ショールーム見学に行ってきました。

こんにちは。立川展示場の黒川です。

今日も比較的暖かい日になりましたね。
ただ飛散している花粉の量がすごく
花粉症の私は屋外に出るのが大変になってきました(+_+)

さて、先日の事ですがこれからご自宅をお建ていただく
お客様と一緒に住宅設備のショールームを見学してきました。

1件目はこちら

立川にある「タカラスタンダードショールーム」です。

天草ハウジングでは

・キッチン
・洗面化粧台
・ユニットバス

など、タカラさんの商品を取り扱っております。

 

 

ショールームでは予約をしていくと
専任のコーディネーターが案内についてくれます。

上の写真ではレンジフードのお手入れ方法を説明中です。
お客様も熱心に説明を受けておりますね(^^)

ここではキッチン・洗面化粧台・ユニットバスと
あらゆる商品を見学して約2時間ほど
しっかりとご確認いただきました。

 

 

 

 

 

 

2件目は同じく立川にあるLIXILショールームです。
こちらもあらゆる商品がありますが今回は
トイレ収納とユニットバスを見学してきました。

あともう一点、お客様が気になっていた商品という事で
見学したのはこちら

「宅配ボックス付の機能門柱」です。

最近はネットで物を買うことが増えてきて
戸建てでも宅配ボックスがあると便利ですよね。

こちらの商品は暗証番号をうちこむと
電子キーが解除されて
中の荷物が取り出せる仕組みとなっておりました。

またスマートフォンとも連動させることができ
荷物が届くとスマートフォンに通知を届けることも
出来るようです。知らなかった~(^_^;)

私も商品勉強のために宅配ボックスのカタログを
もらって帰ってきました。

と、2件回ったところであっという間に
3時間ほど経過しておりました。

見学には結構時間がかかるので
時間に余裕を持っていくのがよさそうです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

イベント開催中 立川モデルハウス

 

こんにちは。立川展示場の黒川です。

 

天草ハウジング 立川展示場 2019年1月20日

 

今日の立川は青空が広がっています。

風もあまりなく過ごしやすい気候になりました。

 

立川モデルハウス イベント開催中

 

ハウジングワールド立川では今日「プラレール」の

イベントが開催されていてお子様連れのご家族で

賑わっていましたよ。

 

ハウジングワールド立川 イベント開催中

 

プラレールといえば私も子供のころに

家にあった記憶があります。

 

今も子供に人気のおもちゃとして

残っているとはすごいですね。

 

調べてみたら「プラレール」は

60年以上前に発売されているそう。

歴史の長さを感じますね。

 

さあ、午後も展示場が賑わいそうです。

お客様をしっかりご案内したいと思います!

 

2018年 本日、営業最終日! 立川モデルハウス

こんにちは黒川です。

 

12月27日 天草ハウジング 立川モデルハウス

 

12月27日、今日が年内最終営業日でした。

 

午前中は、つい先日ご契約をいただいた

H様とのお打合せをしてきました。

(年の瀬のお忙しい中にもかかわらずH様ありがとうございました。)

 

H様には山中湖別荘のご注文をいただき

現在はプランのお打合せ真っ最中です。

 

早ければ来春には着工予定です。

とても素敵な別荘になりそうなので

私も今からとても楽しみにしております。

 

 

さてモデルハウスはクリスマスの飾りを

撤収し見慣れた形に戻りました。

 

 

天草ハウジング 立川モデルハウス 洋館 れんがの家

 

今年も多くのお客様にお越しいただくことができました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

年始は1月3日から営業いたしますので

お時間がございましたらぜひご見学にいらしてくださいね。

 

それでは皆さま、良いお年をお迎えください(^^)/

 

 

 

立川展示場 冬でも快適です!

 

 

こんにちは黒川です

 

天草ハウジング 立川モデルハウス 洋館

 

17時ごろの立川展示場です。

日が落ちるのが早くなりあっという間に冬になりました。

 

夜の時間は外に出るのもつらいほど寒いですね(+_+)

 

ただ、全館空調のおかげで建物の中は

一日中快適です。

 

立川モデルハウス リビング 温度 21.7℃

 

 

 

 

 

 

立川モデルハウス リビング 湿度 54%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルハウスのリビングの計測器で

温度21.7℃、湿度54%(17時ごろ)でした。

 

リビングは20帖ほどの大きさで

吹抜けもある大空間ですが

加湿器の効果で湿度も十分に足りていました。

 

24時間快適なモデルハウスなので

皆様もお時間ございましたら

ぜひ、見学にいらしてください!

 

 

大田区 敷地調査に行ってきました

 

 

こんにちは黒川です。

 

先週末にプラン・お見積の作成依頼をいただきましたので

今日は半日かけて現地調査に行ってまいりました。

 

場所は東京都大田区です。

久しぶりの東京23区の調査。楽しみです!

