【バラ部】バラとワインの意外な関係

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね・・・。

バラの手入れが命がけの作業のように感じるこの頃です。

 

バラはお花の美しさや香りの良さ、
そして何よりその存在感からお庭の主役として大活躍してくれます。

 

バラがある庭 輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

輸入住宅のモデルハウスである立川モデルハウスにも
たくさんのバラが植えられており、
私達の目を楽しませてくれています。

 

そんなお庭の主役であるバラですが、
実はある部門ではわき役として育てられていることを
最近知りました。

 

 

ある部門とは、
私のもう一つの趣味であるワインの世界でのお話しです。

 

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

ワイン用のブドウ畑の脇に
バラが植えられている写真です。

 

実は探すと結構こういう写真が出てくるんですよね。

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

私はてっきりワイン農家さんが癒しの為に植えているんだと思っていましたが、
実はこれにはちゃんとした切実な理由があるんだということを
最近知ったんです。

ご存知でしたか??

 

 

バラを育てている方ならご存知だと思いますが、
バラってうどん粉病やら黒点病やら
やらたと病気にかかりますよね。

それを防いだり治療するために私たちは農薬を使います。
(無農薬で育てている方もいらっしゃいます。)

 

実はブドウの木もバラと同じ病気にかかりやすいらしく、
しかもブドウよりもバラの方が先に発病するんだそうです。

 

つまり、バラの状態を見ていれば
ブドウの木が病気にかかるかどうか予測が出来るので、
出来るだけ少ない農薬で発病を未然に防げるのだそうです。

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

より安全に良いワインを生産するための知恵なのでしょうね。

バラがそういうことの為に役立てられていたとは驚きましたが、
しかしブドウの木が病気にかかるかどうかの試金石的な役目に
バラを利用するとは、何ともお洒落ですね。

 

バラとワインの意外な関係でした。

 

バラ部でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です