3月10日 日曜日

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング・横浜展示場

今日は2019年3月10日 日曜日です。

明日で2011年に起きた東日本大震災から8年になるのですね。

被害がものすごく大きかったのもあるのか、

復興が進んでいる部分と、まだそうでない部分があると聞きます。

8年経ったにしては、わたくしはまだまだ思い出してしまいますし、

語り継がなければならない事もあるのだろうと思います。

 

お家は、わたしたちが暮らす最も重要な物の一つ。

その業界にいる我々は、

安全に そして快適に住んでゆける空間づくりを

学び続けていかねばと思います。

 

平成では自然災害が多く発生しました。

大きな災害が次々とおこっていた様な印象です。

そして今後も何かが起きるかもしれません。

防災用品や飲食物など日頃の備えも必要だと思います。

我が家でも再チェックをしようと思いました。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリの花言葉

こんにちは、高橋です。

 

前回、結婚式場の式典の会場(催される前)を見学させていただいたのですが、実はチャペルのほうにもちょっとお邪魔させて頂きました!

 

ここの会場の床はプロジェクションマッピングで投影された映像が床の白いタイルに映し出されるらしく、

おそらく新郎新婦がその道を歩くときに映像が変わるプログラムにすれば、

水面を歩くようでとても素敵だなあと思ったりしています。

床に投影 公式サイト様より

 

あとは参列者の座るベンチに薔薇の花がたくさん・・・!

淡い黄緑との色合いが綺麗ですね!

それとユリの花のブーケはよく見ますが、

花言葉を調べてみると面白い物をみつけました。

 

ちなみに自作

 

ユリの花は「白」のイメージが思い浮かびます。

でも他にも「赤」や「黄」、「黒」までも色の種類があるそうです。

そしてそれぞれ花言葉が違う様で・・・・・・

 

「赤」  positive→「富」「暖かさ」

negative→「虚栄」「思わせぶり」

 

「黄」   positive→「陽気」「飾らぬ美」

negative→「偽り」「不安」

 

「黒」 positive→「愛」

negative→「呪い」

 

だそうです。

 

白いウェディングドレスに黒い薔薇でモノクロで合わせることは

色合い的にはスッキリしていますが、

意味合い的には恐ろしいものになってしまうんですね・・。

 

 

ちょっと血の赤みのある色

 

上記のようにいい意味と悪い意味が兼ね揃えている花言葉を持つ

カラフルなユリがありますが、

やはり「純白」のユリにはかなわないのかもしれません。

 

なぜならネガティヴな意味を持たないからです。

「白」いユリには「純潔」「威厳」「甘美」など

良い意味の持つ言葉が多くあるので王道なウェディングフラワーとして

使われているそうです。

 

 

色々と述べましたが、

悪い意味合いもどうとらえるかなどによって考えられます。

素敵な花に囲まれて気持ちが満たされる幸せな空間に

仕上げるのが第一だと思います。

 

 

また本日、別の方の二次会に御呼ばれがります^^めでたいですね。

退勤後にいつも向かうので開始時間に間に合わず滞在時間が少ない私ですが、

お祝いの気持ちだけでも・・・という意味合いで

退勤後にダッシュで着替えて向かいたいと思います!

カメラも持ってきました!いいものが残せますうに。

 

 

横浜→立川→目黒

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング・立川展示場

今週の金曜日は、

午前中に横浜展示場内で天草ハウジングの会議をして、

その後 O様ご夫妻とのお打合せで立川展示場に移動しました。

 

延べ床面積130坪の広~い立川展示場ですが、

ここのところの外気の寒さにも全く動じず、

温度ムラなしの快適さをキープしていて

本当に気持ちの良い室内空間でしたよー♪

 

吹き抜けリビングも

サーキュラー階段の玄関ホールも

キッチン

書斎

子供部屋

1カ月ぶりにO様ともお会いできました。

現況確認などもしっかりできたのではと思います。

引き続き夢のある素敵な輸入住宅を

ご提案できる様にがんばっていきます。

 

 

そしてO様ご夫妻との打合せを終えてからは、

東京都で建築をお考えの、

とあるお客さまの検討中の敷地の調査へ行きました。

東京都目黒区の住宅地まで。

 

そこのエリアは駅まで徒歩圏内の好立地でした。

超便利!

