本場のレンガの家

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

おかげさまで、
天草ハウジングといえば
レンガの家で広く知られるようになってまいりました。

 

レンガの家はご存じの通り欧米から伝わってきたもので、
ルーツはやはり欧米にございます。

 

以前、アメリカ研修の時の画像が残っているので、
あらためてアメリカのレンガの家を見てみました。

 

 

まずは赤レンガのジョージアンスタイルのお宅です。

玄関を中央に配し、
左右の窓をシンメトリーに並べる伝統的なスタイルで、
日本でも人気のあるスタイルの一つです。

本場の家らしく、
屋根の両端にチムニーがございますね。

格好いい!!

お庭がこれだけ広ければ、
玄関までのアプローチも長くとれて
このデザインがより引き立ちますね!

 

 

かなり年季の入った雰囲気のレンガのお宅です。

傾斜地を利用してなのか、
意匠的にそうしたのかはこの写真では判りませんが、
2階に玄関があって、
お庭の方から見ると3階建てになっています。

傾斜地に建築する場合には
このような手法も参考になりますね。

 

 

 

こちらも敷地が道路よりも高くなっている物件です。

お庭自体を傾斜にして土留めを造っていませんね。

日本では雨によって土砂が道路に流れないように処理しないとなりませんので、
なかなか同じようにはいきませんが、
このような手法をとることで
土留めの高さを低く抑えることが出来、
建築コストを大幅に削減する可能性はございます。

屋根がかなりの急こう配なので、
デザイン的にとても素敵に見えます。

グレー色の渋いレンガの色や、
落ち着いた色合いのブルーで統一したサッシ枠やコラムなどが
とてもお洒落に彩っていますね!

 

海外の家の写真を見ていると、
デザインや色使いなど参考になるものが多く、
営業マンとしての引き出しを少しでも増やしていく上で
とても重宝しています。

 

 

番外編

 

 

こんな豪邸を建ててみたい!!

こちらは家ではなく、
おそらくゴルフ場のクラブハウスなんだと思いますが、
石貼り(石積み?)の外壁と
幾重にも重なる切妻屋根、
大きな窓、
格好良すぎます!!

アメリカの豊かさを象徴するような建物ですね!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

壁紙の選び方が凄いお宅

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

コロコロと変わる天気の一日でした。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

今日は土曜日でしたので、
新築に向けたお打合せや新規のご来場があり、
なかなか充実した一日でした。

 

さて、最近立川モデルハウスのインスタを担当しており、
毎日、どんな写真をアップしようか
迷うことが多くなりました。

 

インスタなので、
やはり見栄えがする写真でないと
なかなかご覧いただけないので、
過去の物件の画像を
隅から隅へとチェックする毎日です。

 

そんなこともあり、
なかなか凝った家が思いのほか多くあることに気づき、
いまさらながら
天草ハウジングの対応力の凄さを実感しております。

 

今回は壁紙の使い方がとても個性的な、
といいますか、
なかなか他では見かけない使い方をされたお宅をご紹介します。

 

 

 

ブルーが基調のベッドルームです。

ブルー系は心地よい色なので、
寝室に向いているお色ですね。

ただこちらのお宅は
割とビビットな色合いのブルーを選択しており、
また、一面だけワンポイントというのは最近の流行りではありますが、
そのワンポイントが無地!を選択されたのが凄いですね。

しかも無地の面だけ腰高のウッドパネルが無い!!!

かなりの高等テクニックではないでしょうか。

 

 

 

とてもきれいな色合いでコーディネートされたリビングルームです。

吹抜けになっているため、
広い壁面がありますが、
ホワイトのダマスク柄のクロスを選択されています。
光加減によってダマスク柄が浮き出る
とてもきれいな壁紙です。

このお部屋は腰高の壁モールディングを施していますが、
よく見ると
このモールディングの部分にストライプ柄の壁紙を合わせていますね。

普通、モールディングを施す面は無地のクロスか、
または塗装仕上げの壁にすることが殆どですが、
ここにも柄を合わせたのが凄いです!

こちらもかなりの高等テクニックですね!!!

 

 

 

濃い赤の大柄の壁紙に
ブルー系の柄のカーテンを合わせたお宅です。

家具やシャンデリアはアンティークなもので合わせていますので、
本来であればかなりクラシカルな雰囲気に仕上がるのだと思いますが、
この壁紙とカーテンによってエレガントさがかなりプラスされていますね。

赤と青、普通は喧嘩してしまう色ですが、
アンティークな雰囲気がそれを中和しているように私には見えます。

こちらもかなりの高等テクニックです。凄い!!!!

