外構工事の打合せ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日、世田谷区で施工中の地下室付き3階建てレンガ輸入住宅の
外構工事についてお客様と打合せをしてきました。

 

地下室付き3階建て レンガの輸入住宅

 

高級住宅地の中にあっても
際立つ美しさと豪華さは圧倒的です。

現場の前にいても
通行人の方々からの注目度はかなり高いです!

 

しかし家は建物だけではなく
外回りの外構工事も印象を大きく左右します。

 

とくにこのグレードになってきましたら
かなり頑張って素敵な外構にしませんと
建物との調和がとれません!

 

ファサードもさることながら、
この家には地下室へ行ける外階段もありますので、
こちらも豪華仕様で仕立てることになりました。

 

地下室への外階段

 

広いドライエリア

 

ドライエリアに落ちないように手摺をつけるのですが、
その高さについても安全面を重視して1.6m以上にすることになりました。

 

問題はアイアンの門扉やフェンスのデザインなのですが、
WEB上でいろいろと見ていただいたところ、
これが良い!となったのがコチラです。

 

WEBより

 

お~!!、お目が高い・・・。

これだけレリーフが多いとちょっと高そうです・・。

 

さらに建物の横のボリュームを出すために、
ガレージ前にゲートをつけたらどうかというアイデアをいただきました!

 

例えばこんな感じでしょうか?

 

マストレさんより

 

デザインを合わせてつければ格好良いのは間違いなさそうです。

ただ、幅が8mくらいあります。

強度的に不安がありますので、
メーカーさんの確認をとらないとならないです。

 

土間の仕上げについては
車がメインのガレージ前はピンコロをご提案しました。

 

ピンコロ

 

車の重さに耐えられるだけでなく、
ハンドルを切った時の力も相当強いため、
剥離しにくいものが良いと思って、
ピンコロをお勧めしました。

貼り方を工夫すればピンコロもお洒落になります!

 

しかし人がメインの玄関前は
ピンコロでは凹凸があり過ぎてパンプスを履いたご婦人にはちょっと辛いので、
表面がスムーズなタイルをご提案したいと思います。

 

現地で打合せをすると
イメージが湧きやすくて良いですね!

あとはそれをまとめてご提案しないとなりません。

 

お施主様に喜んでいただけるようなプランをご提案できるように
頑張りたいと思います。

 

 

 

さて、ここからはおまけですが、
先日のブログでも書かせていたいた通り、
昨日4月17日は「マルベックの日」ということで、
成城石井さんで仕入れたアルゼンチンワインをいただきました。

 

TERRAZAS de los Andesの「マルベック・レゼルバ」

 

マルベックのワインらしく
ボディーが強めながら渋味が少なく、
ついつい飲み過ぎて
今日は少々二日酔いです・・。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

ワールド・マルベック・デー

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

よく使うワインの通販サイトを見ていて初めて知ったのですが、
4月17日は「マルベックの日」なんだそうです!

 

4月17日って明後日ですよ!

ご存知でしたか??(笑)

 

マルベックというのはワイン用のブドウの品種で
ボディーが強く果実味に溢れながらも
渋味が少ないという、
飲みやすくて美味しいワインになります。

 

ワイン用品種「マルベック」

 

マルベックはもともとボルドー原産ですが、
今ではアルゼンチンで多く生産されているようです。

 

アルゼンチンでマルベックを主要のワイン品種にしようという流れから
マルベックを発展させていくことを祝う日ということで
4月17日が「マルベックの日」と決まったようです。

 

この日は本場アルゼンチンばかりでなく、
アメリカやイギリスでも
「ワールド・マルベック・デー」として
とても盛り上がるのだそうですよ!!

お~、楽しそう!!!

 

 

 

調べたら日本でもイベントを行っているところがありました。

 

ホテル・リッツ・カールトンの「ワールド・マルベック・デー」

 

かの、ホテル・リッツ・カールトンでも行われるようです。

なんと、参加費は25,000円!!!

さっすが、高級です!!

 

ここは無理でも
どこか近場でやっているところがあったら
行ってみたいですね!