ただ、セットバックが完了していない部分が目立ち、

道幅が4m以上とれていない路地が多かったです。

道幅2mくらいかな。。?

もし毎日のように車を利用する

といった場合は、この点は気を遣うかもしれませんね。。

 

都心にはこのようなエリアもまだ多く残っています。

建築地の選定は、それぞれのお客様の生活スタイルに

合わせて吟味していかなくてはなりませんねー。

 

それではまた。

 

 

 

式場

高橋です。

 

先日、結婚式会場にお邪魔しました。

私情で残念ながら式典に参加したわけではないのですが、披露宴前の会場に少しお邪魔させていただきました。

 

 

実際にこういう準備をされた会場に行くのは「人生初」です。

 

飾られたお花や照明がとても綺麗で可愛らしかったです。

 

ブーケ

 

カーテン

 

テーブル

 

この式場のメインとなるのは宮殿の様な大きな太い白い柱が何本も前後にそびえ立つ柱の中に、

広く大きな階段があり、その上に真っ赤な絨毯がとても映えるロケーションが抜群にインパクトのあるところでした。

(わかりやすいので外観は控えておきます(笑))

 

 

大きいシャンデリアと右下に見えるのがドア、そして下に階段があります

 

二階からお色直しのあとに入場するための階段があったりと、テレビでしか見たことのない空間に終始見渡してばかりいました。

そのお色直し用のドレスのフィッティングルームをちらりと拝見しましたが、

もう布面積が違いますね・・・!可愛いドレスを見て私もテンションが上がってしまいました!

 

 

壁紙も照明も床のタイルもカーテンも、、、、ブラケットやシャンデリアのキラキラを目に焼き付けてきました。

天草ハウジングの施工物件でみたことのあるシャンデリアも素敵でしたが、規模が違うとこうも照明の数が多くなるのか・・とエネルギーなどの現実的なことに考えがちだったのですが、遮る努力をしながら小時間過ごしました。

 

小さなシャンデリア

 

色々と刺激になるので、またこういう場所に行ける機会があるとうれしいな~と思っています!

 

 

 

 

インフルエンザ予防

高橋です。

 

 

寒い日が続きますね;

インフルエンザやノロウイルスという冬に流行する風邪をひいている人たちが

私の周りにも増えてきました。

 

5年間寝込む風邪をひかなかった友人が熱を出し、

父が人生初のインフルエンザにかかったりと、

いつ誰が倒れるかわからない状態だなぁと

明日は我が身かもしれない、と身構えながら過ごしています。

 

 

「病は気から」という言葉があるように、精神的に引き締めていれば吹き飛ばせる【精神論】で生きている私ですが、

インフルエンザ患者が家にいる間は細心の注意を図って過ごしていました(父は現在元気になりましたb)

 

毎日を充実した日々にするために母と薬局で買い漁った商品はこちら

 

①「クレベリン」

クレベリン 置き型

部屋に置いておくだけでウイルスを除去してくれると言われる、このクレベリン。

薬局の人がおすすめして下さったので購入。

私は初めて知ったのですが、フォルムとフォントがかわいいのがお気に入りです(笑)

本当に効いているのかは比較したことが無いので真相はわからないのですが、

一緒に暮らしていた母と私は風邪をひかないで過ごせています!

 

一つ1000円ほどと高いかなと思いますが、患者がいるので風邪をひいていられない今、

医者に行くより安いということでリビングと患者の隔離部屋に置いてあります。

 

②アルコール除菌スプレー

アルコール除菌スプレー 業務用

アルコールで除菌するのが鉄則の風邪予防。

除菌アルコールスプレーは店頭に数多く並び、何を買ったら良いのかわからなくなると思います。

この除菌スプレーはアルコール度数が高く、作用効果が高いそうで・・・。

 

大容量なのもうれしいですね!コストパフォーマンスが高い。

この期間が終わって余ってもアルコール除菌は至る所で役に立ちますし、持っていて損はありません。

 

患者が通ったあとの空気に振りまいて消臭スプレーのように使っていました。

 

 

 

主にこの二つで乗り切りました。

また、アルコール除菌ウェットシートもドアの取っ手部分に使用したりと便利でした。

 

 

先日、私的に大きな予定が終わり、気が抜けたのか咳が軽く出始めた・・・?と思ったので特効薬(風邪気味かも?というときに飲む薬)を飲みました。

今は元気を保っています!

