【バラ部】夏の花が終わったら夏剪定をしましょう!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今年の夏は猛暑と長雨が続くという
例年よりも激しい天候となりましたね。

害虫や病気の蔓延を防ぐ消毒作業がなかなか思うタイミングで出来なかったのか、
少々荒れてしまっているバラもお見掛けします。

また台風並みに風が強い日もありましたので
せっかく伸びたバラの新しい枝が折られてしまったり
幹自体が倒されたりというような被害も少なからずあったのではないでしょうか。

 

 

 

そうは言っても
季節的には夏咲きがそろそろ終わりを迎える頃ですね。

夏の間、一生懸命に咲いてくれたバラは
疲労も溜まっているでしょうから
しっかりと肥料をあげて
元気を取り戻させてあげましょう。

 

 

春から夏にかけて
バラは大きく成長をしてきました。

花ガラの摘み取りの時に
ある程度樹形のことを考えながら切る位置を決めても
樹形は大きく乱れてしまうこともあります。

また、大きくなったバラは
さらに成長を続け、より高い位置に花を咲かせようとしますので、
このタイミングでバラを大きく切り詰める「夏剪定」を行い、
樹形を整えると良いですよ。

 

 

夏剪定は
2番花の枝まで切り詰めると良いと言いますが、
大体高さを半分くらいに切り詰める感覚で良いと思います。

 

 

こちらはハイブリッドティーのティファニーですが、
もうすでに私の身長を超えるくらい伸びています。

これを切り詰めずに花を咲かせたら
次の花は見上げる位置に咲いてしまいますので、
ザックリと切り詰めてしまいます。

 

 

これで次のお花は
ちょうど見やすい位置に咲いてくれますね!!!

 

秋の花は春とは違って
数は少ないものの色が濃く大ぶりになる場合が多く、
とても奇麗なので私は大好きです!

 

秋咲きのティファニー

 

剪定を行ってから1か月半後に花が咲きますので、
お庭のバラを同時に夏剪定すると
秋にお花が一斉に咲きますので(品種によって多少差はありますが)
ぜひ試してみてください!

 

バラ部でした。