【バラ部】バラを楽しむ会2018開催決定!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎年恒例の5月のイベント、
「バラを楽しむ会 2018」を行うことが決定しました!!

 

開催日時:5月19日 13:30~16:00
開催場所:天草ハウジング立川モデルハウス

いつものようにご予約制となり、
お申込みが定数をオーバーした場合は抽選とさせていただきます。

今回は10組様限定となります。

また、今回は昨年の雨天中止を踏まえて、
雨天決行といたしますので、中止はございませんよ!!

 

今回の目玉イベントはバラの植え付け講座です!

実際に苗木を鉢に植えていただく実演付きで、
しかも植えていただいた苗木はそのままお持ち帰りいただけるという、
バラを育てたい方にはたまらない内容とさせていただきました。

バラを始めたい方や、
バラをもっと楽しみたいという方は
是非お申し込みください。ご応募お待ちしております!

ご応募はお電話やFAX、メールなどでできます。
詳しくは来月発送のAmaCanか、または展示場スタッフに直接お問い合わせください。

 

さて、立川モデルハウスのバラたちも順調に芽吹き、
早い品種はツボミをだすものまで出てきています。

そろそろ、冬剪定の仕方が良かったかどうか、
結果が見えてくる時期になりましたので、
早いですが、冬剪定の反省会・・・です。

 

 

強剪定したティファニー

強剪定しなかったティファニー

上の二つの写真、まったく同じ品種、ハイブリッドティーのティファニーです。

上の方の写真は枝を全体に低く切り詰める強剪定を施しましたが、
下の方の写真は太い枝を出来るだけ残した剪定にとどめました。

日当たりや樹齢の差が多少あるにしても、
強剪定をしたものの方が、はるかに多い数の芽を出しているのが
お分かりいただけますでしょうか。

 

多品種で比較しても、
強剪定した株は芽を多く出し、
強剪定しなかったものは芽の数が少ないという傾向がみられるような気がします。

強剪定しなかったバラ レディー・ヒリンドン

強剪定したガートルード・ジェキル

 

やはり、強剪定して若い芽をどんどん育て、
枝を毎年更新していったほうが、良いんでしょうね。

強剪定できないと、若くて勢いのある枝がなかなか出てこず、
結果、枝の更新が出来ないので、
どんどん衰えていってしまっているようです。

 

新旧の枝が入り混じるアイスバーグ

この写真のバラをみると、それがなんとなく証明できそうな気がします。

下部の若い枝たちの方が、
上部の太くて古い枝よりも多くの芽を出しており、
しかもその芽の勢いも若い枝の方が強いです。

 

やはり冬剪定は勇気をもって思いっきり剪定した方が
よさそうですね!

今度の冬剪定(だいぶ先ですが・・)の時に心がけたいと思いました。

 

バラ部でした。