エクステリア工事が始まりました。

こんにちは。竹内です。

 

都内で施工していた木造耐火建築物の輸入住宅のお宅は
建物が完成した後、エクステリア工事に入っています。

 

 

美しいレンガの外観に合わせて
エクステリアもレンガ主体のデザインとなっています。

 

現場には材料が搬入されていて煩雑な感じになっていますが、
あと2週間もすれば
全て取り付けが終わり
奇麗な状態に戻ると思います。

 

 

旧家を取り壊しした時に残した3本の植木を中心にデザインしました。

当初の計画では直線的に花壇を造る予定でしたが
植木の根がはっていたために
曲線的なデザインに変更となりました。

柔らかい感じになって、かえって良かったかもしれません。

 

 

建物が完成した時はまだほとんど葉が無かったモミジの木には
気が付けばフサフサと葉が茂っていました。

特に今日は初夏を思わせる陽気で
とても元気そうに見えました。

 

 

コーディネーターの東山さんが佇んでいる辺りには
和室から見える坪庭が造られる予定です。

限られたスペースを最大限生かして
お茶室仕様の和室から望める素敵なスペースになるように
色々と案を練ってきました。

しかしこの建物のこの外観から
和室があるようには本当に思えないですよね~。

 

当社でのエクステリア工事は今月中には完了する予定です。

その後、区による道路セットバック部分の工事が入って完成となります。

完成が楽しみですね!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

都心エリアで地鎮祭を行ってきました。

こんにちは。竹内です。

 

日差しは無いのに生温かい空気に包まれた今日の東京地方ですが、
今日の午後に都心エリアで地鎮祭を行ってきました。

 

 

天気予報ではあまり芳しくなかったのですが、
昨日の雨はすっかり上がり、
地鎮祭を無事に行えてよかったです!!

 

都心エリアということもあり
建物がとても密集している地域で、
今回の建築現場も隣家との間隔があまりとれません。

 

また、こちらの現場は防火地域に位置しますので
建物はまたしても耐火建築物となります!

耐火ボードのオンパレード・・・。

ボードを貼る工事が普通の現場の何倍も手間時間がかかります・・。

またしても大工さんに頑張ってもらうしかありませんね!!!

 

こちらの物件は3階建てとなりますので
なにかと制限の多い条件の中で設計されました。

そんな中でもガレージやエレベーターが設置される予定なので、
完成したら住みやすい家になるのではないかと思っております!

 

 

さてこちらの現場は大通りに面していることもあり
道路の専有許可やガードレールの撤去などなど、
各方面への届け出が多く必要となります。

路面バスや通行人の方々に少々ご迷惑をお掛けしての工事となりますので、
なにより安全第一で行っていきたいと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

大田区にて完成見学会を開催しました。

こんにちは。竹内です。

 

大田区で施工していたジョージアンスタイルの輸入住宅、
そして木造耐火建築物でもあるこちらのお宅で
19日から3日間にわたり
完成見学会を開催いたしました。

 

 

今回も多くのご予約をいただき
そして見学をしていただき
どうも有難うございました。

 

 

クラシカルで落ち着いたインテリアにコーディネートされた物件は
近年は少なくなっておりますが、
このような雰囲気がお好きな方は一定数いらっしゃるようで、
とても好評をいただけました。

何年経っても飽きの来ないクラシックスタイルは
やっぱり良いですね~!!

 

また今回の開催に当たり
内覧の許可をいただきましたお施主様にも
深く感謝をいたします。

本当にどうも有難うございました。

 

 

木造でありながら
防火地域にも建てられる耐火建築物として
施工はかなり難易度の高いものではございましたが、
設計や施工、大工さんなど職人さんが
丁寧に手を抜くことなく施工に携わってくださったおかげで
本当に素晴らしい建物になったと思います。

 

 

また、お施主様にもとても喜んでいただいており、
頑張った甲斐がとても感じられます!!

 

お引き渡しまであと僅かとなりましたが、
細かい部分の補修なども残っておりますので
最後までしっかりと行っていきたいと思います。

 

 

見学された方みな様が驚かれていましたが、
こんなに妥協のない輸入住宅なのに
こんな本格的な和室も備えております。

 

 

なんとお茶室仕様でございます!

