【バラ部】バラの害虫が暗躍中!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

気が付けば6月も下旬・・・。

時が経つのが本当に早く感じます・・。

 

最近はまめにバラの手入れをしてあげられておらず、
先週見回った時は病気がかなり出始めていて
ちょっとショックを受けていましたが、
今朝1週間ぶりに見回ったところでは
病気は広がっておらず、
ちょっとホッとしております。

消毒の効果もあるのでしょうが、
一番は追肥をしたことが大きかったのだと思っています。

 

花を咲かせた後のバラも元気を取り戻したようです。

 

7月の開花に向けてツボミをつけ始めたバラ マ・パーキンス

 

病気は何とか広がりを食い止めたものの
害虫は相変わらず元気で困りますね・・・。

 

今日も消毒をしながら眺めていると
バラゾウムシやチュウレンジハバチの食害の痕が
幾つか見受けられました。

 

バラゾウムシの食害の痕 アイスバーグ

 

チュウレンジハバチの食害の痕 ゴールデン・セレブレーション

 

チュウレンジハバチは親子とも動きがトロいので
消毒の際の殺虫剤で十分撲滅が出来ますが、
バラゾウムシはすばしっこく、
なかなか消毒では撲滅できないので厄介です。

今日は1匹だけバラゾウムシを捕殺しました。

 

 

そして今日、
今シーズンになって初めての大物害虫を発見しました!!

 

交尾中のゴマダラカミキリ アイスバーグ

 

な、なんと、出ましたよ~、今年も・・・。

ゴマダラカミキリムシです。

成虫はバラを食害しませんが、
幼虫が超ヤバいんです!!!

 

バラの根元に産卵をし、
かえった幼虫がバラの根元を食い荒らします。

最悪の場合、バラが株ごと枯れてしまいます。

 

今回見つけたのは交尾中のようだったので、
産卵前なんだと思いますが、
いずれにしても見つけたら即!捕殺します!!

一切の躊躇いは不要ですよ!!!!

 

今日は裏庭のアイスバーグの枝の上で見つけましたが、
その後、表側のラベンダー・ラッシーの根元でも1匹見つけました。

根元にいたってことは
産卵後かもしれませんね・・・。あ~~~・・・(涙)。

 

バラを育てている方には女性の方も多いので、
害虫を捕殺するのに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょうね。

 

でも愛するバラの為に、
ここは心を鬼にして捕殺しませんと、
バラが餌食になってしまいます。

 

頑張ってバラを守りましょうね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】鉢の植え替え

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今日は「バラを楽しむ会」のイベントのプレゼントである
バラの鉢植えの植え替えをしました。

プレゼントで差し上げる前の最後のご奉仕です!

 

 

もともとはブランド名が入った鉢に植えられていますが、
このまま差し上げてもすぐ一回り大きな鉢に植え替えないとなりませんので、
それならこちらでやってしまったほうがイイかな?と思いました。

ただ、本来ならバラの花がいったん終わってからの方が良いような気はするのですが、
お花がある内にお届けしたい気もありますので、
このタイミングで行うことにしました。

 

 

まず用意するものは以下のものです。

・ひと回り大きい鉢
・バラの培養土
・バラの肥料
・鉢底の石

 

 

鉢は縦も横もひと回り大きめの大きさが理想です。

 

 

まず最初に鉢底の石で鉢の底の穴が隠れるように覆います。

 

 

続いてバラの培養土を鉢底の石が隠れる程度に入れてならし、
その上にバラの肥料をひとつかみ程撒きます。

 

 

次に再びバラの培養土を入れて
肥料が完全に隠れるようにしてならします。

これはバラの根が肥料に直接当たらないようにする為で、
この手間を省くと
奇形の花が咲いたりなどの「肥料やけ」という症状を出すことがあります。

 

 

続いて元の鉢から土ごとバラを抜き取り
新しい鉢の方に仮置きします。

ここで高さ調整をします。
これまでの過程を踏まえても納まる程度の深さが必要になりますよ!

 

 

高さが決まったらバラの培養土を鉢に入れて
バラの接ぎ木している少し下程度まで入れます。

 

 

後は水を十分にあげれば完成です!

 

 

ポイントは鉢のサイズを間違えないこと(特に深さ)と、
植え替えの時に元の土を崩さずに入れること、
肥料がバラの根に当たらないようにすることです。

 

今回は花がある状態で行わざるを得ませんでしたが、
本来はバラに負担が掛からない花がない時期を選んで行いましょう!!

