【バラ部】冬剪定と寒肥

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

寒い毎日ですが、
いよいよバラの冬剪定の時期となってきました。

冬剪定は今年5月のバラの咲き具合を左右する大切な作業ですので、
寒い中大変ではありますが、
しっかりとやっていきましょう!!

 

剪定前のバラ

 

剪定前のつるバラ

 

すでに葉やツボミを落としたバラは
枝だけがビヨ~ンっと伸びた状態になっていますね。

 

これをこのままにして春を迎えてしまうと、
バラは人の背よりも高い位置で花を咲かせてしまいます。

 

これはほとんどのバラが
枝の最も高い場所にできた新芽にエネルギーを集中させる性質があるためで、
「最も高い位置にある芽」から伸びてしまうからなんです。

なので、ちょうど良い高さで花を咲かせるために
「最も高い位置にある芽」の高さを低い位置にするために、
枝を切り落としていくことが重要になるんです。

 

 

それでは冬剪定をやってみましょう!

 

まず最初に細い枝を全て切り落とします。

細い枝とは「鉛筆よりも細い枝」と意識しましょう!
(枝が細いフロリバンダは「割り箸よりも細い枝」にしてください)

細い枝はそんなに花をつけてくれませんから、
太くてしっかりした枝のみを残します。

この作業は何も考えず、粛々と行いましょう。

 

さていよいよ残った太い枝を今度は切り詰めていきます。

木立性のバラの場合、
少なくとも半分の高さまで、
勇気があれば三分の一まで切り詰めても大丈夫です!

ただし切る場所は伸ばしたい新芽の5ミリほど上の場所にしましょう!

 

 

ネットで良い画像を見つけたので、こちらを参考にしてください。

 

剪定後のバラ

 

バラの品種によって
伸ばす枝の長さが違いますので、
出来れば種類別に高さを調整した方が
咲いた時に見事になります。

分かってはいますが、なかなか上手くいかないのも現実ですけどね・・・。

 

 

つるバラの場合も細い枝はバンバン切ってしまいます。

残った太い枝が多い場合、
そのまま誘引してしまいますと
葉が密集しすぎて病気になりやすくなってしまうので、
枝を整理した方が良いです。

その場合は古い枝から切り落とし、
若い枝を残しましょう。

特に昨年発生したベイサルシュートは
今年最も活躍してくれるはずです!!

 

このように枝を毎年更新し続けることで、
若いシュートが発生しやすく、
結果的にバラの寿命が長くなりますよ!

 

剪定後、誘引されたつるバラ

 

剪定後、誘引されたつるバラ

 

 

バラの剪定が終わったら
消毒と寒肥を施します。

 

寒肥は混合肥料がお勧めです。

まず土を柔らかくするための堆肥、
肥料は牛糞のような有機肥料と油かす、
それに化成肥料も混ぜるとよりよいでしょう。

これらを混ぜた混合肥料を
バラの根元から50センチほど離れた場所に掘った穴に入れます。

 

バラの根元の周囲に穴を3ヶ所ほど掘ります。

 

掘った穴に混合肥料を入れます。

 

バラから離した位置に施すのは
肥料がバラの根っこに直接当たるのを防ぐためです。

根っこに肥料が直接当たってしまうと
奇形になったり肥料焼けという病気のような症状が出てしまいますので
注意しましょう!

 

この時期の消毒は殺菌がメインなのですが、
越冬する害虫もいるので殺虫効果も必要です。

そこでお勧めは石灰硫黄合剤です。

 

 

この薬品は他の薬品とは混ぜずに
単独で散布します。

温泉のような硫黄のニオイがしますが、
効果は高いものがあるので、
指示通りの希釈率をまもって散布機で散布しましょう。

芽吹くまでは消毒はこの薬品のみでOKです。

 

ここまでやったらあとは芽吹きを待つのみです。

頑張った分だけバラは奇麗に咲いてくれると思いますので、
冬のこの作業は確実に行うようにしましょうね!

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】年内にしておくこと

こんにちは。バラ部の竹内です。

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

今年も残すところ20日。

今年は今までのどの年とも違い、
まったく新しいライフスタイルを余儀なくされた1年でした。

 

加えて立川モデルハウスが11月で閉店となり、
私も世話をするバラを失い、
バラの花が咲いている他所のお庭を眺めては
手入れをしたくなる衝動に駆られています・・・。

 

去年の今ごろに咲いていた立川モデルハウスのバラ

 

今年はなんだかんだで暖かい日が多く、
まだまだ咲きそうなバラもあるでしょうけど、
来週から一気に真冬のような寒さになるそうなので、
もうそろそろ、バラをお休みさせてあげる時期です。

