梅雨時期もサラッと快適! 全館空調のある家

 

こんにちは。立川展示場の黒川です。

 

週末のスタートは残念ながら雨ですね。。

 

 

立川展示場 カヴァードポーチ

 

お庭の植物は雨のおかげでなんとなく

生き生きしている様子ですが

ヒトにとってはジメジメとした

不快な天気が続いておりますね。

 

 

立川モデルハウス 梅雨時期もサラッと快適です!

 

そんな中でも「全館空調」が完備された

立川モデルハウスは今日も快適です。

 

 

湿度60%(屋外は85%) 2019年6月22日 15時ごろ

 

今日は土砂降りの雨という事もあり

屋外湿度は80%を超えておりますが

室内湿度は60%でした。

 

空調の働きで湿度も人にとって快適な

数値にコントロールしてくれてます。

もちろん除湿器なども置く必要がありませんよ。

 

「全館空調 MaHAt(マッハ)システム」

→ 仕組みはこちら

 

雨続きでなかなかお出掛けもできない時期ですが

こんな時こそ、ぜひ全館空調の良さを体験しに

モデルハウスをご見学してみてはいかがでしょうか。

 

【立川モデルハウス】はこちら

【横浜モデルハウス】はこちら

 

ご見学お待ちしております!

 

 

新年号

高橋です。

 

新しい年号「令和」になって初めての投稿です。

今日は「令和元年初日」ですね。

 

 

生まれ年号の「平成」が終わってしまってなんだかさみしい気持ちでいます。

でもかわらない朝が待っていました。

いつもより空いている電車に乗って仕事場へ。

日本は平和です。

改めて実感しました。

 

 

昨日知ったのですが、昭和天皇がお亡くなりになる前、お茶の間のテレビには天皇の心拍計の数字が表示されていたと聞きました。

楽しく見るテレビでも焦りや不安が募ってしまいますよね・・報道される理由もわからなくはないのですが。

なので、このような年号の終わり方を立てて下さった陛下にはとても感謝と経緯を持たねば・・と心から思いました。

 

 

年号が変わる瞬間皆様は何をしていましたか?

私は生まれて初めての出来事だったので、何が起こるわけでもないのですが、

「年末の感覚」がすごくありました。

 

 

ゆく年、くる年ではないけれど「ゆく時代、くる時代」

 

ありがとう平成。 こんにちは、初めまして令和。

 

そんなことを思いながらTwitterを見ていました。

同じく年末感を感じていた人が「あけましておめでとうございます」とつぶやいていたのも面白かったですね(笑)

年号が変わるよ~と初めに聞いた時は少しショックだったのですが、

いざ迎えてみると前向きになんだかわくわくします。

これからこの時代にどのような歴史が紡がれてゆくのだろう。

 

個人的になにか新しいことを始めるいいきっかけとなったり、踏ん切りをつけたり。

日本ではまた世界規模で大きなイベントが待っていますね。

少しでも長く見ていられるように健康でいないと!と思いました!

 

日本らしい写真にしました!

 

創業50周年の天草ハウジングです!

こんにちは。

立川展示場の黒川です。

 

立川モデルハウス 煉瓦積みの家 GW初日はどんより曇り空。。

 

今年のGWは10連休と長い連休となりますが

モデルハウスは休まずオープンしております。

「行くところも無いしモデルハウスでも行ってみるか。」という方

大歓迎です。是非遊びにいらしてください!

 

 

さて天草ハウジングは今年で創業50周年ということで

記念キャンペーンを行うことになりました~

 

創業50周年記念 天草ハウジング

 

「煉瓦積みの外壁」や「全館空調システム MaHAt(マッハ)システム」など

50年の中で培ったノウハウを盛り込んだ商品をキャンペーン価格にて

ご提供させていただくことになりました。

キャンペーン内容の詳細はこちら

 

メンテナンスフリーのれんが積み外壁と

夏冬問わず快適にお過ごしいただける全館空調は

天草ハウジングの中でも

特に人気オプションとなっております。

この組合せは、はっきり言って最強ですよ(^^♪

 

期間と棟数に限りがございますので

ご興味がございましたら早めにお問合せ下さい。

 

ご相談は天草ハウジング(TEL042-526-2433)まで

ご連絡お待ちしております!