 

 

そういえば、
先日のピーロート・ジャパンさんの試飲会でも
マルベックのワインを購入していましたね。

 

パスカル・トソ アルタ・マルベック

 

パスカル・トソ アルタ・マルベック

 

パスカル・トソのアルタ・マルベック。
ヴィンテージは・・どうだったかな?

アルゼンチンの生産者で
2017年の天草ハウジング・クリスマスパーティーでも
こちらの生産者さんのワインをご紹介したことがあります。

 

アルタシリーズはその中でも
高級レンジのワインです。

試飲して、その凝縮感と香りのよさに圧倒され、
衝動的に欲しくなった1本でした。

 

南米のワインはコスパが良いものが多いですが、
こちらのワインは決してお安くはなかった・・・です。

ほろ酔い気分でなければ躊躇したかもしれませんが・・。

 

なので、明後日にいただくにはちょっともったいないなぁ・・、
というのが本音なので、
明日のお休みを利用して
お手頃価格で買えるマルベックのワインを探しに行こう!!と思います。

 

せっかくなので楽しみたいですね!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

悩ましいバラ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

雨が降りそうな天気になってきました・・。

雨・・・、嫌だなぁ~。

 

さて、4月も中旬となり
立川モデルハウスのバラはほとんどの品種がツボミをつけてきました。

 

 

バラにも早咲きのものや遅咲きのものもありますので、
ツボミの育ち具合にも個別差があります。

 

 

 

主寝室の窓辺に咲くように仕立てているバラ。

葉が赤っぽい方はツルバラのアンクル・ウォルターで
真っ赤な大輪の花が咲きます。

黄緑色の葉っぱの方は真っ白な花を房状に咲かせる
アイスバーグです。

どちらもまだ小さいですが
ツボミをつけています。

赤と白が入り混じって咲くようにイメージして仕立ててきましたが、
どうやら上手くいきそうですね!!

 

真っ白のアイスバーグの反対側の隣には
紫色の花が咲くブルー・バユーを生けているのですが、
こちらはまだツボミがついていません。

 

 

このバラは昨年、
たった1回だけ、それもたった1輪咲いただけで、
ひたすら枝を伸ばしているだけだったので、
今年はツルバラのように枝を横に寝かして生けてみました。

芽吹きは順調でしたが、
ツボミが出てこないと
「また今年も咲かないのか・・?」と不安になってしまいます。

 

昨年の11月にやっと1輪だけ花をつけたブルー・バユー

 

大丈夫かな~???と観察していると、
たった1個だけツボミを見つけました!

 

 

遅咲きのタイプなんでしょうか?

それともこの生け方でも花数は少ないのか??

たわわに咲かせたことがないので分からないです。

 

とにかく今年もこの1つだけにならないようにしたいのですが。。

 

要観察ですね・・。

 

主寝室の窓辺を赤・白・紫のバラで彩る計画なのですが、
さて上手くいくでしょうか??

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

インテリアに素敵な彩を添えるステンドグラス

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は少し暖かいですね!
寒いのはもうこりごりです・・。

 

さて、インテリアに彩を与えるアイテムとして
家具やカーテンが思い浮かびます。

色を少し足してあげるだけで
インテリアに温かみと個性が増しますよね!

 

カーテンも良いのですが
輸入住宅のインテリアをグッとクラシカルな雰囲気にするアイテムとして
是非お勧めしたいのがステンドグラスです!

お気に入りのお部屋にステンドグラスを入れるだけで
高級感とオシャレ感がグッと上がってきます。

 

ステンドグラス施工例

 

上の写真のようなやり方であれば、
ステンドグラスを壁にはめ込むだけなので
それほど難しい工事でもありませんし、
ステンドグラスも既製品などお手頃価格のものもございますので
比較的に安価で実現できます。

 

もっと簡単な方法は
リビングのドアなどにステンドグラスのドアを入れるという方法もあります。

 

ステンドグラスのインテリアドア

 

こちらはシンプソン社のドアです。
標準品よりは高価になりますが、
存在感と高級感は折り紙付きです!!

