STAY HOME週間でウッドデッキ塗替え

小山です。

皆様、GWはどのように過ごされたでしょうか。
我家は、毎年恒例の島キャンプに行けなかったので、ステイホームでお家のメンテナンスをすることにしました!

第一弾はウッドデッキです。

床材の小口(端っこ)に近い方が一部腐ってきています

我家のウッドデッキは建物の構造材として使われているSPFという材料で作っています。
人口木やアイロンウッドなどと呼ばれる樹種のものに比べて、腐りが出やすいので、定期的に塗り替えが必要です。
とはいえずぼらな我家、前回やったのが2017年の7月でした…
もう少しマメに塗替えをすることをお勧めします。

デッキの状態を観察し、腐りがなければ塗替えは簡単です!

無事なところは、やすりをかけて塗料がしみこみやすいようにしていきます

古い塗装や、コケ、汚れなどをいったん落とすため、やすりをかけていきます。
今回我家は手作業でやりましたが、ホームセンターでを工具を数百円で貸してくれるサービスなどもあるので、「サンダー」という道具をゲットすると作業が楽になりますよ!
やすりは新しい塗料がしみこんで定着しやすくなる効果もあるので、ぜひやるべきなのですが
我家のようにそれが面倒で3年も放置してしまうなら、やすりなしでも、こまめに塗るだけでもした方がよいかも?と思います

塗るのはキシラデコールという塗料です。
この4L缶で1万近くするので、高いのですが、防虫、防腐の効果の持続力がいいのでこれを使用しています。
我家は6畳ほどの広さがありますが1.6L の缶で足りるかな?という感じでした。
薄めたりする必要もなく、直接塗れるので作業は簡単です。

傷んだ部分のビスを抜いて床をはがしていきます。

我家は塗装をさぼっていたせいか、床材の継ぎ目や家具の下などになって水が抜けにくいところはやはり腐りが出ていました。
傷んでいる床材を交換するため、ビスを抜いて床をめくっていきます。

子供も参加。気まぐれ塗りアートを施しております

本当は補修と塗装の工程は分けてやった方がいいのですが
父が床の補修をしている間、母は塗装という感じで
補修と再塗装を並行してやっていきます。

中の方まで完全に腐っていました、、、

普段使っているときはあまり感じなかったのですが、よくよく見ると腐っている床材が多く、
結局半分以上の床をはがすことになってしまいました。
それから・・・一番床材の継ぎ目が集中していたところだけ、大引きまで腐りが進行していました!!
手でも崩せるくらい、ボロボロと崩れていきます
これはショック!!大手術になってしまいました。
ということで力尽きて一日目終了。

STAY HOME週間でウッドデッキ塗替え” への2件のコメント

  1. 小山さん、ご無沙汰しております。
    今年はSTAY HOMEのGWとなり残念ですね。
    我が家も定例の箱根泊りができなくなったので、久方ぶりにキャンプでもいいかしらと年頭は考えてました。早く日常が戻ってくれる日が待ち遠しいです。
    ところで洗濯物干場で予算を抑えるなら市販のウッドデッキ風サンルームみたいなのでもいいかしらと考えていたのですがお手入れ大変そうですね。DIYやリメイクは主人担当なのですが、年齢考えるとやはりその後のお手入れしてくれる人がいなそうで悩んでしまいました。開放感とセカンドリビングになることを考えると一番人気なのはわかるのですが。。。
    こうして実際のアフターケアを教えていただくと、選択するうえでのメリットデメリットがわかるので大変参考になります。
    またいくつかの候補を絞り込みますので、その節はどうぞ宜しくお願い致します。

    • pikotan様いつもコメントありがとうございます!
      我が家のようなリアルウッドで作ったものはやはりメンテナンスの手間がかかってきますね。
      自分たちでできるうちはいいのですが、そのうち、人工木へのやり替えも検討するようかなと思っているところです。息子がやってくれるようになればいいんですが!
      サンルームなど、部分的なやり替えも難しいものになるとなおのこと、アルミや人工木のものがいいと思います。
      最近は人工木も熱くなりにくいものや、質感がかなり本物の木に近いものもありますよね。
      サンルーム、LIXILさんの新商品でこんなものが出ていました。窓ガラスもかわいらしく、お家の雰囲気にも合いそうだなと思っいましたので、ご紹介しますね!
      https://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/danranmonogatari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。