IOTって何??

小山です。

最近、住宅業界にもIOTという言葉が良く出てきます。
天草産業でも、IOT住宅を手掛けていますが、
まだまだ技術が発展中の分野、日々勉強しなければなりませんね、、

IOTとはつまり何なんでしょうか??
検索してみると、
IOT=Internet of Things(モノのインターネット)
だそうで・・・つまり、今までインターネットと関係なかった「モノ」たちをインターネットにつなぐという技術です。

モノをインターネットにつなぐと何が起きるのか??
CM等でよく見る、
「Ok google。電気を付けて」のあれですよね。
照明器具の他にもいろいろな「ネットにつながるモノ」が続々と出てきています。
モノがネットにつながると何が便利なのか??
私の中では未来の世界だったのですが、もうすでに現実になっている物がたくさんあるので見ていきたいと思います。

第一弾は「カギ」

カギをインターネットにつなぐと、外出してからの「閉めたっけ??」という不安を解消してくれます!
今までもカードやスマホをかざすと鍵が開くスマートキーやスマートロックと呼ばれるシステムはありましたが、これがさらにインターネットにつながるとこうなります。

・玄関ドアを施錠した時、鍵の開いている窓があるとお知らせしてくれる
・家から離れた時、玄関ドアを閉め忘れているとお知らせしてくれる
・子供の帰宅など、玄関ドアの鍵が開くとお知らせしてくれる
・外出先から鍵の開閉を確認できる
(上記の機能はYKKのmimotという商品です。窓もつながるところが素晴らしいですね)

我が家は今現在普通の鍵ですが、小学生になった子供が最後に鍵をかけて出かける機会が増えたので、ちゃんとかけたかな?と確認できたら安心感が違うなあ、と思います。

新築時だけでなく、後付できる商品も各社から出ているようです。
製品によって、リアルタイムで鍵の施解錠状態が確認できるか・ハンズフリーでの開錠が出来るかなどの違いがあるようですので、その点を確認する必要がありそうですが、取り付けも簡単なものが多いようですよ。

個人的には、IOTは便利そうだけど、スマホを落としたら何もできなくなるのでは?という不安もあります。ただ、IOTによって、安心がより低コストで手に入る時代になってきているとも感じます。
上手に取り入れていくために、情報収集は続けていきたいですね。