【バラ部】冬剪定と寒肥

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

寒い毎日ですが、
いよいよバラの冬剪定の時期となってきました。

冬剪定は今年5月のバラの咲き具合を左右する大切な作業ですので、
寒い中大変ではありますが、
しっかりとやっていきましょう!!

 

剪定前のバラ

 

剪定前のつるバラ

 

すでに葉やツボミを落としたバラは
枝だけがビヨ~ンっと伸びた状態になっていますね。

 

これをこのままにして春を迎えてしまうと、
バラは人の背よりも高い位置で花を咲かせてしまいます。

 

これはほとんどのバラが
枝の最も高い場所にできた新芽にエネルギーを集中させる性質があるためで、
「最も高い位置にある芽」から伸びてしまうからなんです。

なので、ちょうど良い高さで花を咲かせるために
「最も高い位置にある芽」の高さを低い位置にするために、
枝を切り落としていくことが重要になるんです。

 

 

それでは冬剪定をやってみましょう!

 

まず最初に細い枝を全て切り落とします。

細い枝とは「鉛筆よりも細い枝」と意識しましょう!
(枝が細いフロリバンダは「割り箸よりも細い枝」にしてください)

細い枝はそんなに花をつけてくれませんから、
太くてしっかりした枝のみを残します。

この作業は何も考えず、粛々と行いましょう。

 

さていよいよ残った太い枝を今度は切り詰めていきます。

木立性のバラの場合、
少なくとも半分の高さまで、
勇気があれば三分の一まで切り詰めても大丈夫です!

ただし切る場所は伸ばしたい新芽の5ミリほど上の場所にしましょう!

 

 

ネットで良い画像を見つけたので、こちらを参考にしてください。

 

剪定後のバラ

 

バラの品種によって
伸ばす枝の長さが違いますので、
出来れば種類別に高さを調整した方が
咲いた時に見事になります。

分かってはいますが、なかなか上手くいかないのも現実ですけどね・・・。

 

 

つるバラの場合も細い枝はバンバン切ってしまいます。

残った太い枝が多い場合、
そのまま誘引してしまいますと
葉が密集しすぎて病気になりやすくなってしまうので、
枝を整理した方が良いです。

その場合は古い枝から切り落とし、
若い枝を残しましょう。

特に昨年発生したベイサルシュートは
今年最も活躍してくれるはずです!!

 

このように枝を毎年更新し続けることで、
若いシュートが発生しやすく、
結果的にバラの寿命が長くなりますよ!

 

剪定後、誘引されたつるバラ

 

剪定後、誘引されたつるバラ

 

 

バラの剪定が終わったら
消毒と寒肥を施します。

 

寒肥は混合肥料がお勧めです。

まず土を柔らかくするための堆肥、
肥料は牛糞のような有機肥料と油かす、
それに化成肥料も混ぜるとよりよいでしょう。

これらを混ぜた混合肥料を
バラの根元から50センチほど離れた場所に掘った穴に入れます。

 

バラの根元の周囲に穴を3ヶ所ほど掘ります。

 

掘った穴に混合肥料を入れます。

 

バラから離した位置に施すのは
肥料がバラの根っこに直接当たるのを防ぐためです。

根っこに肥料が直接当たってしまうと
奇形になったり肥料焼けという病気のような症状が出てしまいますので
注意しましょう!

 

この時期の消毒は殺菌がメインなのですが、
越冬する害虫もいるので殺虫効果も必要です。

そこでお勧めは石灰硫黄合剤です。

 

 

この薬品は他の薬品とは混ぜずに
単独で散布します。

温泉のような硫黄のニオイがしますが、
効果は高いものがあるので、
指示通りの希釈率をまもって散布機で散布しましょう。

芽吹くまでは消毒はこの薬品のみでOKです。

 

ここまでやったらあとは芽吹きを待つのみです。

頑張った分だけバラは奇麗に咲いてくれると思いますので、
冬のこの作業は確実に行うようにしましょうね!

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】年内にしておくこと

こんにちは。バラ部の竹内です。

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

今年も残すところ20日。

今年は今までのどの年とも違い、
まったく新しいライフスタイルを余儀なくされた1年でした。

 

加えて立川モデルハウスが11月で閉店となり、
私も世話をするバラを失い、
バラの花が咲いている他所のお庭を眺めては
手入れをしたくなる衝動に駆られています・・・。

 

去年の今ごろに咲いていた立川モデルハウスのバラ

 

今年はなんだかんだで暖かい日が多く、
まだまだ咲きそうなバラもあるでしょうけど、
来週から一気に真冬のような寒さになるそうなので、
もうそろそろ、バラをお休みさせてあげる時期です。

この時期、バラはツボミをつけると
それを咲かそうと栄養を枝先に送り続けようとしますが、
気温が低くなると頑張っても花が咲かなくなってきます。

要は、無駄にエネルギーを使わせているので、
バラにとっては良くないことなんですよね。

 

なので、遅くとも年内には
バラがつけている全てのツボミや花は摘み取って、
さらに葉っぱも全て摘み取ってしまいましょう。

 

葉を摘み取る前のつるバラ

 

枝から全ての葉っぱやツボミを摘み取ることで、
バラは栄養を枝先に送るのを止め、
冬の休眠に入ります。

 

 

寒い時期にしっかりと休眠させることは
来年の春の花付きを大きく左右する
とても大切なことですので、
この作業は是非とも行いたいです。

 

樹形の整理と枝の更新を行う
いわゆる冬剪定は
この作業を行った少なくとも2週間後、
年明けの作業となります。

枝を切るのは
養分がしっかりと株元まで下がってからにしましょうね!

 

バラ部でした。

 

 

 

 

【バラ部】偶然のコンビネーション

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

朝から暑いですね~!

 

夏本番になりましたが、
害虫の勢いが止まりません・・・。

この時期の消毒は
水やりと同様で
気温が高くなる日中は避けて
涼しい朝のうちか夕方に行いたいのですが、
出社したころには焼けつくような日差しになってしまっているので、
とりあえず害虫は手で取れるだけは取って、
残りは夕方に殺虫剤を噴霧しようと思います。

 

さて、バラの手入れをしていて
とても奇麗なバラを見つけました。

 

レディー・ヒリンドンとチャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

 

アプリコット色の方はレディー・ヒリンドン、
濃いピンクはチャールズ・レニー・マッキントッシュです。

隣り合って植えてあるのですが、
偶然にもお花が顔を寄せ合うように咲いていました。

しかもどちらも花が開き出した一番きれいな形の状態!!!

一番きれいな状態で
こんなに寄せ合って咲いているなんて
これはちょっとした奇跡ですよ!!

 

いや~、ほっこりします・・。

 

 

他のバラを見渡すと、
咲いているバラはごくごくわずかですが、
奇麗に咲いているバラをご紹介します。

 

 

アイスバーグ

 

真っ白のアイスバーグが3番目の花を咲かせています。

花が小ぶりですが房状に咲くので
まずまずの見応えがありますよ!

 

 

テス・オブ・ザ・ダーバービルズ

 

房咲きのつるバラ、テス・オブ・ザ・ダーバービルズがポツポツと咲いています。

こちらは春の花と同じくらいの大きさがありますが、
花数は春の時よりはかなり少ないです。

明るめの赤がとても奇麗ですね!

 

 

ティファニー

 

テス・オブ・ザ・ダーバービルズの前には
ハイブリッドティーのティファニーが植えてありますが、
こちらもいよいよ3番花が咲いてきました。

大輪でピンクとイエローのグラデーションの色が
とても豪華なお花です。

 

 

プリンセス・ドゥ・モナコ

 

表の花壇では
ハイブリッドティーのプリンセス・ドゥ・モナコが奇麗に咲いています。

ピンクの大輪の花で縁の色が濃くなっています。
上品でとても好きなバラの一つです。

 

 

しばらく猛暑が続くでしょうから、
バラの健康状態を特に注意して見守らないとならないですが、
自分も熱中症にならないように気を付けないとなりませんね!

 

バラ部でした。

 

 

 

【HP部】クリスマスパーティ2019

こんにちは。ホームパーティ部の岩瀬です。

今年も開催致しました天草クリスマスパーティ2019!
無事、イベントを終える事ができました。

 

今年は立川展示場での開催となり、
去年よりも大勢のオーナー様方を招待させていただきました。その数30名様越え…!
12月の冷たい風の中、わざわざお越しいただきありがとうございました!

 

 

 

今回のメインイベントは3つ。

まず1つ目、ジャズバンド生演奏

ベース 江野口美穂さん
ドラム 西村匠平さん
ピアノ 矢藤亜紗巳さん

3名がクリスマスに合う素敵な演奏を披露していただきました!

 

つぎに、デコパージュ作り体験

毎年恒例の手作り体験、今年は【デコパージュ】。
デコパージュって何?と思う方も多かったと思います。

デコパージュとは、絵柄のついたナプキンを専用の液で
ロウソクや石鹸、スマホケースに張り付けてデコレーションすることです!

今回土台にしたものは、LEDで光るキャンドル。
皆様好きな柄を切って、貼って、デコレーションをしていました。

 

最後に、北欧グッズプレゼントコーナー

もれなく全員もらえるクリスマスプレゼントを用意しました!
景品は天草らしい北欧グッズ。

中には「ククサ」と呼ばれる不思議な形をした木製マグカップもありました。

ククサとは、北欧に古くから伝わる白樺の木のこぶから作られるカップで
贈られると幸せになる。と言われているそうです。

抽選中は、バンドの皆さまが楽器で盛り上げてくださいました!

 

そして最後に恒例の集合写真。
ご参加くださったオーナー様方、ありがとうございました!

来年も、もっと盛り上げていきたいと思います。

以上、2019年天草ホームパーティ部でした!

【バラ部】バラ開花まであと半月

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

日によって寒暖差の激しい今年の4月ですが、
バラは順調に開花へ向けて育ってきています。

 

 

ツボミをつけ始めたブライダル・ピンク(手前)とアイスバーグ(後)

 

パーゴラを彩るバラたちも葉が多くなってきました。

 

先日の雨とこの冷え込みで
地面は表面までまだしっとりと水分を保っているので、
今日は水やりをしなくても良さそうです。

 

しかしだいぶ虫が飛び回るようになりましたので、
バラにも害虫がつき始めるでしょう。

 

立川モデルハウスのバラをみていても
アブラムシはまだ出てきていないようです。

ん~、そろそろ出てきてもおかしくないんですが・・・、
別に出てくるのを待っているわけでも無いので
有難いことなんですが。

 

しかし、別の害虫が出てきている痕跡を見つけました!

 

バラゾウムシの被害(Webより)

 

新芽や出たばかりのツボミが黒くパサパサになってしまっているバラありませんか?

 

実はこちらはバラゾウムシの被害なんです!!

 

バラゾウムシ(Webより)

 

バラゾウムシはゴマ粒くらいのとても小さな虫なのですが、
新芽やツボミを台無しにしてくれるばかりでなく、
卵まで産んでいくので、
バラにとっては大敵であります!!!

 

すばしっこくてなかなか捕殺も出来ないのですが、
消毒もなかなか効果が無かったりもするので、
本当に厄介な害虫です。

 

それでも消毒を定期的にしないとなりませんので、
今回は新しくバラゾウムシに効果が期待できそうな
ベニカRという薬品を使ってみました。

 

ベニカR(左)とダコニール

 

合わせた殺菌剤はダコニールです。

ダコニールは500倍、ベニカRは100倍に希釈するため、
ダコニールを8ml、ベニカRを40mlを4リットルの水で希釈し、
バラ全体に噴霧しました。

 

効果があるとイイですね。

 

ちなみに消毒をした日と、
何の薬品を使ったかは記録しておくと良いですよ。

次回作業するときの参考になります。

 

おまけ 超早咲きのバラ

 

 

さて、5月12日開催の「バラを楽しむ会」は
ご参加いただく方を募集中です。

バラを楽しむ会についてはこちら!

 

どしどしご応募ください!!

お待ちしてまーす!!

 

バラ部でした。