現場チェック

こんにちは。

インテリアコーディネーターの東山です。

 

先日、現場チェックに行ったS様邸に、再び行って参りました。

前回は、床の養生が取れていませんでしたが、

今回は、養生が取れ、大理石調のタイルが素敵に輝いていました。

クリスタルのシャンデリアに大理石調のタイルは、やはり、高級感があります。

大理石調の床タイル

 

キッチンも出来上がっていました

白い無垢扉のキッチンに、天然水晶が入ったフィオレストーンの天板が輝き、

こちらも高級感のある仕上がりになっています。

キッチン

 

1Fホールの一角にある洗面室。

アメリカの洗面化粧台は、ボールも水栓もデザイン性が高く、

置いてあるだけで空間が華やかになります。

また、今回採用させて頂いた鏡は、縁のクリスタルが光るという機能性と

デザイン性を兼ねそろえた優れもの。

それにより、華やかさが、さらにアップされました。

洗面化粧台

 

最後に、1枚、煉瓦積みの外観をパチリ。

レンガ積み

 

まだ、外構やカーテンや階段のカーペットが仕上がっていないので、

仕上がった頃、またご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

決め手は造り手!

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨明けみたいな天気ですが、
天気が良いのは今日だけみたいですよ。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

さて、先日のお休みの日でのこと、
家内も息子も帰りが遅くなるということで、
一人家飲みをしました。

いただいたお酒はもちろんワインです!!

 

 

 

成城石井で購入したボルドーの赤ワインです。
エチケットには「SAINT-ESTEPHE(サンテステフ)」とだけ書かれています。

サンテステフとは、ボルドーの一地域のことですが、
何処のシャトーが造ったワインなのか、
これだけでは分かりませんね!

サンテステフはボルドー左岸にあり、
メドック地区の中では最も河口に近いエリアだそうですが・・。

 

 

 

裏側のラベルをよーく見てみると、
造ったシャトーの名前が小さく書かれていました。

 

 

 

とても控えめに
「CHATEAU MONTROSE(シャトー・モンローズ)」と書いてあります。

実はこちらのワインは
メドック2級格付けの
シャトー・モンローズが造るサードラベルのワインです。

ヴィンテージは2011年。

2011年のボルドーは良年ではなく、
ボディーが軽めということで、
ミディアムボディー好みの私にはちょうどいいかもしれません (笑)。

 

 

濃いガーネット色で、
僅かに透明感があります。
透き通っていない液体をイメージしていたので、
ここは意外でした。

香りが抜群に良いですね!!!

よく熟成されたスモーキーな感じの香りが心地よいです。

口に含むと、
熟成によって優しくなった酸味と
穏やかなタンニンのハーモニーがいいですね!!!

余韻も素晴らしい・・・。

サードラベルとはいえ
さすが2級格付けシャトーですね!!

ワインの決め手はやはり造り手なんだな~と実感させられました!

 

普段でしたらボルドーのワインを空けるのに3日はかかるのですが、
このワインは飲みやすかったので
2日で空いてしまいました。

 

こうなってくると、もう一つの楽しみが・・・。

 

 

実はシャトー・モンローズの正真正銘、ファーストラベルもあるのです!!

ヴィンテージは2013年で、これまたはずれ年のものですが・・。

すでに飲み頃が来ているという人もいますし、
まだ早いと評価している人もいます。

今回いただいたサードラベルがかなり美味しかったので、
期待値がグッと上がっております。

いつ開けるのかは全く決めておりませんが、
このワインが家にあることを励みに
仕事頑張っていこうと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

家具のリメイク

小山です。

お酒の棚をDIYして少し日曜木工の自信がついたので、
週末に家具をリメイクしてみました。

今回リメイクしたのはもともとリサイクルショップで買った子供用の食事椅子です。
だいぶがたが来ていて木材自体がゆがんでしまったのか、ボルトを締めなおしても椅子の部分の板が抜けやすくなってしまっていました。
使わなくなっても人にあげることもできないので、最近お手伝いをするようになった娘用に、踏み台にリメイクすることにしました。

ばらばらに分解した後、足の三角の部分を切り詰めて小さい三角に組み立てなおしていきます。
深く考えずに、思い付きで組んでいったのですが
お酒の棚で学習したダボの打ち方もだいぶ上達して、わりとスムーズに組み立てていくことができました。

ペンキなどでかわいく色を塗りなおすとなおよいのですが
パントリー用なので見えないし、そのうち、、ということで2時間ほどで完成しました!

