地縄張りに行ってきました! 山中湖

こんにちは。立川展示場の黒川です。

2019年3月2日 立川モデルハウス

3月2日。立川も晴天です。

今年は例年よりも暖冬だったようで
雪が積もることもありませんでしたね。
このまま春を迎えてほしいものです。

さて、つい先日のことですが地縄張りのために
山中湖の別荘地まで行ってきました。

ちなみに“地縄張り”とは
これから家を建てる土地に縄やビニール紐などを
張って建物の位置を記す作業になります。

地縄張り 作業中

当日は工事部の専務と佐宗さんと私の3名で行ってきました。
お二人ともご協力いただきましてありがとうございます。

極寒の山中湖という事に加え、前日には雨予報も出ていたため
厳しい作業になることも覚悟しておりましたが
当日は天気も回復してくれて無事作業することが出来ました。
ありがたや~(*^^)

写真だとわかりにくいですがこちらの土地
結構、傾斜しております。
正確な位置出しをするのもその分大変になります。

四苦八苦しながらもなんとか3時間程度で
終えることが出来ました。

地縄を張ると
「これから別荘を建てるんだなぁ」という
実感が湧いてきますね!

着工時期は少し先になりますが
今から楽しみです。

別荘からの景色 山中湖

こんにちは。

立川展示場の黒川です。

 

今日の夜は東京でも雪の予報が出てきます。

どおりで寒いわけですね。。

お帰りの時間が遅い方は十分にお気を付けください。

 

さて先日ですが東京よりもっと寒い

山中湖に行っておりました。(今月2回目です)

 

山中湖 別荘地

 

別荘地では路肩に雪が残っておりました。

道路も日当たりの悪い部分はアイスバーン状態と

なっておりましたので慎重に運転してきました。

 

さて今回の目的ですが

これから別荘をお建ていただくお客様の

プランがおおよそ決まってきましたので

再度、土地の形状やロケーションなどを

チェックしに来ました。

 

ウッドデッキから富士山

 

今回のプランではウッドデッキから

富士山が眺められるように設計しております。

 

ウッドデッキからの景色(予定)

 

そこでウッドデッキ設置予定の場所から

富士山がどのように見えるのかを確認してきました。

 

今は数本の木が邪魔をして富士山がうっすら

見えている状態ですが、木を払ってしまえば

ばっちり見えそうです(^^♪

 

来週、またお客様とプランのお打合せがあります。

良い形でプランが確定できるよう

精一杯お手伝いさせていただきたいと思います!

 

敷地測量に立ち会ってきました 山中湖

こんにちは立川展示場の黒川です。

 

今日はあいにくの雨模様ですね。。

関東では一部、雪の予報も出ていたようで

今後の天候も心配です。

 

 

さてさて先日のことですが

山中湖畔の別荘地まで行ってきました。

 

山中湖 2019年1月10日

 

この日の東京の気温は5℃でしたが

山中湖はなんと1℃でした。

う~寒かった~(・・;)

 

只今の気温 1℃

 

今回の目的は敷地測量に立ち会うことです。

こちらの別荘地では春先から別荘の建築がスタートします。

 

その準備として敷地測量が必要になります。

測量では主に敷地の形や高低差を調べるのですが

今回は別荘地ならではのあるものを調べる必要があります。

 

山中湖畔別荘地 マウントビューヒル山中湖

 

こちら敷地内の様子ですが

見渡すかぎり木、木、木です。

 

建物を建てるためには木の伐採が必要になりますが

山中湖では木を勝手に切ることが禁止されており

許可を得るための届け出が必要となります。

 

そして木を伐採した場合、切った本数分

新たに木を植える必要があるのです。

 

“木は財産”という考え方のもとそのようなルールが

きちんと決められているそうですよ。

 

山中湖畔別荘地 マウントビューヒル山中湖

 

そのため測量の時に木の位置や本数をきちんと

数えておく必要があります。

 

写真のように木にテープなどで印をつけて

測る木をわかりやすくしておきます。

それを図面に反映させていきます。

 

作業は2日かけて業者さんに

行ってもらいました。

寒い中、大変だったと思いますが

お疲れ様でした。

 

 

夕暮れの富士山

 

帰り際、富士山が綺麗だったので写真を一枚撮ってきました(^^)

 

 

山中湖 薪ストーブのある家

こんにちは黒川です。

 

昨日に続き山中湖の別荘のお話です。

 

別荘といえば皆様、思い浮かぶものは

何でしょうか?