 

写真を綺麗に加工してみよう

高橋です。

スマートフォンでキラキラな世界を再現してしまおうというブログです。

 

一眼レフが無くても、スマートフォンとスマートフォン用のアプリ「Lightroom」

があればきれいな写真に変わりますよ。

スマートフォンのカメラはだいたいが環境によって自分でカラー認識を変えてしまい、見た色とは違う描写で保存されてしまうのですが、それをお直したり色々綺麗にしてくれるアプリです。

 

 

例えばこの写真

 

加工前

 

これが

 

加工済み

こうなります。

これはiPhone7の通常カメラで撮ったものを、Lightroomで加工したものです。

 

現実世界ではカラフルだったのに色が飛んでしまった写真でしたが、

アプリのパラメーターをいじって好みの雰囲気に持ってくることが出来ました。

ちょっと手順をご説明すると、

 

色温度変更

 

①青みを出したいので「カラー」のホワイトバランスの「色温度」を青寄りに。

②色を取り戻したいので「彩度」を上げます。

 

露出光などの光の変更

 

露出光などの光の変更

 

(ちなみに左下にうつっているのは実は床の鏡に映った私です(笑))

③人間は全体的に暗いからもういっそのこと真っ暗にしてしまおうということで(メインは電飾なので)「カラー」の中の「シャドウ」のパラメーターをグンと下げて黒く。

④光のキラキラをちゃんと見せたいので「白レベル」を上げています。

⑤また今回「シャドウ」と「黒レベル」を下げてしまい全体的に暗くなってしまったので「ハイライト」と「露出光」で明るい所を上げました。

 

ノイズ軽減

 

⑥「ディテール」の「ノイズの軽減」ですっきりとした黒を出す。

※「ノイズ」というのは暗い写真を無理やり明るくしようというカメラの意向で色味がガサガサになってしまうことで、このアプリを通すとそれを除去してくれるのです。

 

かすみの除去

 

⑤「効果」の「かすみの除去」で白いボヤっとしたところを無くす。

※「かすみの除去」というのは、不必要に白くぼや~っとした表情になってしまった写真の色味をパキッとクリアに出してくれるものです。コントラストを上げるというものとはちょっと違います。

 

だいたいこんな手順でこう変わります。

加工前

加工後

 

あくまで自己流ですが、少しの手間で綺麗に変わってくれるので楽しくなってきますよ!

残念な写真でも「Lightroom」は「後出しの権利」があることを覚えておいていただけたら幸いです。

 

無料なのでぜひ活用してみて下さい!

 

 

 

teamLab★ Borderless

高橋です。

 

このブログの続きです。

 

写真の前にひとことだけ・・。

ここにはたくさんの部屋があり、暗幕の入り口で仕切られています。

またHPに地図がないのでどこに何の部屋があるかわからず手探りのまま歩くことになります。

時間制限があるのであらかじめ何か所部屋があるか、を確認してから回ることをおすすめします。

 

 

 

ライブのような空間から打って変わって光の海に囲われたすてきな空間でした、

電飾が高い天井から釣り下がっていて、床が鏡になっているので、世界に浮いているような感がありました。

 

teamLab★ Borderless 電飾

 

teamLab★ Borderless 電飾 平日でも結構人がいました

 

人が動ける空間と入り込める空間。

部屋の順路が日本家屋でいう、茶室の原理(入り口が小さく奥の方が大空間なもの)をうまく使っていてドキドキわくわく感を増幅させる展示でした。

 

 

日本画タッチ 波 team1★Lab gOooooooooooooooooooooooooooppppppppppppppppppp

投影された水と花 teamLab★ Borderless

teamLab★ Borderless 日本画タッチ

 

 

 

期間はまだ終了日が決まっていないのですが、雨の心配がないのでこれからの季節楽しめるものだと思います。

 

予約が必要なので、公式サイトがら予約をしてから向かってください^^

 

次のブログで最後にします・・!

