【バラ部】年内にしておくこと

こんにちは。バラ部の竹内です。

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

今年も残すところ20日。

今年は今までのどの年とも違い、
まったく新しいライフスタイルを余儀なくされた1年でした。

 

加えて立川モデルハウスが11月で閉店となり、
私も世話をするバラを失い、
バラの花が咲いている他所のお庭を眺めては
手入れをしたくなる衝動に駆られています・・・。

 

去年の今ごろに咲いていた立川モデルハウスのバラ

 

今年はなんだかんだで暖かい日が多く、
まだまだ咲きそうなバラもあるでしょうけど、
来週から一気に真冬のような寒さになるそうなので、
もうそろそろ、バラをお休みさせてあげる時期です。

この時期、バラはツボミをつけると
それを咲かそうと栄養を枝先に送り続けようとしますが、
気温が低くなると頑張っても花が咲かなくなってきます。

要は、無駄にエネルギーを使わせているので、
バラにとっては良くないことなんですよね。

 

なので、遅くとも年内には
バラがつけている全てのツボミや花は摘み取って、
さらに葉っぱも全て摘み取ってしまいましょう。

 

葉を摘み取る前のつるバラ

 

枝から全ての葉っぱやツボミを摘み取ることで、
バラは栄養を枝先に送るのを止め、
冬の休眠に入ります。

 

 

寒い時期にしっかりと休眠させることは
来年の春の花付きを大きく左右する
とても大切なことですので、
この作業は是非とも行いたいです。

 

樹形の整理と枝の更新を行う
いわゆる冬剪定は
この作業を行った少なくとも2週間後、
年明けの作業となります。

枝を切るのは
養分がしっかりと株元まで下がってからにしましょうね!

 

バラ部でした。