【バラ部】バラとワインの意外な関係

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね・・・。

バラの手入れが命がけの作業のように感じるこの頃です。

 

バラはお花の美しさや香りの良さ、
そして何よりその存在感からお庭の主役として大活躍してくれます。

 

バラがある庭 輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

輸入住宅のモデルハウスである立川モデルハウスにも
たくさんのバラが植えられており、
私達の目を楽しませてくれています。

 

そんなお庭の主役であるバラですが、
実はある部門ではわき役として育てられていることを
最近知りました。

 

 

ある部門とは、
私のもう一つの趣味であるワインの世界でのお話しです。

 

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

ワイン用のブドウ畑の脇に
バラが植えられている写真です。

 

実は探すと結構こういう写真が出てくるんですよね。

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

私はてっきりワイン農家さんが癒しの為に植えているんだと思っていましたが、
実はこれにはちゃんとした切実な理由があるんだということを
最近知ったんです。

ご存知でしたか??

 

 

バラを育てている方ならご存知だと思いますが、
バラってうどん粉病やら黒点病やら
やらたと病気にかかりますよね。

それを防いだり治療するために私たちは農薬を使います。
(無農薬で育てている方もいらっしゃいます。)

 

実はブドウの木もバラと同じ病気にかかりやすいらしく、
しかもブドウよりもバラの方が先に発病するんだそうです。

 

つまり、バラの状態を見ていれば
ブドウの木が病気にかかるかどうか予測が出来るので、
出来るだけ少ない農薬で発病を未然に防げるのだそうです。

 

ブドウ畑の脇に植えられたバラ

 

より安全に良いワインを生産するための知恵なのでしょうね。

バラがそういうことの為に役立てられていたとは驚きましたが、
しかしブドウの木が病気にかかるかどうかの試金石的な役目に
バラを利用するとは、何ともお洒落ですね。

 

バラとワインの意外な関係でした。

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】夏の肥料やり

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

夏本番、外での作業が大変なこの時期ですが、
バラのお手入れは欠かさずに頑張っております。

 

輸入住宅とバラの庭

 

二番花が終わったこの時期は
殆ど花は咲いていません。

 

早咲きのルイ14世などの僅かな品種が
3番花を咲かせ始めています。

 

ルイ14世

 

マチルダ?早咲きのバラ

 

先週、肥料やりを始めたのですが、
あまりの暑さで半分でGive Up・・・。

そこで、今日は続きをやりましたが、
その前に、まずカナブンの退治から行いました。

 

なぜかピエール・ドゥ・ロンサールと
ケヤキの木にたくさんカナブンがやってきます。

今回は殺虫剤『スミソン』を朝一番で噴霧しました。

 

カナブンは殺虫剤を噴霧してから10分もすれば
バラバラと落下してきます。

 

落下してきたカナブン

 

今日はピエールの下とケヤキの木の下に20匹以上落ちてきていました。

 

よくこれだけ集まるな~、って思いますが・・。

 

 

さて、そのあとようやく肥料やりの続きをしました。

肥料は化成肥料で
バラ専用のマグネシウムが含まれているものを使いました。

根元から40~50センチ離れたところに
穴を2~3箇所掘って
そこに肥料を一つかみずつ入れるだけです。

 

肥料をあげるついでに雑草も抜いていきますので
結局のところ、結構な作業量にはなります。

 

 

 

暑さで地面もカラカラですが、
水やりは涼しくなってくる夕方に行います。

本当は暑くなる前の早朝が最適なのですが、
(2時間以内に濡れた葉っぱが乾く時間帯が理想)

出勤してきたときにはすでに暑くなっているので
夕方にしています・・。

水がバラに掛からないように注意しないとなりません!!

濡れている時間が長いと黒星病のリスクが高くなってしまいますからね!

 

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】二番花が終わったこの時期の手入れ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

台風は大した被害をもたらさずに通過してくれたので、
ホッとしております。

 

風で枝が倒されたつるブルー・ムーン

 

また、ようやく梅雨も明け
いよいよ夏本番となりました!

 

現在、立川モデルハウスのバラは
概ね二番花が終わり、
やや寂しい感じとなっております。

 

輸入住宅の立川モデルハウスとバラ

 

輸入住宅の立川モデルハウスとバラ

 

輸入住宅の立川モデルハウスとバラ

 

二番花が終わったので
お礼肥をあげようと思っているのですが、
こう暑いとなかなか外での作業も負担が大きくなってきます。

また長く続いた梅雨の時期に
うどん粉病はごく一部で止めることは出来ましたが、
黒星病は広がってしまったようです。

雨が多いと仕方ないのかもしれません・・。

今週のどこかで消毒と一緒に肥料をあげて、
バラを元気づけたいと思います!!

虫よけ+蚊取り線香携帯でじっくりとやりたいですね!

 

そろそろつるバラのシュートが出てきてもおかしくない時期なのですが、
今年はなかなかでてこないな・・と思っていたら、
メアリー・ローズがベイサル・シュートらしき芽を伸ばしていました!!

 

メアリー・ローズが出したベイサル・シュート

 

まだ40センチほどの背丈ですが、
もう少し伸びてきたら支柱を立てて結わえてあげようと思います。

 

他のつるバラも早く出てこないかな・・・。

 

バラ部でした。

 

【バラ部】今の時期、バラは咲かせない方が良いのか?

