【バラ部】立川モデルハウスのバラも見納めです

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

いよいよ明日が立川モデルハウスの営業最終日となりました。

その日が目の前に来ている実感がまだわきませんが、
来週には取り壊しの準備が始まってしまいます。

 

それに伴い、いままで楽しませてきてくれたバラたちとも
お別れになります・・・。

寂しいですね・・・・。

 

今日もバラは奇麗に咲いています。

 

マ・パーキンス

 

サー・クロー

 

ブルー・ムーン

 

 

来年は鉢植えでのバラをいくつか育てようと思っていますが、
しばらくバラ部からのレポートも中断をさせていただくこととなります。

そのうち再開いたしますので、
是非楽しみにしていてください!

 

さて中断前の最後ということで、
今年の春のバラたちの写真の中から
見事だったものをあらためてご紹介しましょう。

 

2020年5月

 

ファサード側のバラたち。

手前の白いのがアイスバーグ、
そのとなりのつるバラはラベンダーラッシー、
中央と右寄りのピンクのオベリスクはアンジェラ、
奥のつるバラはピエール・ド・ロンサールです。

 

それ以外にも花壇に赤、ピンク、黄色などのバラが植えてあり、
ボリューム、仕立て、香りともとても豪華な感じでした。

 

 

 

裏庭ではさらに多くのバラが色とりどりに咲いていました。

左側にはクイーン・エリザベス、ゴールデン・ハート、ジュード・ジ・オブスキュアが咲き乱れ、
中央のオレンジ色はブラスバンド、
右側にはブルー・バユー、アイスバーグ、アンクル・ウォルターが咲いています。

さらに奥のスペースにも
ところ狭しとバラが並んでいます。

 

 

 

裏庭奥の花壇エリアです。

手前右の紫がかったピンクはブリリアント・ピンク・アイスバーグ、
左手前のつるバラはピエール・ド・ロンサールが咲き、
奥の花壇にはアイスバーグやブライダル・ピンクが咲いています。

 

 

 

手前のピンクのつるバラはガートルード・ジェキルで、
その足元にはブリリアント・ピンク・アイスバーグが咲いています。

奥には淡いピンクのマチルダが咲いており、
奥の赤いつるバラ、アンクル・ウォルターが咲いています。

 

 

 

こちらはお気に入りのアングルです。

バラもさることながら、
白いガーデンチェアがなんともマッチしますね!

手前右側のつるバラはエブリン、
左側のつるバラはリバプール・エコーです。

リバプールエコーは3年かかってここまで大きくなったので、
ことさら可哀そうに思ってしまいます。

 

今年の5月は新型コロナの影響で
バラを楽しむ会を行うことが出来ませんでした。

立川モデルハウスを閉店することが分かっていたら
何かしらの形でお披露目しておきたかったです。

それだけが心残りですね・・・。

 

それでは皆様、しばしのお別れでございます。

近いうちに再開いたしますので、
それまでどうぞお元気で!!!

 

バラ部でした。