【バラ部】バラ苗の植え付け

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今日、新しくバラの苗を2つ取り寄せました。

 

 

左がフロリバンダの「プリンセス ヴェール」、
右がハイブリッドティーの「ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ」です。

7号鉢の大苗です。

 

実はここ2年の間に立川モデルハウスのバラが2本枯れてしまい、
その入れ替えのために仕入れました。

 

本来なら鉢で1シーズン育てて根をしっかりさせてから
地植えした方がより確実なのですが、
諸事情により(?)即!地植えいたします。

 

 

 

裏庭の一角にあるこのバラ、
もともとはピンク色のカップ咲きのバラでしたが、
一昨年枯れてしまい、
今では台木のノイバラがピロ~っと伸びてきているだけです。

 

 

すぐ左隣には
フロリバンダのレディー・ヒリンドンがあるので、
それなりの背丈がないとバランスが取れません。

 

よってここにはハイブリッドティーのダイアナ プリンセス オブ ウェールズを
植えていきます。

 

 

まずは元のバラを抜かないとなりません。

10年を超える生きているバラを抜くのは至難の業ですが、
枯れてしまっている上、
なんともひ弱な感じのこのバラは
力をそんなに入れなくても
根こそぎとることが出来ました。

 

抜いたバラの根っこ

 

ここまでスコップ等は一切使っていませんよ!

 

さて、バラの苗を植えるので
次に大きな穴を掘る必要があります。

幅40~50センチ、深さ40~50センチの穴を
頑張って掘っていきます。

 

 

 

これはなかなかの重労働です(笑)。

穴はとにかく深く広く掘った方が
植えた後のバラの生育が良いので、
ここは手を抜かずに頑張りましょう!!!!

 

次に肥料を穴に仕込みます。

牛糞堆肥、油かす、化成肥料(マグネシウム入り)を同比率で混ぜ、
そこに元の土を合成肥料と同量混ぜます。

それを穴に入れますが、
量的には深さ10センチもあれば大丈夫です。

肥料を入れました

 

 

次に元の土を肥料の上にかぶせます。
この土の量でバラの苗を置く高さを決めます。

土を肥料の上にかぶせるのは
バラの根が肥料に直接当たらないようにするためで
とても重要なことです。

 

土を被せて苗を置く準備が出来ました

 

 

 

いよいよバラの苗を置きます。

鉢からバラをとるときに
なるべく鉢の土が壊れないように注意しましょう!

 

 

今回は来たばかりの大苗のため、
土が崩れてしまいました・・・。

ご心配なら、
一度お花を咲かせた後だと
土に根が回って崩れにくくなりますよ!

 

 

あとは元の土を穴に入れて均します。

この時に土は水をまいた後にレベルが下がるので、
それを見越して高めに盛っておくと良いですよ。

最後にたっぷり水を撒いて終了です!!

 

苗植え付け完了

 

根がぐらつかないように
支柱を立てて固定しておきましょうね。

 

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ

 

このバラはグラデーションの大輪のお花が咲くはずです。

ただ今年1年は花を観賞するというよりも
根をはじめ株を丈夫に大きく育てるのが目的となります。

なので、今年は春以外は花を咲かせず
つぼみの段階で摘んでしまおうと思います。

 

 

もう一本は表側の花壇に植えます。

 

 

去年の夏までは咲いていたグルース・アン・アーヘンですが、
秋になると突然枯れてしまいました。

こちらも10年以上のバラですが、
根を取るのはそんなにてこずらないかな・・・と思っていたら、
意外とてこずってしまいました(笑)。

 

ですが、こちらにも苗を植えつけました。
手順は全く同じです。

 

 

プリンセス・ヴェールはフロリバンダで
上へというよりは横に広がる樹勢のようです。

左隣にアイスバーグ、右隣にルイ14世と
背が高くないバラが並んでいるので、
バランスとしてはちょうど良いのではないかと思って
選びました。

 

プリンセス・ヴェール

 

 

植えたばかりの苗は根がまだ浅いので
3月いっぱいは
3日に一度くらいの頻度で
水をあげた方が良いそうです。

その後は雨も増えてくるでしょうから
自然のままで良いと思いますが、
晴天が何日も続くようでしたら
時々水を上げるようにしていきます。

 

しっかりと元気に育つように
心を込めて手入れをしていきたいと思います。

 

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】立川モデルハウスのバラ剪定完了(ほぼ・・)

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今日で立川モデルハウスのバラの冬剪定を終わらせるぞ!!!
と、気合を入れて
残る4つの巨大なつるバラの剪定と誘引をしました。

 

アンクルウォルター

 

まずは最も大きく育っているアンクルウォルター。
レンガの壁に誘引しています。

今年は暖かいので
すでに芽吹き始めています。

本当だったら芽吹く前に終わらせたかったのですが、
仕方ないので芽を壊さないように注意して作業をしました。

でも、芽がここまで大きくなっていると
枝がこすれる度に芽が傷ついてしまうので、
大胆な誘引は難しかったです。

なんとか形にはなりましたが、
樹形はちょっといまいちかな・・。

 

 

続いてパーゴラに誘引してあるつるバラのなかで、
トゲが鋭く枝も固いエブリンを誘引。

 

エブリン

 

こちらも芽がかなり膨らんでいるので、
同じく慎重な作業になりました。

このバラは枝を寝かされるのがあまり好きでないのか、
寝かした枝からは良い枝があまり出ていませんでした・・・。

このバラは昨年、シュートを出さなかったので、
枝を詰める程度の剪定にしておきました。

今年に期待ですね!!

