写真を綺麗に加工してみよう

高橋です。

スマートフォンでキラキラな世界を再現してしまおうというブログです。

 

一眼レフが無くても、スマートフォンとスマートフォン用のアプリ「Lightroom」

があればきれいな写真に変わりますよ。

スマートフォンのカメラはだいたいが環境によって自分でカラー認識を変えてしまい、見た色とは違う描写で保存されてしまうのですが、それをお直したり色々綺麗にしてくれるアプリです。

 

 

例えばこの写真

 

加工前

 

これが

 

加工済み

こうなります。

これはiPhone7の通常カメラで撮ったものを、Lightroomで加工したものです。

 

現実世界ではカラフルだったのに色が飛んでしまった写真でしたが、

アプリのパラメーターをいじって好みの雰囲気に持ってくることが出来ました。

ちょっと手順をご説明すると、

 

色温度変更

 

①青みを出したいので「カラー」のホワイトバランスの「色温度」を青寄りに。

②色を取り戻したいので「彩度」を上げます。

 

露出光などの光の変更

 

露出光などの光の変更

 

(ちなみに左下にうつっているのは実は床の鏡に映った私です(笑))

③人間は全体的に暗いからもういっそのこと真っ暗にしてしまおうということで(メインは電飾なので)「カラー」の中の「シャドウ」のパラメーターをグンと下げて黒く。

④光のキラキラをちゃんと見せたいので「白レベル」を上げています。

⑤また今回「シャドウ」と「黒レベル」を下げてしまい全体的に暗くなってしまったので「ハイライト」と「露出光」で明るい所を上げました。

 

ノイズ軽減

 

⑥「ディテール」の「ノイズの軽減」ですっきりとした黒を出す。

※「ノイズ」というのは暗い写真を無理やり明るくしようというカメラの意向で色味がガサガサになってしまうことで、このアプリを通すとそれを除去してくれるのです。

 

かすみの除去

 

⑤「効果」の「かすみの除去」で白いボヤっとしたところを無くす。

※「かすみの除去」というのは、不必要に白くぼや~っとした表情になってしまった写真の色味をパキッとクリアに出してくれるものです。コントラストを上げるというものとはちょっと違います。

 

だいたいこんな手順でこう変わります。

加工前

加工後

 

あくまで自己流ですが、少しの手間で綺麗に変わってくれるので楽しくなってきますよ!

残念な写真でも「Lightroom」は「後出しの権利」があることを覚えておいていただけたら幸いです。

 

無料なのでぜひ活用してみて下さい!

 

 

 

のどかな川沿いの道

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

桜もいよいよ見頃を終えたんでしょうか。

ひらひらと花びらが散っております。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

この季節は落ち葉の季節と並んで
展示場のお掃除が大変な時期です・・。

特に桜の花びらは
昨日のように雨が降ってしまうと
大理石やバラの葉っぱに引っ付いてしまい
なかなか取れないんですよね・・・。

 

 

さて、この前の火曜日はお休みをいただいており、
天気も良かったので
お散歩も兼ねて
近くの恩田川沿いの遊歩道を走りました。

 

恩田川は鶴見川の支流の一つで、
町田市で生まれて横浜市緑区の中山あたりで鶴見川に合流します。

 

町田市内では桜並木になっていて
火曜日もたくさんの人が見物に来ていましたよ!

 

恩田川の桜、桜、桜・・・・

 

川幅が狭いので
幾つかある橋の上から見るのがおススメです!!

両岸からせり出す桜の花は
なかなか見事ですよ!!

一部、河原に降りられる場所もありますので、
そこから見ても見ごたえあるでしょうね。

 

そんな中を走るので、
桜を見ている人達にぶつかったりしないように
ゆっくりと慎重に走りました。

 

横浜市に入ると一変して田園風景になります。

 

都県境

 

これでも横浜市・・・

 

田園都市線の田奈駅の脇を通り抜けて
田園地帯を南へひたすら進むと
やがてマンションが立ち並ぶエリアに到達します。

この辺りがJR横浜線の中山駅付近になります。

この先で恩田川は鶴見川に合流するようですよ!

 

中山までの往復は
20キロほどの平坦なコースでした。

最近は坂が多いところばかり走っていたので
それに比べれば快適なお散歩ランになりました!

