古都鎌倉から三浦へ

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

涼しい一日になりました。

 

さて昨日、
鎌倉で着工した北欧スタイルの輸入住宅の物件へ行ってきました。

 

 

現在は基礎工事中です。

型枠の中にコンクリートが打ち込まれて養生中です。

 

さて、現場へ行った目的は
敷地内に立つ電柱の移設について
東京電力さんとの打合せでした。

 

 

こちらは着工前の写真ですが、
さすが古都鎌倉、
木製の!レトロな電柱が立っています。

ちょうど家の出入りに支障が出てしまいそうなので、
位置を変える相談をしました。

敷地内での移動なので、
工事費は東電さんが全額負担をしてくれます。

お引渡までに移動できるよう、交渉していきたいと思います。

 

そういえば、この現場の近所で見つけたのですが、
ポストも昭和の懐かしいスタイルのものが立っていました。

 

 

私が子供の頃は普通にありましたが、
いまは見かけることがほとんど無くなりましたよね!

古き良きものを大切にする古都ゆえのことなのでしょうか。

 

 

ところで、
鎌倉といえば緑の多い場所ですが、
台風の被害なんでしょうね、
山の雑木林の大木が倒れているのを何か所も見ました。

 

またこの後に三浦へ移動したのですが、
瓦が飛ばされたお宅や
屋根を補修しているお宅も見かけましたよ。

 

大変な被害だったんですね。

 

で、三浦でのお仕事なのですが、
外構工事を行ったお宅の
物置の瓦が台風で割れてしまったと連絡をいただいたので、
その状況確認に行ってまいりました。

 

 

空間デザイナーのHMGプランニングさんによる素敵なガーデンですが、
奥にあるかわいらしい物置を当社で施工させていただきました。

 

 

あ~、瓦が割れていますね。

ご近所から飛んできた瓦が直撃したんだそうです。

お家の方でなくてまだよかったですね・・。

 

しっかりと修理させていただきたいと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。