 

 

ステンドグラスを入れる場合に
必ず考慮しなければならないことがあります。

 

それは・・・光を通させる!!!です!

 

せっかく奇麗なステンドグラスを入れても
ステンドグラスに光が当たらなければ
奇麗な色味が発揮されず
残念な感じになって今います。

 

なので、見たい側から奇麗に見えるように
反対側からステンドグラスに光を通すように考慮します。

 

ステンドグラスのあるインテリア

 

この写真は当社の施工例ではございませんが、
奥のドアらしきところにあるステンドグラスに
しっかりと光が当たっています。

テーブルの配置から奥にお部屋があるようには思えません。

きっと裏側にライトが仕込まれているんでしょうね。

 

ステンドグラス施工例

 

こちらも窓の横にあるステンドグラスを
裏側から照らしている施工例です。

ステンドグラスの裏側に照明器具を仕込んでいます。

 

電気に頼らず自然光を生かすのであれば
窓にステンドグラスをはめてしまうのも手ですね。

 

ステンドグラス施工例

 

十分すぎる光でステンドグラスが奇麗に輝いています!

ただ、窓にはめる場合はステンドグラスを窓サイズに合わせないとならないので、
専門業者さんによる調整が必要となります。

また、窓自体の開閉が出来なくなる場合もありますので
十分に注意が必要です。

 

ステンドグラス施工例

 

ステンドグラス施工例

 

ここまでくると
かなり上級テクニックが必要になります。

でも見事な仕上がり!
圧巻ですね~!

 

ステンドグラスをご要望でしたら
どうぞお気軽に天草ハウジングにお問い合わせくださいね。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

のどかな川沿いの道

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

桜もいよいよ見頃を終えたんでしょうか。

ひらひらと花びらが散っております。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

この季節は落ち葉の季節と並んで
展示場のお掃除が大変な時期です・・。

特に桜の花びらは
昨日のように雨が降ってしまうと
大理石やバラの葉っぱに引っ付いてしまい
なかなか取れないんですよね・・・。

 

 

さて、この前の火曜日はお休みをいただいており、
天気も良かったので
お散歩も兼ねて
近くの恩田川沿いの遊歩道を走りました。

 

恩田川は鶴見川の支流の一つで、
町田市で生まれて横浜市緑区の中山あたりで鶴見川に合流します。

 

町田市内では桜並木になっていて
火曜日もたくさんの人が見物に来ていましたよ!

 

恩田川の桜、桜、桜・・・・

 

川幅が狭いので
幾つかある橋の上から見るのがおススメです!!

両岸からせり出す桜の花は
なかなか見事ですよ!!

一部、河原に降りられる場所もありますので、
そこから見ても見ごたえあるでしょうね。

 

そんな中を走るので、
桜を見ている人達にぶつかったりしないように
ゆっくりと慎重に走りました。

 

横浜市に入ると一変して田園風景になります。

 

都県境

 

これでも横浜市・・・

 

田園都市線の田奈駅の脇を通り抜けて
田園地帯を南へひたすら進むと
やがてマンションが立ち並ぶエリアに到達します。

この辺りがJR横浜線の中山駅付近になります。

この先で恩田川は鶴見川に合流するようですよ!

 

中山までの往復は
20キロほどの平坦なコースでした。

最近は坂が多いところばかり走っていたので
それに比べれば快適なお散歩ランになりました!

 

芝桜が奇麗な場所もあるそうなので、
芝桜が咲くころにまた行ってみようかな~と思っています。

 

恩田川の芝桜(Webより)

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

悩みが多い部分には必ずコアなメーカーが存在します

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

さてさて、今回は外構について書かせて頂きますね。

まず1つめは「宅配ボックス」です。

この業界に入るまで、私は名前すら聞いたことがなかったのですが「宅配ボックス」皆さんご存知でしょうか?

