お洒落なデザインの階段

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

今日は晴れる!というつもりでおりましたが、

立川は朝、パラっと雨が降りました・・・。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

春の天気は本当に変わりやすいですね。

今日は風が強く吹くそうなので
どうぞお気をつけください。

 

 

さて、
レンガの外壁を持つ北米型輸入住宅の立川モデルハウスの玄関を入ると、
まず目の前に現れるのは
豪華なサーキュラー階段です。

 

サーキュラー階段 立川モデルハウス

 

弧を描くように横たわる大きな階段で、
多くの方にとって憧れのアイテムでもありますね!

 

この階段はゆったりと昇り降りするのが良く似合う
エレガントな階段ですが、
階段をおさめるスペースや段の高さなどを
アメリカのメーカーの方に指定をして作る
フルオーダー品です。

また手摺のデザインもお好みで指定が出来るんですよ。

 

LJスミス階段

 

立川モデルハウスには
LJスミス社の階段パーツサンプルを取り揃えておりますので、
こちらで形状、お色、全体のデザインなどを
お打合せさせていただいております。

 

実は立川モデルハウスには階段が二つございまして、
もう一つの階段も同じくLJスミス社のものとなっております。

 

LJスミス階段

 

こちらはリビングルームに設けられた階段で、
L字型をしております。

 

開放的なレイアウトになっておりますので、
実際のプランに盛り込む際に
どんな雰囲気に仕上がるのかご参考になると思いますよ。

 

 

階段 施工例

 

階段 施工例

 

天草ハウジングの施工例をもっとご覧になりたい方は
ぜひ、ホームページの施工実例をご覧ください。⇒ 天草ハウジング施工例

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

憧れのワインセラーがある輸入住宅

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

3年ほど前からワインにはまり、
ワインについての記事なんかも興味深く
読まさせていただくことが増えました。

 

 

ワイン好きにとって
家にどうしても欲しいものがワインセラーです。

 

ワインセラー 施工例

 

当社で施工していただいたオーナー様の中にも
ワイン好きの方は多くいらっしゃいますが、
地下室にワインセラーを造られた方もいらっしゃいます。

 

収納量は数百本くらいはあるでしょうか。

なんともうらやましい限りです!

 

ワインはビンの中で熟成をしていく飲み物なので、
温度や湿度管理がとても大切です。

そこで一年中温度が安定していて
しかも湿度が高めな地下室は
ワインの長期保存にとても適しているんです。

 

ワインセラーがある輸入住宅 施工例

 

こんなワインセラーが家にあったら
なんて幸せなんでしょう・・・!

 

 

ところが先日目にした記事に、
アメリカでは最近、
ワインセラーが地下から地上に進出しているそうなんです。

 

特に高級ワインのコレクターにその傾向が強いのだそうですが、
ワイン専用の保存室を設け、
ガラス張りで中が見えるようにするのが流行っているそうです。

 

ワインセラー こんなイメージなのかな? WEBより

 

ワインは光も嫌いますので、
ライトは紫外線を出さないLEDにしているそうです・・。

 

なんとも贅沢なやり方ですね。

 

 

さて我が家のワインセラーですが、
安価な電気式の12本収納のセラーがございます。

 

我が家のワインセラー

 

気になるワインがお徳に買えるときに
コツコツと貯めてきたので、
ほぼ満員状態です。

やっぱりもう少し大きなものを買えばよかったと
後悔していますが・・。

 

 

最近いただいたワインです。

 

 

ブラン・ド・ランシュバージュ 2015年。
ボルドーの白ワインです。

野菜のてんぷらに合わせて
ソーヴィニヨン・ブラン主体のワインを選びました。

柑橘系を思わせるスッキリとした香りの中に
リッチな味わいがあるのは
ボルドーワインの特徴でしょうか。

 

 

 

ドメーヌ・トロ・ボーの
サヴィニー・ラヴィエール 1erクリュ 2011年。

8年熟成で飲み頃のワインでした。
ピノ・ノワールの華やかな香りと
果実味と熟成香のバランスがよく、
とても美味しかったです。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

災害に強い家づくり

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

連日の報道によると千葉の停電がまだ続いているところがありますね。

台風が来てもうすぐ1週間経とうというのに、
一体どうなっているんでしょうか?

 

今回は台風ですから
家が壊れたわけではなくても電気が来ないために
不自由な生活をしいられている方が多いですね。

 

ここで今、注目を浴びているのが自家発電です。

 

自家発電と言いますと、真っ先に思い浮かぶのが太陽光発電です。

 

太陽光発電システム施工例

 

輸入住宅をお建てになる方は
太陽光発電を取付けると外観が損なわれるという理由で
採用を見送る方が多いのですが、
しかし今回の様な現実を目の当たりにしますと
しっかりと検討をすべきなのではないかと思ってしまいます。

 

しかし太陽光発電がついているだけでは
災害時に大きな助けとはならないことをご存知でしょうか?

 

それは太陽光発電は停電時に発電しても
その電気を家で使えるわけではなく
唯一パワーコンディショナーという機械に付属している
非常用のコンセントが1個だけ使えるだけだからです。

 

パワーコンディショナー

 

もちろん、太陽光が発電している日中なら
携帯の充電くらいは出来ますので、
無いよりはましですが・・。

 

災害時にも役に立つシステムにするには
太陽光発電に蓄電バッテリーを追加しないとなりません。

 

SHARP リチウムイオン蓄電池

 

太陽光パネルが発電した電気を家で使いきれなかった場合、
余った電気はこのバッテリーにどんどん貯めていきます。

なので停電時でも家で必要な電力を常に確保することができるようになるんです。
(バッテリーの容量によっては電力の使用制限が必要な場合があります。)

もちろん、太陽光が発電していない夜間でも
バッテリーに電気が残っている限り電気が使えます。

 

もともとは国が二酸化炭素排出量を減らすために自家発電を推奨しているのですが、
(ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、天草ハウジングはZEHビルダーです。)
このシステムは災害時にも非常に大きな安心を生み出してくれますので、
これから家づくりをご検討される方はご一考されてはいかがでしょうか。

 

なお、すでに建っている家にこのシステムを搭載することももちろん可能です。

詳しくは天草ハウジングのスタッフまで
お気軽にお問い合わせください。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。