写真を綺麗に加工してみよう

高橋です。

スマートフォンでキラキラな世界を再現してしまおうというブログです。

 

一眼レフが無くても、スマートフォンとスマートフォン用のアプリ「Lightroom」

があればきれいな写真に変わりますよ。

スマートフォンのカメラはだいたいが環境によって自分でカラー認識を変えてしまい、見た色とは違う描写で保存されてしまうのですが、それをお直したり色々綺麗にしてくれるアプリです。

 

 

例えばこの写真

 

加工前

 

これが

 

加工済み

こうなります。

これはiPhone7の通常カメラで撮ったものを、Lightroomで加工したものです。

 

現実世界ではカラフルだったのに色が飛んでしまった写真でしたが、

アプリのパラメーターをいじって好みの雰囲気に持ってくることが出来ました。

ちょっと手順をご説明すると、

 

色温度変更

 

①青みを出したいので「カラー」のホワイトバランスの「色温度」を青寄りに。

②色を取り戻したいので「彩度」を上げます。

 

露出光などの光の変更

 

露出光などの光の変更

 

(ちなみに左下にうつっているのは実は床の鏡に映った私です(笑))

③人間は全体的に暗いからもういっそのこと真っ暗にしてしまおうということで(メインは電飾なので)「カラー」の中の「シャドウ」のパラメーターをグンと下げて黒く。

④光のキラキラをちゃんと見せたいので「白レベル」を上げています。

⑤また今回「シャドウ」と「黒レベル」を下げてしまい全体的に暗くなってしまったので「ハイライト」と「露出光」で明るい所を上げました。

 

ノイズ軽減

 

⑥「ディテール」の「ノイズの軽減」ですっきりとした黒を出す。

※「ノイズ」というのは暗い写真を無理やり明るくしようというカメラの意向で色味がガサガサになってしまうことで、このアプリを通すとそれを除去してくれるのです。

 

かすみの除去

 

⑤「効果」の「かすみの除去」で白いボヤっとしたところを無くす。

※「かすみの除去」というのは、不必要に白くぼや~っとした表情になってしまった写真の色味をパキッとクリアに出してくれるものです。コントラストを上げるというものとはちょっと違います。

 

だいたいこんな手順でこう変わります。

加工前

加工後

 

あくまで自己流ですが、少しの手間で綺麗に変わってくれるので楽しくなってきますよ!

残念な写真でも「Lightroom」は「後出しの権利」があることを覚えておいていただけたら幸いです。

 

無料なのでぜひ活用してみて下さい!