壁付けテレビ設置してみました

こんにちは。

横浜ショールームの東山です。

本日は、逗子に新築した横浜ショールームの所長の坪松の家の

引渡しがあったので、私も伺わせて頂きました。

 

グレイッシュブルーのラップサイディングに、スウェーデンブルーの玄関ドアが映え

とってもカッコ良い仕上がりです。デッキ材が新型コロナウィルスの影響で遅れてお

り、カバードポーチがまだ出来上がっていませんが、それが出来上がったら、さらに

カッコ良くなると思うので、ポーチの出来上がりが楽しみです。

 

続いて、中も見どころ満載なのですが、今日は、色々な荷物が多く、

あまり綺麗に写真が取れなかったので、2カットだけご紹介♬

こだわりの薪ストーブ

 

こだわりの吹抜けとパドルファン

 

他にもたくさんのこだわりが詰まった素敵なお家になっています。

本当は、キッチンのタイルも素敵なので、そちらのご紹介もしたかったのですが、

それは後日ということで、

今日は、壁付けテレビの設置の様子をご紹介したいと思います。

本来は、テレビを購入された家電量販店さんで設置をお願いするのが

1番間違いないのですが、今回は天草の社員で設置してみました。

 

まずは、設置位置決めです。壁付けテレビの場合、

一般的に、50インチ程のテレビの場合で、テレビの中心の高さをH=1000位に

設定することが多いのですが、今回は、実際にテレビを上下に動かしながら検討し、

H=1100で設置することが決まりました。

 

次に、テレビの壁付け用金具の寸法を測り、金具の取付ボルトの位置に、

ペンで壁に印を付け、その後、電動のキリで壁に穴を開けます。

 

そして、金具を取り付けるのですが、2人掛かりで金物を押え、1人がボルトを締める

という構図で、なかなか大変でした。人手が必要です。

 

最後に、テレビを掛け、完成です!

壁掛けテレビはスッキリしてカッコイイですね♪

 

テレビの下には、レコーダー等を置く為のキャビネットも置く予定になっています

が、配線がテレビから下に露出するとカッコが悪いので、壁付けテレビの場合には、

テレビの裏に穴を空け、同軸ケーブル、電源ケーブル、HDMIケーブルが

壁の中を通るようになっています。これで見た目もスッキリです。

 

とっても良い感じに取り付けられました。

 

今度は、実際に新居での生活が始まり、落ち着いた頃に、

住み心地のリポートさせてもらいたいと思いますので、楽しみにしていて下さい♬

 

ブルーグレーのアメリカンハウス

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

暖かい一日となりました。

小春日和ってこんな日のことを言うのでしょうね。

 

 

今日は千葉県内で施工中のアメリカンハウスの
社内検査に行ってきました。

 

北米型輸入住宅 千葉

 

ブルーグレーのラップサイディングをまとった
平屋の北米型輸入住宅です。

真っ青な青空の下で
サイディングがより青く映っているようです。

仮設トイレが・・・邪魔ですね。
まもなく撤去予定です。

 

平屋は最近人気のようですね。

階段で上り下りの必要がないのは魅力です。
実は私が育った長野の家も平屋でした。

当時は逆に階段がある家に憧れていましたが・・・(笑)。

 

土地が十分にあれば
必要なスペースを配置しても
平屋で済んでしまいます。

ある意味、一番贅沢な建て方かもしれませんね。

 

 

北米型輸入住宅 千葉

 

シンメトリーなデザインのファサードの中央には
ポーチコラムを配した屋根があり、
その妻部分にはペディメントを施しています。

彫りの深いデンティルモールとの相性がとても良いですね!!!

 

 

こちらのお宅では
初めて採用するハイドアを採用しています。

 

北米型輸入住宅 千葉

 

BLCの新商品で
収納用バイフォールド・ドアの高さが2.4mございます。

左側の入り口ドアの高さが2m程なので
その違いが一目でわかりますね!

 

平屋ということで天井高を高めに設定していますので、
ハイドアが問題なく収まっておりました。

 

 

年内にはお引き渡しさせていただく予定です。

完成まであと少し、気を抜かないで頑張りたいと思います。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。