【バラ部】夏の花が終わったら夏剪定をしましょう!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今年の夏は猛暑と長雨が続くという
例年よりも激しい天候となりましたね。

害虫や病気の蔓延を防ぐ消毒作業がなかなか思うタイミングで出来なかったのか、
少々荒れてしまっているバラもお見掛けします。

また台風並みに風が強い日もありましたので
せっかく伸びたバラの新しい枝が折られてしまったり
幹自体が倒されたりというような被害も少なからずあったのではないでしょうか。

 

 

 

そうは言っても
季節的には夏咲きがそろそろ終わりを迎える頃ですね。

夏の間、一生懸命に咲いてくれたバラは
疲労も溜まっているでしょうから
しっかりと肥料をあげて
元気を取り戻させてあげましょう。

 

 

春から夏にかけて
バラは大きく成長をしてきました。

花ガラの摘み取りの時に
ある程度樹形のことを考えながら切る位置を決めても
樹形は大きく乱れてしまうこともあります。

また、大きくなったバラは
さらに成長を続け、より高い位置に花を咲かせようとしますので、
このタイミングでバラを大きく切り詰める「夏剪定」を行い、
樹形を整えると良いですよ。

 

 

夏剪定は
2番花の枝まで切り詰めると良いと言いますが、
大体高さを半分くらいに切り詰める感覚で良いと思います。

 

 

こちらはハイブリッドティーのティファニーですが、
もうすでに私の身長を超えるくらい伸びています。

これを切り詰めずに花を咲かせたら
次の花は見上げる位置に咲いてしまいますので、
ザックリと切り詰めてしまいます。

 

 

これで次のお花は
ちょうど見やすい位置に咲いてくれますね!!!

 

秋の花は春とは違って
数は少ないものの色が濃く大ぶりになる場合が多く、
とても奇麗なので私は大好きです!

 

秋咲きのティファニー

 

剪定を行ってから1か月半後に花が咲きますので、
お庭のバラを同時に夏剪定すると
秋にお花が一斉に咲きますので(品種によって多少差はありますが)
ぜひ試してみてください!

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】真夏のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね~。

こんなに暑くなると外の作業もままならないですよね・・。

 

いつも今ごろどうしてたかな~、っと
去年の今ごろのこのオーナーズ倶楽部レポートを見てみたら
去年はまだ梅雨が明けてなかったみたいですね!

そうだったっけ??

 

今年はいつもより早く梅雨明けしましたので
夏が長く感じるんでしょうか。

それはそれで嬉しい気もしますが、
東京は緊急事態宣言が発令されていますし
神奈川も千葉も大変みたいなので
海にもあまり行けそうもないですよね・・・。

もったいないなぁ~。

 

 

 

この炎天下では熱中症に気をつけないとなりませんが、
バラをはじめ、植物は強いですよね~。

こんなに暑くても元気ですもんね!

 

しかし今年の夏は夕立がなかなか降りませんので
水やりだけは気をつけたいですね!

今の季節は朝よりも夕方の水やりが良いですよ!

 

さて、夏になると楽しみになってくるのが
つるバラのベイサルシュートの発生ですね!

 

 

冬剪定で強めの枝整理をした場合に
ベイサルシュートが出やすくなりますが、
皆様のつるバラはいかがですか?

 

 

来年の春に大活躍間違いなしのベイサルシュートは
グングン成長して夏の間に2m近くまで、
秋にはさらに伸びていきます。

その後の誘引をしやすくするために
出来るだけ真っ直ぐに伸びるように
成長過程に合わせた支柱を立てて管理してあげたいですね!

 

暑さ対策をしっかりとして
作業をするようにしたいですが、
くれぐれも無理はなさらないようにしましょうね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】梅雨空の中のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

7月に入りました。
梅雨ということもありますが
7月に入って雨足が強くなってきたような気がします。

 

この季節はバラの2番花の時期ですね!

 

去年のバラ 旧立川モデルハウス

 

去年まではモデルハウスでバラの手入れをしていましたので、
この時期は雨に濡れながらの花ガラ摘みが大変でした (笑)。

 

梅雨時期のバラの手入れで難しいのが
消毒のタイミングですよね。

 

気温が上がり湿気が多いこの時期、
害虫と病気が増えてくる頃です。

 

しかし雨が降っていると
薬品の散布が出来ませんので、
雨が降っていないタイミングを見つけて行うしかありません。

 

去年のバラ 旧立川モデルハウス

 

 

薬品の中には
散布後の薬品が乾く時に威力を発揮するものもありますので、
散布後に乾く時間さえあれば
そのあとは雨が降っても大丈夫!!です。

 

去年のバラ 旧立川モデルハウス

 

 

ダインという、薬品をバラに定着させる添加剤もありますが、
薬品次第では全く不要となる場合がありますので、
散布する薬品の特性を良く調べてから
使い分けするようにした方が良いみたいですよ。

 

去年のバラ 旧立川モデルハウス

 

 

バラのお手入れは
正しい知識と少しの根気があれば
まぁ何とかなるものです。

雨に負けず、頑張りましょう!!!

