薪ストーブ料理 その②

こんにちは!!

横浜ショールームの坪松です。

 

前回のブログでは

薪ストーブを使った【赤ワイン煮込み】をご紹介しましたが、

今回は【焼き芋】に挑戦しました。

 

とは言え、これも前回同様

薪ストーブの中に放りこんで終わりのずぼら料理です。

 

さて、まずはサツマイモを用意します。

 

綺麗に洗ったサツマイモを

 

 

キッチンペーパーに包んで水を吸わせます。

 

あとは

 

アルミホイルにくるんで

 

いざ

 

ストーブの中に投入!!!

 

我が家のストーブは、ストーブ上部で調理ができるタイプではないので

炉内にいれますが、ストーブのタイプによってはストーブの

上に置いておくだけでもいいそうですよ

 

40分位放置した後取り出すと

 

 

焼き芋の完成です。

ホクホクというよりねっとりな感じの仕上がりでした。

これには子供も大喜び

 

次は何に挑戦しようか検討中です。

 

 

今年もクリスマスの飾り付けをしました

こんにちは。横浜ショールームの岩瀬です。

本日の最高気温10度。
12月になって、だんだんと寒さが増してきております。

そして12月と言えばクリスマス!

横浜ショールームがクリスマス仕様に変身しましたよ…!!

 

昨年は、引っ越しの準備で忙しく、クリスマスの飾りはなかったのですが
今年はしっかりと飾りつけをしてみました。

 

大きなクリスマスツリー自体は飾っておりませんが、
テーブルの上や、マントルピース、洗面台の上…
さまざまな場所に飾りを置いてみましたよ。

 

 

上の画像はクリスマスツリーのトップをそのまま飾ってみましたが、
これはこれでとても可愛いですね…。存在感があるので…。

 

あとは、シャンデリアにもツリーのオーナメントを飾ってみました。

これは一昨年くらいのクリスマスのブログと画像を参考にしてみましたが
空間がクリスマスカラーで溢れてきて、中々いいのではないでしょうか…!と自賛。

 

 

リビングルームも同様に、シャンデリアを飾りました。

もし真似してみたいと思う方、
飾り付ける時は慎重に、気を付けながら飾りましょう…。
シャンデリアが落ちてきたら大変なので…(ゆらゆら揺れながらの取り付けでした)

 

 

あとは、入口の扉にクリスマスリースを飾って完成です。

今年のクリスマスはきっと、お家の中で過ごすことになるでしょう。
皆さんもお部屋をクリスマス仕様にしてみてはいかがでしょうか?

煉瓦の色が変わる…

こんにちは。
横浜SRの岩瀬です。

この前初めて、「ウミガメ食堂」行きました!
横浜SRから近くて、美味しいと評判だったのになかなか行くタイミングが
なかった為、やっと行けたな~と言う感じでした。

 

 

東山さんと一緒に行ったのですが、
定番で一番人気なのが「サンマーメン」と聞いて、私も同じ物を頼みました!

結構あっさりしていましたがスープにとろみがあり、
野菜も沢山、、、お腹は大満足でした。

一人ラーメンはまだ1回しかした事ないのですが
場所も覚えたのでいつかまた行こうと思います!

 

話が変わるのですが、
物件の写真を整理した時に発見したものをご紹介。

 

S様邸のお写真。

暗いトーンの煉瓦がかっこいいな~と眺めていましたが
次の写真を開いてみると。。。

 

 

あれ?煉瓦の色変わった・・・?!

さっきのはなんだったんだ、と2枚を並べて見比べ…

どうやら太陽の光の当たり具合が、原因っぽいですね…
(背景と影で判断してるのですが、実際はどうなんでしょう?)

元々はグレーの煉瓦らしいのですが、
太陽の光が当たると黄色っぽく見えてしまうんですね。

それとも写真の撮り方にも何かあったんでしょうか?

 

煉瓦の外壁の打合せをするときは、
営業とお客さんが一緒に実際の物件を見て回ったり
煉瓦のサンプルを触ってもらったりしますが、流石に自然の光は操れませんね…笑

カーテンの採寸

こんにちは。
横浜SRの岩瀬です。

11月中旬。
朝家を出るときに、ヒンヤリと冷たい風が足元を通り、冬を実感します…。
でも、11月って季節的にはまだ秋…?どちらなのでしょうか?