精神論、それと引き始めが肝心という言葉をわりと本気で信じています。

 

 

まだまだ気が抜けない冬の時期、乾燥に耐えつつ元気に過ごしましょう。

 

 

おもてなしドームの後ろって・・・?

高橋です。

 

少し前に金沢に行った時の写真で載せきれていなかったものを載せつつブログを書いていこうと思います。

 

金沢駅の写真を一切乗せていなかったことも理由の一つになります(笑)

金沢駅で一番有名なのは「おもてなしドーム」かと思います。

 

おもてなしドーム 金沢駅 手持ちの限界撮影でした

 

金沢へ旅行に行くにあたり、行きたいところを挙げていったときに真っ先に思い浮かぶくらい今となっては立派な観光地となりました。

2020年開催オリンピックの場所のプレゼンテーションとして挙げられ一躍有名になった「おもてなしドーム」

 

樹のより上げれられたデザインの柱と重くのしかかった屋根の門をみなさんご存知かと思います。

 

ですがその後ろにある無機質な色の屋根のことにはあまり触れられていないと感じたので(ちょっと気になったということもあり)調べたことを画像とともに紹介します。

 

ドームの内側から撮った写真 下へショッピングモールに続くエスカレーターがのびる 金沢駅

 

バスとタクシーのロータリーと、駅前広場、地下ショッピングモールへのエスカレーターを覆っているT字型のこの屋根は主に「アルミフレーム構造」(立体トラス構造)で作られています。

ですが、金沢は積雪量の多い地域なので積雪荷重を考えると、いろいろな構造にしなくては計算が間に合わないとのことでハイブリッド(混合)構造になったそうです。

 

 

立体トラス構造にした理由は、広場に光をもたらしたいからという理由でした。この構造の上にガラスドームが覆っています。

簡単に言うと、部材にかかる力の関係上、この構造は柱をできるだけなくして設計ができる構造です。なので複雑に接合された屋根構造がよく大きな空間に用いられているのです。

 

金沢駅 東口 エキスパンションリング

 

T字型の屋根で意匠的に一番気になるのは、この「わっか」。

調べた結果、あらゆる方向から中心に向かって力が集結する場所なので構造的にとても重要なものでした。

立体トラス構造の部材はアルミ合金で軽量なのに対して、わっかはステンレス製で作られています。屋根を少しでも軽く、大きな空間を作るにはアルミフレーム構造で軽量に抑えている工夫がみられました。

ただのデザインかと思いきや構造のためのわっかだったのです。

デザインには理由があるというのはまさにこのこと。

美しい物を作り上げるにはたくさんの苦労があるんですね・・・。

 

 

予習して行った方が何倍も楽しめたかもしれません。

ですが、旅先で見かけたものを振り返るのもまた楽しみであると思うので、時間を見つけて訪れた場所を調べてみるのも新たな発見で良い。。。

まさに修学旅行ですね(笑)

新選組などを調べてから学生気分でまた京都あたりに旅行に行きたいです。

横須賀の北米住宅。

こんにちは。横浜の岩瀬です。

週末は寒くなるぞ!と、月曜辺りに言われ、覚悟をしていましたが

今日は本当に寒いです…。

おまけに、神奈川で雪がちらついているそうな。

 

雪は綺麗で好きなのですが、やっぱり寒さには勝てないですよね。

真夏の時は「冬の方が我慢できる!」と言っていたのですが、

実際はどっこいどっこいの勝負です。

さて、話は変わりますが、一昨日横須賀市M邸の現調へ行ってきました。

本当は12月中に行こうと思っていたのですが、

中々行けずにいて、やっと10日に見ることができました。

 