私が接客させて頂いておりますオーナー様は皆さま知っておられたのですが、こんなに便利なものがあったのかと思うほど画期的と思いました、、

 

宅配ボックスとは・・・

郵便物をお客様のご不在時でも安全に確実に受け取る事の出来るボックスのことです。配達時間や再配達の時間、起きたくない、、などの問題を解消することの出来るものです。

私と同様知らない方の為に機能をご紹介しますと、、

まず、不在と分かった時点でボックスを配達人の方があけます。扉部分に印鑑を押すことの出来るシステムが備わっているので郵便屋さんが勝手にはんこを押し、そして扉を閉めるとロックがかかります。これで完了です。

 

輸入住宅に似合う宅配ボックスも最近ふえてきましたよ!

 

海外ドラマに良く出てきそうなポストですよね!

これ宅配ボックスなんですよ!物によりますが、お値段は5万円前後です。安いものを探すと2万円以内でおしゃれな物も沢山あります!

 

次に外灯です!

皆様やはり外に付ける外灯は色々な方々から見られるとの事もあり、お悩みになる点の1つです。しかもポーチライトとなりますと、大手照明メーカーの商品はやはりお手頃価格なこともありますが、デザインを凝りたい!とおもうと中々ピンと来る商品が少ないと思います。

先月打合せを行いましたY様も、現在打合せを行っておりますM様も「これ!これしかない!」というデザインが大手メーカーさんに無く悩みに悩まれました、、それくらい皆様悩まれる場所です。

 

悩みが多い場所に対してはやはりコアなメーカーさんがあるのが現代の常です。外構の商品を出しているメーカーさんも沢山お洒落な外灯を出しているんですよ!

今回は代表として「Only One」さんの商品をいくつかご紹介させて頂きますね。

HPより

 

HPより

大きさが違いますが、こちらの商品はキチラーさんに若干似ている気がします、、(笑)

HPより

HPより

HPより

 

金額は少々はってしまいますが、もし大手メーカーさんじゃなくこちらを見たい方は是非コーディネーターにお伝えください!オンリーワンさんだけでなく沢山のカタログをご用意しております。

カタログを差し上げることは出来ませんが、お貸しする事は可能です!

お客様個人でとることが不可能なメーカーも多く存在しますので、気になるメーカーがございましたら是非お伝えくださいませ!!

 

ご拝読ありがとうございます。

光が入らない…

こんにちは。横浜の岩瀬です。

 

横浜展示場の隣に、新しいお家が立ち始めました。

名前は伏せますが、隣では朝早くから工事をしていました…ご苦労様です…

 

2018.10

 

上の写真は、去年の秋に撮ったものです。

写真の正面の窓から光が差し込んでいます。

少し分かりづらいのですが、光がたくさん取り込めるので

日中はブラインドをさげていました。

電気もブラケットライトだけで十分。

 

 

そして最近の写真がこちら。

2019.3.29.12:00~

 

今日の天気が雲のせいで、

太陽の入り具合が撮れなかったので、後日載せようと思います。

 

隣に工事用のシートが覆っているのがわかるでしょうか…

部屋の中も心なしか少し暗くなってしまいました。

 

2019.3.28.17:00~

 

そして夕方の写真。

最近は日がのびたので17時でも明るいのですが、

やはり隣のお家が気になる…

 

照明は全て電球色ですのでやんわりと温かみのある部屋になっています。

 

ちなみにこの部屋の下の階はというと、

2019.3.28.17:00~

 

洋室になっていますが、

光が全く入らなくなっていました。

こちらは人通りも多い為、いつもブラインドをさげています。

 

 

やはり暗いと

少し残念なような…

けれど新しい家が建つと外観は楽しみなような…

今の私は、そんな気持ちが入り混じった状態です(笑)

お引渡し・お施主様検査

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

先日私の携わっていた物件ではないのですが、W様邸のお引渡し日を迎えました。

打合せ時に、娘さんと遊んでいたので私も物件に参加している気分でした!

