外構工事の打合せ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日、世田谷区で施工中の地下室付き3階建てレンガ輸入住宅の
外構工事についてお客様と打合せをしてきました。

 

地下室付き3階建て レンガの輸入住宅

 

高級住宅地の中にあっても
際立つ美しさと豪華さは圧倒的です。

現場の前にいても
通行人の方々からの注目度はかなり高いです!

 

しかし家は建物だけではなく
外回りの外構工事も印象を大きく左右します。

 

とくにこのグレードになってきましたら
かなり頑張って素敵な外構にしませんと
建物との調和がとれません!

 

ファサードもさることながら、
この家には地下室へ行ける外階段もありますので、
こちらも豪華仕様で仕立てることになりました。

 

地下室への外階段

 

広いドライエリア

 

ドライエリアに落ちないように手摺をつけるのですが、
その高さについても安全面を重視して1.6m以上にすることになりました。

 

問題はアイアンの門扉やフェンスのデザインなのですが、
WEB上でいろいろと見ていただいたところ、
これが良い!となったのがコチラです。

 

WEBより

 

お~!!、お目が高い・・・。

これだけレリーフが多いとちょっと高そうです・・。

 

さらに建物の横のボリュームを出すために、
ガレージ前にゲートをつけたらどうかというアイデアをいただきました!

 

例えばこんな感じでしょうか?

 

マストレさんより

 

デザインを合わせてつければ格好良いのは間違いなさそうです。

ただ、幅が8mくらいあります。

強度的に不安がありますので、
メーカーさんの確認をとらないとならないです。

 

土間の仕上げについては
車がメインのガレージ前はピンコロをご提案しました。

 

ピンコロ

 

車の重さに耐えられるだけでなく、
ハンドルを切った時の力も相当強いため、
剥離しにくいものが良いと思って、
ピンコロをお勧めしました。

貼り方を工夫すればピンコロもお洒落になります!

 

しかし人がメインの玄関前は
ピンコロでは凹凸があり過ぎてパンプスを履いたご婦人にはちょっと辛いので、
表面がスムーズなタイルをご提案したいと思います。

 

現地で打合せをすると
イメージが湧きやすくて良いですね!

あとはそれをまとめてご提案しないとなりません。

 

お施主様に喜んでいただけるようなプランをご提案できるように
頑張りたいと思います。

 

 

 

さて、ここからはおまけですが、
先日のブログでも書かせていたいた通り、
昨日4月17日は「マルベックの日」ということで、
成城石井さんで仕入れたアルゼンチンワインをいただきました。

 

TERRAZAS de los Andesの「マルベック・レゼルバ」

 

マルベックのワインらしく
ボディーが強めながら渋味が少なく、
ついつい飲み過ぎて
今日は少々二日酔いです・・。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。