 

先週、横須賀市のT様邸の現場へ行ってきました。

 

レンガが積み終わるまであともう少しという感じでした。

 

外で作業される職人さんは、冬場は大変ですね…。
夏も暑さで大変だと思いますが、、、

 

 

室内は、窓枠もついて、良い感じです。
ここの窓枠は後々に塗装をするため、無塗装品の窓枠をつけています。

 

吹抜け部分の窓。

 

今回現場へ行ったのは、カーテン屋の職人さんに採寸をしてもらう為でした。

吹き抜けの窓にカーテンレ―ルを付けるのですが、
足場が必要かどうか確認していただきました。

階段には踊り場もあり(まだついてないですが)、
ホール側からも脚立を使えば届きそうとの事で、足場は必要ないそうです。

他の窓もひとつひとつ、レールの位置や生地の出幅などを確認していただきました。

 

カーテンを取り付けるのはまだ先ですが、楽しみですね…!

 

キャラクター壁紙

小山です。

キャラクター壁紙探訪をしておりましたが
最後はシンコールさんです。

ウォーリー

こんな壁紙のトイレだったら、ウォーリーを探してずっと出てこられなくなりそうですね!
絵本の世界に入り込んだようです。

モノトーンはなおさら探すのが大変!
こんなお部屋があったら、友達を招いたときに話題になること間違いなしですね。
この中から自分の家に選ぶとしたら、、、右側の黒地にゴールドの壁紙をこっそりトイレの天井に貼りたいです。

リラックマもありました。
それにしてもシンコールさん、振り切ってますね!
ここまで見てきた他社のキャラクター壁紙は、他との馴染み安さを重視しているように思いますが、キャラクターのイメージそのままに、楽しもう!という姿勢が伝わってきます。

ふだんなかなかお勧めしづらいキャラクター壁紙ですが、こうしてみていると、
眺める楽しさのある内装というのも、なかなかいいなと思わされます。
ちょっとした遊び心をお家に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

レンガの家ってどうなってるのか?

こんにちは。

本日は10/5です。今日は何の日?とまた検索してみました。

今日は元レスリング選手吉田沙保里さんの誕生日でした。
これといって特に何もないですが…。雑学程度に。

 

この間、友だちと他愛のない話をしていたのですが
「煉瓦の家って強いんでしょ?どうなってるの?」

と、まじまじと言われ…、どう説明しようか…と私も考えてしまいました。

友だち曰く、「3匹の子豚」を読んで、煉瓦が強いというイメージはあるそうです。
確かに、藁よりも木よりも石の方が重くて頑丈なのは誰でもわかりますよね…。

 

えほんキッズ『三びきのこぶた』完全版(絵本ムービー) - YouTube

 

 

さらに、「煉瓦の壁がそのまま家の中まで来てるの?」と。

家について1mmもわからない友だちだったので、
「層になってる」という事を教えてあげました。

天草のホームページにも図があるので引用…。

「煉瓦と壁紙の間には、構造材や断熱材が入ってる」ことを伝えて納得してくれました。

 

家を買おうとか、建築物に興味がないと、こういう所がわからないんだな~と
私も勉強になりました。

 

永田さんの記事にある写真も、わかりやすいですよ。
煉瓦が積まれている様子が載ってます。こちら

 

説明不足じゃないといいな~と思いながら今日一日過ごしてます(笑)

框ブーム?

こんにちは。横浜SRの岩瀬です。

7月下旬なのにまだ梅雨っぽさが残っていますね。
毎日じめじめで髪の毛も湿気でごわついて、外に出るのが億劫です。

来週には猛暑がくる…?という噂を耳にして、
体調の管理に気を付けないとなーと思いました。

 

さて、話が変わりますが、
先週、私もお客様と一緒に新宿タカラスタンダードショールームへ行ってきました!

やはり、ショールームにいくと実物があるので
とても想像しやすく、実物の色合いを見たり、導線を体感することができます。

 

これは別の日に撮った写真ですが、最近のお客様は
扉の種類を框タイプのオレフィンシートと呼ばれるものを選ばれる方が多いです。

坪松さんのお家のキッチンで採用した以降、ほとんど使ってるような感じがします…

 

框タイプは、選べる色は少ないですが、メラミン扉よりマットな質感で
何より框(扉の面が凹んでいる部分)がかっこいいです。

価格はメラミンと無垢扉の間くらいです。
モダンな雰囲気が好きな方は框なしのフラットタイプもいいかな?と思いますね。

そして天然水晶が主成分の高級人造石のフィオレストーンの組み合わせがGOOD。
光に反射した水晶が輝いて、オシャレだなぁと思います。(中には光りにくいものもあります)

フィオレストーンはモール硬度が高い為、
耐久性耐熱性が人造大理石と比べると桁違いです。
フィオレストーンの種類も豊富で、32種ありました。

 

取っ手にも種類が色々あるので、扉のサンプルと合わせて確認が出来ます。

 

 

ちなみに天草ハウジング横浜ショールームにも、
タカラのオリジナルキッチンがある為、
ホワイトの無垢扉とフィオレストーンカウンターの実物が見れますよ。

 

