立川モデルハウスの庭が華やいできました。

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

雲が広がっている空、
そして蒸し蒸しとした空気・・。

あまり気持ちよい天気ではございませんが、
今日は日曜日!

夏休みに入られた方も多いのでしょうね。

せっかくですから今日も一日、楽しんでいきましょう!!

 

そんなレジャー気分満載の最中ではありますが、
立川モデルハウスは本日も営業をしております!!

 

さて、レンガ外壁を持つ輸入住宅と
とても好相性のバラが、
夏咲きの時期になってきました。

 

バラの育て方は色々と説が多くて、
夏はバラの消耗を避けるために
あまり花を咲かせない方が良いという話しを聞いたこともありますが、
立川モデルハウスではバラたちに頑張ってもらって、
少しでも奇麗な状態でお客様に観ていただけるよう、
咲く花は咲かせる!!方式でやっております。

 

ラベンダー・ラッシー

 

房咲きのつるバラ、ラベンダー・ラッシーは
花があまり大きくないのですが、
とにかく一つの枝にたくさん花をつけてくれます。

しかも順繰りにパラパラと散っていくので、
お掃除を大変にさせてくれるバラでもあります (笑)。

でも薄紫色の花は良い香りがして、
春の満開時には評判が良いバラでもあります。

 

 

プレイボーイ

 

こちらも房咲きですが、つるバラではなく木立性のプレイボーイというバラです。

鮮やかなオレンジ色の花は次第に赤味が深く変化をしていきます。
まさにその名の通り、色男ぶりを発揮する元気なバラです。

 

 

ルイ14世

 

真っ赤な房咲きの花を咲かせるルイ14世です。

春はもっと濃い赤色の花でしたが、
夏と秋は鮮やかな色になり、花も大ぶりになってきます。

ですが、次第に紫がかった色に変化をしてきますので、
そうなったら摘み取り時期となります。

 

 

アイスバーグ

 

こちらも房咲きで、真っ白の花が奇麗なアイスバーグです。

特にこの写真の株は春先に強風でなぎ倒されてしまったバラですが、
ご覧のようにすっかりと元気に回復しました。

もう心配いらなさそうですね!

 

 

ティファニーとテス・オブ・ザ・ダーバービルズ

 

ピンク色の大きな花はティファニーという名のバラです。

一つの枝に大きな花を一つだけ咲かせるハイブリッドティーの系統のバラです。

花びらは外側がピンク、中心側が黄色というグラデーションカラーで、
花も大きいこともあり、
とても見応えのする見事なバラだと思います。

 

一緒に写っている赤いバラは
房咲きのつるバラでテス・オブ・ザ・ダーバービルズという名前です。

球に近いまん丸のお花がとても可愛いですよね。

 

 

ブラスバンド

 

鮮やかなオレンジ色の花のブラスバンドです。

とても丈夫なバラで、
持ちの良い奇麗なお花をたくさん咲かせてくれ、
ホントに手のかからない優秀なバラです。

その分、香りが殆どありません・・。

 

 

レディー・ヒリンドンとチャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

淡いアプリコット色の花はレディー・ヒリンドンというバラです。

このバラは見た目の形も特徴ありますが、
なんと言いましてもミルクティーのような香りが一番の特徴です。

とても良い香りなので、
咲いていると必ずと言っていいほど、
香りを楽しんでします。

 

仲良く寄り添うように咲いているピンク色のバラは
チャールズ・レニー・マッキントッシュというバラです。

中輪のカップ咲きの花で、
とにかくたくさん花を咲かせてくれるバラです。

ただ油断すると
ピークを過ぎた花はパラパラと花びらを散らしてくるので、
早め早めの摘み取りが必須なバラでもあります。

 

 

マチルダ

 

最後にご紹介するのはマチルダという房咲きのバラです。

ここ数年、とても元気になったバラで、
とてもよく花が咲いてくれます。

以前はあまり丈夫じゃないのかなと思っていましたが、
最近はとても丈夫で樹勢もよく、
良いバラだなぁと思っています。

 

 

5月の頃のような派手さは全くありませんが、
これはこれで結構楽しめますので、
宜しかったらバラだけでも見にいらしてくださいね。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