 

Aさんの庭へお邪魔してきました。

高橋です。

 

今月頭に、カメラを持つ大学の友人と複数集まり、街歩きをしてきました。

 

当日はあいにくの雨でしたが、あまり強く降らなかったので決行しました!

 

スタート地点は「阿佐ヶ谷駅」

 

そこから目的地に向かって歩いていきました。

途中神社があったのですこし境内を見学し、

イチョウ

 

紅葉

 

紅葉

 

 

今回のメインの場所「Aさんの庭」に到着。

 

「となりのトトロ」は、ジブリ作品として皆さんご存知かと思われます。

「トトロが喜んで住みそうな家」として宮崎駿監督が著した本に紹介されている場所がここなのです。

 

「Aさん」というのは「ここを訪れる人」のことで不特定多数の人を指すようです。

 

 

ここはかつて住宅があり(現在は消失してしまい土台のみ残されています)薔薇がとても綺麗に咲いていたそうです。

ご近所からも「バラの家」と呼ばれるほど、だそうなので実際に見てみたかったなぁ・・・と思いながら中へ進んでいきました。

 

入り口にはとても綺麗に植えられた色とりどりの葉の植栽と「だれでもトイレ」が設置してありました。

 

だれでもトイレ Aさんの庭

 

チャコールの木質サイディングとテラコッタ色の瓦、コーナーに白いアクセントが施された可愛い小屋でした。

 

 

その奥に庭があります。

 

Aさんの庭

 

 

人一人通れるくらいの幅の飛び石が敷いてある小道を抜け、中くらいの背丈の植栽とかわいいお花が植えられたイングリッシュガーデン風の開けた空間が待っていました。

 

 

私より背丈の高い植栽

 

中には小さな池が低層の草に囲まれてありました。その中にはかわいい赤い金魚が泳いでいて、うっかり足を入れてしまうかとひやひやしたり・・・

飛び石のないすごく細い土の道もありました。

中トトロや小トトロが通ったら丁度よさそうだな・・・と探検するのが楽しかったです。

 

 

閑静な住宅街の中に、小さくひっそりとして在るので見つけにくいかもしれませんが、近くを通った際にはのぞいてみて下さい。

 

阿佐ヶ谷駅へ戻る途中にあったお豆腐屋さん

 

 

事件とは・・?

天草ハウジング 施工例 北欧 住宅

 

天草ハウジング 施工例 北欧 住宅

立川展示場の高橋です。

 

前回の続きです。

 

 

無事、買い物タイムトライアルを果たして駅に戻ろうとしたその時、事件が発生しました・・・

 

履いていたサンダルが崩壊してしまったのです。

 

 

よくある足の甲の方にクロスさせているデザインのものなのですが、

留めてある三箇所が取れてしまったため、

つまさきだけ辛うじて留まっている状態でした。

 

もうだめだ・・・でもアスファルト熱いし大都会で裸足は色々とまずい・・・

と考えた末に思いついた改善策はこちら。

 

 

「安全ピンで散らかったパーツをまとめて留める」

 

もともとクロスしていたところに集めて安全ピンを止めるだけで

なんとか生き延びました。

 

安全ピンを持ち歩いていて良かった・・・!と心から思った日でした。

安全ピンを持ち歩いている人って少ないですよね?

バックが壊れたりこんなことがあるかもしれないので、持ち歩くことをおススメします!

汚い画像ですがちなみに両足取れました・・。

 

左1箇所、右3箇所取れました・・

 

もちろん友達と待ち合わせの駅最寄り駅に着いて、サンダルを現地調達してきました!

人生でこんなこと初めてだったので笑ってしまいましたが、もう一度は来てほしくないですね。。

でも友達と買い物行くことがほとんどなかったのでちょっと得をした気分になりました!