 

 

続いて隣のシュラブローズのメアリーローズ。

 

メアリーローズ

 

こちらは昨年良いシュートを出したので、
それを中心に枝を組み替えました。

シュラブローズの特徴でしょうか、
細かいトゲがかなり煩わしいです。

しかし枝が柔らかいので
誘引はしやすいですね!

今日のバラの中で
一番思い通りに誘引できた気がします!!

 

 

パーゴラのつるバラたち

 

残るは左手前のイングリッシュ・ヘリテージのみ・・・
だったのですが、
枝を固定するバンドが無くなってしまい、
誘引を途中で止めざるを得なくなってしまいました・・・。

このバラはトゲがかなり少なく、
枝がツルツルなので作業がとってもしやすいです!!

ただ枝が固いので
誘引自体はなかなか難儀します。

 

途中なのですが、
誘引をイメージしながら
剪定はほぼ済ませました。

明日、固定バンドを買ってきて
終わらせたいと思います。

 

今年は2月中旬まで冬剪定が掛かってしまいました。

しかも暖冬ということもあり、
バラの芽吹きが例年よりも早く
かなりマズイ感じでした・・・。

来年はもっと早く終わらせられるようにしたいと思います。

 

バラ部でした。

 

【バラ部】芽吹いた後の消毒薬

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ここのところの陽気のせいなのか、
バラの芽吹きが例年よりも早いようです。

多摩地区の立川でさえそうなので、
立川よりも暖かい都心方面や横浜方面では
もっと早いかもしれませんね。

 

芽吹いたバラ

 

日当たりにもよるんでしょうけど、
立川モデルハウスの庭では
日当たりが良い裏庭の一部のバラが
完全に芽吹き始めています。

 

芽吹きだしたつるバラ

 

日照時間が短い表側の庭は
まだ芽吹くにはもう少し時間がかかるようです。

 

 

さて、芽吹く前と芽吹いた後では
気をつけなければならないのが
消毒に使用する薬品です。

 

芽吹く前は石灰硫黄合剤がお勧めです。

定量に希釈しても黄色い液体で、
硫黄らしい温泉みたいな臭いがします。

これ1本で防虫と病原菌の駆除の両方に効果があります。

 

 

 

しかし芽吹いてくると
この石灰硫黄合剤の使用は止めて、
バラのシーズン中に使う薬品に切り替えてください。

 

春先は病気の脅威は少ないので、
治療に効果がある薬品ではなく、
予防に効果があるサンヨールやダコニールが良いですよ!

これと殺虫剤を混ぜて使用していきます。

 

ベニカR(左)とダコニール

 

消毒作業は1週間から10日に一度、
天気は雨が降っていなければ良くなくても良いのですが、
出来れば風が弱い日を選んで行いましょう。

風が強い日は薬品が思わぬ方向に飛散してしまうので、
ご近所へのご迷惑にもなりかねません。

でも春は風が強い日が多いので・・・、
早朝の風が弱い時間帯がお勧めです。

 

もうすぐ春がやってきます。

開花まであと2ヶ月余り、かな?
楽しみですね!!!

 

今年は桜の開花が早いみたいなので
バラも早い可能性が大ですね。

冬がしっかりと寒く無かったので、
バラがばらばらに咲くのではないかと
私は少々危惧しております。

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】ジュード・ジ・オブスキュアの剪定

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

立川モデルハウスのバラの剪定は
いよいよ終盤に入ってきました。

残るは裏庭のつるバラたちのみ!

 

さて、いろいろな種類のバラがある中で
剪定方法がいまいちよくわからないのが
ジュード・ジ・オブスキュア。

シュラブローズに分類されているので
半つる性なんです。

 

ジュード・ジ・オブスキュア

 

昨年は半つる性ということを重視して
つるバラとして剪定し支柱に誘引をしました。

 

2019年の剪定 右側がジュード・ジ・オブスキュア。

 

春の開花時にはまずまずだったのですが、
その後はあまり返り咲きせず、
横に寝かせた枝もさほど活躍してくれませんでした。

 

2019年5月のジュード・ジ・オブスキュア

 

秋には中心部分からまっすぐ上へたくさんの枝が伸びて、
風通しの悪い密集した状態になってしまいました。

 

その反省を生かし、
今年は枝を寝かさずに
横に広げるような感じの誘引にしました。

 

 

太めの状態の良い枝を支柱に結わえ、
中央部分にも枝を残しましたので、
もともとの木立性っぽい感じになりました。

 

これが正しいのか分かりませんが、
とにかくいろいろと試してみないとわかりませんもんね!

 

ジュード・ジ・オブスキュアは香りが大好きなバラです。

柑橘系のさわやかな甘~い香りがするので、
どんどん返り咲きをして欲しいんですよね!

 

バラ部でした。