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

梅雨が明けたんでしょうか?いい天気です。

 

さて酷暑の季節がやってまいりました。

私たちにとっても暑すぎるのは辛いですが、
バラにとっても過酷な時期となります。

 

立川モデルハウスでは
今の時期、ハイブリッド・ティーのバラが咲いています。

 

サンガッデス(黄)とプリンセス・ドゥ・モナコ(ピンク)

 

ティファニー

 

大輪で1輪ずつ咲くハイブリッド・ティーの花は
輸入住宅の、しかも本物のレンガの壁をバックに
凛としてとてもサマになっています!

 

房咲きのフロリバンダは
つけたツボミを全部咲かせてしまうと
今の時期はバラが消耗してしまうので
ツボミを整理して花数を減らしています。

 

マ・パーキンス

 

ネットでこの時期のバラの育て方を拝見すると、
ハイブリッドティーは
むしろ咲かせない方が良いと書いてあるものもあります。

 

暑いこの時期はばらにとっては成長期で
花に栄養を送るってしまうと
成長するためのエネルギーが不足してしまうからなんだそうですが、
確かにそうなのかもしれませんね。

花を咲かせていると病気になりやすい気もしますし・・。

 

しかし立川展示場はお客様に見ていただくための建物なので、
バラの花壇にお花が無いってのも寂しいので、
私は何とか咲かせておりますが・・。

 

大きくなり始めたキャラメル・アンティーク(フロリバンダ)

 

だいぶ大きくなったブラスバンド(フロリバンダ)

 

花を咲かせている以上、
肥料をしっかりとあげないとなりません。

暑い中の作業ですが
この手を抜いてしまうと秋咲きで奇麗に咲かなくなってしまいます。

頑張らねば・・!

 

つるバラのイングリッシュ・ヘリテージ

 

小輪つるバラのバレリーナ

 

バラ部の竹内でした。

 

 

【バラ部】シュートが伸びてきたら

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

7月に入り、梅雨明けが待ち遠しいこの頃です。

 

つるバラは夏になると、
根本付近からシュートを出すことがあります。

 

ベイサル・シュートが発生したばかりのつるバラ

 

つるバラにとってシュート、
特に根元付近から発生するベイサル・シュートはとっても大切なもので、
発生したシーズン中に花を咲かせることはありませんが、
来シーズンにたくさん花芽を出してくれる
とっても重要な枝に成長してくれるんです!

 

シュートは勢い良く伸び、
秋が終わるころまでに2mを超える大きさまで育つものもあります。

 

若い芽なので
特に発生したばかりの夏から秋にかけては
強風などで折れたりしないように
ある程度の高さまで伸びてきたら支柱などに結わえて
補強をしてあげると良いです。

 

支柱に支えられたベイサル・シュート アンジェラ

 

7月の上旬はまだシュートが発生していないバラの方が多いと思いますが、
中には早々にシュートを出して伸びてきているバラもあります。

立川展示場では、
アンジェラがシュートを伸ばして1mを超えるくらいになってきましたので、
支柱を立てて結わえてあげました。

 

返り咲きしたアンジェラ

 

つるバラのシュートはとにかく真っすぐ上に伸ばしてあげるようにしましょう。

曲げたりすると冬剪定の時に
誘引しにくくなってしまいます。

 

立川モデルハウスのつるバラは
ピエール・ドゥ・ロンサールがここ数年シュートを出していないので、
今年こそは!と思って見守っています!

春の花が終わり、
追肥をあげた今の時期は、
バラは根からくる栄養が過剰気味なので、
有り余るエネルギーをシュートに与えるのだそうです。

なんとか頑張ってほしいですね!!!

 

返り咲いたピエール・ドゥ・ロンサール

 

 

つるバラ、といっても次は半つる性のシュラブ・ローズの話しですが、
地植えをして3年目のシーズンを迎えたガートルード・ジェキルは
初めて返り咲きをしました!

 

ガートルード・ジェキル(上)

 

上の花がガートルード・ジェキルで、
下は似てますが別の花で、ブリリアント・ピンク・アイスバーグです。

ガートルード・ジェキルは圧倒的に香りが良いので、
咲いていると付近が本当に良い香りです!

返り咲きしたといってもまだ花数はとても少ないのですが、
年々株が大きく育つにつれ、
返り咲くお花の数も増えてくると思います。

 

同じく半つる性のブルー・バユーは
昨シーズンはたった1輪しか花をつけませんでしたが、
今シーズンは春に次いで返り咲きもしてくれています。

 

返り咲きしたブルー・バユー

 

つるバラとして仕立て直したおかげなのでしょうか。
でも春も今も思ったより花数が増えず、
相変わらず私は悩んでおります・・。

どうすればたくさん咲くようになるのだろうか???

 

 

とにかく、2回目の花のシーズンのいま、
雨が降っていないタイミングを見計らって
お手入れをしております。

 

花数が増えそうなマ・パーキンス

 

今日1日で摘み取った花ガラは
バケツいっぱいになりました!

 

こちらもキレイなお花畑・・・

 

ゴミにしてしまうのにはもったいない程にキレイです・・・。

 

これから暑くなってくると思いますので、
外での作業も大変ですよね!

無理をせずに涼しい時間帯にやってしまいましょうね!

 

バラ部でした。