チーズリゾットと白ワイン

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

良い天気になりました。

 

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

バラが咲き出した立川モデルハウスですが、
つるバラが咲かないと見応えは今一つ迫力に欠けます。

ここ1週間くらいでつるバラも咲いてくると思いますが、
これからの時期はバラ好きの方にとっては毎日が楽しい日々となりますね!

 

立川モデルハウスのバラに関しましては
オーナーズ倶楽部レポートで随時画像等をアップしていますので、
バラがお好きな方はそちらもぜひご覧になってください。

オーナーズ倶楽部レポートはこちらからどうぞ!

 

さて一昨日のことですが、
私が夕食にチーズリゾットを作るということになりました。

時間は少々かかりますが
作り方は簡単なのでたまに作ることがあります。

 

 

材料は以下の通り。

(3人分)
お米:1.5合
玉ねぎ:中1個
ベーコン:少々
白ワイン:100ccくらい?(いつも目分量・・)
コンソメ:大さじ1
とろけるチーズ:手のひら一杯くらい
塩・胡椒:適量
粉チーズ:適量
オリーブオイル:適量
水:適量

かなりアバウトなレシピですが、
もしご参考にしていただけるなら
是非味見しながら作ってくださいね (笑)。

お米は洗わずにみじん切りした玉ねぎと一緒にフライパンで炒めます。
玉ねぎに火が通ったら白ワインで香り付けをし、
お米がしたしたになるくらいに水を加え、
ここにコンソメを入れます。

水気が少なくなってきたら水を加えながら煮込んでいきます。

米に芯が少し残っている状態まで煮えてきたら
ベーコンとチーズを加え、塩コショウで味を調えます。

お皿に盛ったら粉チーズと胡椒を掛けて召し上がれ。

 

美味しく作るポイントは
お米を煮過ぎないこと!!!につきます。
アルデンテ、これがベストです!

 

さて、この料理には白ワインを使うのですが、
あいにく料理用の白ワインを切らしていたので、
新しく買ってくることにしました。

一人スーパーへ行き、
せっかくなので、飲めるワインが欲しくなり、
シャブリを買ってきましたよ!

 

 

1,700円くらいだったので
少しくらい料理に使うのも躊躇せず・・・。

 

ところが、
あまり期待もしていませんでしたが、
さすがはシャブリ!

果実味と酸味がバランスよく美味しかったです!!

よく見るとヴィエイユ・ヴィーニュと書いてありますね!
古樹から採れた葡萄で造られたワイン・・・。

なるほど、それでボディーに厚みがあったんですね~。
思いのほか美味しかったのでとても満足でした。

 

ワインが飲みたかったからチーズリゾットを作ろうとしたのがバレバレな夜でした。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

STAY HOME週間でウッドデッキ塗替え

小山です。

皆様、GWはどのように過ごされたでしょうか。
我家は、毎年恒例の島キャンプに行けなかったので、ステイホームでお家のメンテナンスをすることにしました!

第一弾はウッドデッキです。

床材の小口(端っこ)に近い方が一部腐ってきています

我家のウッドデッキは建物の構造材として使われているSPFという材料で作っています。
人口木やアイロンウッドなどと呼ばれる樹種のものに比べて、腐りが出やすいので、定期的に塗り替えが必要です。
とはいえずぼらな我家、前回やったのが2017年の7月でした…
もう少しマメに塗替えをすることをお勧めします。

デッキの状態を観察し、腐りがなければ塗替えは簡単です!

無事なところは、やすりをかけて塗料がしみこみやすいようにしていきます

古い塗装や、コケ、汚れなどをいったん落とすため、やすりをかけていきます。
今回我家は手作業でやりましたが、ホームセンターでを工具を数百円で貸してくれるサービスなどもあるので、「サンダー」という道具をゲットすると作業が楽になりますよ!
やすりは新しい塗料がしみこんで定着しやすくなる効果もあるので、ぜひやるべきなのですが
我家のようにそれが面倒で3年も放置してしまうなら、やすりなしでも、こまめに塗るだけでもした方がよいかも?と思います

塗るのはキシラデコールという塗料です。
この4L缶で1万近くするので、高いのですが、防虫、防腐の効果の持続力がいいのでこれを使用しています。
我家は6畳ほどの広さがありますが1.6L の缶で足りるかな?という感じでした。
薄めたりする必要もなく、直接塗れるので作業は簡単です。

傷んだ部分のビスを抜いて床をはがしていきます。

我家は塗装をさぼっていたせいか、床材の継ぎ目や家具の下などになって水が抜けにくいところはやはり腐りが出ていました。
傷んでいる床材を交換するため、ビスを抜いて床をめくっていきます。

子供も参加。気まぐれ塗りアートを施しております

本当は補修と塗装の工程は分けてやった方がいいのですが
父が床の補修をしている間、母は塗装という感じで
補修と再塗装を並行してやっていきます。

中の方まで完全に腐っていました、、、

普段使っているときはあまり感じなかったのですが、よくよく見ると腐っている床材が多く、
結局半分以上の床をはがすことになってしまいました。
それから・・・一番床材の継ぎ目が集中していたところだけ、大引きまで腐りが進行していました!!
手でも崩せるくらい、ボロボロと崩れていきます
これはショック!!大手術になってしまいました。
ということで力尽きて一日目終了。