壁付けテレビ設置してみました

こんにちは。

横浜ショールームの東山です。

本日は、逗子に新築した横浜ショールームの所長の坪松の家の

引渡しがあったので、私も伺わせて頂きました。

 

グレイッシュブルーのラップサイディングに、スウェーデンブルーの玄関ドアが映え

とってもカッコ良い仕上がりです。デッキ材が新型コロナウィルスの影響で遅れてお

り、カバードポーチがまだ出来上がっていませんが、それが出来上がったら、さらに

カッコ良くなると思うので、ポーチの出来上がりが楽しみです。

 

続いて、中も見どころ満載なのですが、今日は、色々な荷物が多く、

あまり綺麗に写真が取れなかったので、2カットだけご紹介♬

こだわりの薪ストーブ

 

こだわりの吹抜けとパドルファン

 

他にもたくさんのこだわりが詰まった素敵なお家になっています。

本当は、キッチンのタイルも素敵なので、そちらのご紹介もしたかったのですが、

それは後日ということで、

今日は、壁付けテレビの設置の様子をご紹介したいと思います。

本来は、テレビを購入された家電量販店さんで設置をお願いするのが

1番間違いないのですが、今回は天草の社員で設置してみました。

 

まずは、設置位置決めです。壁付けテレビの場合、

一般的に、50インチ程のテレビの場合で、テレビの中心の高さをH=1000位に

設定することが多いのですが、今回は、実際にテレビを上下に動かしながら検討し、

H=1100で設置することが決まりました。

 

次に、テレビの壁付け用金具の寸法を測り、金具の取付ボルトの位置に、

ペンで壁に印を付け、その後、電動のキリで壁に穴を開けます。

 

そして、金具を取り付けるのですが、2人掛かりで金物を押え、1人がボルトを締める

という構図で、なかなか大変でした。人手が必要です。

 

最後に、テレビを掛け、完成です!

壁掛けテレビはスッキリしてカッコイイですね♪

 

テレビの下には、レコーダー等を置く為のキャビネットも置く予定になっています

が、配線がテレビから下に露出するとカッコが悪いので、壁付けテレビの場合には、

テレビの裏に穴を空け、同軸ケーブル、電源ケーブル、HDMIケーブルが

壁の中を通るようになっています。これで見た目もスッキリです。

 

とっても良い感じに取り付けられました。

 

今度は、実際に新居での生活が始まり、落ち着いた頃に、

住み心地のリポートさせてもらいたいと思いますので、楽しみにしていて下さい♬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。