レンガアパート工事 順調に進行中

 

こんにちは。立川モデルハウスの黒川です。

 

平日の今日は、担当しているレンガアパート工事の

現場を見学に行ってきました。

前回からどれくらい進んでいるでしょうか。

 

レンガアパート

 

前は1階途中までだった外壁の煉瓦積みが

屋根の軒先部分まで完了しておりました。

梅雨時期で工事も大変だっと思いますが

綺麗に仕上げてあり職人さんに感謝です。

 

システムキッチン アパート

 

建物内部もだいぶ仕上がってきました。

8所帯あるうちの進みの早いところでは

すでにキッチンやユニットバスが取り付けられておりました。

 

ユニットバス 1216サイズ アパート

 

賃貸用ということで住宅用より1サイズ小さな

システムバス・キッチンを入れましたが

それでも十分な大きさですね。

 

床 防音シート

 

2階部分のフローロング工事も半分ほど完了していました。

フローリングの下に敷いている黒いシートは

防音用マットになります。

 

2×4で建築する場合、気密性が高いので

外からの音に対して防音効果は高いのですが

室内間は音が届きやすい面があります。

 

戸建てであればさほど気にしなくてよい部分

かもしれませんが賃貸アパートの場合は

壁・床に対して音が響きにくくなるように

しっかりと対策を取る必要があります。

 

工事も全体の終盤に差し掛かってきたところ

ラストまで現場の皆様、よろしくお願いします!

 

現場チェック

こんにちは。

インテリアコーディネーターの東山です。

 

先日、現場チェックに行ったS様邸に、再び行って参りました。

前回は、床の養生が取れていませんでしたが、

今回は、養生が取れ、大理石調のタイルが素敵に輝いていました。

クリスタルのシャンデリアに大理石調のタイルは、やはり、高級感があります。

大理石調の床タイル

 

キッチンも出来上がっていました

白い無垢扉のキッチンに、天然水晶が入ったフィオレストーンの天板が輝き、

こちらも高級感のある仕上がりになっています。

キッチン

 

1Fホールの一角にある洗面室。

アメリカの洗面化粧台は、ボールも水栓もデザイン性が高く、

置いてあるだけで空間が華やかになります。

また、今回採用させて頂いた鏡は、縁のクリスタルが光るという機能性と

デザイン性を兼ねそろえた優れもの。

それにより、華やかさが、さらにアップされました。

洗面化粧台

 

最後に、1枚、煉瓦積みの外観をパチリ。

レンガ積み

 

まだ、外構やカーテンや階段のカーペットが仕上がっていないので、

仕上がった頃、またご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

仕上がりまでもう少し!

こんにちは。

コーディネーターの東山です。

今日は、田園調布の現場チェックに行って来ました。

 

天草ハウジングが得意とする煉瓦積みのお家です。

煉瓦積みの家

 

中に入るとまず、吹抜けと輸入階段が印象的な玄関ホールがあります。

今はまだ施工途中ですが、最終的には、階段の中央にカーペットが敷かれ、

アイアンの手摺りが付き、吹抜けにはクリスタルのシャンデリアが

きらめく、とても華やかな玄関ホールになる予定です。

出来上がりましたら、また写真をUPしたいと思います♪

玄関ホールと輸入階段

 

次に、リビングです。

リビングは、すでにクロス工事が終わっていました。

ブラックの花柄に、ブラックの腰壁クロスとブラックの壁タイルを合せることで、

華やかでカッコ良い空間に仕上がっています。

リビング

 

キッチンのパントリーの棚板の奥も柄クロスとし、

収納庫も楽しい空間になりました。

棚板の柄クロス

 

居室の入口ドアの装飾モールも仕上がっていました。

とても素敵なアクセントになりそうです。

装飾のあるドアモール

 

仕上がりまでもう少し!