 

 

 

キッチンの壁にワインのボトルの絵が描かれた壁紙を貼ったお宅です。

ウィットに富んだ感じで楽しいですね。

場所がキッチンだからということもあるのでしょうが、
思いのほか違和感もなく、
お洒落な感じがします。

 

 

 

最後はおトイレです。

一瞬、どこかの宮殿に迷い込んでしまったかのような錯覚を得ます。

私のような男子であれば、
この面を背にするよりはこの面に向かって使用することが多いので、
このとてつもない奥行き感を常に感じながら・・・、
なんか楽しそうですね!

狭い空間だからこその目の錯覚を利用したテクニック。凄いですね!!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

威厳のあるお部屋

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

どんよりした梅雨空、
雨は上がったようですが、
分厚い雲に覆われています。

梅雨明けが待ち遠しいですね。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

さて、
8日(水)の21:00からTBSテレビで放送されました
ワールド極限ミステリー、
ご覧いただけましたでしょうか?

我が、立川モデルハウスが出演しておりまして、
私も録画予約をしたのですが、
結局オンタイムで観てしまいました。

 

 

アメリカのお役所という設定で
立川モデルハウスの書斎が出ていました。

 

ワールド極限ミステリー WEBより

 

このシーンの後、
岩瀬さんがブログで書いているように
チェニジアの家のシーンでも玄関ホールやテラスが映されていました。

 

 

立川モデルハウスの書斎は
木製パネルを壁前面にあしらい、
モールディングで化粧を施していますので、
とても格式が高く
ある意味、威厳のあるお部屋です。

 

立川モデルハウス 書斎

 

見学をされるお客様には
よく大統領の執務室のようだ、とおっしゃっていただけます。

 

なので、
確かにアメリカの役所というシーンには
うってつけのお部屋だったのでしょうね!

お役に立てただけでも嬉しいのに、
とてもキレイに撮っていただけて、
すごく光栄でした。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

梅雨時でも全館空調は快適

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

雨が降ったり止んだりの一日です。

九州の方では大雨で災害となってしまいました。
梅雨明け間近は大雨が降ることが多いですが、
それにしても凄い雨だったんでしょうね。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

立川の空はどんよりとしていますが、
大雨が降りそうなほどの黒い雨雲は見当たりません。

 

しかし凄い湿度ですね。
気温はさほど高くないですが、
まとわりつくような湿気です。

 

こんな天気でも
高気密高断熱住宅で
全館空調が完備されている立川モデルハウスの室内は
快適そのものです。

 

立川モデルハウス リビング

 

カラッとしているというほどの実感はないですが、
ジメッとする感覚や
保湿時にありがちなひんやり感はまったくありません。

 

ではどんな室温と湿度なのでしょうか。

モデルハウス内の4つの場所に置いてある
温湿度計を見てみましょう。

 

まずはキッチンに設置してある方です。

 

 

 

気温と湿度が交互に表示されています。

現在は室温24.2℃、湿度は59%です。

60%以下に抑えられていますから、
理想的な状態なんですね。

室温も冷えすぎておらず、良い感じです。

 

では、書斎に置いてある方をチェックしてみましょう。

 

 

 

気温が23.8℃、湿度が58%。

キッチンよりも0.3℃低いと言えば低いですが、
体感的には全く差を感じません。

こちらも十分快適な環境になっています。

 

 

それでは2階へ行ってみましょう。

 

まずはキッチンショールームです。

 

 

 

気温は23.4℃と1階よりも少しだけ低くなっていますが、
湿度が62%と、
残念ながら60%を超えています。
ですが、体感的にはやはり殆どさを感じません。

 

最後に打ち合わせ室です。

 

 

 

気温24.0℃、湿度が59%でした。

こちらは1階とほとんど一緒ですね。

 

高い気密性と断熱性を持っている立川モデルハウスですが、
全館空調によるお部屋間の気温のバラツキは 0.8℃、
湿度のバラツキが 4%でした。

全館空調の設計上の室温のバラツキの許容範囲は ±2℃と言われていますので、
立川モデルハウスの全館空調はとてもよく機能していると言えますね!!

 

天草ハウジングの全館空調は質が違う!!
そんなことが実証できそうです。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

再びバラに彩られた立川モデルハウス

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

7月5日、
東京都民の方にとっては
今日は東京都知事選挙の日ですね。

私は今朝、出勤前に投票所へ行って
清き?1票を入れてきました。

コロナ対策やオリンピックのことなど、
次の都知事はとてもハードワークが求められると思いますが、
当選された方には
是非とも強いリーダーシップと正しい判断力で
この難局を乗り越えていっていただきたいです。

 

さて、今日もどんよりした天気ではございますが、
立川モデルハウスの庭にバラのお花が戻ってきましたよ!

