【バラ部】バラとワインの意外な関係

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね・・・。

バラの手入れが命がけの作業のように感じるこの頃です。

 

バラはお花の美しさや香りの良さ、
そして何よりその存在感からお庭の主役として大活躍してくれます。

 

バラがある庭 輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

輸入住宅のモデルハウスである立川モデルハウスにも
たくさんのバラが植えられており、
私達の目を楽しませてくれています。

 

そんなお庭の主役であるバラですが、
実はある部門ではわき役として育てられていることを
最近知りました。

 

 

ある部門とは、
私のもう一つの趣味であるワインの世界でのお話しです。

 

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

ワイン用のブドウ畑の脇に
バラが植えられている写真です。

 

実は探すと結構こういう写真が出てくるんですよね。

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

私はてっきりワイン農家さんが癒しの為に植えているんだと思っていましたが、
実はこれにはちゃんとした切実な理由があるんだということを
最近知ったんです。

ご存知でしたか??

 

 

バラを育てている方ならご存知だと思いますが、
バラってうどん粉病やら黒点病やら
やらたと病気にかかりますよね。

それを防いだり治療するために私たちは農薬を使います。
(無農薬で育てている方もいらっしゃいます。)

 

実はブドウの木もバラと同じ病気にかかりやすいらしく、
しかもブドウよりもバラの方が先に発病するんだそうです。

 

つまり、バラの状態を見ていれば
ブドウの木が病気にかかるかどうか予測が出来るので、
出来るだけ少ない農薬で発病を未然に防げるのだそうです。

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

より安全に良いワインを生産するための知恵なのでしょうね。

バラがそういうことの為に役立てられていたとは驚きましたが、
しかしブドウの木が病気にかかるかどうかの試金石的な役目に
バラを利用するとは、何ともお洒落ですね。

 

バラとワインの意外な関係でした。

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】今の時期、バラは咲かせない方が良いのか?

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

梅雨が明けたんでしょうか?いい天気です。

 

さて酷暑の季節がやってまいりました。

私たちにとっても暑すぎるのは辛いですが、
バラにとっても過酷な時期となります。

 

立川モデルハウスでは
今の時期、ハイブリッド・ティーのバラが咲いています。

 

サンガッデス(黄)とプリンセス・ドゥ・モナコ(ピンク)

 

ティファニー

 

大輪で1輪ずつ咲くハイブリッド・ティーの花は
輸入住宅の、しかも本物のレンガの壁をバックに
凛としてとてもサマになっています!

 

房咲きのフロリバンダは
つけたツボミを全部咲かせてしまうと
今の時期はバラが消耗してしまうので
ツボミを整理して花数を減らしています。

 

マ・パーキンス

 

ネットでこの時期のバラの育て方を拝見すると、
ハイブリッドティーは
むしろ咲かせない方が良いと書いてあるものもあります。

 

暑いこの時期はばらにとっては成長期で
花に栄養を送るってしまうと
成長するためのエネルギーが不足してしまうからなんだそうですが、
確かにそうなのかもしれませんね。

花を咲かせていると病気になりやすい気もしますし・・。

 

しかし立川展示場はお客様に見ていただくための建物なので、
バラの花壇にお花が無いってのも寂しいので、
私は何とか咲かせておりますが・・。

 

大きくなり始めたキャラメル・アンティーク(フロリバンダ)

 

だいぶ大きくなったブラスバンド(フロリバンダ)

 

花を咲かせている以上、
肥料をしっかりとあげないとなりません。

暑い中の作業ですが
この手を抜いてしまうと秋咲きで奇麗に咲かなくなってしまいます。

頑張らねば・・!

 

つるバラのイングリッシュ・ヘリテージ

 

小輪つるバラのバレリーナ

 

バラ部の竹内でした。

 

 

【バラ部】バラの害虫が暗躍中!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

気が付けば6月も下旬・・・。

時が経つのが本当に早く感じます・・。

 

最近はまめにバラの手入れをしてあげられておらず、
先週見回った時は病気がかなり出始めていて
ちょっとショックを受けていましたが、
今朝1週間ぶりに見回ったところでは
病気は広がっておらず、
ちょっとホッとしております。

消毒の効果もあるのでしょうが、
一番は追肥をしたことが大きかったのだと思っています。

 

花を咲かせた後のバラも元気を取り戻したようです。

 

7月の開花に向けてツボミをつけ始めたバラ マ・パーキンス

 

病気は何とか広がりを食い止めたものの
害虫は相変わらず元気で困りますね・・・。

 

今日も消毒をしながら眺めていると
バラゾウムシやチュウレンジハバチの食害の痕が
幾つか見受けられました。

 

バラゾウムシの食害の痕 アイスバーグ

 

チュウレンジハバチの食害の痕 ゴールデン・セレブレーション

 

チュウレンジハバチは親子とも動きがトロいので
消毒の際の殺虫剤で十分撲滅が出来ますが、
バラゾウムシはすばしっこく、
なかなか消毒では撲滅できないので厄介です。

今日は1匹だけバラゾウムシを捕殺しました。

 

 

そして今日、
今シーズンになって初めての大物害虫を発見しました!!

 

交尾中のゴマダラカミキリ アイスバーグ

 

な、なんと、出ましたよ~、今年も・・・。

ゴマダラカミキリムシです。

成虫はバラを食害しませんが、
幼虫が超ヤバいんです!!!

 

バラの根元に産卵をし、
かえった幼虫がバラの根元を食い荒らします。

最悪の場合、バラが株ごと枯れてしまいます。

 

今回見つけたのは交尾中のようだったので、
産卵前なんだと思いますが、
いずれにしても見つけたら即!捕殺します!!

一切の躊躇いは不要ですよ!!!!

