鎌倉市白煉瓦のM様邸!!上棟しました。

こんにちは横浜展示場の坪松です。

少し前にのことになりますが、鎌倉市のM様邸が上棟しましたーー!!

という事で

上棟時期に合わせて現場にて上棟打ち合わせを行いました。

鎌倉市の白煉瓦のM様邸上棟打ち合わせ

上棟打ち合わせでは、コンセントや照明器具の位置、いわゆる電気配線や

壁の下地の位置などを最終確認します。

 

このタイミングであれば、ギリギリ

移動することも、数を変更することも可能です!!

 

 

この打ち合わせが終わった後は、断熱材の施工・気密工事を行った後、
石膏ボードが施工されて壁が塞がってしまうので、
入念に確認します。

 

どんどんお家らしくなってきますね~~!!

週明けからはいよいよ煉瓦積み工事がスタートします♪♪
増々、進捗状況が頼みになってきます!!!

 

M様邸は白色の煉瓦を使用した二世帯型住宅です。

搭屋や煉瓦のアーチ柱が立体的な、これぞ天草ハウジングな外観スタイル

白い煉瓦で上品で素敵な建物に仕上がりますよ~~

 

~~天草ハウジング 白煉瓦積みの施工実例~~

旧 駒沢モデルハウス

旧 駒沢モデルハウス

レンガ積みの家・天草ハウジング

レンガ積みの家・天草ハウジング

煉瓦積みの家

完成が楽しみです。

3月10日 日曜日

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング・横浜展示場

今日は2019年3月10日 日曜日です。

明日で2011年に起きた東日本大震災から8年になるのですね。

被害がものすごく大きかったのもあるのか、

復興が進んでいる部分と、まだそうでない部分があると聞きます。

8年経ったにしては、わたくしはまだまだ思い出してしまいますし、

語り継がなければならない事もあるのだろうと思います。

 

お家は、わたしたちが暮らす最も重要な物の一つ。

その業界にいる我々は、

安全に そして快適に住んでゆける空間づくりを

学び続けていかねばと思います。

 

平成では自然災害が多く発生しました。

大きな災害が次々とおこっていた様な印象です。

そして今後も何かが起きるかもしれません。

防災用品や飲食物など日頃の備えも必要だと思います。

我が家でも再チェックをしようと思いました。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部装飾のあれこれ

こんにちは。立川展示場の黒川です。

立川は今日も良い天気です!

 

 

さて今週はレンガ積の家をご検討いただいている

お客様とのお打合せがありました。

 

現在、ご検討いただいているのは

レンガの中でも特に人気のある白色の煉瓦です。

 

白レンガ

 

レンガというと重厚な赤色をイメージされる方も

多いと思いますが白色ですと明るさと華やかさを

演出してくれます。

 

施工例はこちら

白レンガの家  施工例1

白レンガの家 施工例2

 

他にも白レンガの施工例はホームページで

多数ご紹介しておりますのでご今日のある方はぜひ!

 

さて今日の本題ですがレンガ外壁と共に

人気あるのが外観を彩ってくれる“外部装飾”です。

 

立川モデルハウスでも様々な装飾が付いています。

例えば

 

窓飾り

 

窓を縁取るようについている白い飾りです。

採用いただく割合も多く、一番人気のある

装飾ではないでしょうか。

 

軒天モールディング

 

軒裏についている凹凸のある飾りです。

歯形(デンタル)のような形をしていることから

“デンティルモール”などと名称されています。

 

こちらは今回、お客様からもご要望いただきまして

プランに取り入れさせていただきました。

 

ゲーブルルーバー

 

ゲーブルルーバーと呼ばれる丸型の装飾です。

こちらは八角形型のものや四角いものなど

様々なバリエーションがあります。

外観のメインになる箇所にはぜひ取り入れたい装飾です。

 

 

テラスやバルコニーのあるお家でしたら

ポーチ柱と手摺を組み合わせたこちらがおススメ。

美しい曲線のある手摺は高級感が段違いです。

 

デザインを見て、決して「掃除が大変そうだな~」とか

思ってはいけませんよ(*^^*)

高圧洗浄機などを使ってたまにお掃除してあげれば

結構、きれいな状態を保てます。

 

と、今回は立川モデルハウスの装飾を

紹介させていただきましたが

いずれも煉瓦の重厚さをより引き立たせるような

アイテムだと思います。

 

輸入住宅には他にも多数の装飾品があります。

(それが輸入住宅の魅力の一つでもありますね。)

 

そちらはまた、別の機会にご紹介させて

いただければと思います。