【バラ部】夏の花が終わったら夏剪定をしましょう!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今年の夏は猛暑と長雨が続くという
例年よりも激しい天候となりましたね。

害虫や病気の蔓延を防ぐ消毒作業がなかなか思うタイミングで出来なかったのか、
少々荒れてしまっているバラもお見掛けします。

また台風並みに風が強い日もありましたので
せっかく伸びたバラの新しい枝が折られてしまったり
幹自体が倒されたりというような被害も少なからずあったのではないでしょうか。

 

 

 

そうは言っても
季節的には夏咲きがそろそろ終わりを迎える頃ですね。

夏の間、一生懸命に咲いてくれたバラは
疲労も溜まっているでしょうから
しっかりと肥料をあげて
元気を取り戻させてあげましょう。

 

 

春から夏にかけて
バラは大きく成長をしてきました。

花ガラの摘み取りの時に
ある程度樹形のことを考えながら切る位置を決めても
樹形は大きく乱れてしまうこともあります。

また、大きくなったバラは
さらに成長を続け、より高い位置に花を咲かせようとしますので、
このタイミングでバラを大きく切り詰める「夏剪定」を行い、
樹形を整えると良いですよ。

 

 

夏剪定は
2番花の枝まで切り詰めると良いと言いますが、
大体高さを半分くらいに切り詰める感覚で良いと思います。

 

 

こちらはハイブリッドティーのティファニーですが、
もうすでに私の身長を超えるくらい伸びています。

これを切り詰めずに花を咲かせたら
次の花は見上げる位置に咲いてしまいますので、
ザックリと切り詰めてしまいます。

 

 

これで次のお花は
ちょうど見やすい位置に咲いてくれますね!!!

 

秋の花は春とは違って
数は少ないものの色が濃く大ぶりになる場合が多く、
とても奇麗なので私は大好きです!

 

秋咲きのティファニー

 

剪定を行ってから1か月半後に花が咲きますので、
お庭のバラを同時に夏剪定すると
秋にお花が一斉に咲きますので(品種によって多少差はありますが)
ぜひ試してみてください!

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】真夏のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね~。

こんなに暑くなると外の作業もままならないですよね・・。

 

いつも今ごろどうしてたかな~、っと
去年の今ごろのこのオーナーズ倶楽部レポートを見てみたら
去年はまだ梅雨が明けてなかったみたいですね!

そうだったっけ??

 

今年はいつもより早く梅雨明けしましたので
夏が長く感じるんでしょうか。

それはそれで嬉しい気もしますが、
東京は緊急事態宣言が発令されていますし
神奈川も千葉も大変みたいなので
海にもあまり行けそうもないですよね・・・。

もったいないなぁ~。

 

 

 

この炎天下では熱中症に気をつけないとなりませんが、
バラをはじめ、植物は強いですよね~。

こんなに暑くても元気ですもんね!

 

しかし今年の夏は夕立がなかなか降りませんので
水やりだけは気をつけたいですね!

今の季節は朝よりも夕方の水やりが良いですよ!

 

さて、夏になると楽しみになってくるのが
つるバラのベイサルシュートの発生ですね!

 

 

冬剪定で強めの枝整理をした場合に
ベイサルシュートが出やすくなりますが、
皆様のつるバラはいかがですか?

 

 

来年の春に大活躍間違いなしのベイサルシュートは
グングン成長して夏の間に2m近くまで、
秋にはさらに伸びていきます。

その後の誘引をしやすくするために
出来るだけ真っ直ぐに伸びるように
成長過程に合わせた支柱を立てて管理してあげたいですね!

 

暑さ対策をしっかりとして
作業をするようにしたいですが、
くれぐれも無理はなさらないようにしましょうね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】桜の次はバラの季節ですね!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

昨日の嵐で桜が散ってしまうという噂がでていましたが
多摩地区はまだ満開になっていないのと
さほどの大荒れにならなかったため、
桜は依然、見ごろな状態をキープしています!

 

町田市恩田川の桜

 

私の家の近所にある恩田川の桜は
むしろこれからが満開になり、
一番の見ごろを迎えようとしています。

恩田川の桜は川を挟んで両岸に2キロに渡って桜が植えてあり、
毎年見事に咲いてくれます。

特にところどころにある橋の上から眺める景色は最高で、
桜のトンネルの中に吸い込まれそうな感じになりますよ!!

 

ちなみにこの恩田川の桜は
私の家からも見ることが出来ます。

 

 

ピンク色の川が流れているかのように
桜並木が見えています。

抜群の景色だとはいえませんが
朝日に桜が輝いて見えるので
結構わたし的には気に入っております(笑)。

 

さて、桜はあと1週間くらいは楽しめそうですが、
それが終わったらいよいよバラの季節がやってきますね!!

 

 

こちらも近所の道端に植えられているバラですが、
ツボミが元気に出ていましたよ!