この時期、バラはツボミをつけると
それを咲かそうと栄養を枝先に送り続けようとしますが、
気温が低くなると頑張っても花が咲かなくなってきます。

要は、無駄にエネルギーを使わせているので、
バラにとっては良くないことなんですよね。

 

なので、遅くとも年内には
バラがつけている全てのツボミや花は摘み取って、
さらに葉っぱも全て摘み取ってしまいましょう。

 

葉を摘み取る前のつるバラ

 

枝から全ての葉っぱやツボミを摘み取ることで、
バラは栄養を枝先に送るのを止め、
冬の休眠に入ります。

 

 

寒い時期にしっかりと休眠させることは
来年の春の花付きを大きく左右する
とても大切なことですので、
この作業は是非とも行いたいです。

 

樹形の整理と枝の更新を行う
いわゆる冬剪定は
この作業を行った少なくとも2週間後、
年明けの作業となります。

枝を切るのは
養分がしっかりと株元まで下がってからにしましょうね!

 

バラ部でした。

 

 

 

 

【バラ部】立川モデルハウスのバラも見納めです

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

いよいよ明日が立川モデルハウスの営業最終日となりました。

その日が目の前に来ている実感がまだわきませんが、
来週には取り壊しの準備が始まってしまいます。

 

それに伴い、いままで楽しませてきてくれたバラたちとも
お別れになります・・・。

寂しいですね・・・・。

 

今日もバラは奇麗に咲いています。

 

マ・パーキンス

 

サー・クロー

 

ブルー・ムーン

 

 

来年は鉢植えでのバラをいくつか育てようと思っていますが、
しばらくバラ部からのレポートも中断をさせていただくこととなります。

そのうち再開いたしますので、
是非楽しみにしていてください!

 

さて中断前の最後ということで、
今年の春のバラたちの写真の中から
見事だったものをあらためてご紹介しましょう。

 

2020年5月

 

ファサード側のバラたち。

手前の白いのがアイスバーグ、
そのとなりのつるバラはラベンダーラッシー、
中央と右寄りのピンクのオベリスクはアンジェラ、
奥のつるバラはピエール・ド・ロンサールです。

 

それ以外にも花壇に赤、ピンク、黄色などのバラが植えてあり、
ボリューム、仕立て、香りともとても豪華な感じでした。

 

 

 

裏庭ではさらに多くのバラが色とりどりに咲いていました。

左側にはクイーン・エリザベス、ゴールデン・ハート、ジュード・ジ・オブスキュアが咲き乱れ、
中央のオレンジ色はブラスバンド、
右側にはブルー・バユー、アイスバーグ、アンクル・ウォルターが咲いています。

さらに奥のスペースにも
ところ狭しとバラが並んでいます。

 

 

 

裏庭奥の花壇エリアです。

手前右の紫がかったピンクはブリリアント・ピンク・アイスバーグ、
左手前のつるバラはピエール・ド・ロンサールが咲き、
奥の花壇にはアイスバーグやブライダル・ピンクが咲いています。

 

 

 

手前のピンクのつるバラはガートルード・ジェキルで、
その足元にはブリリアント・ピンク・アイスバーグが咲いています。

奥には淡いピンクのマチルダが咲いており、
奥の赤いつるバラ、アンクル・ウォルターが咲いています。

 

 

 

こちらはお気に入りのアングルです。

バラもさることながら、
白いガーデンチェアがなんともマッチしますね!

手前右側のつるバラはエブリン、
左側のつるバラはリバプール・エコーです。

リバプールエコーは3年かかってここまで大きくなったので、
ことさら可哀そうに思ってしまいます。

 

今年の5月は新型コロナの影響で
バラを楽しむ会を行うことが出来ませんでした。

立川モデルハウスを閉店することが分かっていたら
何かしらの形でお披露目しておきたかったです。

それだけが心残りですね・・・。

 

それでは皆様、しばしのお別れでございます。

近いうちに再開いたしますので、
それまでどうぞお元気で!!!

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】秋咲きの本格シーズンがきました

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今日で10月が終わりますが、
今はバラの秋咲きのシーズンです。

各地のバラの名所でも
秋咲きのバラが見ごろを迎えたとお知らせが届いています。

 

さて、立川モデルハウスのバラはと言いますと、
夏剪定を行わなかったこともあり
樹形はあまり褒められた状態ではございませんが、
お花は奇麗に咲いていますよ!

 

アンジェラ

 

アンジェラは濃い目のピンクの花が房咲きに咲きますが、
今咲いている花は殆ど 赤 です!

秋咲きのバラは春や夏と違ってゆっくりと咲くので、
色が濃くなることはよくあるのですが、
ここまで濃いというのは珍しい・・・のかな?

