【バラ部】シュートが伸びてきたら

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

7月に入り、梅雨明けが待ち遠しいこの頃です。

 

つるバラは夏になると、
根本付近からシュートを出すことがあります。

 

ベイサル・シュートが発生したばかりのつるバラ

 

つるバラにとってシュート、
特に根元付近から発生するベイサル・シュートはとっても大切なもので、
発生したシーズン中に花を咲かせることはありませんが、
来シーズンにたくさん花芽を出してくれる
とっても重要な枝に成長してくれるんです!

 

シュートは勢い良く伸び、
秋が終わるころまでに2mを超える大きさまで育つものもあります。

 

若い芽なので
特に発生したばかりの夏から秋にかけては
強風などで折れたりしないように
ある程度の高さまで伸びてきたら支柱などに結わえて
補強をしてあげると良いです。

 

支柱に支えられたベイサル・シュート アンジェラ

 

7月の上旬はまだシュートが発生していないバラの方が多いと思いますが、
中には早々にシュートを出して伸びてきているバラもあります。

立川展示場では、
アンジェラがシュートを伸ばして1mを超えるくらいになってきましたので、
支柱を立てて結わえてあげました。

 

返り咲きしたアンジェラ

 

つるバラのシュートはとにかく真っすぐ上に伸ばしてあげるようにしましょう。

曲げたりすると冬剪定の時に
誘引しにくくなってしまいます。

 

立川モデルハウスのつるバラは
ピエール・ドゥ・ロンサールがここ数年シュートを出していないので、
今年こそは!と思って見守っています!

春の花が終わり、
追肥をあげた今の時期は、
バラは根からくる栄養が過剰気味なので、
有り余るエネルギーをシュートに与えるのだそうです。

なんとか頑張ってほしいですね!!!

 

返り咲いたピエール・ドゥ・ロンサール

 

 

つるバラ、といっても次は半つる性のシュラブ・ローズの話しですが、
地植えをして3年目のシーズンを迎えたガートルード・ジェキルは
初めて返り咲きをしました!

 

ガートルード・ジェキル(上)

 

上の花がガートルード・ジェキルで、
下は似てますが別の花で、ブリリアント・ピンク・アイスバーグです。

ガートルード・ジェキルは圧倒的に香りが良いので、
咲いていると付近が本当に良い香りです!

返り咲きしたといってもまだ花数はとても少ないのですが、
年々株が大きく育つにつれ、
返り咲くお花の数も増えてくると思います。

 

同じく半つる性のブルー・バユーは
昨シーズンはたった1輪しか花をつけませんでしたが、
今シーズンは春に次いで返り咲きもしてくれています。

 

返り咲きしたブルー・バユー

 

つるバラとして仕立て直したおかげなのでしょうか。
でも春も今も思ったより花数が増えず、
相変わらず私は悩んでおります・・。

どうすればたくさん咲くようになるのだろうか???

 

 

とにかく、2回目の花のシーズンのいま、
雨が降っていないタイミングを見計らって
お手入れをしております。

 

花数が増えそうなマ・パーキンス

 

今日1日で摘み取った花ガラは
バケツいっぱいになりました!

 

こちらもキレイなお花畑・・・

 

ゴミにしてしまうのにはもったいない程にキレイです・・・。

 

これから暑くなってくると思いますので、
外での作業も大変ですよね!

無理をせずに涼しい時間帯にやってしまいましょうね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】2019年 バラを楽しむ会開催!

天草ハウジングのお庭を彩るたくさんのバラをご鑑賞いただける

「バラを楽しむ会」

今年も開催が決定しました。

 

◆詳細はこちら◆

日程:2019年 5月 12日 (日)

時間:13:30 - 16:00

場所:立川展示場

 

バラを楽しむ会2019詳細

 

 

◇お申込方法◇

1.電話

TEL : 042-526-2433  (立川展示場)

 

2.各展示場に設置してある、または毎月オーナー様にお届けする弊社情報誌「AmaCan」3月号同封の応募用紙よりFAX申込み

FAX : 042-527-5480

 

3.メールにて「氏名」「お電話番号」「住所」「参加人数」を記載の上、送信

Mail : info@amakusa.co.jp

 

 

お申込み締め切りは 4月27日(土)です。

 

 

バラの花の鑑賞をしつつ、

ちょっとした楽しいイベントもご用意しております。

 

飲み物片手にゆったりとした時間をお過ごしいただけるよう、

天草ハウジングのバラ部員総出で企画しております。

 

皆様のご応募お待ちしております。

 

 

【バラ部】この時期のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

台風21号で被害を被った後、
秋雨の時期に突入して
なかなかバラの手入れが思うようにいかないこの頃ですが、
今朝は久しぶりに天気が良かったので
バラの手入れをしました。

 

多くのバラがツボミをたくさんつけているので、
今月下旬から10月中旬までに見ごろを迎えそうな感じです。

 

今日現在に咲いているバラは一部ではありますが、
暑い時期に比べて花も大きくなってきました。

 

クィーン・エリザベス

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

アイスバーグ

 

ストロベリー・アイス

 

イングリッシュ・ヘリテージ

 

アンジェラ

 

マ・パーキンス

 

ゴールデン・セレブレーション

 

