フレンチスタイルの家の外観のつくり方

こんにちは。竹内です。

 

レンガ積みの輸入住宅に次いで
ジワジワっと人気が出てきているフレンチスタイルの家。

 

フレンチスタイルの家

 

フレンチスタイルの家の外壁は
塗り壁が殆どですが、
石貼りも人気があります。

 

石貼りの場合
本物のライムストーンあたりを貼り付けることもできますが、
天然石は重い上に
高い吸水性が故の汚れ防止のことも対策をしないとなりません。

 

以前施工させていただいたプチ・ヴェルサイユ邸では
本物の石ではなくて
塗り壁と同じモルタル系の材料を使って
石積み風を表現いたしました。

 

 

この方が建物に与える負担が少なく、
結果として長持ちがする家になると思いますよ。

見た目ももちろん大事ですが、
住み始めてトラブルが少ない方が良いですよね!

 

外観上で同じくご要望の多いのは
やはり装飾部材ですね!!

 

 

装飾部材をつけるかつけないかで
建物の印象がガラッと変わってしまいますので、
洗練されたパリのアパルトマンスタイルなんかは
装飾部材を取り付けて
華やかな感じに仕立てていきたいですね。

 

装飾部材はある物を貼り付けるだけ・・ではありますが、
何でもかんでも貼ればいいというわけではなく、
もちろん設計段階から綿密に計算をして
形状や大きさを決めて施していきます。

 

 

これらがすべて融合して
ステキな1軒のフレンチスタイルの外観が出来上がっていくんですね。

思い通りに仕上がったときは感動ものですよ~。

 

インテリアはもっと細かい作業になりますので、
ここはインテリアコーディネーターと大工さんの腕の見せ所です!!

 

 

インテリアの造りこみについては
またいずれご紹介します。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。