【バラ部】開花目前での大雪

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

開花まであと少し・・・、ってところへきての
まさかの大雪!

 

 

雪が降るとは天気予報で知らされていましたが、
まさかここまで積もるとは思いませんでした。

 

しかもたっぷりと水分を含んだ重い雪でしたね。

 

 

 

順調に伸びてきた若いバラの枝が
雪の重みで
折れてしまったり曲がってしまったりしないか、
心配でなりません・・・。

 

あまりにも首をもたげていたので、
雪がまだ降り続いてはいましたが
早いうちに一回雪を払ってあげました。

 

うなだれていた若い枝が
解き放たれたように首を持ち上げるさまを見て
さぞ重たかったんだろうな~と
可哀そうになりました。

 

まだまだ降り続いていたので
もう一回くらいは同じことをしないとな・・・と
覚悟はしていたのですが、
そのあとは雪がバラの上にのしかかることもなく、
午後になって雪がやみました!!!

 

 

小さなつぼみをつけたバラも
ちゃんと上を向いています!!!

 

 

枝が柔らかいアイスバーグは
やや首が横に倒れていますが、
陽が出てきたらまた上を向いてくれるでしょう!

 

 

雪を払ったときに
私自身はびしょびしょに濡れてしまったんですが、
こうしてバラに被害が無かったことを確かめられると
早めにやっておいてよかったなと思いました。

 

日差しが期待できそうなのは明後日の火曜日になりそうです。

強い日差しを浴びれば
今日受けたダメージなどは
一気に吹き飛んでくれるでしょう、きっと。

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】早くもバラゾウムシ対策

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

3月もいよいよ終盤、
立川では桜が満開です。

 

我が愛するバラたちは
緑の量が着実に増え、
それまで枝ばかり目立っていましたが
だいぶサマになってきました。

 

マ・パーキンス

 

よ~く観察すると、
つぼみを出し始めたバラがかなり増えてきていました。

上の写真は「マ・パーキンス」ですが、
このバラも小さなつぼみが頭を出し始めたようです。

 

つるバラの「ゴールデン・セレブレーション」も
つぼみを出していました。

 

ゴールデンセレブレーション

 

 

つぼみといえば
おそらく一番早く咲くであろう
「アンクル・ウォルター」が
あと数日で開花しそうなほど膨らんでいました。

 

アンクル・ウォルター

 

 

ただ日曜日にはグッと気温が下がるらしいので、
やや足踏みしてしまうかもしれません。

 

 

そして、もう一つ観察していて気づいたのですが、
どうやら早くもバラゾウムシが出てきているようです。

 

 

新芽のところで
黒ずんでパリパリに乾燥しているのは
バラゾウムシの食害の痕跡です。

 

まだムシ本体は発見していませんが、
増やしてしまうと厄介なので、
消毒をすることにしました。

 

 

薬剤はバラゾウムシ駆除に効果がある殺虫剤ベニカRと、
病気の予防効果がある殺菌剤ダコニールを混合します。

 

薬を噴霧している時は
薬品が身体につかないように気をつけないとならないのですが、
ここのところ
新型コロナウィルスの脅威に晒されているので、

「むしろ薬剤を被った方が消毒されて良いのでは???」

な~んて考えてしまいますが、
決して被らないようにしましょうね!

農薬は人間にも有害です!!!!

 

4月に入るころに
開花のお知らせが出来るかもしれません。

俄然、楽しみになってきました!!

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】今年はオープンガーデンにします

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

まずはじめに、
本日はとても残念なお知らせがございます。

 

毎年5月のバラが最も見ごろを迎える時期に開催してきました
「バラを楽しむ会」ですが、
ご周知のとおり、今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため
様々なイベントが中止、または延期を余儀なくされております。

 

私どもバラ部も
いまのこの状況がいつまで続くのか、
ギリギリまで見極めようと
世の中の状況を注視してまいりましたが、
本日現在でも事態は一向に回復する兆しを見せておりません。

 

そこで大変に残念ではございますが、
皆様に安全に快適なイベントをご提供できる状況ではないと判断し、
今年の「バラを楽しむ会」の開催は見送らさせていただくこととなりました。

 

楽しみにされていた方も少なからずいらっしゃると思いますが、
どうぞご理解の程お願い申し上げます。

 

 

しかし立川モデルハウスのバラは
新型コロナウィルスの影響も全くなく
暖冬だった影響か
例年よりも早くすくすくと成長し、
おそらくゴールデンウィークの頃に
一番の見ごろを迎えるのではないかと予想しております。

 

ピエール・ドゥ・ロンサールとバレリーナ

 

ラベンダー・ラッシーとアイスバーグ

 

アンジェラ

 

エブリンとイングリッシュ・ヘリテージ

 

そこで、
5月4日から10日までの間、
立川モデルハウスをオープンガーデンとさせていただき、
庭園内も自由にご覧いただけるようにいたします。

ご予約も不要ですので、
どうぞお気軽にお出かけください!

