【バラ部】5月下旬のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月ももうすぐ終わり。
ジメジメした季節が目前に迫ってきています。

 

今年は雨が多くて
なかなかバラの面倒が見切れない日が続きましたが、
昨日と今日とで手入れをしました。

 

花数が減ったつるバラ

 

ほとんどのバラは一番花が終わり、
これから2番花への切り替えの時期となります。

ここで必要なのがお礼肥ですね!

花をたくさん咲かせたバラはお疲れモードなので、
肥料を十分にあげて元気を取り戻させてあげましょう!!

 

そんなタイミングではありますが、
まだまだ元気に咲いているバラもあり、
なかなか一斉に・・・というわけにはまいりません。

お花が咲いている間は肥料はあげられませんからね・・・。

 

5分咲き近くまで来たザ・フェアリー

 

先週から咲き出したザ・フェアリーは
5分咲き位になってきましたかね。

 

爽やかな芳香のジュード・ジ・オブスキュア

 

爽やかな芳香がするジュード・ジ・オブスキュアは
ピークは過ぎたものの
まだまだツボミをつけていて
花を咲かせてくれています。

 

花付きが良いチャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

このバラは花が途絶えることがあるのでしょうか??と思うくらい、
いつでも咲いているイメージです。

今日、かなりの数の花柄をとりましたが、
ツボミがたくさんありました。

 

新顔のダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ

 

こちらは大苗を地植えしたばかりのダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズです。
返り咲きということではなく、
成長しながらツボミをつけ続けています。

このツボミが咲いたら、
今年は花を咲かせずにツボミを摘み取る予定です。

 

ピエール・ドゥ・ロンサール

 

大輪カップ咲きのピエール・ドゥ・ロンサールは
雨の重みでかなり花首が折れてしまいました。

それでも花をまだたくさん残しています。

 

昨年の成長株リバプールエコー

 

今年はやや遅咲きだったリバプールエコーは、
さすがにそろそろ終わりかな、という感じです。

でも大きく育ってくれて、
見応えもあって良かったし、嬉しいですね。

 

イングリッシュ・ヘリテージ

 

花持ちの悪さは何とかならないのかな・・・と
少々不満を抱いてしまうイングリッシュ・ヘリテージは、
奇麗だな~と油断していると
次の日には見事に散ってしまいます。

 

バレリーナ

 

ピークは過ぎたものの、
存在感抜群に咲き誇っているバレリーナ。

正直、もうすぐ散ってくる状態ですが、
あまりにも見事なのでそのままにしてあります。

 

ピークを過ぎたアンジェラ

 

アンジェラはわずかに花が残っているという状態に。

ピークを過ぎた花は摘み取ってしまいましたが、
さすがにここまで奇麗に咲いている花は残しました。

 

さて、先月の強風で倒されてしまったアイスバーグですが、
その後のケアによって
見事復活してきそうです。

 

葉が青々としてきたアイスバーグ

 

しなびた感じになったり
葉が黄色くなって散ってしまったりしていましたが、
葉が青々とし艶も出てきました。

そして何より新芽がたくさん出てきました!

 

アイスバーグの新芽

 

順調にいけば7月上旬位に白い花が咲いてくれると思います。

そうなったら嬉しいですね。

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】まだまだバラの楽しみは続きます

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月も残すところ1週間となりました。

長く続いた日照不足が終わり、
昨日と今日は日差しが照り付けてくれました。

 

オベリスクのアンジェラ

 

抜けるような青空に
洋館の立川モデルハウスと
つるバラのアンジェラが映えています!

 

アンジェラは花びらがだいぶ散り始めてきました。

花が小ぶりなうえ、かなりの房咲きなので、
花柄摘みが全く追いつきません。

センターハウスのお掃除担当の方々、
ちらかしてごめんなさい・・・。

 

サー・クローとアンジェラ

 

つるバラ以外の花は
そろそろ一旦お休みな感じになってきました。

ですが、サー・クローにはまだツボミがついていますので、
もう少しだけ楽しめそうです。

 

 

エブリンとリバプールエコー

 

裏庭のつるバラのうち、
今日はアプリコット色の大輪の花、エブリンの花柄摘みをしました。

香りが良いお花は散るのが早いですね・・。

芳香な香りと共に花びらがパラパラと落ちてしまいます。
そんな儚い感じがまたイングリッシュ・ローズの魅力なのかもしれません。

 

それに比べ、リバプールエコーは中輪のお花ですが、
結構花持ちがよくて気に入っています。

昨年、大成長したリバプールエコーは
パーゴラにたくさんの花を咲かせることが出来ました。

 

 

さて、咲き終わるバラが出てきている中で、
ようやく咲き始めた遅咲きのバラがありますので
ご紹介しましょう。

 

 

ザ・フェアリー

 

ミニバラのように小さいお花がかわいいザ・フェアリー。

まだ咲き始めですが、
満開になると木全体がピンクの塊のように見事になります。

このままいい天気が続けば
来週末あたりが見ごろかもしれません。

 

 

プリンセス・ヴェール

 

今年の冬に花壇に地植えしたばかりのフロリバンダ、プリンセス・ヴェール。

淡いピンクのお花がようやく咲いてきました。

 

本当は1番花は数日前に咲き始めていたのですが、
雨でダメになってしまいました。

奇麗に咲いたのはこの花が最初です!

