外構の補修工事

こんにちは。竹内です。

 

先日、外構の補修工事に立ち会ってきました。

 

瀟洒な赤レンガの三階建て輸入住宅のお宅に
自動車がぶつかってしまうという事故があり、
フェンスもろとも塀が壊れてしまいました。

 

事故直後

 

頑丈なフェンスが落下してしまうほど
激しいぶつかり方だったようです。

この事故により運転されていた方はお怪我をされてしまったようですが、
それ以外の通行人の方やお住まいになっているお施主様、
それと建物本体の方に被害が無かったのは
不幸中の幸いとでも申し上げましょうか・・。

 

 

まずはフェンスや曲がってしまった柱を取り外し、
ベースのブロック等の被害状況を確認した上で
ブロックも積み替えをしてきます。

 

 

全て手作業で行いますので
なかなか手間のかかる作業のようでした。

 

 

お隣側のメッシュフェンスの新しい柱が立ちました。

道路側のロートアルミのフェンスは
重量が重いため柱もそれ相応に太いものとなっています。

 

 

その太い柱を埋め込むための穴をあけ、
柱を入れたらコンクリで固めます。

 

 

のべ4日ほど掛かり全ての作業が完了しました。

元通りに奇麗になって良かったです。

 

 

このような事例に会うことはそんなに多くはございませんが、
あらためて車の運転には気をつけないとな・・・と思います。

何しろ1トン以上の金属の塊を
時速数十キロのスピードで動かしているわけですから
万一にも事故を起こさないよう
普段から意識をしていたいなと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。