黙々と作業している間、夫は洗濯物を畳んでくれました。
家事は夫、日曜大工は妻で逆転している我が家です。

完成した台で娘がご飯をよそってくれました。
いつもはご飯をよそったり、コップを取るたびにダイニングの椅子をズリズリと運んで来て、それを戻さないので大人が邪魔になって元に戻す
というのを毎日のように繰り返していたので、これでひと手間が減るとよいです!

道具も前回と同じものばかりなので、「よし、やるか!」という腰が上がるまでが今回は少しだけ軽かったです。
まだまだ作りたいものがあるのですが、この調子で続けたいと思います

とても重宝するインナーテラス

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨空の今日ですが、
午後には雨が止む・・・そうです。

期待しましょう。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

写真はめちゃくちゃ天気が良いですが、
今日のような雨の日にも使えるインナーテラスが
立川モデルハウスには備わっております。

 

テラス

 

しっかりと屋根で覆われていますので、
雨が降っても全く問題ありません。

また、真夏など日差しが強すぎるときには
日よけとしても使えますね!

 

テラス

 

 

立川モデルハウスは建物全体が大きいので
外からの印象ですとテラスはそんなに広く見えないのですが、
実は畳数に換算しますと
なんと15畳の広さがございます!!!

意外と広いんですよ!!!

 

これだけの広さがありますと、
様々なシーンで大活躍してくれます。

 

 

今年は新型コロナの影響で開催できませんでしたが、
5月に行われる「バラを楽しむ会」では
お客様用のお席だったり展示物を置いたりして使いました。

 

だいぶ前に
夏のパーティーでバーベキューをしたこともございます。

最初はお肉をテラスで焼こうとしたのですが、
全館空調の吸気口がここにあり、
煙が室内に入ってしまった・・・なんて失敗談もありました。

モデルハウスなのに、
ここでバーベキューを行うということを
設計段階では予想すらしなかったんでしょうね (笑)。

 

 

 

機能性に優れ、
しかも意匠的にもエレガントな立川モデルハウスのインナーテラスは
気持ちよくとても快適な、
とても重宝するアイテムです!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

憧れのアイランドキッチン

 

こんにちは。立川モデルハウスの黒川です。

 

今日は湿度が高くムシムシしていますね。

こんな時も全館空調の入っている天草のモデルハウスは

涼しくサラサラな空気が流れております。

 

皆様もモデルハウスにお越しの際は

ぜひこの快適さを体感してみてくださいね~。

 

さて、今秋着工予定の山中湖別荘のお話ですが

現在、プラン決定に向けた打合せが進行中です。

 

キッチンスタイルはアイランド型で提案をしておりますが

アイランドの使い方も様々なバリエーションがあります。

 

アイランドキッチン 天草ハウジング施工例

 

こちらはカウンターが2段になっていて

ちょっと変わったスタイルです。

 

バーチェアーなどを並べれば

ダイニングバーとしても利用できそうな

デザインになっています。

 

 

アイランドキッチン 天草ハウジング施工例

 

シンプルなアイランドを配置したのがこちら。

大人数で作業したい時に良さそうです。

 

ちなみにこちらは北欧スウェーデン製の

キッチンです。とても暖かみのある空間になっています。

 

 

Dewilsホームページより

 

最後は施工実例ではありませんが

立川モデルハウスのメインキッチンでも採用している

「Dewils(デウィルス)」のアイランド型スタイルです。

 