 

この花壇は少し寂しい感じがするので、
今年は大きく育ってもらって、
来年にたくさんお花が咲くように、
頑張って面倒を見ていきたいと思います。

 

春のバラシーズンは残り僅かです!

今からでも遅くはありませんので、
立川モデルハウスへ見にいらしてください。

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】5月21日のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

長く続いた雨が上がり、
久しぶりにバラの手入れをしました。

 

裏庭のアーチのつるバラ

 

裏庭のアーチの黄色いゴールデン・セレブレーションは、
ピークが過ぎて花数が少なくなってきました。

その一方でレンガの壁に誘引してある赤いテス・オブ・ザ・ダーバービルズは
まだまだたくさん咲いています。
しかしツボミがもうほとんどありませんので、
これらの花が咲き終わったら、いったん終了です。

 

 

裏庭のバラ

 

オレンジ色のブラスバンドは
さすがの花持ちで、まだまだ奇麗に咲いています。

本当にこの花は散らずに長いこと咲いてくれるので
手入れが楽で助かります。

 

 

ジュード・ジ・オブスキュア

 

この一角ではジュード・ジ・オブスキュアがたくさん咲いています。
柑橘系の爽やかな香りのする、私も大好きな花です。

今日、バラを見学に来られたお客様が
この花の香りを「マヌカハニーそのもの」とおっしゃっていました。

私はマヌカハニーの香りを覚えておらず分かりませんでしたが、
確かに爽やかさの中にもハチミツのような甘みも感じるな・・とも思いました。

 

 

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ

 

ハイブリッドティーのプリンセス・オブ・ウェールズが次々と咲いています。
ツボミもまだまだ出てきていますね!

シュートにたくさんつぼみがついているので
明日にでも摘蕾をしておこう。

 

 

アンクル・ウォルター

 

栄華を誇ったかのように咲いていた赤いアンクル・ウォルターも
そろそろ一休みかな。

はしごはつるバラの剪定の必需品ですね!

 

 

パーゴラのつるバラ

 

今日はこのパーゴラの花柄摘みが途中で終わってしまったので、
明日はここから再開です・・。

手前のピンクのメアリー・ローズがかなり散ってしまっています。
右隣のエブリンも同じく、散ってしまって、
この辺りは地面に花びらがびっしりと落ちていました。

 

 

花壇のバラ

 

花柄摘みを終えたバラは
最盛期を過ぎて少し落ち着いた感じになりました。

それでもまだこの花の数々。
まだまだ楽しめますよ!!

 

 

表のアーチのつるバラ

 

表側はつるバラが最盛期です。

こちらのアーチには大輪のピエール・ドゥ・ロンサールと
小輪のバレリーナが仲良く咲き誇っています。

昨日までの雨で裏庭のピエールはかなり痛んでいたので、
明日はこちらも手入れしないとなりませんね。

 

 

オベリスクとアーチのつるバラ

 

アンジェラが満開で、
奥のアーチのラベンダー・ラッシーも満開です。

 

ラベンダー・ラッシー

 

ラベンダー・ラッシーは香りが良く、
今日いらしたお客様はこのバラを気にいられたご様子でした。

お花自体は小ぶりな中輪の房咲きですが、
花持ちがそれほど良くなく、
花びらがパラパラと散ってくるので、
お掃除が大変です・・・。

 

 

5月も下旬に入り
バラの最盛期は過ぎてしまったようですが、
つるバラを中心にまだまだ見ごろは続いております。

 

しかも、まだこのタイミングで花が咲いていないバラもあるんですよ!

どんだけ遅咲きなんじゃ!!と突っ込みたくなるバラを、
次回ご紹介したいと思います。

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】5月17日雨上がりの立川モデルハウス

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

昨日の雨でバラの花がかなり散ってしまいました・・。

ですが、まだまだ元気なお花がたくさん咲いてくれています。

 

2つのオベリスクに誘引されたアンジェラ

 

今朝、バラの手入れをしていたら、
ご近所の方々に何度もお声を掛けていただきました。

バラをとても褒めてくださって本当に嬉しいですね!

 

今年はいろいろなイベントが中止になってしまったので、
あちらこちらへバラを見に行くことが出来なかったんだそうです。

ですが、立川モデルハウスはご近所の方々にとりましたら
お近くですし、お散歩ついでにお寄りいただけるので、
もっともっと見にいらしてほしいです!

