選手ファーストを忘れないで

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

今日は曇り空。
明日は天気が崩れるそうです。

雪が降るのかな~。

 

レンガの北米型輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

陸上長距離界で話題だった
ナイキの厚底シューズが
もしかしたら使用禁止になるかも!!

ということで、
またまた話題沸騰となっております。

 

ナイキ ヴェイパーフライ4% WEBより

 

箱根駅伝でも
多くのランナーが着用し、
区間新記録が続出したことでも注目を浴びていました。

 

WEBより

 

もともと長距離用のシューズは
ソール部分は薄く作られることが常識でした。

薄くすることでのメリットは
シューズ自体が軽くなることと、
足の力を無駄なく推進力に変えられることでした。

一方で足に疲れが溜まるというデメリットもありました。

 

ナイキ ヴェイパーフライ4%  WEBより

 

厚底にすると
疲れが溜まりにくくなる反面、
クッション性が増えることによって
足の力がダイレクトに地面に伝わらなくなるので、
結果としてタイムは落ちてしまうんです。

しかしナイキは推進力を減らさないために
ソールの中に特殊なカーボンプレートを埋め込むことで
反発力を増やし、
逆に4%の推進力向上を達成したとされています。

 

現在、国際陸連では
ソールの厚さに制限を課することが検討されているらしいです。

ですが、
なぜ今なんですかね?

 

このシューズがランナーにメリットがあることは
1年以上前からわかっていたことです。

東京オリンピックという大きな大会まで
あと半年程となった今、
いつ結論が出るのかわからない協議をすることは
混乱を生む以外の何物でもないと思いますが・・。

特に選手が気の毒ですよね!

 

早い結論を期待しましょう。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

AKATSUKI FIVE 東京オリンピック出場決定おめでとう!

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今朝、嬉しいニュースを見ました。

 

東京オリンピックの男女バスケットボールの
開催地枠での出場が本決定したそうです!

 

女子は実力があるので2大会連続の出場ですが、
男子はなんと44年ぶりのオリンピック出場です!!!

 

やりましたね~!!

 

 

男子は外国が強すぎて、
高さ、クイックネスの両面で全く歯が立たなかったのですが、
ここへきて強化が進み
チームプレーを研ぎ澄ませていくことで
今年行われるワールドカップへの出場を実力で掴み取りました!!

 

そのことが評価されて
東京五輪へ開催地枠での出場が認められたのでしょうね。

 

 

ワールドカップ出場を決めたアジア最終予戦は
私もオンタイムで観戦しましたが、
数年前とは全く見違える強さを持っていました~。

いつの間にこんなに強くなったんでしょうね、凄い!!

 

オリンピックに先立って行われるワールドカップでは
世界一の強豪、USAと同じ予選グループになりました。

予選突破はかなり厳しい戦いになるでしょうが、
NBAのスーパースター揃いのドリームチームと対戦できるのですから、
ぜひとも頑張ってほしいと思います。

 

何といっても日本にもNBA選手がいるのですから。

 

現役NBAプレーヤーの渡辺雄太(左)と 今年のNBAドラフトで上位指名されそうな八村 塁(右)

 

八村君がいるゴンザガ大学は
NCAAトーナメントでベスト8まできましたが、
ベスト4(エリート4)を目指した戦いで
テキサス工科大に接戦の末敗れてしまったようです・・。

う~、残念!

 

でも世界一レベルの高いアメリカの大学リーグでベスト8!
しかもそのチームのエースなんですよ、八村君は!

負けたといっても、凄いですね!!

 

八村君は日本人で初めて
NBAのドラフトで指名されると言われていますし、
それも上位でピックされるだろうと予想されています。

 

楽しみですね!

 

いま、男子バスケが熱いですよ!

みんなで応援しましょう!!!!!!

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。