外観からは想像できませんよね!!

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

ベールを脱いだジョージアンスタイルの邸宅

こんにちは。竹内です。

 

都内で施工中の木造耐火建築物は
外部足場が撤去され
ジョージアンスタイルの瀟洒な全容がいよいよお披露目となりました。

 

 

夕方近くになり
西日が強烈に照り付ける中、
シンメトリーで美しい洋館は産声を上げました。

しかし新築したばかりとは思えないどっしりとした風格は
外壁に本物のレンガを使用したからに他なりません!

 

 

どの角度から見ても
均整の取れた美しいスタイルですね!!

 

 

本物のレンガを丁寧に一つずつ積み上げた外壁は
防火地域のこの場所にも最適な外壁材です。

レンガの壁が燃えないことは
三匹の子ブタのお話しでご存知ですね!!?

 

もちろん、レンガの壁に頼ることなく
建物本体も耐火建築物仕様で建てられましたので
鉄筋コンクリート造並みの耐火性能を有しております。

その分、施工も大変でしたけどね・・・。

 

 

耐火建築物ということで
施工的に色々と制限が多い中、
出来るだけの装飾を施して
このような美しいスタイルを実現させました。

 

 

内装の方も完成まであともう少し・・・。

建物が完成したら次はお庭の工事に入ります。

 

お庭まで奇麗に完成したら
またあらためましてご紹介いたしますね!

 

そしてお施主様のご好意もあり
このお宅は3/19~21と完成見学会を開催させていただくこととなりました。

ご見学には予約が必要となりますので、
ホームページからでもお電話でお気軽にお問い合わせください。

 

すでに多くのご予約をいただいておりますので、
ご希望の方はお早目のご予約をお勧めします!!!

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

木造耐火建築物いよいよ完成間近!

こんにちは。竹内です。

 

都内で施工中の木造耐火建築物の輸入住宅は
いよいよ完成まであと少しとなりました!

 

 

足場の奥に瀟洒なジョージアンスタイルの外観が佇んでいます。

 

レンガの外壁をまとい、
角や窓周りなどに装飾を施した洒落たデザインです。

 

 

アーチにはホワイトレンガで縁取りをしました。
結構いいアクセントになっていますね!!!

そしてコーナーにはボードを貼って
コーナーストーンのように見立てています。

キリっとした感じになっていると思いますよ!

 

 

 

レンガ積み外壁の場合の窓周りのモールディングは
通常は専用のGRC製のものを使用するのですが、
とても重い材質の為、躯体にボルトで支持させないとなりません。

しかし耐火建築物の場合、
そのボルトがレンガの裏側にある防火サイディングに穴をあけてしまう為、
結論としてGRC製のものは使用できないこととなりました。

その為、他の外壁で使用するものを流用して
造ってもらいました。

まだ仕上げの塗装をしていませんが、
GRC製に負けず劣らずの仕上がりになりそうです。

 

 

 

玄関ポーチを兼ねたバルコニーの手摺も取り付けられていました。

 

 

 

大工さんに左官屋さん、それに雨樋の取り付け・・・
複数の職方さんが同時に入っているため、
外も内部もごった返しに近い状態ですが、
それぞれ淡々と作業をしてくださっていました。

室内はシックな感じにコーディネートされ
高級感漂う雰囲気に仕上がってきています。

 

 

 

耐火建築物ということで
通常の仕様よりも壁が70mm以上厚くなっているため
窓のおさまりが凄まじいことになっています。

ちょっとした小物なら置けちゃいそうですね・・。

 

 

 

外観からは想像できないですが、
本格的な和室も備わります。

まだ施工が始まったばかりですが
絞りの床柱が取り付けられていました。

実はこの和室は茶室仕様になる予定なんですよ。

 

 

 

輸入住宅には欠かせない階段の手すり。
やっぱり格好良いですね!!!

 

 

 

2階の寝室はクロスも貼られ
照明器具も取り付けられていました。

主寝室はダマスク柄の壁紙を貼りました。

 

 

 

子供部屋は淡いストライプ柄の壁紙にして
爽やかな印象となっています。

 

 

来週には足場が取り外され
いよいよ全貌が見えるようになります。

あと少しではありますが
待ち遠しくてワクワクします!!!