現場へ着いた時はすでに日が落ちてしまっていたのですが、

外観はまだぎりぎり、見ることができました。

煉瓦も積み始めていたのですが、色までしっかり見れず

そこだけ残念だったな、と思いました。

 

M邸で使用する煉瓦の色はピンクで、焼きムラのある煉瓦だそうです。

よーく見てみたのですが、やはり暗かった為色の具合がわかりませんでした…

 

内部の方も見ていくことができました。

 

職人さんが玄関ホールで作業をしていましたが、

室内と言っても中の空気がひんやり。ストーブをつけながら作業をしていました。

夜遅くまでご苦労様です…。

 

中は中で、ものすごい広かったです。

動線もしっかり計算されていました。特に二階のランドリー、収納。

3方向から収納部屋へ行けるようになっているのと、

ランドリーでの洗濯物をそのまま収納することができます。

 

また、廊下の幅は大きく取り、立川展示場のようになっていました。

これだけ幅にゆとりがあると、荷物を運んだり、

誰かと入れ違いになる時、ぶつかることも少ないですよね。

 

 

大豪邸、これからどんどん出来上がっていきます。

また時間があるときに見に行きたいなと思いました。

 

イルミネーション撮影の時に気を付けたこと

高橋です。

 

この前の恵比寿ガーデンプレイスでイルミネーション撮影する時に学んだことがあったのでここにまとめたいな~とおもいます!

クリスマスは終わりましたが、まだまだイルミネーションの綺麗な季節なので・・今後の参考までに。

 

自分で気が付いたことを挙げていくので「知ってる!」と思っていてもスルーして下さい;

そしてすべて顔モザイクで失礼します;(わかりにくくなってしまいましたがご了承ください)

 

 

イルミネーションは基本ボケを狙う

焦点を合わせたいものの前後に電球を入れて、電球をボケさせて画角に入れる事。

 

三脚があればシャッターの開放時間が長くても写真が明るくブレないため、均一にピントを合わせたりすることができますが、持っていこう!と思わなければ持っていないものなのでキラキラの玉を散りばめた絵にするのが手っ取り早いです。

前後にあることで三個の面が出来、奥行きがある絵になります!

 

目黒川 イルミネーション

 

人物を三面の真ん中入れると、キラキラの中にいるあたたかい絵ができるので私はとても好きです。

 

手前の木にカメラと腕を固定してブレを防いでいます

 

 

環境光を活かそう

暗くても環境を生かして人物を撮ることに工夫を凝らすことも楽しさの一つだと思いました。

イルミネーションの中だと普段よりは明るい空間ではあるけれど顔が暗い…というときがあると思うんです(私も実際そうでした)。

その時に明るい定常光の方に顔を近づけてもらえると明るく照らされて綺麗に表情を撮ることが出来ます。

 

右に木があり、その根元に定常光が上向きに設置してあります

 

木の根元に置いてあったりするので、しゃがんでもらえると可愛く撮れたりします!

顔に影が入らないように角度を指示すると結果良い物が残るので、ちょっと空気乱しちゃうかも~と思っても一声で思い出が一層綺麗になるのでお願いしてみて下さい。

 

 

そんな丁度良いところに定常光ないよ!っていうときは外灯の下に立ってもらって、外灯を見てもらうと顔が照らされるのできれいに写ります。

左上に街灯があります

 

あとは自動販売機のライトが結構ふんわりとなっておすすめなので困った時には寄り添ってみて下さい(笑)

最終手段はスマホのライトです。色温度的に白くなってしまうのが欠点ですが無いよりは・・・!白い電飾の空間ならありだと思います。

 

 

 

色の強い電飾の近くに行かない

これは失敗例を見てもらった方がわかると思います;

失敗例 顔が赤くなってしまいました

 

青い電飾は綺麗なのですが顔が真っ青になってしまうので、色が肌色に近い電球の近くに立ってもらいましょう。

綺麗だからそこで撮りたい!となっても化け物になってしまうので心を折って移動した方が良い時もあります;;

今回は丁度この看板があったので隣に顔を近づけてもらいました。

 

看板の色が肌の色に近いので安定感があります

 

 

ストロボという便利なものもあるのですが、周囲の目もあり禁止されている場所もあるので今回はカメラだけの時を想定して書かせていただきました!