 

芝桜が奇麗な場所もあるそうなので、
芝桜が咲くころにまた行ってみようかな~と思っています。

 

恩田川の芝桜(Webより)

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

横須賀市の大邸宅!!続編 これが最高級本格輸入キッチンだ!!!

こんにちは。
横浜展示場の坪松です。

昨日は寒かったですね~~
毎度おなじみですが、本社のある八王子では雪が降ったようです・・・

雪と桜・・・不思議なコラボレーションが見れたようですよ!!

 

さて、ブログでは前回までのブログに引き続き、
先日お引渡しをさせて頂きました。

横須賀市のM様邸のご紹介をさせて頂きます。

~前回までのブログはこちら☟☟☟~

・煉瓦積み外壁!圧巻の外観
・大迫力!!20帖のリビング空間

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

前回ご紹介させて頂いた、アーチ開口を用いたホール空間の
一角には家具調の輸入洗面化粧台を設置しました。

家具調洗面化粧台

アンティーク調の洗面化粧台はお洒落で、存在感がありますね~~!
猫足になっているのも素敵です~~

他の空間とクロスを貼り分けることで、高級感のある
ムーディーな世界観が演出されています。

壁面モールディングが施された開放的なダイニングキッチン

壁面モールディングが施された開放感のあるダイニングキッチンには
アメリカ輸入家具が搬入されていました。

こちらの家具は「あざみ野駅」にあるアメリカ家具専門店
Ashley home store さんの商品で、弊社にてご購入の
お手伝いをさせていただきました。以前のブログ

サイズ感もぴったり!!さすがアメリカン!!
8人掛けのダイニングテーブルがすっぽり入るダイニングルームの大きさにも
改めてびっくりしました。

 

そして

 

社内でも、あまりのカッコよさにザワついているのが・・・・

アメリカ輸入 最高級オーダーメイドキッチン Dewils キッチン

アメリカ輸入 最高級オーダーメイドキッチン Dewils キッチン

アメリカ輸入最高級オーダーメイドキッチン
Dewils キッチン

格好良すぎて惚れ惚れします。

こだわってお選びいただいた、扉の装飾デザイン・カラー
それを彩る床や壁のタイルや照明・アイテム・・・

バランスよくとても素敵にコーディネートされています。

Dewilsのキッチンは弊社の立川モデルハウスにも設置されているキッチンで、
最高級の本場アメリカ輸入オーダーメイドキッチンです。

形や設備をオーダーメイドでお選びいただけるうえに、
扉の樹種やカラーリングに扉デザイン・・・驚くほどたくさんのラインナップから
お選びいただくことができる、機能性・デザイン性の高い本格キッチン!!

本物重視のキッチンはまるで映画の中にいるような気分になれます。

GAGGENAU(ガゲナウ)社製 ハイテク タッチパネル IHコンロ

GAGGENAU(ガゲナウ)社製 大型フロントオープン食洗器

DELTA(デルタ) タッチ式自動水栓

MIELE(ミーレ)社製

AMANA(アマナ)社製 冷蔵庫

採用いただいた設備にもこだわっていただき、
最先端の輸入設備を採用いただきました。

機能性とデザイン性どちらも兼ね備えた
まさに天草ハウジングらしいキッチンになりました。

 

 

次回は続編「輸入住宅に和室が!!」をお届けします。

 

 

 

GAGGENAU(ガゲナウ)・MIELE(ミーレ)

ドイツの一流家電ブランド。
高性能でスタイリッシュな高級感のあるデザインが特徴的です。
デザイン性はもちろん。高性能な商品は世界的にも
最も信頼されるメーカーのひとつです。

DELTA(デルタ)

世界中の高級ホテルでも採用されているアメリカトップブランド。
多彩なバリエーションを取りそろえた豊富なラインナップを展開。

 

 

 

 

 

 

teamLab★ Borderless

高橋です。

 

このブログの続きです。

 

アスレチックや、カラフルな卵型のバルーンをぽよぽよさせたり滑り台なんかもあるのでお子さんも楽しい空間があります。

私も童心に帰って滑り台などで遊びました(笑)

 

バルーンを上に投げてヘディングをしようとしたら割と重かった時の顔

 

また、こちらのランプの間はとても人気で、長時間並ぶので終了時間に気をつけてください。滞在時間はかなり短いのですが、とても綺麗なのでめげずに入ってもらいたい空間です。

この二枚は外から撮ったものです。

ハロウィーンっぽい色 teamLab★ borderless ランプ

怪しげな色にも変化します

 

ちょっとずれちゃいましたが春なので桜色にも変わります

 

 

 

teamLab★の記事を何回か上げていますが

一眼レフなんてないし行ってもそこまできれいな写真を撮れないんじゃ・・と思っている人もいらっしゃるかもしれません。

実際行ってみると立派なカメラでなくスマートフォンのみで撮影を楽しんでる方が多かったですね。

サイズも手ごろ、重く無いので楽しんで遊ぶにはうってつけです!