 

 

日本古来の品種もあるバラですが、
殆どはイギリスやフランスなど欧米で品種開発され生まれたものが大半で、
その為、バラのお花は輸入住宅のような洋風のデザインの家に
とても相性が良いです。

 

立川モデルハウスには40種類以上のバラが植えられており、
花が咲く季節には色とりどりのお花が
レンガ外壁の立川モデルハウスを彩ってくれています。

 

 

今咲いているバラは
四季咲きの品種の2番花です。

四季咲きのバラの花はおおよそ45日間隔で咲くと言われており、
5月中旬に1番花が咲いてから今がちょうどその頃に当たるんです。

 

 

雨が多い時期なので、
お花が痛みやすく奇麗な状態を保つのには手が掛かってしまいますが、
手を掛ければその分奇麗に咲いてくれるので、
手入れをするこちらとしても
やりがいがあるというものです!

 

 

立川モデルハウスのバラのことについては
天草オーナーズ倶楽部レポートにてより詳しくご紹介しておりますので、
もしご興味がございましたら
覗いてみていただけると嬉しいです。

 

天草オーナーズ倶楽部レポートはこちらからどうぞ。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

ワールドワイドな輸入住宅

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨空の土曜日、
どのような週末をお過ごしでしょうか?

 

今日は過去に建築させていただいたお宅の中から
特に印象に残っている物件をご紹介します。

 

レンガの輸入住宅 施工実例

 

赤レンガの外壁をもつこちらのお宅は、
外観は立川モデルハウスのイメージを踏襲し、
大きなアーチ、塔屋、カバードテラスを備えております。

 

とても素敵な外観ですが、
このお宅の本当の見どころは
実は室内にあるのです!!!

 

 

玄関を入ると、
サーキュラー階段がある吹抜けのホールになっています。

外観からのイメージと変わらない、エレガントな雰囲気です。

 

 

リビングはヨーロピアンクラシックなイメージで、
グリーンを基調にコーディネートされていて、
これもまた、外観からのイメージと変わりません。

 

ところが、いくつかある個室は
全てインテリアのテーマが別々に決まっており、
全く雰囲気が違うコーディネートがされているんです。

 

 

とある個室はヨーロピアンカントリーでまとめられています。

熊の毛皮が印象的ですね!

 

 

 

こちらのお部屋はアジアン・リゾート。

南国を思わせる小物や家具が楽しいですね!

 

 

 

こちらのお部屋は、なんとアラビアン!!!

アラジンに出てくるような世界観で、
水たばこを楽しむ姿が目に浮かびます。

 

 

 

かと思えば、
トレーニングルームも造ってしまいました。

正面の鏡に映りこんでいる滝と森は壁紙です!!

 

 

 

そして和室もございます。

広縁も備わっており、
写真には写っていないのですが、
このお部屋から見えるお庭は日本庭園風にしてあります。

 

どのお部屋もかなりのこだわりようですが、
これらのお部屋がすべて同じお宅にあるのですから、
インテリアコーディネートって奥が深いですね!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

施工実例のページに物件を追加しました。

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨の晴れ間、
良い天気ですが、暑い!!です。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

風が強いせいか、
青空がとても澄んでいて奇麗です。

ただこの強風で
またバラがダメージを受けてしまいました・・・・。

今年はなぜこんなに風が強いんだ??

 

 

さて、天草ハウジングのホームページの施工実例のページに
3物件を追加しましたので、
是非ご覧になってください。

 

追加した物件はこちらです。

 

〇アーリーアメリカンのお宅(Blaregn)

 

ブルーグレーのラップサイディングが格好いい、
アーリーアメリカン様式のお宅です。

北米住宅の良さをストレートに表現した外観と、
クラシックとモダンテイストを融合し、
まさに今のアメリカを表現したインテリアが
とても素敵です。

 

 

〇プチ・ヴェルサイユ邸(Blaregn)

 

このブログではもうおなじみのアパルトマンスタイルのお宅、
その名もプチ・ヴェルサイユ邸です。

ヴェルサイユ宮殿やパリのアパルトマンから大きく影響を受けた外観と、
マナーハウスのようなインテリアが美しいお宅となっております。

 

 

〇明るい色のレンガが素敵な北欧住宅(Svenska Hus)

