立川モデルハウスを取り壊すことになりました。

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

ホームページや情報誌 AmaCan でお知らせしておりますが、
立川モデルハウスは11月8日の営業を最後に
移転の為に閉店させていただくこととなりました。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

立川モデルハウスは2005年の秋に完成をし、
今日まで15年に渡って
多くのお客様をお迎えし、
多くのお宅を建てていく上で
色々な影響を与えてきました。

 

立川モデルハウス ヌック

 

15年か~。

思えばその間、
いろんなことがありましたね。

 

仕事以外で思い出すのは
まずお庭の手入れが大変だったこと・・(笑)。

なにしろ200坪の土地に建っているので
当然お庭も広いわけで・・。

なぜか蚊が多く、
真っ黒に日焼けしながら
毎日毎日薔薇の世話や雑草取りをしました。

おかげで薔薇のことを良く学ぶことが出来ましたし、
世話を焼いているうちに
薔薇を愛でるようになってきました。

 

もう一つ思い出すのは2011年3月11日。

東日本大震災が起きた時です。

当時上司と二人で事務所にいたのですが、
尋常でない揺れを感じ、
事務所はなんとなく大丈夫そうだったので、
モデルハウスのリビングに行ってみたら
大きなシャンデリアが時計の振り子のように揺れていて
落っこちたら大変!!とばかりに
たまたま近くにあった長い棒で
揺れるシャンデリアを下から抑えたことです。

 

立川モデルハウス リビング

 

家が揺れていることよりも
このシャンデリアが落ちてきたら
僕は大丈夫でいられるだろうか??と
不安に思っていたことを思い出します。

結果的にはシャンデリアは落ちずに
家も私も大丈夫だったので良かったですが。

 

立川モデルハウス 書斎

 

そんな立川モデルハウスが取り壊しになってしまうのは
とても寂しい気持ちでいっぱいですが、

今の時代、
私どものような独自色が強いハウスメーカーが
総合住宅展示場に出店する意味がどれほどあるのか?

このテーマについて熟考した上での判断となりますので、
どうぞご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

立川モデルハウスとのさよなら企画を何かしらしたいところですが、
コロナ禍ということもあり、
あまり大がかりなことは企画出来ませんが、
もし宜しければ
立川モデルハウスをもう一度観にいらしていただけたら嬉しいです。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。