 

 

このアミューズメント施設は基本暗いので、暗いところだと自動で焦点を合わせことが難しく、シャッターが切れない・・というそもそも写真を残せない事態も起こりえます。

この時は、被写体の方のスマートフォンをお借りして、「ライト機能」を使ってみましょう。

ライトを使うと被写体が照らされてカメラが “的” を認識できるようになるのです。

つまりはそこにタッチでフォーカスを合わせておくと、シャッターを押す直前にライトを消せば、そのまま変に白が浮き出ずにシャッターが切れるようになります。

 

これはコンデジなどほかのカメラでも使える技なので試してみてください!

次回は加工についてお話しますね。

 

 

 

teamLab★ Borderless

高橋です。

 

このブログの続きです。

 

写真の前にひとことだけ・・。

ここにはたくさんの部屋があり、暗幕の入り口で仕切られています。

またHPに地図がないのでどこに何の部屋があるかわからず手探りのまま歩くことになります。

時間制限があるのであらかじめ何か所部屋があるか、を確認してから回ることをおすすめします。

 

 

 

ライブのような空間から打って変わって光の海に囲われたすてきな空間でした、

電飾が高い天井から釣り下がっていて、床が鏡になっているので、世界に浮いているような感がありました。

 

teamLab★ Borderless 電飾

 

teamLab★ Borderless 電飾 平日でも結構人がいました

 

人が動ける空間と入り込める空間。

部屋の順路が日本家屋でいう、茶室の原理(入り口が小さく奥の方が大空間なもの)をうまく使っていてドキドキわくわく感を増幅させる展示でした。

 

 

日本画タッチ 波 team1★Lab gOooooooooooooooooooooooooooppppppppppppppppppp

投影された水と花 teamLab★ Borderless

teamLab★ Borderless 日本画タッチ

 

 

 

期間はまだ終了日が決まっていないのですが、雨の心配がないのでこれからの季節楽しめるものだと思います。

 

予約が必要なので、公式サイトがら予約をしてから向かってください^^

 

次のブログで最後にします・・!

 

住宅のIoTに感動した1日

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日と一昨日の暖かさで
桜が一気に満開になりました。

 

 

レンガの輸入住宅である立川モデルハウスは
桜の木が目の前にありますので、
眺めは最高です!

 

また、花壇では
チューリップが咲き出しましたね。

 

 

お花を植え替えるたびに
球根があっち行ったりこっち行ったりして、
チューリップは全く目立たないところに移動してしまいました・・。

 

今日はモデルハウスの前の寄せ植えを整理しました。

 

 

お花を入れ替えて、
伸びすぎたアイビーを切り詰めました。

ちょっと奇麗になったかな??

 

 

さて昨日は、
これから建築をされるお客様へ
住宅のIoTの提案をさせていただきました。

 

「IoT」とは「Internet of Things」の略で、
家の家電などをインターネットでつなげて、
それをスマホでコントロールできる状態のことを意味します。

 

今回は株式会社サンエーさんが出している
「S-REMOS」という商品をご紹介しました。

 

 

「S-REMOS」の本体をルーターにつなぎ、
「S-REMOS」本体と照明器具やエアコン、電子錠の玄関ドアを
電気配線でつなげるだけです。

 

一般的なIoTは
コントローラーから各器具へ無線で指示をだすので、
障害物で無線が届かなかったりするトラブルが多いのだそうです。

例えば、
外出先からスマホでエアコンのスイッチを入れようとした場合に、
スマホからルーターを経てコントローラーまでは指示が来たとしても、
無線が何かしらの理由で器具まで届かなかなったら
エアコンは作動しません。

しかも外出先では誤作動が起きたことはわかりようもないですよね。

 

でも「S-REMOS」の場合はコントローラーから各器具へ有線でつなぐので、
誤作動が起きにくいだけでなく、
「キチンと指示通りに作動した」ことが
外出先のスマホ上で確認ができるので安心です!!