仕上がったら、またご紹介させて頂きたいと思います♬

クラシカルなデザインのキッチン

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

良い天気ですね。

梅雨入り前の初夏の陽気を
思う存分楽しみたいところです。

 

さて、本日は北米型輸入住宅である立川モデルハウスのキッチンをご紹介します。

 

 

キッチン 立川モデルハウス

 

立川モデルハウスのキッチンは
アメリカのDeWils社のHorizonsシリーズを使ってコーディネートされ
クラシカルなイメージでデザインされています。

 

扉の材質はオークの無垢材でAltairというデザインです。

扉の材質やお色は
かなりの種類の中からお選びいただけます。

 

キッチン 立川モデルハウス

 

面材の樹種としましては
オーク以外にヒッコリー、チェリー、メープルが選択でき、
それぞれに色を指定できます。

 

キャビネットと調理器具等を組み合わせるのは
日本製のキッチンと同じ考え方ですが、
そこに装飾が加わってくるのが
欧米メーカーの特徴です。

 

キッチン 立川モデルハウス

 

立川モデルハウスのキッチンには
装飾材として柱型のフル―テッド・ピラスターや
吊戸棚の上部を飾るクラウンがつけられています。

こうなってきますと、
もはやキッチンというよりも高級家具ですね。

魅せるキッチン!と言っても大げさではないです。

 

キッチン 立川モデルハウス

 

大きなL型レイアウトの立川モデルハウスのキッチンですが、
シンク側には大きな窓を設けて
キッチンルーム自体を明るくしております。

シンク部分が手前に75mm出っ張っていて
その分、シンクの奥のスペースが広くなっています。

実際には洗剤やスポンジ等を置くことも考えると
なかなか使いやすいやり方かなと思います。

 

 

キッチン 立川モデルハウス

 

調理器具側はガスコンロにアイレベルオーブンを配置しています。

ガスコンロは東京ガスの商品です。現実的・・。

アイレベルオーブンを設置する場合は
排気や安全性から電気オーブンのみとなりますのでご注意をしてください。

 

願わくば、レンジフードをもっと今風のものか
スタイリッシュなものに入れ替えたいですね・・・。

 

 

キッチン 立川モデルハウス

 

欧米ではキッチンにテーブルを置いて
ここで朝食をとったり
仲の良い友人と団欒することが多いようです。

そういえば外国のホームドラマって
こういう場所が良く使われていますよね。

 

もともと男子禁制の場所だった台所から発展してきた日本のキッチンとは
ここが最も大きな違う点ですね。

 

スタイルも組み合わせも自由自在。
もちろん、モダンなデザインも可能です。

豪華でスタイリッシュなキッチンがご希望の方は
ぜひご相談ください。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

蘇る横浜展示場…

こんにちは。横浜SRの岩瀬です。

昨日は逗子市にある例の坪松邸へ行って参りました。

私は隣の市の横須賀に住んでいますが、
やっぱり海と山に囲まれた感じが似ているなぁと。

そして山も多いので坂道がたくさん。

ですが、現場の近くに住むご老人や、
子連れのママさんはスーパーの袋を持って
淡々と歩いているそうな…。足腰が強そう。

 

さて、お家の中はというと。
私の中ではシンプル&スタイリッシュなイメージでしたが、
思った通り、かっこよく仕上がっていました。

特にキッチンとタイルの組み合わせがばっちりでしたね。
(写真は…今後に期待です)

そしてパウダールームには見覚えのある洗面台が。

 

旧横浜展示場を思い出させます。

タイル調ホワイトグレーのクロスとの相性よし、ですね…

 

階段にはL.J.Smith、アイアンの小柱も…!

 

そして主寝室。
カウンターとWICの収納もばっちり。
落ち着いたお部屋になりそうです。

旧横浜展示場が蘇った…!終始、そんな気持ちでおりました。

Cole & Son

こんにちは、

横浜ショールームの東山です。

先日、お客様との打合せの際に、

「動物をモチーフとしたクロスはないですか?」

とお話を頂いたので、輸入クロスを取り扱う「テシード」さんに、

「Cole & Son(コール アンド サン)」というのブランドをご紹介頂きました。

 

 

「Cole & Son」は1873年に設立したイギリス随一の壁紙メーカー。

1961年からイギリス王室御用達のお墨付きを持つ老舗で、その伝統的な技術は、

バッキンガム宮殿やアメリカ・ホワイトハウスなどの威厳のある建物にも

使用されているそうです。

 

そんな「Cole & Son」が動物をモチーフにしているクロスが、

「The Ardmore」コレクションです。

 