雨が多かったので
水やりは殆どしなくても大丈夫でしたが、
病気や害虫被害がまだまだ心配なので、
明日、消毒をしたいと思います。

 

 

それと、
今月の8日に発生を確認した
新米ツルバラのリバプール・エコーのベイサル・シュートは
40センチほどの背丈に伸びてきました。

9月8日の状態

9月23日の状態

 

2本のベイサル・シュートが順調に育っているので、
今年はこのバラは花を咲かせないようにし、
全栄養をシュートに回るようにしたいと思っています。

 

今年の冬剪定の時期に
パーゴラに誘引できると良いですね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】ピエールにシュートが出た!・・かも。

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね。
この季節はバラのお手入れも大変です。

熱中症にかからないよう、気を付けてくださいね。

 

立川展示場のバラは、
品種によってはまだ花をつけているものがあるものの、
ほぼ2番花が終わったようです。

 

フロリバンダのサー・クローは、
花が開いた直後よりも散る間際になった方が
はかなげな感じになって奇麗ですね。

 

花が殆どないこの時期、
楽しみはツルバラのシュートの成長を見ることです。

 

新入りのツルバラ「リバプール・エコー」のベイサル・シュートは
70センチほどの高さまで伸びてきました。

 

 

ツル・ブルー・ムーンのベイサル・シュートは2メートルを超えましたでしょうか。

 

そんな中、
樹齢15年のピエール・ドゥ・ロンサールの根元付近に新芽が出ているのを見つけました。

 

モデルハウス正面右側のアーチに2本のピエールを誘引してあります。

私がお世話をさせていただいてからは
ベイサル・シュートの発生がなく、
勢いが徐々に弱まってきているのを気にしておりました。

 

冬の剪定の時に少しずつ古い枝を切り落としてきました。
切り株の跡がありますね~。

残っている枝もそうとう古そうです。

 

が、よく見ますとチョコっと新芽が出ていました!

まだベイサル・シュートなのかどうか、判断できませんが、
ちょうど2番花が終わった後なので、
シュートのような気がします。

というか、シュートであって欲しいです!!!

 

シュートであれば、
何年振りになるかわかりませんが、
枝の更新、そして若返りが出来るかもしれませんね!!

 

しばらく観察していきたいと思います。

 

バラ部でした。

 

【バラ部】ベイサル・シュートの発生

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

おかげさまで大盛況となりました「バラを楽しむ会」も終わり、
バラの春咲きの時期があっという間に終わってしまいました。

バラを楽しむ会

 

ここから四季咲き品種などは夏咲きに向けての準備となりますね。

この時期の大きな作業としましては二つございます。

まず一つはお礼肥。

頑張ってたくさん花を咲かせてくれたバラは、消耗している時期です。
そこで追肥をあげる必要があるんですね!

天草流お礼肥のあげ方はコチラ!ご覧ください。

 

もう一つは消毒です。

今日から梅雨に入りましたが、
バラの体力が一時的に落ち、さらにジメジメした天気が続くこの時期は
病気が一気に蔓延しやすくなってしまいます。

肥料をあげることである程度は病気から守ることは出来ますが、
より守ってあげるためには殺菌剤と殺虫剤の噴霧が大切です。

雨の合間にちょくちょく行うようにしましょうね!

 

さて、暑くなってくるこの時期は、
ツルバラにとって大切なものが生まれる時期でもあります。

それはベイサル・シュートです。

昨年の6月に発生したガートルード・ジェキルのベイサル・シュート

ベイサル・シュートとは株の根本付近から発生し、
秋の終わりまでに1.5~2mの高さまで成長する枝のことで、
今年に花をつけることはありませんが、
来年以降にたくさん花をつけてくれるとても大切な枝になります。

立川展示場でも、ツルバラのベイサルシュートが発生し始めています。

 

ブルー・ムーン

地植えして2回目の夏を迎えたブルー・ムーンは、
初めてベイサル・シュートを出しました。
地面すれすれのところに赤みがかった枝が出ているのがわかりますでしょうか。

このブルー・ムーンはサイド・シュートも出していて、
来年はもっと見栄えのする枝ぶりに出来そうですね!

 

イングリッシュ・ヘリテージ

こちらのイングリッシュ・ヘリテージの樹齢は10年以上ですが、
今年と昨年に、かなり古くて太い枝を剪定したかいもあり、
ご覧のようにベイサル・シュートを出してきました。

いまのところ2本確認できていますが、
もう少し出しそうな勢いです。

 

エブリン

こちらのエブリンの樹齢も10年以上。

私がお世話するようになって初めてベイサル・シュートを出してくれました。

それも、なんと4本も!!!

 

バラにも寿命があり、枝の新旧交代を繰り返していかないと
10年ほどでバラは命が尽きてしまうそうです。

ここ3年ほど、立川のバラはかなり太くて古い枝を剪定してきました。
おかげでかなり弱っていたバラが勢いを取り戻したものもあります

 

発生したベイサル・シュートは大切に育てましょう。

どんどん大きくなりますが、新芽なので柔らかく、
強風などで簡単に折れてしまいますので、
成長に合わせて必ず支柱等に固定し、
秋までは真っすぐ上に伸ばしてあげましょう。

シュートは1ヶ月で人の背丈くらいまで伸び、さらに伸び続けます。

 

バラ部でした。