 

サンエーさんの担当の方が
千葉にあるモデルハウスのライトやドアの鍵を
うちの横浜モデルハウスから実際にスマホで操作をしたのですが、
その状況をリアルタイムの映像で見た時は、
感動してしまいました。

聞くのと見るのとでは大違いだなぁ~、と
あらためて思いました。

 

クラシカルな輸入住宅に
最新の技術を導入するのも悪くないですね!

 

 

仕事と直接関係はありませんが、
サンエーさんは私と同じく横浜DeNAベイスターズを応援しているそうで、
ちょっと親近感が湧いてしまいます(笑)。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

横須賀市の圧巻の大邸宅!!続編

こんにちは横浜展示場の坪松です。

今日も良い天気です。
ようやく本格的な春らしい気候が多くなってきましたねっ!!

気候がいいのは嬉しいですが、飛散する花粉には
困り果てています・・・・・・

 

さて、今日のブログは昨日に引き続き、先日お引渡しをさせて頂いた
横須賀市の煉瓦積み外壁の大邸宅M様邸をご紹介させて頂きます。
「圧巻の外観紹介」前回のブログはコチラ

玄関ホールのダブルドア

玄関ホールのダブルドアを開けると「リビングルーム」へ

アーチ開口やモールディングで彩られた、
20帖オーバーの総吹抜け大空間が広がります。

大空間のリビング アーチ開口・モールディング

2×4工法では、大空間を施工するのが難しいと言われることがありますが、
しっかりと構造計算をしたうえで補強を行えば、このような大空間を
施工することが可能です。

輸入住宅の代名詞!!  サーキュラー階段

これぞ輸入住宅の代名詞

サーキュラー階段はアメリカの老舗階段メーカーの

【L J  Smith社製】  階段施工中のブログはこちら

細部にまでこだわり抜かれた階段は、厳選された高品質な原材料を
使用した、最高級の階段です。

M様邸ではアイアン手摺の小柱を採用頂きました。

アウトセットタイプのバーンドア

階段の奥にはコーディネーター田澤がイチオシする
アウトセットタイプの【バーンドア】を施工。

扉を開けるとアーチ開口となっているのもポイントですね~~~!!

バーンドアとは「納屋」という意味があり、かつて欧米の牧場や納屋
で見られたドアスタイル。

外付けされたレールが特徴のスライディングドアです。
近年では、レールに意匠性を持たせたインテリアアイテムとして
欧米でも注目されている商品です。

クリスタルシャンデリア

吹抜け上部には大迫力のクリスタルシャンデリアを設置。
クリスタルの輝きが本物であることを証明しています。

このシャンデリアは電動で上げ下げできるようになっているので、
お掃除の際には手元まで下げる事ができます。

天井に設置されたメダリオンとのバランスも完璧ですね。

アーチ開口に囲まれたホール

リビング横にはアーチ開口で囲まれたホールを設置。
ブラケット飾りをつけることで、ゴージャス度が増しています。

通路の先のニッチも素敵ですね~~

全館空調システム【MaHAtシステム】が採用されたM様邸では、
大空間・開口・吹抜けを沢山設けても快適に過ごすことができるんですよ~!!

 

と・・・紹介ポイントが多すぎて、リビングを案内したところで
文字数が上限になってしまいました。

続きはまた次回!!お楽しみに~~

暖かくなると虫が多くなる

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は大切な打ち合わせがあり、
横浜展示場に来ております。

 

打合せが終わった後、
横浜モデルハウスの庭を観察していたら、
立川より横浜の方が暖かいからでしょうかね、
バラのツボミが立川より多いような気がしました。

 

特にツルバラのピエール・ドゥ・ロンサールにツボミがあったのには
驚きました!

 

 

立川にも同じバラがありますが、
ツボミはまだつけていなかったと思います・・。

 

ピエール・ドゥ・ロンサールは
とても丈夫で育てやすく、
花も大輪でグラデーションピンクなので、
見た目にも華やかで人気のバラですよね!