 

ピエール・ドゥ・ロンサール 2019年

 

詳細は近日中にホームページ上にアップいたします。

 

世の中の元気がないときこそ、
お花からパワーを受け取って
前向きに頑張ってまいりましょう!!!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】暖冬の影響ですね!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ここ数日、暖かい日が続き、
バラの成長がグッと進んだ気がします。

 

立川モデルハウス バラ園

 

どんどん葉が開いて
大きく伸ばしてくるようになりました。

 

毎年この時期になりますと、
日当たりのよい一角の
レンガの壁に誘引させているつるバラ「アンクル・ウォルター」に
つぼみが出てきます。

 

アンクル・ウォルター

 

今年もよ~く見ていくと・・・
ありました!!!

 

アンクル・ウォルター

 

地面から2mほどの高さのところに
一つだけつぼみが出ていました。

晴れている日はレンガの壁が日差しで暖かくなりますので、
夕方になっても周辺の温度が下がらないのが
成長を早める理由だと思います。

 

 

ですが、他のバラもよくよく観察していくと
つぼみがいくつか出てきていましたよ!!

 

表側の花壇

 

表側の花壇は裏庭に比べて
日差しが当たる時間が短いのですが、
早咲きの品種である「ルイ14世」が2本あり、
そのどちらにも
つぼみが複数個出てきていました。

 

ルイ14世

 

昨年は3月17日につぼみが確認されていましたので
4日ほど早い・・・ってことになりますが、
昨年はこの時期に出たつぼみは1個だけで、
他のつぼみはそれから数日遅れてから出てきていました。

ですのでやはり、今年は早いみたいです。
暖冬の影響でしょうね。

 

さらに裏庭の花壇にもつぼみがありましたよ。

 

 

 

裏庭の花壇

 

まずはフロリバンダの「マチルダ」。

 

マチルダ

 

まだはっきりとつぼみの形になりきっていませんが、
おそらくこれはつぼみになる芽だと思います。

昨年の「マチルダ」のつぼみは3月22日に確認されています。

それに比べますとなんと9日も早い!!!

もしかしたら今年は5月中旬ではなく
ゴールデンウィークの後半あたりがピークになるのかもしれませんね!

 

また2年目の「キャラメル・アンティーク」にもつぼみが出ました。

 

キャラメル・アンティーク

 

こちらもまだまだ小さい、
つぼみの子供みたいな感じですが、
つぼみになると思います。

去年は弱々しかった「キャラメル・アンティーク」ですが
今年は元気そうです。
根がしっかりと育ってくれたのでしょうね、良かった・・。

 

週末は再び寒さが戻ってくるようですが、
日に日に暖かくなってきています。

バラの開花が待ち遠しいですね!

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】芽吹き後の冷たい雨が心配

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ここのところ冷たい雨が続きましたが
今日は良い天気になりそうです。

 

暖冬の影響で例年よりもだいぶ早く芽吹いたバラたちですが、
ここのところの雨でちょっと足踏みかな・・。

私はこの雨でだいぶ冷やされてしまったんではないかと
ちょっと心配しています。

冷たい水は黒点病の発症につながりやすいですからね。

 

なので、今日は消毒をしました。

実際はまだ必要ないのかもしれませんが、
手遅れになる前に
出来ることはやっておきたいですからね!

 

マチルダ

 

マチルダは今年も元気良さそうですね!

赤みを帯びた葉が茂り始めています。

 

 

ブライダル・ピンク

 

ブライダル・ピンクは新緑色の葉がたくさん出てきていました。

マチルダもブライダル・ピンクも
房咲きなうえに横に広がる樹勢なので、
花が咲いたときはとても見事です。

 

 

アンクル・ウォルター、アイスバーグ、ブルー・バユー

 

この一角は私が誘引でちょっと遊んでみたところです。

このアングルに3種類のバラがあるんです。

右側から伸びてきているのが
ブルーの花が咲くブルー・バユー。

左から伸びてきている赤みを帯びた枝が
真っ赤な花が咲くアンクル・ウォルター。

そして下から伸びてきているのが
真っ白な花が咲くアイスバーグです。

この三種類が同時に咲いたら
見事でしょうね!

(去年はブルーバユーが咲かなかった・・・)

 

 

バレリーナとピエール・ドゥ・ロンサール

 

つるバラも元気です。

バレリーナはここ2年くらいで元気を取り戻し
今年もたくさん芽が出ました。

一方、ピエール・ドゥ・ロンサールは
数年のあいだシュートが出ず、
枝の若返りがなかなか進んでおりません。

今年こそはシュートが出るように頑張ってほしいです!

 

 

アンジェラ

 

アンジェラも順調に芽が伸びてきました。

今年はオベリスクの高い位置まで枝を誘引しましたので、
かなりボリューミーに咲くんではないかと思っています。

満開になる5月が待ち遠しいです。

 

 

手前の柱にはリバプール・エコー、奥の柱にはメアリー・ローズ

 

植えて3年でようやくパーゴラに届くまで大きくなったリバプール・エコー。

しかもそれぞれのシュートにご覧のようにたくさんの芽が出てきました。
これが全部咲いたらすごいことになりそうです!!!

 

今年の立川モデルハウスのバラは
「ボリューム」がテーマです。

見事に咲いてくれると良いのですが、
それまでのお手入れが欠かせませんね。

 

バラ部でした。