高気密・高断熱の成果

こんにちは。コーディネーターの岸田です 😀

毎日寒いですねぇ。外で長く作業していると、体の芯まで冷え切って凍えてしまいます。

先日、主人の仕事の関係で若者が6人、我が家にやってきました。引っ越してから、「初」のお客様です。

彼らは、玄関のところでまず「玄関が暖かい!!!」と歓声をあげました。

2階のリビングでも「暖かい!!!」と大歓声。

リビング

リビングは写真の通り、ドアはありません。

「床暖房が、はいっているのですか?」と聞かれましたが、答えは「NO!」

床と壁と天井と同じような温度で維持できているので、とても温かく感じるのです。
古い家だと、頭が25℃~28℃くらいで足元が10℃~15℃になるので、頭がぼーとしてしまうけど、足元が寒いということはよくあると思います。

我が家は熱交換型換気システムをつかっているので、部屋にエアコンがあります。エアコンの設定温度は、おおむね19℃~20℃です。(実際の温度はもう少しあると思いますが、おそらく22℃~23℃くらいでしょう)真夏・真冬は24時間つけたままです。

エアコン

 

 

 

こんな温度設定でも暖かく感じるのです 😯

 

 

 

 

 

高気密・高断熱の家は一度暖まったら外に逃げにくいので、家全体が同じくらいの温度を維持できます。(真夏も同様に涼しい空気を逃さないので、快適です)
ですから、ランニングコストもあまりかからず、お財布にやさしいのです!!

「お財布にやさしい」・・・素敵な言葉でしょ 😀

【煉瓦積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。