テレビに映ってました=

こんにちは。横浜SRの岩瀬です。

7/8(水)21:00~より放送していた「ワールド極限ミステリー」、観ました。

最近YouTubeばかりでテレビをほとんど見ていなかったので、
部屋のテレビを付けてみたら電源は付いているのに付かない!と
直前になってドタバタと…。

コンセントを抜いたりして、
なんとかテレビが観る事ができたので、ようやくゆっくり見ていると、
今も昔も、もどかしいところでCMが入るのは変わっていないなぁ…と。

YouTubeだと好きな所にスキップできるので、
続きが気になる…と思いながら観てました。

 

気になる立川モデルハウスが出るお話は

「夫が息子を誘拐!
母親が特攻野郎の特殊チームと国境を越え、息子を奪還ミッションを決行」

アメリカからチュニジアへ誘拐された子供を奪還するお話で、
モデルハウスが登場したのは、チュニジアにある夫の家の設定でした。

 

実際にチュニジアの家がどういう家なのかはわかりませんが…。

テレビにモデルハウスが出ているだけで、なんだかわくわくしていました。

 

 

途中までモデルハウスを見るために見ていましたが、
話の内容がとても面白くて、結局最後まで見てしまいました。

 

蘇る横浜展示場…

こんにちは。横浜SRの岩瀬です。

昨日は逗子市にある例の坪松邸へ行って参りました。

私は隣の市の横須賀に住んでいますが、
やっぱり海と山に囲まれた感じが似ているなぁと。

そして山も多いので坂道がたくさん。

ですが、現場の近くに住むご老人や、
子連れのママさんはスーパーの袋を持って
淡々と歩いているそうな…。足腰が強そう。

 

さて、お家の中はというと。
私の中ではシンプル&スタイリッシュなイメージでしたが、
思った通り、かっこよく仕上がっていました。

特にキッチンとタイルの組み合わせがばっちりでしたね。
(写真は…今後に期待です)

そしてパウダールームには見覚えのある洗面台が。

 

旧横浜展示場を思い出させます。

タイル調ホワイトグレーのクロスとの相性よし、ですね…

 

階段にはL.J.Smith、アイアンの小柱も…!

 

そして主寝室。
カウンターとWICの収納もばっちり。
落ち着いたお部屋になりそうです。

旧横浜展示場が蘇った…!終始、そんな気持ちでおりました。

壁付けテレビ設置してみました

こんにちは。

横浜ショールームの東山です。

本日は、逗子に新築した横浜ショールームの所長の坪松の家の

引渡しがあったので、私も伺わせて頂きました。

 

グレイッシュブルーのラップサイディングに、スウェーデンブルーの玄関ドアが映え

とってもカッコ良い仕上がりです。デッキ材が新型コロナウィルスの影響で遅れてお

り、カバードポーチがまだ出来上がっていませんが、それが出来上がったら、さらに

カッコ良くなると思うので、ポーチの出来上がりが楽しみです。

 

続いて、中も見どころ満載なのですが、今日は、色々な荷物が多く、

あまり綺麗に写真が取れなかったので、2カットだけご紹介♬

こだわりの薪ストーブ

 

こだわりの吹抜けとパドルファン

 

他にもたくさんのこだわりが詰まった素敵なお家になっています。

本当は、キッチンのタイルも素敵なので、そちらのご紹介もしたかったのですが、

それは後日ということで、

今日は、壁付けテレビの設置の様子をご紹介したいと思います。

本来は、テレビを購入された家電量販店さんで設置をお願いするのが

1番間違いないのですが、今回は天草の社員で設置してみました。

 

まずは、設置位置決めです。壁付けテレビの場合、

一般的に、50インチ程のテレビの場合で、テレビの中心の高さをH=1000位に

設定することが多いのですが、今回は、実際にテレビを上下に動かしながら検討し、

H=1100で設置することが決まりました。

 

次に、テレビの壁付け用金具の寸法を測り、金具の取付ボルトの位置に、

ペンで壁に印を付け、その後、電動のキリで壁に穴を開けます。

 

そして、金具を取り付けるのですが、2人掛かりで金物を押え、1人がボルトを締める

という構図で、なかなか大変でした。人手が必要です。

 

最後に、テレビを掛け、完成です!

壁掛けテレビはスッキリしてカッコイイですね♪

 

テレビの下には、レコーダー等を置く為のキャビネットも置く予定になっています

が、配線がテレビから下に露出するとカッコが悪いので、壁付けテレビの場合には、

テレビの裏に穴を空け、同軸ケーブル、電源ケーブル、HDMIケーブルが

壁の中を通るようになっています。これで見た目もスッキリです。

 

とっても良い感じに取り付けられました。

 

今度は、実際に新居での生活が始まり、落ち着いた頃に、

住み心地のリポートさせてもらいたいと思いますので、楽しみにしていて下さい♬