目につくのはキャビネットから張り出した

大理石カウンターの厚みです。

荷重に耐えられるようにこれだけの厚みが

必要ということでしょうか。

 

これだけ厚みがあれば持ち上げるだけでも

相当、苦労しそうですね。めちゃめちゃ重そうです。。

 

こんな感じでアイランドを作業場スペースにする

もしくはダイニングのように使用するといった

様々な用途が考えられます。

 

オープンスタイルのキッチンに抵抗のない方であれば

アイランドキッチンをぜひ検討してみてくださいね。

 

軽井沢の北欧住宅いよいよ計画スタート

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨時ということもあり
今日も蒸し暑い一日となっております。

 

蒸し暑さとは無縁の高原リゾート、軽井沢で建築予定の
北欧住宅の計画がいよいよ具体的にスタートしました。

 

 

完成予想パース

 

細かい部分は実際とは異なってくると思いますが、
おおよそこんなイメージで建築をさせていただく予定です。

 

スウェーデンのダーラナ地方でも有名な赤い壁の家です。
この赤は酸化鉄の色だと聞いたことがありますよ。

 

本物のスウェーデンのクラシックスタイルの家は
外壁は木で造るのですが、
日本では軽井沢とはいえ、
腐食や火災に強い耐火サイディングを使用します。

窓は格子入りのトリプルガラスのサッシを使う予定で、
寒い軽井沢の冬でも快適にお過ごしいただけると思います。

 

この家をデザインするときにモチーフにしたスウェーデンの家がございます。

それがこちらです!

 

 

屋根が瓦なのとスレート系であるところは違いますが、
かなりイメージを色濃く反映できていると思いませんか??

 

私もこのようなスウェーデンの家が大好きで、
スウェーデンの写真や映画を観て、
奇麗な景色と、質実剛健でスマートなライフスタイルに憧れていました。

 

 

 

自然と共に生きているという自覚が強く、
環境をむやみに汚さない意識は
未だにポイ捨てが多い日本人とは大きな違いがあり、
見習うべき点だなと思っております。

 

 

 

おお、外壁を塗り直したんでしょうか?
結構、思い切った配色ですね・・・。

 

天草ハウジングにはSvenska Hus(スヴェンスカ・ヒュース)という
北欧型輸入住宅のシリーズがございます。

このようなスウェーデンのライフスタイルに憧れをお持ちの方は、
ぜひご相談ください。

もちろん、コテコテのアメリカン住宅の立川モデルハウスでも
Svenska Husのご相談を承っておりますよ!

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

お買い得品満載の食器屋さんへ

こんにちは!

横浜ショールームの坪松です。

 

一気に気温が上がってきましたね。

連日の雨でジメジメした中での高気温・・・・・

 

ムシっとして気持ちが悪いです。

 

 

さて、新生活が始まって

家具やら家電やら・・・いろいろとそろえる中で

 

以前から気になっていた鎌倉の食器屋さん

【若宮陶器】さんへ行ってきました。

若宮陶器さん

 

鎌倉駅からほど近い位置にある、若宮陶器さんは

陶器類のアウトレット品を取りそろえるお店です!!

店内の様子

 

店内にずらーーっと素敵な食器たちが並んでいます!

 

 

素敵なデザインのものが多いうえに価格もとてもリーズナブル!!!

 

アウトレット品なので、どんなものがあるかは行ってみないと

わからないというのも面白いです。

 

 

セールもやっていたこともあり。沢山購入してしまいました。

GET!!!

 

これだけ買っても5000円!!

食器好きの私にはたまらないお店でした。

レンガの輸入住宅はバラが似合う

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

雨こそ降っていませんが、
蒸し暑い一日となりました。

 

6月も下旬となり
いよいよバラの2番花の開花時期となってきました。

 

 

プリンセス・ドゥ・モナコ

 

 

2番花というのは、今年2番目に咲く花のことを言います。

5月に咲くのが1番花で、
花が散った後、バラの枝を少し切り詰めると新芽が出てきて、
その新しい枝に咲く花が2番花。

だいたい6月下旬から7月上旬にかけて咲きます。
(四季咲きのバラだけです!)