 

 

バラ部でした。

 

 

バラを楽しむ会2019開催しました。

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

本日、予定通りに「バラを楽しむ会2019」を開催しました!

 

好天にも恵まれ、多く他の方にお集まりいただきました。

 

 

昨日よりは涼しくなるという予報でしたが
ずっと外にいるとやっぱり暑くて
ジリジリと腕や顔が焼けていく感じでした。

 

今回のメインイベントは
バラの映える写真をとってインスタにアップし、
獲得した「いいね!」の数の多い順から3作品に対し
バラのブランド苗をプレゼントするというものです!

 

 

プレゼントする苗木は
左からオリビア・ローズ・オースチン(デビッド・オースチン)、
ボスコベル(デビット・オースチン)、
シャンテロゼ・ミサト(デルバール)です!

 

どれも大人気の品種ですよ!!

 

 

皆様、このバラの獲得を目指して
出来る限り良い写真を撮ろうと頑張っていました!

 

 

以下は私の作品?
もちろん、今回私は参加はしませんが。

 

ゴールデン・セレブレーションとブルー・ムーン

 

ゴールデン・セレブレーション

 

ティファニーとテス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ

 

クィーン・エリザベス

 

ジュード・ジ・オブスキュア

 

ブラスバンド

 

ガートルード・ジェキル

 

実際に投稿された画像は
天草ハウジングのインスタグラムでご覧いただけます。

中にはプロ顔負けの写真もありましたよ!

 

天草ハウジング インスタグラムはコチラ!

 

お気に入りの写真があったら
ぜひ「いいね!」をしてくださいね!!

よろしくお願いいたします!!!

 

5月16日(木)の正午の時点での「いいね!」の数で
決定いたしますよ!

 

 

後半はデザートワインや紅茶で
楽しいひと時を楽しんでいただきました。

 

特に世界三大貴腐ワイン(手違いで一つはアイスワインになってしっまいました)は好評をいただきました。

なかなか一度に飲み比べることなんかできないですからね!

 

 

私も飲みたかったなぁ~。

 

とにかく大いに盛り上がりました。
バラが満開だったらもっとよかったのですが、
楽しんでいただけたのなら私たちも嬉しいです!!

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】「バラを楽しむ会」ご応募ありがとうございました。

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月12日開催の「バラを楽しむ会」にたくさんのご応募ありがとうございました。

抽選をさせていただき、
当選された方もそうでない方も
キチンとご連絡差し上げますので、
今しばらくお待ちください。

 

さて、気になる現在のバラの状況ですが、
思ったよりも開花が遅れています・・・。

 

今朝の状況はこんな感じです。

 

モデルハウス正面側

 

玄関側のツルバラたちは
開花まであと数日要する感じです。

 

モデルハウス正面側 ガレージ前

 

ツボミはたくさんついています!

ここのところの冷え込みで遅れてしまったんでしょうか・・?

 

玄関側花壇のバラ

 

ツルバラよりは花壇の木立性のバラの方が早そうです。

特に早咲き品種の「ルイ14世」は開花しています!

 

ルイ14世

 

「ルイ14世」は早咲きの品種なので、
例年ですとバラを楽しむ会の時には咲き終わっていることがほとんどでした。

今年はこの花も皆様に観ていただけそうですね!

この「ルイ14世」はここ数年、
枝の新旧交代に成功し、
毎年若い枝を伸ばしてくれるようになったので
花つきがすごく良くなってきました。

 

 

では裏庭に回ってみましょう。

 

モデルハウス裏庭

 

裏庭の方が日当たりが良いので
少し進行が早いみたいです。

ですが、入り口のツルバラはどれもまだ開花していません。

しかし、ツボミの状態をみると
開花まであと2~3日だと思います。

 

モデルハウス 裏庭

 

見ごたえがありそうな一角のバラたちも
開花まであと3日ほどでしょうか。

 

開花間近のブライダル・ピンク

 

でも裏庭の花壇のバラは開花してきていますよ。

「ブライダル・ピンク」は明日には花が開いているでしょうね。

「ブライダル・ピンク」は花つきがとにかく良く、
年間通して本当に良く咲いてくれます。

また、咲いた花が割と長持ちしますし、
その間に形や色が微妙に変わっていく様も楽しめます。

黒星病に若干掛かりやすいイメージはありますが、
樹形もキレイに保ちやすいので
おススメ品種です。

 

その隣の区画は、
既に見ごろを迎えたかのような華やかさです。

 

ツルバラと木立性の見事なコラボレーション

 

レンガの壁に誘引してある真っ赤なツルバラの「アンクル・ウォルター」は
安定の奇麗さですね!

