立川モデルハウスの庭が華やいできました。

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

雲が広がっている空、
そして蒸し蒸しとした空気・・。

あまり気持ちよい天気ではございませんが、
今日は日曜日!

夏休みに入られた方も多いのでしょうね。

せっかくですから今日も一日、楽しんでいきましょう!!

 

そんなレジャー気分満載の最中ではありますが、
立川モデルハウスは本日も営業をしております!!

 

さて、レンガ外壁を持つ輸入住宅と
とても好相性のバラが、
夏咲きの時期になってきました。

 

バラの育て方は色々と説が多くて、
夏はバラの消耗を避けるために
あまり花を咲かせない方が良いという話しを聞いたこともありますが、
立川モデルハウスではバラたちに頑張ってもらって、
少しでも奇麗な状態でお客様に観ていただけるよう、
咲く花は咲かせる!!方式でやっております。

 

ラベンダー・ラッシー

 

房咲きのつるバラ、ラベンダー・ラッシーは
花があまり大きくないのですが、
とにかく一つの枝にたくさん花をつけてくれます。

しかも順繰りにパラパラと散っていくので、
お掃除を大変にさせてくれるバラでもあります (笑)。

でも薄紫色の花は良い香りがして、
春の満開時には評判が良いバラでもあります。

 

 

プレイボーイ

 

こちらも房咲きですが、つるバラではなく木立性のプレイボーイというバラです。

鮮やかなオレンジ色の花は次第に赤味が深く変化をしていきます。
まさにその名の通り、色男ぶりを発揮する元気なバラです。

 

 

ルイ14世

 

真っ赤な房咲きの花を咲かせるルイ14世です。

春はもっと濃い赤色の花でしたが、
夏と秋は鮮やかな色になり、花も大ぶりになってきます。

ですが、次第に紫がかった色に変化をしてきますので、
そうなったら摘み取り時期となります。

 

 

アイスバーグ

 

こちらも房咲きで、真っ白の花が奇麗なアイスバーグです。

特にこの写真の株は春先に強風でなぎ倒されてしまったバラですが、
ご覧のようにすっかりと元気に回復しました。

もう心配いらなさそうですね!

 

 

ティファニーとテス・オブ・ザ・ダーバービルズ

 

ピンク色の大きな花はティファニーという名のバラです。

一つの枝に大きな花を一つだけ咲かせるハイブリッドティーの系統のバラです。

花びらは外側がピンク、中心側が黄色というグラデーションカラーで、
花も大きいこともあり、
とても見応えのする見事なバラだと思います。

 

一緒に写っている赤いバラは
房咲きのつるバラでテス・オブ・ザ・ダーバービルズという名前です。

球に近いまん丸のお花がとても可愛いですよね。

 

 

ブラスバンド

 

鮮やかなオレンジ色の花のブラスバンドです。

とても丈夫なバラで、
持ちの良い奇麗なお花をたくさん咲かせてくれ、
ホントに手のかからない優秀なバラです。

その分、香りが殆どありません・・。

 

 

レディー・ヒリンドンとチャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

淡いアプリコット色の花はレディー・ヒリンドンというバラです。

このバラは見た目の形も特徴ありますが、
なんと言いましてもミルクティーのような香りが一番の特徴です。

とても良い香りなので、
咲いていると必ずと言っていいほど、
香りを楽しんでします。

 

仲良く寄り添うように咲いているピンク色のバラは
チャールズ・レニー・マッキントッシュというバラです。

中輪のカップ咲きの花で、
とにかくたくさん花を咲かせてくれるバラです。

ただ油断すると
ピークを過ぎた花はパラパラと花びらを散らしてくるので、
早め早めの摘み取りが必須なバラでもあります。

 

 

マチルダ

 

最後にご紹介するのはマチルダという房咲きのバラです。

ここ数年、とても元気になったバラで、
とてもよく花が咲いてくれます。

以前はあまり丈夫じゃないのかなと思っていましたが、
最近はとても丈夫で樹勢もよく、
良いバラだなぁと思っています。

 

 

5月の頃のような派手さは全くありませんが、
これはこれで結構楽しめますので、
宜しかったらバラだけでも見にいらしてくださいね。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。