 

去年のバラ 旧立川モデルハウス

 

 

バラ部でした。

 

 

 

 

 

【バラ部】花が終わったら肥料をあげましょう

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

6月に入って1週間が経ちました。

繰り返し咲くバラもそろそろひと段落となる時期ですね。

 

クイーン・エリザベス

 

ほぼ途絶えることがないくらいに良く花を咲かせる品種も中にはありますが、
ほとんどの品種は今年最初の花を咲かせ終わる時期です。

 

花が終わったら
花ガラは奇麗に摘み取り、
そしてスタミナをたくさん使って消耗しているバラに肥料をあげましょう!

 

お礼肥

 

この時期に上げる肥料は
奇麗に咲いてくれたバラに感謝の意を表して
「お礼肥」なんて言います。

素敵な言い方ですよね!!

 

肥料はたくさんあげれば良いというものではありませんが、
栄養が足りなくなると
花があまり咲かなくなるばかりか、
病気に対しても弱くなってしまいますので、
適切な量をあげるようにしていきましょう。

 

 

そしてつるバラはそろそろシュートを出す時期にもなります。

 

ベイサル・シュートを発生させたつるバラ

 

特に根本付近から勢いよく伸びてくるベイサル・シュートは
来年に大活躍することになる期待のルーキーなので、
この一年、大事に育てていきましょう!!

 

 

早ければ今月の下旬から
二番花が咲き出します。

今年は春の開花が早かったので
中旬くらいから咲き出すかもしれませんね。

 

気温が上がるにつれて
害虫も勢いを増してきますので
殺虫・殺菌の消毒もお忘れなく!!

 

遅咲きのバラ

 

バラ部でした。

 

 

 

 

 

【バラ部】華やかなバラの庭づくり

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

バラがどこも満開ですね!!

街を歩いているとあちらこちらにあるバラの花が目を楽しませてくれます。

 

先日、河原をランニング中にフワッとバラの香りがしたので
周囲を見回してみたら
野生のノイバラが満開に咲いていました。

普段は汗のニオイくらいしか感じないのですが、
思わず良い香りがしてきて
やはり気持ちが良いもんですね!

 

いや~、バラの季節ですね!!

 

バラといえば
今はなき立川モデルハウスのバラは見事でしたね。

お手入れはそれなりに大変でしたが、
育て甲斐のあるバラたちでした。

 

ラベンダー・ラッシー、アンジェラ、アイスバーグなど。

 

特につるバラは花ガラを摘むにしても
脚立で登って行う必要があり、
登ったり降りたりで結構体力も使いましたね。

手が届かない場所の花を摘むときは
脚立から半身を投げ出すような格好にもなるので
危ない作業でもありました。

 

 

 

アンジェラ、ラベンダー・ラッシー。

 

アンジェラやラベンダー・ラッシーは
花が中輪や小輪なうえ、房状に花をつけるので、
花ガラ摘みがし難い品種でした。

満開を超えた花から
花びらを次々に散らせていくので
お庭掃除が大変だった記憶しかありません (笑)。

 

 

ピエール・ド・ロンサール、バレリーナ

 

同じ小輪のつるバラのバレリーナは
花びらをあまり散らさない持ちの良い花でしたので
手入れは楽でした。

また大輪のつるバラのピエール・ド・ロンサールも
お手入れが楽で育てやすいバラでした。

お花も花びらの先端だけが濃いピンクになる
奇麗で可愛らしい色合いのバラでした。

 

 

ピエール・ド・ロンサール、アイスバーグ、ブライダル・ピンクなど

 

つるバラは大きくなってボリュームが出るので、
あると一気にお庭の主役となります。

一方で木立性のバラは
色とりどりの品種を寄せて植えることで
庭に華やかな印象を与えてくれます。

 

あらためて見ても奇麗な庭ですね・・・。

 

 

クイーン・エリザベス、ジュード・ジ・オブスキュア、ブラスバンド

 

華やかなバラの庭を造る際に
木立性のバラはバランスをとったり彩りを加えたりするのに
とても重宝すると思います。

その上でつるバラでボリュームを出して共存させれば、
とても見応えのあるローズガーデンになります!

 

 

チャールズレニー・マッキントッシュ

 

虫がつきやすかったり病気になりやすかったりと
お手入れに手間暇がかかってしまう印象が強いバラですが、
手が掛かるほどカワイイと俗に言うように
育て続けていると愛着がわいてくるんです。

どうやってこのバラを奇麗に咲かせようか
毎年のように考えますが、それがまた楽しかったりします。

また育てているうちに
それぞれの品種ごとに個性や特徴があるんだなというのも分かってきますし、
そうなるとますます愛情がわいてくるんですね~。

 

 

ザ・フェアリー

 

今年よりも来年はもっと奇麗に咲かせよう!

なんて思いだしたら
一年中バラの手入れに時間を割くことになります。

季節ごとのお手入れ方法は
このオーナーズ倶楽部レポートでも詳し目にご紹介していますので、
ご参考にしていただけると嬉しいです。

 

バラ部でした。