品種でも別の株は、もっとたくさん花を残しているものもありました。

002

今年の秋咲きの花は春のものよりも大きく咲きました。
レンガの壁に写る影が愛らしい~、って思うのは私だけでしょうか?

しかし、お花もここまでにして、お花もツボミ全ての葉っぱと一緒に摘み取ってしまいます。
思い切ってやってしまいましょう!!

 

003

葉摘みが終わった状態です。
今回の作業はここまで。剪定は時期をあけて、また今度行います。

 

005

今回はバラ部ではない中嶋君と嘉山さんが手伝ってくれました。
洋館の庭師のようですね!?
実はこの二人、新婚さんです♪♪

 

004

摘み取った葉っぱの中に綺麗なお花も・・・。
かわいそうな気もしますが、仕方ないですね~。

 

剪定は2月までに行いましょう。
立川モデルハウスでは、木立性のバラの剪定は1月に行う予定でいます。

 

以上、バラ部の竹内でした。

ツルバラの剪定と誘引

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

バラ愛好家の皆様、ツボミと葉っぱの摘み取りは済みましたか?
未だでしたら早めにやってしまいましょうね!!

 

さて、先日葉っぱの摘み取りをしたピエール・ド・ロンサールを
今度は剪定と誘引をしていきます。

%e5%89%aa%e5%ae%9a%e5%89%8d

作業前の状態です。先日のままですね。
今年伸びたシュートを含め、勢いのある枝が空へ向かって伸びています。

 

ツルバラの場合、まず最初に誘引を一旦ほどきます。

%e8%aa%98%e5%bc%95%e3%81%bb%e3%81%a9%e3%81%8d

ダラ~ンとなりました。

 

次に、不要な枝を切り取っていきます。剪定の始まりですね!

%e5%b0%8f%e6%9e%9d%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

明らかに勢いのない枝から切っていきます。
残そうかどうか迷った枝があったら、この段階では残しておきましょう。
最終的に要らなかったらその時に切ればいいんですから!

次に、若く勢いのある枝(今年含め、ここ数年の間に出てきたシュート)が十分ある場合は、
古くて固くなった枝は切り取ってしまうのも良いでしょう。
今回作業したピエールは、株自体がまだ3年なので、
苗木の時からある枝だけを削除しました。

 

誘引する時は下から固めていくと良いと思います。
上を先にやってしまいますと収拾つかなくなりがちです(笑)。

枝が複雑に交差していくので、どっちが先か後か、
悩みながら結んでいきます。
これが結構、、、悩むんですね~。そこが楽しいという言い方も出来ますが。。

 

今回、結びつけるのにワイヤー入りのビニールひもを使用しましたが、
本当は麻紐がお勧めです。
麻紐の方が枝に優しいんですよ。
ただ麻紐は手間もかかるので、今回は楽をしてワイヤー入りにしました。

注意点は、どの枝もこれからどんどん太くなりますので、
あまりきつく締めつけずに、少し余裕を持たせた方が良いですね。

%e7%b5%90%e3%81%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

あとは成長に合わせて調整していきましょう。

 

今年1年で2倍以上の背丈に育ったようです。
誘引が終わってみると、アーチ全体の2/3くらいにまで伸びていました。
さすが、今年一番の成長株です!!

%e5%ae%8c%e6%88%90

 

きっと来春に、見事に咲いてくれると思います。

%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab

ピエール・ド・ロンサールは写真のように
花びらの先端だけが濃くなるピンク色の花になります。
非常に丈夫で花持ちがよく、
あまり花びらがヒラヒラという感じには散らないので、
私はとても大好きな品種です。

育てやすいツルバラをお探しの方には必ずお勧めしていますよ!

 

次の作業は施肥と消毒です。
その模様は来月にアップしますね。

 

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

 

 

レンガ積みの家に似合うバラ2014.9.7

みなさんこんにちは!!

元バラ部の榎本です。

昨日今日と少し日中は暑かったですね。。

立川展示場のバラも少しずつ咲き始めています!!

IMG_1558

IMG_1554 IMG_1557 IMG_1555

ルイ14世、マ・パーキンス、アイスバーグなど。

先日お伝えしたカミキリムシもおさまったようで、バラたちも少しずつ元気になってきています!

また更に咲いてきたらまたご報告します!!

【煉瓦積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです】