【バラ部】フロリバンダの花ガラ摘み

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

毎日暑いですね~。

こんな日は人も体力を奪われるような感じがしますが、
バラも同じく体力を消耗する季節です。

毎日の水やりと、
場合によっては肥料をあげるなどして、
バラの健康状態に特に注意しましょう!

 

さて、今の時期は
四季咲きのバラの2回目の開花が終わるころかと思います。

 

今回は房咲きのフロリバンダの花ガラ摘みについてお話ししたいと思います。

 

 

まるで大輪咲きのハイブリッドティーかのようなこちらのバラは
実はフロリバンダで、最後の1輪が咲いている状態です。

ご覧のように花もしおれかけていますので摘んでしまおうと思いますが、
さて、この枝のどこを切ったらいいでしょうか?

 

枝をよ~く見ていきましょう!

 

まず花首付近。

 

フロリバンダなので、他の花がついていた細い枝が残っています。
(赤丸のところです。)

 

さらに枝の下側を見ていきます。

 

その下にも花が摘まれた後の枝が残っています。
たくさんあるので、この枝はシュートだったようですね。

 

更にその下までいきますよ!

ようやく新芽を携えた葉っぱが見つかりました。

 

このような枝の場合、
新芽がついている葉の根本より上は
残していても成長もせず、芽も出さない、
残しておいても全く意味のない部分になりますので、
新芽のある葉の根本より5ミリほど上の部分で切ってしまいます。

 

殆どのバラは、
枝の一番上の芽だけを成長させようとしますので、
秋咲きに向けてこの芽が成長をしていくことになります。

 

切り落とした枝です。60センチくらいはありますでしょうか。

 

木立性バラの場合、
シュートは花を咲かせずに
ある程度の高さになった時点でピンチして
伸びるのを止めてしまうのが正解なのですが、
そのまま花を咲かせてしまった場合は
このように思いっきり切り詰めてしまいましょう。

 

シュートでない枝も
フロリバンダの場合は
新芽のある葉の根本まで切り詰めるのは一緒です。

 

是非実践して、奇麗な樹形を作っていきましょう。

 

バラ部でした。

 

6月のバラ

こんにちは横浜展示場バラ部の坪松です。
本格的に梅雨らしい日々が続いていますね・・・

実はバラを育てる上でこの梅雨の季節は一つの大切な時期なんですよ!!
というのも・・・・・

うどんこ病や

黒点病などの

病害が増えだすうえに、雨が続くと中々消毒できるタイミングがなく、
発生した病気が一気に株全体に広がりやすくなります。

そのためにも限られた天気のいい日には、しっかりと消毒をしてあげましょう!!
夏に向けてアブラムシやカナブンなどの害虫も増えてくるので、
殺菌材だけでなく殺虫剤も組み合わせて散布しましょう!!!
そして見つけたらしっかりと補殺しましょう。

この時期をしっかりと乗り切れば、秋口まできれいに花を咲かせてくれますよ。

ジュビリーセレブレーション 一期目より花が小さいのでお辞儀せずに綺麗に咲いています。

シンボルのクウィーンオブスウェーデン つぼみが沢山あるので、来週位が見頃になりそうです

ウィズレー

横浜展示場のバラも続々返り咲いています。
雨の滴るバラもいいものです。

 

横浜展示場はシュートはまで出ていませんが、立川展示場ではシュートが
出始めています。立川展示場ブログ

来年以降のエースに育てられるように、シュートを見かけたら
大切に育ててあげてくださいね!
特に若い枝は害虫に狙われやすいので注意が必要ですよ!!

 

「2017輸入住宅にぴったりなクリスマス飾り」オーナメント編

こんにちは。インテリアコーディネーターの霜島です。

前回に引き続き、輸入住宅にぴったりなクリスマス飾りのご紹介です。
今回は「オーナメント編」です。

クリスマスツリーに飾る、オーナメント。
これをツリー以外の場所に飾ると、手軽によりクリスマス感がUPする
プラスな飾り付けができちゃいます。

 

 

例えば、照明に。

吊るしただけですが、一気に華やかになってみえませんか?
照明自体がシンプルな場合は、より印象が変わりますよ。

★引っ掛ける場所がない場合は、針金で巻きつけたり、見えない位置にセロハンテープで固定がオススメです。

 

 

続いては、カーテンのタッセルに。

部屋にあわせてオーナメントの色を選ぶのもポイントです。
この部屋はシックな雰囲気なので、それを壊さないように、
オーナメントは「シルバー」を使いました。

ですが、お子さんのお部屋や、クリスマスツリーが飾ってあるお部屋には
定番カラーの「赤」や「緑」のオーナメントを使い
楽しいわくわくな雰囲気にすると良いかもですね。

 

あとは、いつものインテリアに加えて置いていくだけでも
こんなに季節感がでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真では、机の上や小物入れの中、お皿の上に置いていますが
他にも、透明の空き瓶や、ワイングラスを逆さにしてその中に入れるのも
おしゃれで素敵ですよ。

 

お部屋の模様替えは大がかりで大変ですが、
こういうイベントの季節は、少しインテリアに手を加えるだけで
一気に季節感が出て、お部屋の雰囲気を簡単に替えることができるので、
楽しいですね。

また、ツリーを飾ったりする時間が取れない!という方は、
空いてる数分の時間に、少しずつ分けて、
小物や今日ご紹介したオーナメントを飾るだけでも、季節感がでるので

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

「2017輸入住宅にぴったりなクリスマス飾り」ツリー編

こんにちは。インテリアコーディネーターの霜島です。

今年もクリスマスの時期がやってきました。
イルミネーションや、お店の中、飲食店では限定メニューがあったりと
街はすっかりクリスマス一色ですね。

さてそんなクリスマスの雰囲気を、お家の中でも楽しんでいますか?

今日は、輸入住宅にぴったりなクリスマスの飾り付けと、
もうひと手間加えてよりクリスマス感をUPさせる簡単な飾り付けをご紹介します。

 

 

まずは、クリスマス飾りといえば、一番の主役「クリスマスツリー」です。
立川展示場では、2か所に飾っています。

また、せっかくなので飾る場所も、
輸入住宅ならではの場所に置くのがオススメですね。

一つ目は、定番クリスマスカラーの「赤」を基調とし、
マントルピースの横に飾っています。

 

2つ目は、ホワイトクリスマスをイメージし、
「シルバーとブルー」を基調とし、シックにしあげました。
こちらは塔屋に飾っています。

 

写真ではわかりずらいですが、ツリーに電飾をまわしているので、
オーナメントが少なめですが、
電飾を付けない場合は、オーナメントをめいいっぱいつけるのがオススメです。
また、クリスマスツリーの下にプレゼントボックスをたくさん置くのも
海外のクリスマスらしさが出ますよ。

 

ちなみに、海外ドラマや映画で、クリススマスのお話しがあるものを観てみるのも
面白いですし、クリスマス飾りの参考になるのでオススメです。

個人的に好きなのは、
「ポーラーエクスプレス」「ホームアローン2」「フルハウス シーズン6 12話」です。
良かったら、ホリデー気分を映像でも楽しんでみてくださいね。

 

続いては、簡単にクリスマス感UPできる、プラスひと手間の飾り付け
「オーナメント編」です。

 

【バラ部】秋咲きのバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

気がつけば11月。今年も残すところ2ヶ月ですね。
時が経つのは早いものです。

 

今年はバラ達にとって難しい年でしたね。
8月と10月の記録的な長雨で、
ダメージを受けたところも多いのではないでしょうか。

 

さて、そうは言いましても今シーズン最後の花盛りの今、
立川展示場でも秋咲きのバラが健気に?咲いていますよ。

 

ツルバラのゴールデン・セレブレーション。
ツルバラの中では春以降の花つきが良い品種です。

 

こちらもツルバラのポールネイロン。
今年はこの株は頑張りましたね。
昨年はかなり弱った感じがしていましたが、
今年はシュートもしっかり出し、花つきも良く、
しかも花がしっかりとしていた印象があります。

 

こちらは木立性のクィーン・エリザベスです。
とにかく元気が良く、大きくなりすぎて
花を見上げる感じになってしまっています。
来年はもっと低い位置で咲くようにさせたいですが・・。

 

ブラスバンド。
オレンジ色の花がチャーミングです。

 

わたし一押しのストロベリー・アイスです。
中輪でグラデーションのある花びらがエレガントです。
目立たない場所に植えられているのが残念・・・。

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ。
花つきの良さは群を抜いていますが、樹形を保つのが難しいなぁ~。

 

房咲きフロリバンダ系統の元祖、グルース・アン・アーヘン。
上品なピンク色の花です。多弁の花なので散らしてしまうとお掃除が大変です。

 

みんな大好き、アイスバーグです。
この純白のお花は清廉、潔白な印象を受けますね。
春よりも今の時期の方が花数が少ない分、お花が大きいです。

 

今年もわたしと共に活躍してくれた相棒です。

とにかく切れ味が良く使いやすい剪定ばさみです。
使いすぎてグリップが親指側しか残っていません(笑)。

11月も下旬になると、気温の低下とともにバラの活動も弱くなってきます。
ツボミがついても咲かずに終わることが多くなりますので、
今のうちにお花を楽しんでおきましょうね!

 

バラ部でした。