 

・・・

 

そうですね、薪ストーブです。

(他にもありますがそれはまた別の機会に)

 

山中湖は冬場になるとマイナス20℃近くにもなる

寒冷地のため暖房器具として薪ストーブを採用される

お客様がとても多いのです。

 

 

薪ストーブ 山中湖 別荘 天草ハウジング

 

薪ストーブ 山中湖 別荘 天草ハウジング

 

薪ストーブ 山中湖 別荘 天草ハウジング

 

私も真冬に薪ストーブの火おこしを

体験したことがありますが

これ一台で結構広い範囲

暖かくなりますよ。

 

そして、暖房器具としてだけでなく

インテリアとしても様になりますね。

 

ただ、薪ストーブというと

「メンテナンスが大変~」

「薪割りが面倒そう」

というイメージもあるかと思います。

 

確かに管理が大変なのは事実なのですが

薪はネットで購入出来たり

メンテナンスは専門業者さんが請け負ったり

してくれるので

手間をかけたくない方には

そのようなサービスを利用するのがおすすめです。

 

そして何より薪ストーブの魅力は

火を見ながらゆっくりとした時間を過ごすことです。

 

薪ストーブ

 

火のゆらめきに癒されながら

薪の燃える音に耳を傾ける時間。

何とも贅沢で素敵な時間の過ごし方だと思います。

 

中にはご自宅に薪ストーブを入れて

楽しんでいる方もいらっしゃいますよ!

 

そんなお家に憧れをお持ちの方。

ぜひぜひ天草ハウジングにご相談くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

山中湖 天草ハウジング物件見学ツアー

こんにちは黒川です。

 

本日は山中湖にて別荘をご計画中の

H様をお連れして現場見学ツアーに

行ってきました。

 

案内場所はもちろん山中湖です!

 

じつは山中湖は軽井沢と並んで

天草ハウジングで多くの別荘建築を

お手伝いしてきたエリアなんです。

 

 

山中湖 別荘 天草ハウジング

 

赤れんがが素敵なお家です。

写真には写っていませんがビルトインガレージが

ついていますので雨に濡れることなく家の中に

入ることができます。

 

 

山中湖 別荘 天草ハウジング

 

大屋根スタイルのお家です。

北欧スウェーデンのトリプルガラス仕様の

サッシを使っています。

断熱効果もばっちりです。

 

 

山中湖 別荘 天草ハウジング

 

白れんがの平屋建てです。

こちらのお家はお庭に大きなドッグランを作りました

 

 

山中湖 ドッグラン

 

これは広い!

自然に囲まれたドッグラン、素敵です。

 

ご紹介したのはほんの一例ですが

他にもいくつかの建物ご案内して

ツアーも無事終了しました。

 

H様の別荘も格好良い家に出来るように

頑張りたいと思います。

 

 

 

山中湖 別荘のご相談をいただきました

 

こんにちは黒川です。

 

先日、別荘をご計画されているお客様より

プランニングのご相談をいただきました。

 

場所は「山中湖」です。

 

山中湖

 

山中湖といえば天草ハウジングでも

過去に多数の別荘建築をお手伝いしている

得意中の得意エリアです。

 

そして実は「マウントビューヒル山中湖」という

建築条件付きの土地をご紹介しており

お好きな場所を選んで建てていただくことが可能です。

 

「マウントビューヒル山中湖」はこちら

https://fujiyamastyle.com/lineup/mtviewhill/

 

実際の建築例はこちら

 

山中湖 別荘 れんが サイディング ツートン仕様

 

 

今回のご相談もマウントビューヒル山中湖の

ホームページを見てお問合せをいただきました。

 

 

さてプランニングのために早速、現地確認に

行ってまいりました。

 

マウントビューヒル山中湖

 

上の写真は敷地の中から撮影しました。

木々に囲まれた自然豊かな立地です。

 

この土地の中にどのような別荘が建てられるのか。

まずは良いご提案が出来るよう一所懸命

考えたいと思います!