 

これからの季節、ちょっとしたお出かけの時に参考になれば嬉しいです。

 

 

 

イルミネーション

高橋です。

 

先週の金曜日に今年のお仕事がスタートしました。

その日の退勤後に五反田と恵比寿にイルミネーションを撮りに行きました。

 

寒い日中に外を歩き回っていた友人と合流して夕食を済ませてスタート!

 

 

もう寒い・・・と体力の削がれている友人たちだったので、ささっと回ることにしました。

まずはじめに「五反田」。

こちらの目黒川沿いに桜の木を模したイルミネーションをみることができます。

 

五反田 イルミネーション エコ 目黒川

 

この付近にあるレストランやホテルなどで出た廃油を使ってイルミネーションを灯すというエコプロジェクトをしているそうです。

 

「冬の桜(R)」というタイトルです。

 

五反田 イルミネーション エコ 目黒川 桜

 

期間が6日までだったので現在は見ることが出来ません;;

22時までだったというのを知らずに撮影している途中で電気が消えてしまい、枚数は少なかったものの、良い雰囲気でした。

 

 

次へ向かったのは「恵比寿」。

ガーデンプレイスは人が沢山いるかな・・・と思っていたのですが22時台というのと寒さもあり、人が少なかったです!

三脚を持ってきている人もいました。

私たちは持ってこなかったので手持ちでキラキラな世界を撮ってきました。

 

恵比寿ガーデンプレイス イルミネーション

 

恵比寿ガーデンプレイス やっとイルミネーションの撮り方がわかってきた

 

ここへは人生で二度目に訪れたのですが、やはりロケーションが素敵ですね・・・

イルミネーションの時期は初だったので

大きいシャンデリアにただただ感動していました。

 

バカラシャンデリア 恵比寿 ガーデンプレイス

 

バカラシャンデリア 恵比寿ガーデンプレイス イルミネーション

 

とても綺麗だったのでずっと見ていたかったのですが、風が強く吹いて寒さに限界が来たのでちょっと室内で暖を取って、

脇にあった青い方の道も見てきました。

 

コロプラキャナルウォーク イルミネーション 恵比寿ガーデンプレイス

 

コロプラキャナルウォーク 恵比寿ガーデンプレイス イルミネーション

 

23時を回り、寒さに限界が来た友人の一声でそれぞれ家に帰ることに。

私はまだ外にいる時間が短かったので延長戦を考えて居ました。

それは何でしょうか。次回へ続きます。

 

 

 

 

 

フレンチスタイル平屋、外構工事スタート

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日の夕方、
日高市で施工させていただいたフレンチスタイルの平屋住宅へ伺ってきました。

 

フレンチスタイル 平屋建て お引渡し時

 

暮れにお引渡しさせていただいた時は外構工事は手を付けていませんでしたが、
正月休みも終わり
いよいよ外構工事がスタートしました。

 

フレンチスタイル 平屋建て 外構工事

 

外構は家の雰囲気に合わせて
フレンチスタイルのモルタル仕上げの塀と
石だたみ風のアプローチを造る予定です。

 

仕上がると一段と家が引き立つと思いますよ!!

 

フレンチスタイル 平屋建て 外構工事

 

敷地が広く、
また同じ敷地内に他の施設の建物があったりしますので、
敷地全体を施工するのではなく家の周りだけなのですが、
敷地があまりに広いので
施工部分がとても狭く見えてしまいます・・・。

 

外構工事が終わるまでは家への出入りにご不自由をおかけしてしまいますが、
もうしばらくご辛抱をお願いいたします。

 

家の方は乾燥している季節ということもあり
少々の不具合が出ているようですが、
全館空調マッハシステムのおかげでとても快適だと喜んでくださっていました。

 

メンテナンスもしっかりとサポートしていきたいと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。