 

今日は裏庭のアイスバーグの枝の上で見つけましたが、
その後、表側のラベンダー・ラッシーの根元でも1匹見つけました。

根元にいたってことは
産卵後かもしれませんね・・・。あ~~~・・・(涙)。

 

バラを育てている方には女性の方も多いので、
害虫を捕殺するのに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょうね。

 

でも愛するバラの為に、
ここは心を鬼にして捕殺しませんと、
バラが餌食になってしまいます。

 

頑張ってバラを守りましょうね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】バラを楽しむ会申し込み締め切り迫る!!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月12日開催予定の「バラを楽しむ会」の
ご参加申し込みが締め切り間近となっております!!

締め切りは27日、今週の土曜日となっておりますので、
まだお申込みでない方はお急ぎお声をおかけください!

バラを楽しむ会についてはこちら!

 

さて、ここのところ暖かい日が続きましたね。

立川モデルハウスのバラたちは元気にスクスクと
開花に向けて成長してきています。

 

ツルバラの【ラベンダー・ラッシー】

 

ツルバラの【ピエール・ドゥ・ロンサール】と【バレリーナ】

 

 

今年は玄関正面の二つのオベリスクのアンジェラが
左右同じくらいのボリュームになるまで回復してきました。

 

左右のオベリスクの【アンジェラ】

 

去年は左側がボリュームがなかったのですが、
冬の強剪定を繰り返したことでリフレッシュしたようです。

 

開花し始めたものや
開花間近のものもあり、
いよいよバラのシーズンがやって来るぞ!!って雰囲気が出てきました。

 

開花しているツルバラの【アンクル・ウォルター 】

 

1輪だけ咲き出した【ラ・フランス】

 

開花間近のツボミ

 

 

今年は冬剪定がほぼほぼ成功したようで、
ツボミの数が昨年よりも多い気がします。

満開になったらすごく見ごたえがあるのではないかと
期待しておりますです!!!

 

 

その一方で元気が出ないバラが2本だけあり、
気をもんでいます・・。

 

葉色が明らかにおかしい【アイスバーグ】

 

真っ白な花が咲くフロリバンダのアイスバーグは
立川モデルハウス内に5本ありますが、
そのうちの1本だけ、
明らかに葉色がおかしいんです。

去年も開花後に一気に立ち枯れしたアイスバーグがありましたが、
その時と雰囲気が似ていて
二の舞になるのではないかと気が気ではありません・・。

ここ数年、冬に強めの剪定を繰り返してきましたが、
一向に若いシュートを出さず、
その結果、古い枝を詰め切れずに来ました。

新旧更新をしないまま、
寿命を迎えてしまのではないか・・・。

あ~、心配です。

 

 

もう1本、元気がなくツボミを作ろうとしないバラがあります。

 

ツボミをつけない【プリンセス・ド・モナコ】

 

樹齢10年をはるかに超える・・・とは到底信じ難い
弱々しい枝ぶり・・・。

若芽の枝のみに強剪定したのが裏目に出たか・・・?

とのかくツボミを出してほしい!!!

そして開花時期を乗り越えれば
夏にシュートを出すだろうと信じております!

それまで枯れないで欲しい・・・!

 

 

バラを育てるのは本当に奥が深いですね。

100%上手くいった!!って年がなかなかありません。

 

そんなバラ談義を私も楽しみにしております。

「バラを楽しむ会」、楽しみましょうね!!!

 

バラ部竹内でした。

 

 

 

【バラ部】ベト病対策

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

4月も下旬に入りますと、
気温の上昇とともにバラの生育スピードが上がってきます。

そろそろ開花するバラが出てくるころでもありますね。

 

開花した早咲き品種のルイ14世

 

今にも咲きそうなラ・フランス

 

ウキウキしてくる季節ですが、
同時に害虫や病気が発症するリスクも上がってきます。

 

冬にあげた寒肥が十分なのであれば
まだ病気を発症することは少ないのですが、
肥料が十分でなかったり
何かしらの原因で病気が発症することもありますので
定期的に消毒はしていきたいものです。

 

立川モデルハウスでは
ごく一部ではあるのですが
ベト病が発症してしまいました。

 

ベト病にかかったバラの葉

 

発症してしまった時は
症状が出ている部分を切り取るのが基本ですが、
それでもなかなか広がりが止まらないので、
ベト病に良く効く薬を散布することにしました。

 

前回の消毒から中7日あけての作業です。

 

前回はバラゾウムシ退治が目的の消毒でしたが、
バラゾウムシの被害は引き続き起きていますので、
殺虫剤も混ぜて行います。

 

殺菌剤のエムダイファーと殺虫剤のスミチオン

 

ネットで調べて
ベト病に効果があると紹介されていたのが
殺菌剤のエムダイファーです。

液状の薬品ではなく、
粉状の薬でした。

 

今回は4リットルの混合薬を作りますので、
希釈率から計算して
エムダイファーは10g、
小さな袋に小分けしてあるので、
容量が判りやすいです。

 

これに混ぜる殺虫剤はスミチオンにしました。

バラゾウムシに効果が高いのは前回散布のベニカRの次は
スミチオンらしいです!

スミチオンは1000倍に希釈するので
4㎖ 計って加えます。

 

どちらも効果が出れば良いのですが、
さてどうでしょか?

 

また、経過をご報告します。

 

 

さて、5月12日開催予定の「バラを楽しむ会」は
申し込み締め切り日が迫ってきましたよ!

 

バラを楽しむ会についてはコチラ!

お申込みは4月27日までとなっておりますよ!!
今年はいつもよりも締切りが早いです!!

 

まだお申込みでない方は
ぜひお申し込みください!

 

お待ちしております!!

 

バラ部でした。