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

大田区のI様邸の現場チェックに行って来ました

こんにちは。

インテリアコーディネーターの東山です。

本日は、大田区のI様邸の現場チェックに行って来ました。

 

まず、外回り。煉瓦積み工事はほぼ完成していました。

煉瓦積み全景

 

この後、外部装飾材として、窓モールディングと1・2Fの間に幕板モールディングが施工されます。

ピンクの煉瓦

 

玄関のアーチもカッコ良く仕上がりました。ホワイト煉瓦を使ったトリムがアクセントとなり、とても素敵です。

玄関のアーチ

 

続いて、室内。大工工事が終わりで、器具付けと壁のパテ工事が進んでいました。

廊下

 

リビング

廊下、リビングの腰壁パネルも落ち着いた色合いでクラシックな仕上がりになっています。

 

階段のアイアン手摺も出来上がっていました。

階段

 

2Fホールのアイアン手摺も素敵です。

アイアン手摺

 

1Fトイレは一部クロスの施工がされていました。

トイレ

 

外も中ももう一息。

来週には、外部装飾と内装工事がだいぶ進むと思いますので、

また、紹介させて頂きます!

 

抜群のロケーション

こんにちは。竹内です。

 

先日、山梨県の富士河口湖町に行ってきました。

新規の設計のお申し込みをいただいたので
現地の確認をしに行ってきたんです。

 

富士河口湖町というだけあり
富士山のお膝元ではあるのですが、
現地についてみてビックリ!!しました。

 

 

現地から富士山がとても雄大に見えていました!!

お~、素晴らしい!!!

 

富士山が見えると自然とテンションが上がりますね!!!

私が住んでいる町田市付近からも
富士山がチョコッと見える場所はありますが、
これだけ雄大に見える場所は流石にありません。

良いですね~。

 

富士山が見える絶景スポットは数多くありますが、
私が今まで見た富士山の中で最も感動したのが、
月夜に浮かび上がる富士山です。

 

月夜に浮かぶ富士山 WEBより

 

もう10年近く前の話しになるのですが、
その時は名古屋出張からの帰りで
新東名高速の新富士IC付近を走っている時に
たまたま見かけました。

夜なのに
雪をかぶった富士山が
月の光にわずかに照らされて
うっすらと浮かび上がっていたのですが、
それはそれは幻想的で美しかったです。

車の運転中だったので
ゆっくり観ることも出来ず、
もちろん写真を撮ることも出来なかったのは本当に残念なのですが、
うっとりと見とれてしまうほど、
それはそれは素晴らしかったです!

その後、夜に同じ道を通る度に富士山を見てみますが、
どんなに天気がよくても
星が奇麗に見えていても
二度と月夜に浮かぶ富士山を見ることが出来ていません。

空気が澄んでいる、月の状態など
いくつか条件が揃わないと見れないのかも知れませんね。

 

そんな魅力に溢れる富士山が家から見えるなんて
羨ましい限りです!!!

良いご提案ができるよう、頑張りたいと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

レンガのアーチ

こんにちは。竹内です。

 

都内で施工中の木造耐火建築の現場へ行ってきました。

外壁のレンガ積みが佳境に入っていて
だいぶ家の雰囲気が出てきました。

 

 

全体的にはピンク色のレンガなのですが、
アーチの部分はアクセントとしてホワイト色のレンガを使用しています。

アーチ部分は縁取りが出来上がり、
この後アーチの上にもレンガが積まれていきます。

 

完成予想図

 

このアーチ部分は
石積みで出来た橋のような構造で
意外とこれでしっかりと丈夫に出来ていましたよ!!

 

 

玄関前の家の顔になる部分ですが、
とても奇麗に施工されていたと思います。

 

威風堂々とした洋館をイメージしてデザインされたこちらの物件を
このような家をご検討されている方々に少しでも多くご紹介できるよう、
見学会や雑誌への掲載等を検討していきたいと思います。

 

 

 

気付けば、少しずつ日暮れも遅くなってきたような気がします。

東京の夕陽も悪くないなと
思わず写真を撮ってしまいました。

春はまだまだ遠いですが
暖かくなるのが待ち遠しいですね。

冬季オリンピックも始まりました!