やっぱり今年は例年よりも早く咲きそうですね。

 

私の育て方とは違う育て方をしているようですが、
葉っぱはツヤツヤとして奇麗ですね!

でもよく見ると去年の花ガラが摘まれずに残されています・・・。

 

 

赤い丸がツボミですが、
黄色い丸の方に花ガラが見えていますね・・。

 

去年の花ガラはもちろん、
葉っぱも残しておくと
病原菌や害虫がいっしょに残る可能性が高くなるので、
本当は冬の間に摘んでしまった方が良いんですよね・・・。

 

それでも春になるとバラは元気に育ってくるので、
まっ、いっか!となるんですけどね(笑)。

 

 

 

バラの開花が待ち遠しいですね!

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】概念が覆ったバラの水やり方法

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

だいぶ暖かくなってきましたね。

いよいよバラの開花に向けて本格的なお手入れのスタートの頃かと思います。

 

 

さて、
バラの水やりに関して、
今朝、とある方のインスタで衝撃的な投稿を見ました。

 

今までバラの水やりといえば、
・表土が乾いたらタップリと与える
・バラには水がかからないように与える

というのが鉄則だと思っていました。

 

バラに水がかからないように注意

 

これは
気温に対して温度が低い水道水が葉に掛かると
黒点病にかかるリスクを大幅に上げてしまうからなんです。

私はそう教わったので、
ずーっとそのやり方でモデルハウスのバラを育ててきました。

 

が!、

今朝見たインスタの投稿では
毎日バラの葉に水を掛けることで、
バラがとても良い状態になった!!ということらしいんです。

 

葉に水を与えるのは葉水と言って、
植物は葉からも水分を吸うので、
お手入れ方法としては広く知れ渡っているらしいのですが、
バラに関してはどうなんだろう??と思ってしまったわけなんです。

 

ですが、インスタの投稿によると
葉水を毎日行うことで

・ハダニの発生を大きく抑える
・うどん粉病の発生を抑える

という効果があるのだそうです!!!

 

葉水 WEBより

 

へぇ~、そうなんだ・・・。

今は育てているバラが無いので実践できないのがもどかしいですが、
是非試してみたい方法ではあります。

 

葉水を行う際のポイントは
春と秋は朝、夏は夕方に行うことだそうなので
水やりのタイミングと一緒ですね。

要は日が出ているうちに
キチンと葉を乾かすことが大切なんですね!

 

また、朝に葉水をあげて葉を奇麗にし、
夕方に消毒をすると効果てきめんだそうです!!!

 

ちなみに葉水を行うことでうどん粉病が減るというのは
葉についたうどん粉病の菌を
葉水が流してしまうからだと思われるそうです。

ふ~ん、そうなんですね・・・。

そう言われてみると
思い当たる節が結構あったりします。

 

今度、バラを育てるときは
是非この方法を実践してみたいと思いました。

気になった方も是非試してみてください。

ただし、水のあげ過ぎにはくれぐれもご注意を!!

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】道端で見つけたバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今朝、通勤途中の道端でバラを見つけました。

 

 

 

いつも通る道なのに
いままであまり気にもしていなかったですが、
このバラ、芽がだいぶ伸びてきてますね!

開いている葉は去年の葉っぱですね。
拝見した感じ、剪定や葉の摘み取りはされなかったようです。

どんなお花が咲くバラか分かりませんが、
枝の雰囲気から見てフロリバンダ系な気がします。

 

手を加えるお許しをいただければ
もっと奇麗にしてあげたいんですけどね・・。

 

このバラを見ると、
思ったほどはバラの芽吹きは早く無かったようですね。

他の場所のつるバラも芽が開くまではいってなかったです。

 

確か昨年も早くて、
この時期にはだいぶ葉が開いていたんですよね。

 

昨年の立川モデルハウスのバラ(2020.3.9)

 

昨年の立川モデルハウスのバラ(2020.3.9)

 

昨年の3月9日の写真が残っていたので見てみると、
ほとんどの芽が開き
小さいながらも葉っぱになってきています。

もちろん日当たりだとか品種によってとか違いはあるでしょうけど、
昨年と比べても早いという感じではないですよね。

 

聞いたところの話によると
暖かければ早いというものでもないらしく、
寒い冬が明ける休眠打破がしっかりできないと生育が乱れるらしいんです。

なので、もしかしたら
今年の冬がしっかりと寒い時期が短すぎたことで、
休眠打破が上手く出来なかったのかもしれません。

 

そうなると私の少ない経験からの予測では
5月に一斉に咲くというのではなく、
品種によってかなりバラバラに咲いていく感じになるんでは・・と思います。

バラ愛好家の皆様にとって
難しい春になるかもしれませんが、
それでも今年もバラを愛し、楽しんでいきましょう!!!

 

バラ部でした。