笑顔でバラをご覧いただいている方を見ていますと、
こんなことでも地域に貢献できているのかな・・・と
少し誇らしく思えてきました。

 

さて、雨曲がりの今日のバラたちです。

 

表側のバラたち

 

つるバラが見ごろを迎えました。

手前のアーチにはラベンダー・ラッシー。
5分咲きといったところです。

その奥に2本のアンジェラの塔。

一番奥のアーチにはピエール・ドゥ・ロンサールが満開です。

 

ラベンダー・ラッシー

 

ラベンダー・ラッシーが満開になるのは春の1回だけです。

返り咲きはしますが、
花数はグンと少なくなってしまいます。

花びらがヒラヒラと散ってくるので
お掃除がちょっと大変・・・なバラです。

 

ピエール・ドゥ・ロンサールとバレリーナ

 

大輪のピエール・ドゥ・ロンサールと小輪のバレリーナを
同じアーチに誘引しています。

バレリーナの方が5分咲き位ですが、
ピエールは満開ですね!

昨日の雨で花首が折れるかと思いましたが、
大丈夫のようでした。

 

裏庭のバラたち

 

裏庭もまだまだたくさんお花が咲いています。

 

リバプール・エコーとマダム・ヴィオレ

 

紫色の大輪の花を咲かせるマダム・ヴィオレが満開となりました。
ブルー系のバラの中でもマダム・ヴィオレは色が濃いですね!

 

マダム・ヴィオレ

 

 

そして中輪の淡いオレンジのお花のリバプール・エコーが
だいぶ咲いてきました。

 

リバプール・エコー

 

地植えして2年かけて
パーゴラの方まで伸びてきました。

これからは他のつるバラと一緒に
パーゴラを彩ってくれるでしょう!

 

マダム・ヴィオレとリバプール・エコー

 

 

立川の方へお越しになりましたら、
バラを見るだけでも
立川モデルハウスへぜひお寄りくださいね。

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】5月15日のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

良い天気なのは今日までらしいですね。
明日はバラにとって大敵(ってほどでもないかな?)の雨が降るそうです。

 

さて、良い天気なので今日も
立川モデルハウスのバラをご紹介します。

 

チャールズレニー・マッキントッシュ

 

房咲きのチャールズレニー・マッキントッシュが見ごろとなってきました。

このバラは繰り返し咲きをたくさんしてくれるので、
他のバラは咲いてなくても
このバラだけいつも咲いている感覚があります。

シュラブローズっぽい柔らかめの枝なので、
花が咲くと重そうにうな垂れるところがあります。

 

 

ジュード・ジ・オブスキュア

 

柑橘系の爽やかなフルーツ香がするジュード・ジ・オブスキュアは
つる仕立てよりも普通にブッシュで育てた方が良いみたいです。

私はこの花の香りが大好きで、
毎日香りを楽しんではうっとりしています (笑)。

奥の黄色い花はゴールデンハート、
その奥のピンクはクイーン・エリザベスです。

 

 

ガートルード・ジェキルとブリリアントピンク・アイスバーグ

 

アーチ手前側に誘引されているピンクの花はガートルード・ジェキルです。

ダマスク系の良い香りがするバラで、
香水の原料にも使われているそうです。

かなり高貴な香りです!

 

ガートルード・ジェキルと混同するように咲いている
やや紫がかったピンクの花はブリリアントピンク・アイスバーグです。

アイスバーグと言えば真っ白な花ですが、
その変わり種ですね。

 

アーチの奥の方で咲いている淡いピンクはピエール・ドゥ・ロンサールです。

 

 

ゴールデン・セレブレーションとブルームーン

 

淡い紫のブルームーンが満開になりました。

黄色のゴールデン・セレブレーションとのコントラストは
なかなか楽しい組み合わせです。

奥のレンガの壁には赤いテス・オブ・ザ・ダーバービルズが満開です。

 

 

サンガッデスとプリンセス・ドゥ・モナコ

 

大輪のピンクの花で、
縁側が濃くなる特徴的なお花はプリンセス・ドゥ・モナコです。
今年は2輪だけ咲いてくれました。

このプリンセス・ドゥ・モナコはあまり状態が良くなく、
なんとか元気を取り戻してほしくて
ここ数年頑張っているのですが、
なかなか成果が表れません。

 

黄色い大輪の花はサンガッデスです。

一昨年のバラを楽しむ会で行った鉢植え講習で残った苗木が
ここまで育ってきました。

こっちの方は元気いっぱいで
足元からベイサル・シュートが出てきました!

 

サンガッデスのベイサルシュート

 

これでサンガッデスは一気に大きくなってくれそうです。

プリンセス・ドゥ・モナコもこうならないかな・・・。

 

以上、バラ部でした。