選手の皆様には
順位や記録はともかく
ベストなパフォーマンスが発揮できるよう願っております!

頑張れニッポン!!!

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

木造耐火建築物は仕上げ工事に入りました

こんにちは。竹内です。

 

今日は日曜日ということもあり、
都内の道が空いている朝の時間帯に
大田区で建築中の木造耐火建築物の現場を見に行ってきました。

 

耐火ボードが貼り終わり
内外装の仕上げが急ピッチで進められています。

 

 

2×4材の両側に
本来なら12.5mm厚の石膏ボードを1枚ずつ貼って下地をつくるのですが、
耐火建築物の場合は21mm厚の石膏ボードを2枚ずつ重ね貼りします。

なので、ご覧のように壁がとても分厚くなるんですね。

 

 

 

インテリアのドアが取付けられていました。

ドアが入るとだいぶお部屋っぽく見えてきますね!

 

 

 

ドアは高級なオーク材のもので
クラシカルな雰囲気のインテリアにはとてもマッチします。

塗装の仕上がりもとても奇麗でした!!

 

 

 

そしてなにより外壁のレンガが積み始まっていました。

この現場で使用するのはむら有りのピンクなのですが、
焼きムラは少々控えめな仕上がりになっていました。

 

 

 

レンガならではの自然なグラデーションが雰囲気ありますね!

本物だけが持つオーラとは
まさにこのことを言うのだと思います!!!

 

 

 

全体的に白っぽいアクのようなものが浮き出ていますが、
これはセメントの成分の一つであるカルシウムが溶出しているためで、
白華現象と言います。

レンガが完成すると最後に酸で洗浄をするので
そのときにこの汚れは奇麗に落ちると思います。

 

完成まであともう1ヶ月というところでしょうか。

完成が待ち遠しくてたまりません!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

2021年も本当にお世話になりました!

こんにちは。竹内です。

 

明日より年末年始の休暇に入らせていただくため、
今年最後の投稿となります。

 

まずは、この1年ご縁のあった方々、
また日頃ご愛顧いただいている方々、
本当にどうも有難うございました。

 

天草ハウジング 横浜ショールーム

 

 

私ども住宅業界に携わる者としましては
昨年来のコロナ禍に加え
ウッドショック、
そして半導体ショックと
逆風ばかりが吹き荒れる一年となりましたが、
皆様のおかげで
その割には順調な受注をいただくことができました。

 

天草ハウジング 横浜ショールーム

 

 

来年は更に良い年に出来ますよう、
スタッフ一同努力を続けていく所存でございますので、
どうぞ天草ハウジングを今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

さて、個人的にこの一年、
もっとも大きな出来事だったのは
2月に起きた人生初めての骨折でしたね・・・(笑)。

今でこそ笑って話せますが
怪我した当時はとても辛かったです。

しかも骨折した原因が
風呂場で転んで・・・って、
マジで冗談のようなシチュエーションでした。

骨だけは丈夫な私でしたが
この歳で骨折するなんて夢にも思っていませんでした。

残りの人生の中では
もう二度とご免だわ!って思っております。

 

天草ハウジング 横浜ショールーム

 

 

それ以外は自粛に続く自粛の1年でした。

どこへ行くでもなく、何かするでもなく、
毎日同じルーティンで
ひたすら過ごした日々でした。

 

やっと新型コロナも落ち着いてきたかと思いきや
オミクロン株とやらが広がりを見せているとのことで、
帰省をするつもりでいたこの暮れも
再調整が必要な感じになってきてしまいました。

どうなることやら、今の時点でもわかりませんが、
何より家族や自分の安全と健康が第一ですから、
慎重に行動を考えたいと思います。

 

天草ハウジング 横浜ショールーム

 

それでは皆様、
どうぞ良いお年をお迎えください。

来年は明るい年になると良いですね!!

 

竹内でした。
今年一年、どうも有難うございました。