 

 

プレイボーイ

 

プレイボーイは咲き出しの頃はオレンジ色ですが、
時間が経つと赤く色が変わってきます。

このお花も咲いてから数日たった状態ですね。

 

 

マ・パーキンス

 

マ・パーキンスは春とさほど変わらない色合いで咲いています。

ツボミがたくさんあるので、
これからどんどん咲いてくると思います。

春は花がすぐ散ってしまうのですが、
この季節は花持ちも良いので
花が長く楽しめるのも秋の魅力の一つですね。

 

 

サー・クロー

 

サー・クロー

 

サー・クローが大輪の見事な花を咲かせています。

花持ちがよくないマ・パーキンスと違って
サー・クローはもともと花持ちが良いバラなので、
かなり長くお花が楽しめます。

 

 

アイスバーグ

 

純白のキレイな花を咲かせるアイスバーグです。

ウェディングドレスを思わせるような純白さと可憐さですね!

 

 

ブラスバンド

 

オレンジ色のブラスバンドです。
色が濃い~ですね!!!

もともとは花の中心側が黄色になるグラデーションカラーなのですが、
ほぼ全体が鮮やかなオレンジ色になっていました。

 

 

レディー・ヒリンドン

 

黄色いレディー・ヒリンドンは花首が細いので
いつもうつむき加減に咲きます。

ティー香が楽しめるお花です。

 

 

ブルーバユー

 

少しグレーがかった薄紫色のブルーバユーです。

春夏はもっとピンクが強く出ますが
この季節は奇麗な紫になります。

なんとも上品な色ですね!

 

 

ストロベリーアイス

 

ストロベリーアイスは春より花が一回りくらい大きくなりました。

グラデーションカラーでフリルがついているような可愛らしいお花で、
私個人的にお気に入りのバラの一つです。

 

 

メアリーローズ

 

つるバラのメアリーローズが咲いていました。

春はたくさん花をつけるので見応え抜群なのですが、
お花が散るのも早くて
けっこうお掃除が大変なバラでもあります(笑)。

でもダマスク系の香りと
フリフリの花びらは
なんとも愛らしくて憎めないですね。

 

 

エブリン

 

香りが良いつるバラといえばエブリン!

アプリコット色の大輪のお花を咲かせ、
ダマスク系の香りがムンムンと香るバラです。

病気や害虫にも強く
育てやすいのでお勧めな品種です。

 

これ以外にも間もなく咲き出しそうなバラもいくつかあり、
しばらくは秋咲きのバラが楽しめそうですよ。

 

立川モデルハウスは11月8日までの営業となりますので、
ぜひそれまでの間にバラを見にいらしてくださると嬉しいです!!

 

 

おまけ・・・

 

たった一つだけのオリーブの実が
大分色付いてきました。

 

 

 

バラ部でした。

 

 

 

【バラ部】雨上がりに咲くバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

久しぶりの投稿となってしまいました。

 

春のようにコロコロと変わるこの頃の天気ですが、
今日は穏やかに晴れてくれました。

 

立川モデルハウスの庭では
たっぷりと水分を与えられたであろうバラたちが
元気よく花を咲かせています。

 

ティファニー

 

大輪のティファニーは本当に奇麗です!

よくこのレポートで紹介しているのとは別の株ですが、
お花が大きく、色も濃く、
本当に見事に咲いていました。

 

 

ストロベリーアイス

 

美味しそうな名前のストロベリーアイス。

花は中輪で房咲きですが、
この季節は房状には咲いてくれないみたいですね。

しかし花びらの先端にいくほどピンクが濃くなる特徴的な花は
可憐で愛おしいほど可愛らしいです!!!

 

 

マチルダ

 

こちらもこのレポートではお馴染みのマチルダです。

お花自体はストロベリーアイスと似ていますが
色が薄いピンクになります。

これもカワイイ!!!

 

 

プレイボーイ

 

こちらも中輪の可愛いお花ですが、
名前はあまり可愛らしくありません(笑)。

プレイボーイという名前のバラで、
オレンジのお花が印象的です。

 

 

マ・パーキンス

 

花付きの良さでは定評がありますマ・パーキンスが咲き出しました。
これからどんどん花数を増やしていくと思います。

ピンクの大輪の花を房状に咲かせるので、
春は特に見ごたえのあるバラとなりますが、
秋はしっとりと大人な雰囲気になりますよ。

 

 

マダム・ヴィオレ

 

ブルー系のマダム・ヴィオレが咲いていました。
昨日あたりの方がきっと奇麗な形だったんでしょうね・・・。

今年は全体的に天候不順で
もともとそんなに強くない青系のバラは
葉っぱがほとんど落ちてしまうなど
けっこうダメージが多い年となってしまいました。

それでもこうしてお花を咲かせてくれるバラたちを見ていると
ホッコリするのと同時に勇気を貰っているような気がします。

 

逆境でも元気に咲くバラたちに
心から感謝をしたい1日でした。

 

バラ部でした。