 

レンガの輸入住宅はバラのお花が良く似合うなぁと、
私自身も思いますし、
そうおっしゃってくださる方が多くいらっしゃいます。

実際、輸入住宅にお住まいの方は
バラを趣味にされている方が多いですよね。

 

輸入住宅のお洒落な外観によってバラのお花が引き立ちますし、
またバラのお花によって輸入住宅も引き立ちます。

 

ジュード・ジ・オブスキュア

 

レンガのお色にもよりますが、
立川モデルハウスはイエローブリックなので
ピンク、赤、黄色のどの色のお花も相性が良いです。

 

アンクル・ウォルター(5月撮影)

 

 

バラを育てるのは大変?というイメージをお持ちの方が多いですが、
要所要所をおさえれば
難しいということはない、というのが私の感想です。

ただ、奇麗に咲かそう、樹形を奇麗に保とう・・・となると
それなりに手間は掛ける必要はございますが・・・。

 

 

ティファニー

 

 

 

ではどんなコツがいるのか?などなど、
もしバラを始めてみようと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、わたくしの方までご相談ください!!

私もそんなに詳しいわけではありませんが、
日々、立川モデルハウスの50本のバラと格闘しておりますので、
何かしらアドバイスをさせていただけるかと思います。

 

また、オーナーズ倶楽部レポートでも
日々のバラの手入れなどについてご紹介しておりますので、
そちらもぜひご覧になってみてください。

オーナーズ倶楽部レポートはコチラをご覧ください!

 

 

ラ・フランス

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

大田区煉瓦積み外壁の輸入住宅 いよいよ完成

こんにちは!

横浜ショールームの坪松です。

 

以前からブログでご紹介させて頂いている

大田区の煉瓦積み外壁の輸入住宅 S様邸の完成がいよいよ迫ってきましたーー!!

 

梅雨やコロナウイルスと色々世の中がバタバタしていますが、

着実に建築工事は進んでいますよーーー!

 

工事中のS様邸

 

工事中の大田区S様邸

天草ハウジングでも人気のクイーンアンスタイルの輸入住宅

 

まだ足場が掛かっていて全貌は見えませんが、

すでに存在感抜群です。

 

私が現場にいた短時間の間だけでもたくさんの方が足を止めて

お家をご覧になっていました。

 

 

内装はゴージャス感のあるモダンテイスト

 

素敵な内装

素敵な内装

 

シックなコントラストが高級感があって素敵ですね~~

お引渡しに向けて最終工事中です。

 

完成まで目が離せません。

今年も父の日に

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨らしい天気の一日ですが、
今朝がたの雨が上がって、
蒸し蒸ししてきました。

 

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

さて、この前の日曜日は父の日でしたね。

 

私の父は10年くらい前に他界していることと、
コロナ禍のことがあって、
全くと言っていいほど忘れておりましたが、
今年も息子からプレゼントを貰いました!!

 

 

わりと大きめの箱で、
何かな~?と思う間もなく
お酒であることが一目でわかるパッケージです!

 

 

 

開けてびっくり!

なんと5種類もの日本酒の詰め合わせでした。

日本酒にはあまり詳しくない私でも知っている有名銘柄もあります。

 

普段はワインやビールしか飲まない私ですが、
日本酒も嫌いなわけではなく、
むしろ好きな方なんです。

 

ただ、日本酒を飲み過ぎて失敗した記憶が多いこと・・・、
なので、積極的に飲むことは無意識のうちに避けていたのかもしれません。

 

家で日本酒を飲んでいるところをあまり見たことがないだろうに、
日本酒を選んだ息子の感性に乾杯!!!

 

さっそく、冷酒にした方が良さそうなものは冷蔵庫の野菜室へ、
それ以外はワインセラーの中へ入れておきました。

 

和食が合いそうな夕食の時に
少しずついただこうと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。