シーズン前にエアコンを・・・

こんにちは。設計部設計課の飯野です。

 

ゴールデンウィークも過ぎ、暑くなって

きましたね。

 

先日、本格的に夏が始まる前の時期の

エアコンの正しい試運転の仕方が話題に

なっている。とテレビでみたので、

早速やってみました。。。

 

エアコンメーカーのダイキン工業の

WEBサイトを見ると、

 


運転モードを「冷房」にして、温度を最低温度(16~18℃)に設定。10分程度運転しましょう。


冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないかご確認ください。


さらに30分程度(目安)運転し、室内機から水漏れがないかご確認ください。


異臭や異音がしないかご確認ください。

 

 

という順番で行うようになっていました。

 

で、特に問題なく終了しました。

 

 

 

しかし、なんだかカビ臭い・・・

試運転が足りないのかな?

なんて思ってたところ、

実家に行った時なぜかエアコン洗浄スプレーを

持って帰らされたことを思い出し、物置から

出してみました。

 

アース製薬
エアコン洗浄スプレー
防カビプラス

 

なんと、スプレーするだけでエアコンを

簡単洗浄。スッキリ消臭・しっかり除菌

します。とのこと。

 

スプレー時間、約2分。10分程度放置。

多少下に洗浄液が垂れてしまいましたが

なんと手軽なのでしょう。

 

洗浄後

 

カビ臭いのもなくなり快適な気がします。

なんでエアコンを取り付けてから今まで

やらなかったのか不思議な感じです。

 

 

しかし、使用済み缶を処理している時にふと

エアコンメーカーは市販の洗浄スプレーを

どう考えているのか気になり、調べちゃいました。

 

結果は、使用してはダメだったようです。

最悪の場合は発煙発火につながるおそれが

あるようです。

 

先に調べれば良かった・・・

 

みなさんも洗浄スプレーをする場合は、

エアコンメーカーに確認してからに

してください。

 

 

 

ではまた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。