 

開花時のツルバラ ピエール・ドゥ・ロンサール(中央) ~ 立川モデルハウス

 

 

ほぼ職業病みたいなもので、
バラがあると観察するクセがついてしまい、
今日もまじまじとバラを眺めていたら
明らかに食害を受けたバラを見つけました!!

 

 

これはけしからん!!!と血眼になって虫を探したら、
なんと芋虫がまさにモグモグとお食事中でした!!!

 

 

食事中の芋虫には悪いのですが、
こちらも命をかけてバラを守っているので、
早々に退治させていただきました。

悪しからず・・・。

 

 

これから害虫がどんどん増えてきますので、
食害された痕や虫の糞らしきものを見つけたら、
被害が広がる前に退治しないとですね!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

圧巻の大邸宅!!横須賀市煉瓦積みの洋館完成!!

こんにちは横浜展示場の坪松です。

良い天気ですね~~!
今日は立川展示場に出社しております。

昨日の強風でだいぶ花が散ってしまいましたが、
まだまだ展示場前の桜も見頃ですよ。

煉瓦と桜

 

この暖かさでお庭のバラも順調に芽吹いてきましたねー!!

蕾もチラホラ

 

それにしてもバラ部の竹内部長の誘引は神がかってますね・・・・

神がかった誘引

神がかった誘引

 

お世辞抜きにプロレベルです!!
ツルバラは枝を曲げることで日の当たる量が増えてより沢山の
芽を出すようになります。

この調子でいくと5月に開催されるバラ会はさぞかし素敵なパーティーに
なることでしょう!!

 

さて、以前からご紹介させて頂いている、
横須賀市にて煉瓦積み外壁のお家をご建築頂いたM様邸ですが、
先日無事お引渡しを行わせて頂きました。

M様のご厚意により、お引渡しに先駆け、完成現場見学会も開催させて頂きました。
ご案内させて頂いたお客様皆さんがその圧倒的な迫力に驚かれていました!

赤煉瓦のM様邸 圧巻の仕上がりに

搭にテラスにアーチ柱にドーマーにガレージに・・・・
魅力たっぷり見どころたっぷり迫力満点の建物です。

まさに天草ハウジングを代表する建物となりました。

折角の機会でしたので、天草ハウジング随一のカメラっ子
立川展示場の高橋さんに写真撮影をしてもらいましたのでご紹介させて頂きます。

赤煉瓦のM様邸 圧巻の仕上がりに

玄関のアーチ柱は二重アーチ仕様になっています。
立川の展示場でも採用されておりますが、実は高い技術力が必要となる仕様です。

外部ブラケット証明 煉瓦との相性抜群

外部に使用する照明器具も、建物の大きさを考えて大き目のサイズの
ものを採用頂きました。
バランスがいいですね!

さぞかし灯がともると素敵なことでしょう・・・・・・

外構工事はまだ行っている最中なので、出来上がったころに
また伺わせて頂きたいと思います。

 

続いて室内へ・・・・・・・

タイル張りの玄関ホール

玄関扉を開けると高級感のあるタイル張りのホールが広がります。
とても上品な仕上がりになっています。

モザイクタイルアート

一部にアートモザイクタイルを取り入れてアクセントとしました。
より高級感が増しますね。
曲線の玄関框とリビングドアの位置に合わせて配置しました。

メダリオンに装飾クロス、照明との相性も抜群

玄関の天井には装飾パターンの入ったクロスを採用頂きました。
メダリオンとのバランスも流石ですね。

とても洗練された空間に仕上がっていますね。
お家に訪れた方が玄関を開けたときの様子が目に浮かびます。

 

見どころが多すぎて玄関入ったところで、1記事になってしまいました。
次回のブログでは奥の部屋へご案内させて頂きたいと思います。

お楽しみに!!!

モデルハウスの来場予約はこちら

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング・横浜展示場

4月に入って最初の土曜日を迎えました。

神奈川県地方は良いお天気に恵まれました。

 

今日も展示場内では、

輸入住宅づくりのご計画があるご家族の皆さまと、

お打合せが おこなわれています。

 

新築工事をご検討中の皆さまも、是非とも見学にお越しください。

立川・横浜の各展示場の来場予約は、こちらまで

ご予約を頂いた方が、確実にゆっくりとモデルハウスをご案内できます。

 

横浜展示場・ジャグジールーム

 

 

横浜展示場・サンルーム

 

ご予約どしどしお待ちしております。

 

 

それでは。