 

大きな吹抜けのリビングに薪ストーブ。
まさに北欧住宅の王道をゆくお宅です。

ナチュラルなのに豊かな北欧スタイルが存分に発揮された
居心地の良さそうなお宅となっております。

 

施工実例のページはこちらからもどうぞ。⇒施工実例のページ

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

壁紙の選び方

小山です。

先日、展示場のサンプルの整理をして、最近切り替わった新しいサンプル帳との入れ替えを行いました。

壁紙のサンプル帳で、面白い特集があったのでご紹介します。

サンプル帳はこちら。シンコールというメーカーのWALL PLOというカタログです。
輸入の紙クロスや、レザーやデニムの壁紙など、特殊壁紙が掲載されているハイグレードシリーズなのですが
このカタログで「HELLO 47 張ろう、ニッポン」という特集がされています。

「HELLO」と「張ろう」がかかっているんでしょうね?
各都道府県に1枚づつ、イメージに合う柄の壁紙がセレクトされています。
つい、自分の出身地や行ったことのある県など
見てしまいますよね。面白い試みだと思います。

他にも、落花生、かつお、たまねぎ などなど・・・
その土地の名産品をモチーフにした柄がそろっています。

壁紙を選ぶのに、好きな柄、色、テクスチャで選ぶなど
様々な選び方がありますが、
この都道府県特集は、「ストーリーを選ぶ」という感じでしょうか。
壁を見るたびに旅行に行った時のことを思い出したりして、、
愛着のわく部屋になりそうですよね。

この特集でセレクトされたものでなくとも、自分なりの思い出や、好きな食べ物などに当てはめて柄を探していくのも面白いと思います。

天草ハウジングでは、国内各メーカーから、海外メーカーの輸入壁紙まで、展示場に各種取りそろえておりますよ!お気に入りの一枚を見つけてくださいね。

 

 

現場チェック

こんにちは。

インテリアコーディネーターの東山です。

 

先日、現場チェックに行ったS様邸に、再び行って参りました。

前回は、床の養生が取れていませんでしたが、

今回は、養生が取れ、大理石調のタイルが素敵に輝いていました。

クリスタルのシャンデリアに大理石調のタイルは、やはり、高級感があります。

大理石調の床タイル

 

キッチンも出来上がっていました

白い無垢扉のキッチンに、天然水晶が入ったフィオレストーンの天板が輝き、

こちらも高級感のある仕上がりになっています。

キッチン

 

1Fホールの一角にある洗面室。

アメリカの洗面化粧台は、ボールも水栓もデザイン性が高く、

置いてあるだけで空間が華やかになります。

また、今回採用させて頂いた鏡は、縁のクリスタルが光るという機能性と

デザイン性を兼ねそろえた優れもの。

それにより、華やかさが、さらにアップされました。

洗面化粧台

 

最後に、1枚、煉瓦積みの外観をパチリ。

レンガ積み

 

まだ、外構やカーテンや階段のカーペットが仕上がっていないので、

仕上がった頃、またご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

とても重宝するインナーテラス

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨空の今日ですが、
午後には雨が止む・・・そうです。

期待しましょう。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

写真はめちゃくちゃ天気が良いですが、
今日のような雨の日にも使えるインナーテラスが
立川モデルハウスには備わっております。

 

テラス

 

しっかりと屋根で覆われていますので、
雨が降っても全く問題ありません。

また、真夏など日差しが強すぎるときには
日よけとしても使えますね!

 

テラス

 

 

立川モデルハウスは建物全体が大きいので
外からの印象ですとテラスはそんなに広く見えないのですが、
実は畳数に換算しますと
なんと15畳の広さがございます!!!

意外と広いんですよ!!!

 

これだけの広さがありますと、
様々なシーンで大活躍してくれます。

 

 

今年は新型コロナの影響で開催できませんでしたが、
5月に行われる「バラを楽しむ会」では
お客様用のお席だったり展示物を置いたりして使いました。

 

だいぶ前に
夏のパーティーでバーベキューをしたこともございます。

最初はお肉をテラスで焼こうとしたのですが、
全館空調の吸気口がここにあり、
煙が室内に入ってしまった・・・なんて失敗談もありました。

モデルハウスなのに、
ここでバーベキューを行うということを
設計段階では予想すらしなかったんでしょうね (笑)。

 

 

 

機能性に優れ、
しかも意匠的にもエレガントな立川モデルハウスのインナーテラスは
気持ちよくとても快適な、
とても重宝するアイテムです!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。