 

履いていた靴を買ったお店で引き取ってもらうと5%オフになったりとありがたかったです・・。

 

 

もうちょっと続きます。

 

天草ハウジング 施工例 北欧 住宅 キッチン

遠出とグルメ

おはようございます。ICの岩瀬です。

 

前回遠出をしたいと書いた通り、ただいま北海道旅行計画中です。

ただいつ行くかはまだ決めてません。

折角行くのであれば、十分に計画を練ってから出発したいです。

夜景

札幌や小樽は観光地として有名で、私も高校の修学旅行で行ったことがあります。

秋や冬は空気が澄んでいるため、夜景がすごくきれいだったのを覚えています。

今の季節は昼間も暑いそうで、最高気温30度だとか。(それでもこちらより断然マシですけど…)

 

北海道といえば、海鮮丼やラーメンが有名ですが私は特にカニが食べたいです。

生のカニも美味しいですが、私はやっぱり茹でたものが好きです。

それと、昔食べたカニステーキが絶品でした。もう一度食べたいなぁ…

 

 

趣味、ご当地グルメ巡りにしようかな…なんて。

では。

 

立川展示場

横浜展示場

窓ふき

こんにちは。インテリアコーディネーターの岩瀬です。

 

午前9時を過ぎてからじわじわと暑くなってきましたね。

今日は、昨日の午後から引き続き、窓掃除をしました。

 

 

窓が2重構造になっているので、

1つの窓につきガラスが2枚、計4回、水拭き・乾拭きをしました。

 

 

 

この写真を見てください…。

 

Before

 

 

After

 

 

お分かりいただけただろうか…。

 

(右側だけ先に拭いてしまったので左の窓にご注目してください)

曇りが晴れたかのようにガラスの向こう側がクッキリ見え、スッキリしました。

 

 

窓がたくさんあるので拭くのが大変だったのですが、達成感がありました。

特に2階の窓が雨と砂っぽいもので汚く、雑巾が真っ黒になってしまいました。

 

家でも窓ふきはするのですが、家は開口部が少ないので横浜展示場と比べると大変さがよくわかります。

 

 

あと、掃除関連で一つ言いたいことは、高圧洗浄機で外まわり全て洗いたいです。

 

 

横浜展示場

 

 

…明日の天気を調べてみたところ、曇りのち雨でした。

梅雨時なの仕方ないですけど、すぐ汚れてしまうのは残念です。

ではまた。

リラックス度高い

ICの高橋です。

サイディング 天草ハウジング 施工例

この間、ちょっと面白いところでごはんを食べてきました。

 

面白い点、というのは、メニューではなく店内の内観のことです。

言葉で説明するよりは画像で見ていただいた方が分かると思うので載せますね。

 

\\\ こちら! ///

ベッド・・?

 

下にマットレスのような厚い物が敷いてあって、その上にシーツが・・・

ってこれはもうベッドですね!(笑)白いクッションもあります。

 

友人がセレクトしてくれたお店なので

店内入ってすぐにベッドがあってびっくりしました。

人が入るとこんな感じ

 

ベッドの上に置いてある直径約60㎝の大きい御盆の上に食事を置いて食べるstyle.

この食べ方は私には新しすぎてちゃんとこぼさず食べられるかな・・・?

と思っていたのですが、ちゃんとシーツも服も汚さず完食できましたよかった!

わりと固めなマットレスなので安心して食事を楽しめます。

 

どちらかというと付け合わせの小鉢が美味しい

しらす丼美味しかったです。

私的に味噌汁ではなくトン汁ってセレクトが好きだなあと感じました。

 

食べ終わった後はみんなで座りながら輪になって話して・・と、

店名の通り「茶の間」という雰囲気でした。

あっ、お店の名前はchano-maといいます。

 

飲食店って回転率重視なお店が多いのですが、ここはその逆で。

「靴を脱いでまったり長時間そこで過ごしてもらう」

というコンセプトが素敵だなあと思いました。

 

向かい側には普通に背の低いテーブルとイスがあります。

そこも、床のレベル差があってちゃんと店員さんとアイコンタクトを取れつつ、

傍を通る人たちから見て下過ぎず、そのステージに登る際に無理のない高さになっていて、

いろいろと考えられているなあ~と思いました!

 

大学の時にカフェを設計する課題があったのですが、

そのときにレベル差と視線の誘導を重視していたので

そういった体験ができて嬉しかったです。

 

代官山などにもあるそうなので気になった方はぜひ。