【バラ部】そろそろ2番花開花か?

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

梅雨の晴れ間だった昨日ですが、
夜間に雨が降ったようですね。

 

さて、立川モデルハウスのバラたちは、
2番花の開花時期に来たようです。

 

まずはそろそろ開花しそうなバラからご紹介します。

 

サンガッデス(ハイブリッドティー)

 

黄色い大輪の花を咲かせるハイブリッドティーのサンガッデス。
ここへ植えて2年目の夏を迎えました。

 

 

アイスバーグ(フロリバンダ)

 

真っ白なお花のアイスバーグもそろそろ開花しそうです。

夏の2番花は、
多少の濁りがついてしまいますが、
つぼみの状態から茶色い濁りがあるので、
今年も少し濁りが混じったお花になりそうです。

 

 

サー・クロー(フロリバンダ)

 

フロリバンダですがお花は大輪のサー・クローも
そろそろ開花しそうです。

奥のマ・パーキンスはもう少し時間が掛かりそうです。

 

 

レディー・ヒリンドン(ティー)

 

ティー香が素晴らしいレディー・ヒリンドンも
ツボミが色づいてきました。

しかし雨に濡れて少々痛みが見受けられました。
上手く開花できるか、ちょっと心配です。

 

 

ティファニー(ハイブリッドティー)

 

ティファニーも秒読み状態ですね!

大輪の奇麗な花が咲きます。

 

 

それ以外にもほとんどのバラがツボミをつけてきていますので、
また華やかな彩りをモデルハウスに与えてくれそうです。

 

すでに咲いているバラもありますので
ご紹介します。

 

ルイ14世(チャイナ)

 

一番花よりも明らかに色づきが奇麗なルイ14世。

早咲き品種なので、いち早く咲き出していました。

 

 

ラ・フランス(ハイブリッドティー)

 

今年も元気なラ・フランス。

雨に弱いイメージがありますが、
頑張って大輪の花を咲かせてくれています。

 

 

ブルー・バユー(クライミング)

 

今年は良く咲いてくれるつるバラのブルー・バユー。

ツボミもたくさんありますが、
とにかくシュートが出過ぎて手を焼いています。

 

 

クイーン・エリザベス(グランディフローラ)

 

クイーン・エリザベスの花付きの良さは折り紙付きですね。

なかなか花が途切れない、重宝するバラです。

 

 

アイスバーグ(フロリバンダ)

 

裏庭のアイスバーグが咲き出していました!

日当たりが良い場所だからだと思いますが、
この株は4月に強風で倒されてしまったバラです。

5月にはうまく花を咲かせられず瀕死状態にも見えましたが、
元気を取り戻してくれて、花までつけてくれました。

なんか嬉しいですね!!!

 

 

ゴールデン・セレブレーション(クライミング)

 

つるバラのゴールデン・セレブレーションが咲き出しました。

ティー香からフルーツ香へと変化していく花で、
香りが良い割に花は長持ちする方です。

ここ数年、元気になってきているので、
今年あたりシュートが出ないかな~と期待しているのですが、
その兆候はまだ見られません。

 

 

さて、夏のこの時期は気温が高いので、
お花の咲いている期間はどうしても短めになってしまいます。

春や秋に比べて、早く散ってしまいますので、
お手入れはこまめに行いましょうね。

 

そして2番花が終わったら
いよいよ夏の原肥をあげるタイミングです。

冬にあげる原肥と同じものを
冬の3分の2くらいの量で与えていきます。

混合肥料を作り、穴を掘って埋めていく・・・、
蒸し暑い季節に蚊と闘いながらの作業・・・。

大変ではありますが、バラを健康に保つため
頑張ってやっていきましょう!!!

 

バラ部でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です