 

さて、現地調査の手順ですが

現場に行く前にまずは下調べを行います。

通常、こんな感じで進めていきます。

 

1.住宅地図を取得

2.測量図・登記簿謄本を取得

3.都市計画、道路について確認

 

そして最後に

4.現地確認

となります。

 

 

1.住宅地図を取得

 

今はコンビニで住宅地図を

取得することができます。(1枚300円。有料です。)

 

 

置いてあるコピー機の「住宅地図プリント」の

項目を選んで住所を打込むと取得できます。

 

数年前から始まったサービスで

全国各地の地図を手に入れるのが

誰でも簡単に出来るようになりました。

 

 

2.測量図・登記簿謄本を取得

 

次は法務局に行きます。

 

立川法務局

 

こちらは立川法務局。

新しく移転してきて建物も綺麗です。

 

事務所のある立川住宅展示場から徒歩で

行くことが出来るので調査の時は

よく利用することになります。

 

ここでは土地の測量図や登記簿謄本を

取得できます。

 

登記簿謄本では

土地の面積や所有者、地目などが

プラン設計に欠かせない情報が

記載されています。

 

 

3.都市計画、道路について確認

 

大田区役所

 

都市計画などを確認するのは区役所(市役所)になります。

都市計画では建ぺい率・容積率など

こちらもプラン設計に必要な情報を調べることができます。

 

最近ではわざわざ区役所に行かなくても

インターネットでも調べる事が出来ますよ。

ただ、まだインターネット対応していない自治体も

ありますのでご注意下さい。

 

 

4.現地確認

 

そして最後に現地の確認をします。

 

大田区某所

 

今回の建築地は大通りが近い場所で

3階建ても建築可能なエリアでした。

 

土地の日当たりや周辺環境、車の交通量なども

一緒に確認してきました。

 

という感じで調査終了です。

敷地調査は住宅営業マンがまず最初に

覚えなければならない仕事の一つになります。

 

そしてこれらの調査をもとに

次はいよいよ設計士と相談しながら

プランを作っていきます。

 

良いご提案ができるように

これからしっかり考えたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立川モデルハウス LED電球に変えてみた

こんにちは黒川です。

 

11月も半ばになり寒くなってきましたね。

先週から私もコートを引っ張り出して着ています。

もうこれ以上、寒くならないで欲しいです。

 

ただ冬に近づくと毎年、実感するのですが

モデルハウスの中はとにかく暖かいです。

 

この時期、特に暖房をきかせているわけではないのですが

建物の中に入ると「暖か~い」と思わず笑みがこぼれるほどです。

 

真冬でも快適な中で仕事が出来るのは

ホントにありがたいことですし

「天草ハウジングの家は素晴らしいな」と

日々、実感しております。

 

 

さてさてここから本題ですが

今日は展示場にあるシャンデリア球を

LED電球に取り換える作業を行いました。

 

LED電球も色々な形、デザインの商品があり

探すときに迷ってしまいますね。

 

今回はこちらを購入しました。

 

左:LED電球 右:白熱電球 ※使用済のため煤けてます。

 

シャンデリア球を購入する際

気をつけなければならないのは口金のサイズです。

 

左から 12口金、14口金、17口金、26口金

 

立川モデルハウスでも12口金、17口金、24口金対応などの

照明器具を使用しているため、わざわざ確認してから

購入しなければなりません。

 

私は以前、間違ったサイズのものを購入してしまい

返品する羽目になりました。

※12口金と14口金は間違えやすく要注意です!

皆様はこのような事がないようにお気を付けください。

 

ちなみに電球交換前、交換後の照明度合は

こんな感じです。

 

交換前

 

 

交換後

 

正直、大した違いはありません。

 

ただ、LED電球の寿命は約25000~40000時間と

いわれているため今後の電球交換が

減ることを考えれば早めに変えておきたいものですね。

(1日8時間使用したとしても10年前後は使える計算です。)

 

ちなみに立川モデルハウスはとにかくシャンデリアが多いため

電球がいくつあっても足りません。

 

リビング  シャンデリア2つで合計36個の電球を使用

 

ダイニング 18個の電球を使用

 

モデルハウス全体ではシャンデリア球だけで

少なくとも100個以上はあるでしょうか。

 

う~ん、電気代が心配になりますね。。

 

よくLED電球に変えるとどのくらい電気代が安くなるのか

という話がありますが今回の立川モデルハウスのケースだと

こんな感じの比較になります。

 

条件:シャンデリア電球100個を1日8時間点灯した場合。

※電気代は1kwhあたり27円で計算

 

LED電球(40W相当) 消費電力4W (1個当たり)

電気代 ひと月あたり¥2,592 年間あたり¥31,104

 

白熱電球40W      消費電力40W(1個当たり)

電気代 ひと月あたり¥25,920 年間あたり¥311,040

 

 

何と1年間で約30万円弱、電気料金に差が出る結果となりました。

これだったら最初からLED電球に替えておいた方が

よっぽどお得ですね(^^)

 

以前は高額だったLED電球も最近では

お求めやすい価格になってきました。

(今回購入した商品は1個あたり¥350程度でした。)

 

すでに多くのお家でLEDをご使用されていると思いますが

これからお考えの方はぜひ、上の比較を参考にしてみてください。