毎週どんなことをしたら楽しんでくれるか、すごく差し出がましいですが小学校に入る前にひらがなが書けたらかっこいいだろうな、、とかいろんな事を考えていたら凄まじく打合せの日程が過ぎていきました。(すでにひらがなをマスターしていて驚きました。)

お引渡しに伺えませんでしたのにも関わらず、豪華なお菓子を頂いてしまいました。美味しくて一瞬でなくなってしまいました(笑)

W様、お世話になりました。ご馳走様でした!

 

そしてそして昨日、横須賀M様邸のお施主様検査が行われました。

吹抜けが大きく、声が通ること通ること。立川展示場と同じ位の大きさなのですが、高さはどの展示場よりも高いので今までに感じたことの無い開放感でした。

さらに、社内の人間が凄く羨ましがったDeWilsさんの輸入キッチンです。

大きいですし、カッコイイなんて言葉だけじゃ物足りないくらい、、言葉が見つからないのですがやばかったです。

デウィルズキッチン

キッチン部分の床はPタイルをご採用されましたが、本当の石のような質感がありキッチンの高級さをより引き立てておりました。

Pタイル

青森ヒバのパネルもとても室内とマッチしており、匂いもほのかに香っておりました。

青森ヒバを使用した腰高パネル

あとはなんといっても吹抜けのドアの金物です。

昨年N様邸の社内での検査を行った際、このドアに迎えられ「なんだこのドアは、、かっこいい」と思った金物をM様邸にてご採用頂きました。

N様邸

N様邸

吹き抜け部分のドア

偶然にも前日「ボンビーガール」のDIYコーナーにてこの金物が使用されており、M様と社内の人間に即報告させて頂きました(笑)

 

思わず、テレビの前に正座をして画面をパシャリ。

 

もう少しでお引渡しですので、さらに気を引き締めてまいります!

ご拝読ありがとうございました。

小田原の家 もうすぐ引渡し

こんにちは。横浜の岩瀬です。

春が来たのか、今日は風が暖かいです。

花粉も沢山飛んでいるのでしょうか…。花粉症の方は外出の際お気を付けください。

 

さて、先週、W様邸の施主検査を行いました。

前回来た時はまだ養生されていたのですが、

今回は床のタイルや壁紙があらわになっていました。

(明日、お引渡し後にまた写真を載せます。)

 

リビングが白を基調としたもので、清楚感漂う部屋になり、

対面のキッチンのR開口もワンポイントとなっていて可愛かったです。

また、お子さんも自分の部屋を見て、

「トイレが近くてすぐ行ける~」と喜んでおりました(笑)

 

これから家具を配置して、照明を設置して・・・どんどん素敵になっていきますね!

明日は早めに出発し、掃除をして綺麗な状態で、お引渡し致します。

 

明日以降、また写真をUPしたいと思います。

PS,引渡しのレポは来月のAmaCanでも載る予定です…!良かったら見てくださいね~

買ってしまいました

小山です。

天草ハウジングでは、過去にワインセラーのための地下室 なんて夢のような家を手掛けさせていただいたことがあります。

我が家にはこんなにワインのストックはないのですが、
今まで我が家の冷蔵庫は、ワイン、ビール、冷凍庫にはリモンチェッロやジュネヴァ等々・・
お酒が占める割合がかなり高めでした。
日本酒の生酒も好きなので、1升瓶を2本買ってしまった時なんかはもういっぱいいっぱいです。

それでついに買ってしまいました。ワインセラー。
小さな我が家にはかなり大きめでしょうか。32本入るやつです

というのも、、日本酒を入れたいからなんです。
とりあえず冷蔵庫に入っていた分だけ入れてみました
日本酒の為に大半の棚を取ってしまうのでこれよりも小型のものだといくらも入らないのです、、

先日営業の坪松・竹内と試飲会に行ってワインを購入してしまったので
(試飲会の様子はこちら
また近く、ワインが3本追加される予定ですが
これで安心してまたお酒が増えてしまいそうです!

このセラーの上に、常温保存のリキュールやワイングラスを入れる棚をDIYしたいなと考えてはいるのですが、、
構想も含めて、まだまだ時間がかかりそうです

しばらく興味津々だった子供たち。自分たちには関係ないものと分かったのか
空き箱に夢中になっていました。