【バラ部】バラを楽しむ会申し込み締め切り迫る!!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月12日開催予定の「バラを楽しむ会」の
ご参加申し込みが締め切り間近となっております!!

締め切りは27日、今週の土曜日となっておりますので、
まだお申込みでない方はお急ぎお声をおかけください!

バラを楽しむ会についてはこちら!

 

さて、ここのところ暖かい日が続きましたね。

立川モデルハウスのバラたちは元気にスクスクと
開花に向けて成長してきています。

 

ツルバラの【ラベンダー・ラッシー】

 

ツルバラの【ピエール・ドゥ・ロンサール】と【バレリーナ】

 

 

今年は玄関正面の二つのオベリスクのアンジェラが
左右同じくらいのボリュームになるまで回復してきました。

 

左右のオベリスクの【アンジェラ】

 

去年は左側がボリュームがなかったのですが、
冬の強剪定を繰り返したことでリフレッシュしたようです。

 

開花し始めたものや
開花間近のものもあり、
いよいよバラのシーズンがやって来るぞ!!って雰囲気が出てきました。

 

開花しているツルバラの【アンクル・ウォルター 】

 

1輪だけ咲き出した【ラ・フランス】

 

開花間近のツボミ

 

 

今年は冬剪定がほぼほぼ成功したようで、
ツボミの数が昨年よりも多い気がします。

満開になったらすごく見ごたえがあるのではないかと
期待しておりますです!!!

 

 

その一方で元気が出ないバラが2本だけあり、
気をもんでいます・・。

 

葉色が明らかにおかしい【アイスバーグ】

 

真っ白な花が咲くフロリバンダのアイスバーグは
立川モデルハウス内に5本ありますが、
そのうちの1本だけ、
明らかに葉色がおかしいんです。

去年も開花後に一気に立ち枯れしたアイスバーグがありましたが、
その時と雰囲気が似ていて
二の舞になるのではないかと気が気ではありません・・。

ここ数年、冬に強めの剪定を繰り返してきましたが、
一向に若いシュートを出さず、
その結果、古い枝を詰め切れずに来ました。

新旧更新をしないまま、
寿命を迎えてしまのではないか・・・。

あ~、心配です。

 

 

もう1本、元気がなくツボミを作ろうとしないバラがあります。

 

ツボミをつけない【プリンセス・ド・モナコ】

 

樹齢10年をはるかに超える・・・とは到底信じ難い
弱々しい枝ぶり・・・。

若芽の枝のみに強剪定したのが裏目に出たか・・・?

とのかくツボミを出してほしい!!!

そして開花時期を乗り越えれば
夏にシュートを出すだろうと信じております!

それまで枯れないで欲しい・・・!

 

 

バラを育てるのは本当に奥が深いですね。

100%上手くいった!!って年がなかなかありません。

 

そんなバラ談義を私も楽しみにしております。

「バラを楽しむ会」、楽しみましょうね!!!

 

バラ部竹内でした。

 

 

 

【バラ部】ベト病対策

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

4月も下旬に入りますと、
気温の上昇とともにバラの生育スピードが上がってきます。

そろそろ開花するバラが出てくるころでもありますね。

 

開花した早咲き品種のルイ14世

 

今にも咲きそうなラ・フランス

 

ウキウキしてくる季節ですが、
同時に害虫や病気が発症するリスクも上がってきます。

 

冬にあげた寒肥が十分なのであれば
まだ病気を発症することは少ないのですが、
肥料が十分でなかったり
何かしらの原因で病気が発症することもありますので
定期的に消毒はしていきたいものです。

 

立川モデルハウスでは
ごく一部ではあるのですが
ベト病が発症してしまいました。

 

ベト病にかかったバラの葉

 

発症してしまった時は
症状が出ている部分を切り取るのが基本ですが、
それでもなかなか広がりが止まらないので、
ベト病に良く効く薬を散布することにしました。

 

前回の消毒から中7日あけての作業です。

 

前回はバラゾウムシ退治が目的の消毒でしたが、
バラゾウムシの被害は引き続き起きていますので、
殺虫剤も混ぜて行います。

 

殺菌剤のエムダイファーと殺虫剤のスミチオン

 

ネットで調べて
ベト病に効果があると紹介されていたのが
殺菌剤のエムダイファーです。

液状の薬品ではなく、
粉状の薬でした。

 

今回は4リットルの混合薬を作りますので、
希釈率から計算して
エムダイファーは10g、
小さな袋に小分けしてあるので、
容量が判りやすいです。

 

これに混ぜる殺虫剤はスミチオンにしました。

バラゾウムシに効果が高いのは前回散布のベニカRの次は
スミチオンらしいです!

スミチオンは1000倍に希釈するので
4㎖ 計って加えます。

 

どちらも効果が出れば良いのですが、
さてどうでしょか?

 

また、経過をご報告します。

 

 

さて、5月12日開催予定の「バラを楽しむ会」は
申し込み締め切り日が迫ってきましたよ!

 

バラを楽しむ会についてはコチラ!

お申込みは4月27日までとなっておりますよ!!
今年はいつもよりも締切りが早いです!!

 

まだお申込みでない方は
ぜひお申し込みください!

 

お待ちしております!!

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】バラ開花まであと半月

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

日によって寒暖差の激しい今年の4月ですが、
バラは順調に開花へ向けて育ってきています。

 

 

ツボミをつけ始めたブライダル・ピンク(手前)とアイスバーグ(後)

 

パーゴラを彩るバラたちも葉が多くなってきました。

 

先日の雨とこの冷え込みで
地面は表面までまだしっとりと水分を保っているので、
今日は水やりをしなくても良さそうです。

 

しかしだいぶ虫が飛び回るようになりましたので、
バラにも害虫がつき始めるでしょう。

 

立川モデルハウスのバラをみていても
アブラムシはまだ出てきていないようです。

ん~、そろそろ出てきてもおかしくないんですが・・・、
別に出てくるのを待っているわけでも無いので
有難いことなんですが。

 

しかし、別の害虫が出てきている痕跡を見つけました!

 

バラゾウムシの被害(Webより)

 

新芽や出たばかりのツボミが黒くパサパサになってしまっているバラありませんか?

 

実はこちらはバラゾウムシの被害なんです!!

 

バラゾウムシ(Webより)

 

バラゾウムシはゴマ粒くらいのとても小さな虫なのですが、
新芽やツボミを台無しにしてくれるばかりでなく、
卵まで産んでいくので、
バラにとっては大敵であります!!!

 

すばしっこくてなかなか捕殺も出来ないのですが、
消毒もなかなか効果が無かったりもするので、
本当に厄介な害虫です。

 

それでも消毒を定期的にしないとなりませんので、
今回は新しくバラゾウムシに効果が期待できそうな
ベニカRという薬品を使ってみました。

 

ベニカR(左)とダコニール

 

合わせた殺菌剤はダコニールです。

ダコニールは500倍、ベニカRは100倍に希釈するため、
ダコニールを8ml、ベニカRを40mlを4リットルの水で希釈し、
バラ全体に噴霧しました。

 

効果があるとイイですね。

 

ちなみに消毒をした日と、
何の薬品を使ったかは記録しておくと良いですよ。

次回作業するときの参考になります。

 

おまけ 超早咲きのバラ

 

 

さて、5月12日開催の「バラを楽しむ会」は
ご参加いただく方を募集中です。

バラを楽しむ会についてはこちら!

 

どしどしご応募ください!!

お待ちしてまーす!!

 

バラ部でした。