【バラ部】バラ開花まであと半月

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

日によって寒暖差の激しい今年の4月ですが、
バラは順調に開花へ向けて育ってきています。

 

 

ツボミをつけ始めたブライダル・ピンク(手前)とアイスバーグ(後)

 

パーゴラを彩るバラたちも葉が多くなってきました。

 

先日の雨とこの冷え込みで
地面は表面までまだしっとりと水分を保っているので、
今日は水やりをしなくても良さそうです。

 

しかしだいぶ虫が飛び回るようになりましたので、
バラにも害虫がつき始めるでしょう。

 

立川モデルハウスのバラをみていても
アブラムシはまだ出てきていないようです。

ん~、そろそろ出てきてもおかしくないんですが・・・、
別に出てくるのを待っているわけでも無いので
有難いことなんですが。

 

しかし、別の害虫が出てきている痕跡を見つけました!

 

バラゾウムシの被害(Webより)

 

新芽や出たばかりのツボミが黒くパサパサになってしまっているバラありませんか?

 

実はこちらはバラゾウムシの被害なんです!!

 

バラゾウムシ(Webより)

 

バラゾウムシはゴマ粒くらいのとても小さな虫なのですが、
新芽やツボミを台無しにしてくれるばかりでなく、
卵まで産んでいくので、
バラにとっては大敵であります!!!

 

すばしっこくてなかなか捕殺も出来ないのですが、
消毒もなかなか効果が無かったりもするので、
本当に厄介な害虫です。

 

それでも消毒を定期的にしないとなりませんので、
今回は新しくバラゾウムシに効果が期待できそうな
ベニカRという薬品を使ってみました。

 

ベニカR(左)とダコニール

 

合わせた殺菌剤はダコニールです。

ダコニールは500倍、ベニカRは100倍に希釈するため、
ダコニールを8ml、ベニカRを40mlを4リットルの水で希釈し、
バラ全体に噴霧しました。

 

効果があるとイイですね。

 

ちなみに消毒をした日と、
何の薬品を使ったかは記録しておくと良いですよ。

次回作業するときの参考になります。

 

おまけ 超早咲きのバラ

 

 

さて、5月12日開催の「バラを楽しむ会」は
ご参加いただく方を募集中です。

バラを楽しむ会についてはこちら!

 

どしどしご応募ください!!

お待ちしてまーす!!

 

バラ部でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です