夢のお城ができるまで(^ω^人)♡ その壱

皆さまご機嫌麗しゅう。

お久しぶりの投稿となりました、かつて、おやつ奉行と名乗っておりました立川展示場営業設計、小野塚です♪

久しく投稿しておりませんでしたうちに、知らない間にかつて作成いたしましたパース画像たちが、あれもこれも次々と実体化していく様を大変うれしく眺めておりました。

そんなわけで、いくつかの施工例の、初回提出からイメージ完成までの経過を段階を追って辿っていこうかと思います。

まず第一弾は、プチヴェルサイユ邸の愛称で多方面から関心を頂き、掲載された雑誌もじき販売されます、Y様邸の思い出をヾ(^ω^*)ノ”♪

営業担当から受け取った資料をもとに作成するのですが、参考画像を拝見し、お好みの方向性はすぐに把握し、理解することができました。あとはそれらをどう具現化するかが課題でした。

お好みのスタイルはフレンチロココ。いただいた画像は、まず日本国内では目にすることはないであろう、とても華やかな外観で、普通のハウスメーカーでは難色を示すであろうことは想像に難くなかった。で、私はといえば、

燃えましたヾ( ̄ω ̄*)ノ”

やったね思う存分デコれる!!!デコってなんぼの輸入住宅(ちょっとちがう^^;)ここでデコらずなんとする!!とばかりに奮迅し、作図を始めたもんです。こちらはかなり初期の頃の案のひとつです。

個人的にはかなり気に入っていたのですが、小屋裏ではなく、3階スペースを有効に使えるようにとのことでいくつかのプランをお出ししました。

形状的にはこのあたりから実行案に近づいてきています。

このあたりになると、装飾部材の調達方法について色々と検討し始めてました。

そして、

競合他社に負けじと、これでもかとばかりに気合入れまくった作品です。3階中央のサンルームが個人的に気に入ってたのですが、全体のバランスをもうちょっと整えようと思い・・・

そして提出した次の案、最終的にほぼこれが、文字通り完成予想図となりました。

 

そして数か月後、

ヾ(^Д^*)ノ”♡♡♡感無量♪♪♪

この時は部材の調達にまで着手したので、非常に思い出に残る案件でした。その後、安定的な調達ルートを確保したので、今後、こういったおうちをお考えのかたに、色々と良いご提案ができそうです^^いっそのこと輸入部材のネットショップ作っちゃおうか♪と一時期は真剣に考えておりました^^ 今後、余裕が出来たら実行してしまうかもですw

ではおまけにサービスショットを♡

片方はAmaCan9月号の表紙写真(竣工記念パーティーにお招きいただいたときにスマホで撮影した、自分でもお気に入りのショットです^^)、もう片方はCGで作成したものです^^

 

さあ、どっちがどっちでしょう??(*>ω・)v

 

夢のお城ができるまで(^ω^人)♡ その壱” への4件のコメント

  1. きゃあ~小野塚さん
    お久しぶりです♪
    いいんですか~こんな記事書いて!!どれもが素晴らしいパースで他社様に使われてしまいますよ!!(笑)
    素晴らしいパースを書いていただきながらも悩みながらもっともっとという気分で、とうとう最後は全ての会社に断られた【夢の画像】を出したのす。
    あの最終案は竹内さんからのメールを地下鉄車内で読んで、瞬時に立ち上がってガッツポーズして涙していたので注目あびることおびただしかったです。
    実は一番最初の画像も個人的に瀟洒なメゾンというイメージで保存していた画像に瓜二つで絶句したもの。たしか竹内さんにこのパースを頂いた後原画を見せた記憶があります。

    そして横浜展示場でサンルームが気にいり、お願いしてできた画像が4~5枚目ですね。これは主人が半端なく気に入っていたのですが、私はある不安から隠し持っていた夢の画像を出したのです。
    それは超有名金融だった日本興業銀行の破綻・・・あの高名なビルは頭でっかちだったので風水的に高転びすると言われその後破綻となってしまったものです。それもありやはり地に足がついたように感じられるパリのアパルトマンを彷彿させる原画で作成をお願いしました。それまでは毎日主人と喧嘩でしたが、最終案は誰もが口を出すことができないほど完成度が高く正に夢の具現でした。

    今までのパースも素敵なのでブログで紹介したいと思いながら、もしかしたらそれからイメージをするパースができていたら申し訳ないと思って止めていました。
    安心してご紹介させていただきますね。

    • pikotanさま

      お久しぶりです♪その節は色々とお世話様でした!

      プチ・ヴェルサイユ邸に関しましてはもう、ほんとに思い出がてんこ盛りでございまして^^ 
      パースですが、他社さまにご参考にされようと、高度な施工技術と居住性能の高さ、そして建物の美しさは、天草ハウジングに勝るところはないと考えておりますので(^ω^人)♡

      サンルーム案、ご主人様にお気に召して頂けていたんですね。とても嬉しく思います。本当はこの案は1階に数本のコラムを配する事でバランスをとるはずだったんですが建蔽率の関係で出来ず、結局頂いたイメージ図を具現化する形で作成したのが最終案でした。こちらがご家族皆様にお気に召して頂けたと聞いて、私もガッツポーズしちゃいました^^

      営業設計というのは、実際にお客様とお会いする機会があまりないので、作成したプランをお客様にご覧頂く場に直面することもなく、お客様がどう思われたかはいつもとても気になります。ですので、pikotan様のように仰っていただけるととても励みになります!

      ブログの方もいつも楽しく拝見してますので、今後も頑張ってくださいね。あ、私も天草ブログ頑張ります。。。。。

      このシリーズ(笑)は今後いくつか続けますのでお楽しみに!

  2. あ・・・最後に気になる一文が(笑)
    横浜の永田さんがama canに載せる為外観撮っていかれたのでその画像と思ってましたが・・・
    小野塚さん、流石ですね~!
    雑誌社のカメラマンやゲーテハウスさんが撮ってくださった画像は全て同じでしたので(微妙に違いますが構成としては一緒)一般的にはそれが一番美しく見えるのかもしれませんが

    私はama canの表紙を見た瞬間、思わず歓声を漏らしてしまいました。
    やはりあの研ぎ澄まされた端正さがあってこそ、華美な外観装飾が一層映えるということを証明している作図ですね。

    しかし実態の外観画像とCGがもはやどっちがどっちだか・・・再現力の凄さこそ実際の施工力の高さの照明ですね。

    • AmaCanのほうもご覧いただきありがとうございます。
      マイパラダイスの記事の写真は、永田も含め、複数の社員が撮影した画像から選んだものです。
      表紙写真はインパクトのあるものが欲しかったので、たまたま自分でスマホで撮影したものの中にかなりあおったアングルのものがあり、それを使わせていただきました^^

      CGで作るのは好きなように出来ますが、それを実際に図面にし、施工して作り上げていったのはやはり感慨深いものがあります。
      何より、pikotan様、ご主人様、そしてご家族の皆様がこの新しいお家を現在進行形でさらに素敵なお家に作り上げて行かれる様をブログで拝見し、ハウスメーカー冥利に尽きる思いです^^

      もうすぐ発行される掲載誌もたのしみですね!
      きっと素敵な記事になっていることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。