マントヒヒのモチーフ

 

「The Ardmore」コレクションには、

美しく彩られた花や動物、民族柄をモチーフにアフリカ文化の魅力を伝える

クロスがたくさんあります。

色鮮やかな色彩が、心躍る毎日にしてくれそうですね♬

 

 

他にも色々な動物をモチーフとしたクロスがあります。

チーター

ゾウ

ウマなど

サイ

 

 

輸入クロスは、色彩豊かで、色柄も多く、

きっと、お気に入りの1枚が見つかると思います♪

天草ハウジングの展示場でも、たくさんの輸入クロスのサンプル帳を取り揃えて

おりますので、是非、見にいらして下さい。

お待ちしております♬

 

明日は…。

こんにちは。横浜SRの岩瀬です。

明日、緊急事態宣言は解除されるのでしょうか…。
神奈川県のみまだ数名、感染者が報告されているので
神奈川以外は解除になる、とか…?

解除後は多くの方が自粛の鬱憤を晴らすために外出をするのではないでしょうか(笑)

私もその一人なので、毎日横浜駅を通って出社するため、
ジョイナスやモアーズが再開となると、
早速仕事終わりに寄ってしまうかもしれません。

 

去年の今頃は、友達と地元の公園でバラを見ながら散歩をした記憶があります。

海沿いにある公園のため、潮風がすごいのですが
風に負けじとたくさんの色のバラが咲いておりました。

 

多彩多色のバラが咲く道はかなり広い為、犬の散歩やジョギングをする人も多いです。

 

もし明日非常事態宣言が解除されたら、今年も見に行きたいです。

 

もう一度、照明

こんにちは。横浜SRの岩瀬です。

本日お客様と照明の打合せをしました。

 

以前、「コンコルディア照明」について書いた記事があったのですが、
思い返せばあれは去年の秋の話でした…。

東京にあるショールームは土曜日以外は無人で、
本社(関西)の担当者さんと電話越しにショールームの入り方や
エアコンのリモコン位置など教えてもらいながら
入った記憶があります。

でも置いてある照明はどれも素敵な照明ばかりでした。
コンコルディア照明の商品は電球と使う為、
クラシックなデザインから、レトロなものまで、
昔からある形の物が多かったです。

 

また、「DAIKO」の新横浜ショールームにもいった事があります。
新横浜のショールームだと、
天草の横浜ショールームから4駅(約25分)で行ける距離なので
また勉強をしたいなぁと思いました。

DAIKOはダウンライトの光の演出を強みにしていると
言ってもいいくらい、ダウンライト押しのイメージがあります。

私の実家はシーリングライトを主に使用し、
ダウンライトはニッチの中や補助的な役割で使っていますが、
近年は「集中配置」という配置の仕方で
ダウンライトだけの空間が多いイメージです。

集中配灯…ダウンライトを寄せて配置する

また、「KOIZUMI」や「ODELIC」の照明もありますが、
次回書きたいと思います。

カーテンのバランス

こんにちは。

本日から5月です。
今日はカーテンについて書こうと思います。

輸入住宅のお家でよく見かけるのは、【バランス】がついたカーテンです。
横浜ショールームや、旧横浜展示場、立川展示場…私が知る限り、
天草ハウジングのモデルハウスはほとんどついていますね!

横浜SR

 

バランスとは一体なんだ…?
と思う方も多いと思います。
まずカーテン用語ってあまり聞き馴染みないですよね。

簡単に紹介しますと、バランスとは
カーテン上部についている【飾りカーテン】と言えばわかりますでしょうか?

バランスを付けるとかなり重厚感が増していかにも輸入住宅っぽくなります。
逆に付けない場合は、上部から光が漏れるため明るい仕上がりになります。

 

また、バランスにも種類があり、
横浜ショールームのバランスは【ストレートバランス】と言います。

旧横浜展示場の洋室には【スワッグバランス】と呼ばれるものがついておりました。

 

旧横浜展示場 洋室

 

他にも、【クラシックバランス】と呼ばれる裾が波打った形のバランスや、
【三ツ山バランス】など、さまざまな種類のバランスがありますよ。

 

ぜひ、お家作りにご活用ください。