今年もこの季節がやってまいりました

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

12月も後半、
今年も残すところ2週間を切りました!!!!

 

ここ数日は寒い日と季節外れに暖かい日が交互にきて
いま一つ調子が上がらない・・・のか、
なんか調子がよろしくないです。

 

さて、12月後半になりましたので
今年もこの季節がやってまいりました。

 

バラの冬剪定!!!!

 

ジョキジョキ切るのにはまだ早いのですが、
いますべきは・・・

「葉っぱを全部取る」

作業です。

つまりはバラを丸裸にするのです。

 

 

今日は第一弾ということで、
北米型輸入住宅、立川モデルハウスの
表側のバラの方から始めました。

大きなつるバラは
手が届くところから作業を始めます。

ちょうど向かって左側の部分が取り終わりました。

 

葉っぱを最初に取り除くのは
葉っぱについている病原菌や害虫の卵などを取り除くことと、
バラの活性を下げて養分を根元辺りに下げることが目的です。

冬剪定では枝をかなり切り詰めますので、
こうすることで養分をできるだけ多くバラに残すことが出来るんです。

枝を切り詰めるのは
葉っぱを取り除いてから最低でも2週間経ってからです。

 

株立ちのバラはまだしも、
大きなつるバラの葉っぱを取り除くのは
なかなかしんどい作業です。。。。

とげがあちこちに引っかかり、
服も手袋もボロボロになってしまいます・・・。

 

 

でも頑張ってアーチとオベリスクのつるバラを作業しました。

特にオベリスクは手が届かない場所があり、
どうやってアプローチするか頭を使いながら、
脚立の上でストレッチでもしているかのような姿勢になるときもあります。

 

 

左のオベリスクは作業完了。

右のオベリスクはこの後作業をしました。

 

 

何しろ50本もバラがあります。

今日はつるバラ5本と株立ち3本の計8本を作業しました。
まだまだ先は長いです・・・。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

今年もこの季節がやってまいりました” への2件のコメント

  1. 【薔薇の似合う白亜の洋館】が理想です♪某ガーデンアーチに沿わしているピエールドロンサールもR部分まで蔓が伸びています。こちらもかなり密集してきましたが、葉っぱを全部落とした方がよろしいのですね。来週末に主人と息子にしてもらいます。
    私は住宅ローンの短期決戦が可能と計上できましたので、そろそろ真剣にコンサバトリー設置を考えています。予算も含め画像検索を始めておりますので、またチーム天草のご助力お願い致します。

    • pikotan様
      いつもお世話になっております。
      バラの葉っぱは年内に落としておいてくださいね。
      1月になりましたら剪定と肥料やりを行いますので、
      オーナーズ倶楽部レポートもご参考にしていただければと思います。
      コンサバトリー、お待ちしておりますね。   竹内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。