日当たりが良いところから咲き出していますが、
毎日、続々と開花していますので、
「バラを楽しむ会」当日には見事に咲いていると思います。

そして木立性のバラも日に日に花数を増やしています。

ここは見ごたえありそうな区画になりそうですね!

 

そして裏庭のもう一つの見どころのパーゴラですが、
4つのツルバラの先陣をきって
「エブリン」が開花しました。

 

裏庭のツルバラ エブリン

 

「エブリン」は香水の原料としても使われているほど香りが強く、
1輪だけしか咲いていないにもかかわらず
近くによるだけでダマスク系の良い香りが漂っていました。

「エブリン」は若い芽にアブラムシがつきやすいのはありますが、
とにかく病気知らずの強健種です。

お花はアプリコットがかったピンク色の大輪で
見ごたえも十分!!

スクスクと伸びて育てやすいので
おススメのツルバラですよ!

 

ということで、
「バラを楽しむ会」まであと1週間あまりです。

この1週間の天気は20℃を超える日が続きそうですし
晴れの日が多くありそうです!!

開花スピードに拍車がかかることを祈って
バラが奇麗な状態でお客様をお招きしたいです!

 

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】バラを楽しむ会申し込み締め切り迫る!!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

5月12日開催予定の「バラを楽しむ会」の
ご参加申し込みが締め切り間近となっております!!

締め切りは27日、今週の土曜日となっておりますので、
まだお申込みでない方はお急ぎお声をおかけください!

バラを楽しむ会についてはこちら!

 

さて、ここのところ暖かい日が続きましたね。

立川モデルハウスのバラたちは元気にスクスクと
開花に向けて成長してきています。

 

ツルバラの【ラベンダー・ラッシー】

 

ツルバラの【ピエール・ドゥ・ロンサール】と【バレリーナ】

 

 

今年は玄関正面の二つのオベリスクのアンジェラが
左右同じくらいのボリュームになるまで回復してきました。

 

左右のオベリスクの【アンジェラ】

 

去年は左側がボリュームがなかったのですが、
冬の強剪定を繰り返したことでリフレッシュしたようです。

 

開花し始めたものや
開花間近のものもあり、
いよいよバラのシーズンがやって来るぞ!!って雰囲気が出てきました。

 

開花しているツルバラの【アンクル・ウォルター 】

 

1輪だけ咲き出した【ラ・フランス】

 

開花間近のツボミ

 

 

今年は冬剪定がほぼほぼ成功したようで、
ツボミの数が昨年よりも多い気がします。

満開になったらすごく見ごたえがあるのではないかと
期待しておりますです!!!

 

 

その一方で元気が出ないバラが2本だけあり、
気をもんでいます・・。

 

葉色が明らかにおかしい【アイスバーグ】

 

真っ白な花が咲くフロリバンダのアイスバーグは
立川モデルハウス内に5本ありますが、
そのうちの1本だけ、
明らかに葉色がおかしいんです。

去年も開花後に一気に立ち枯れしたアイスバーグがありましたが、
その時と雰囲気が似ていて
二の舞になるのではないかと気が気ではありません・・。

ここ数年、冬に強めの剪定を繰り返してきましたが、
一向に若いシュートを出さず、
その結果、古い枝を詰め切れずに来ました。

新旧更新をしないまま、
寿命を迎えてしまのではないか・・・。

あ~、心配です。

 

 

もう1本、元気がなくツボミを作ろうとしないバラがあります。

 

ツボミをつけない【プリンセス・ド・モナコ】

 

樹齢10年をはるかに超える・・・とは到底信じ難い
弱々しい枝ぶり・・・。

若芽の枝のみに強剪定したのが裏目に出たか・・・?

とのかくツボミを出してほしい!!!

そして開花時期を乗り越えれば
夏にシュートを出すだろうと信じております!

それまで枯れないで欲しい・・・!

 

 

バラを育てるのは本当に奥が深いですね。

100%上手くいった!!って年がなかなかありません。

 

そんなバラ談義を私も楽しみにしております。

「バラを楽しむ会」、楽しみましょうね!!!

 

バラ部竹内でした。