寒空でのバラの手入れ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

寒くなってきたのですが、
モデルハウスのバラの手入れはしないとならないので
今日は朝から気合を入れてツルバラの葉っぱ摘みをしました。

 

レンガの洋館とツルバラ

 

正面玄関側には2つのオベリスクと2つのアーチがあり、
そこに合計9本のツルバラが誘引されています。

 

2つあるアーチのうち1つは先日作業したので、
今日は残る1つのアーチと2つのオベリスクの作業をしました。

 

レンガの洋館とツルバラ

 

写真を撮ったのが夕方になってしまったからといって
夕方まで作業が掛かったわけではありませんが、
さすがに一人で2つのオベリスクと1つのアーチは身体にこたえますね・・。

手が届かない高い場所は脚立を利用するのですが、
奥の方は手を伸ばしただけでは届かないところもあるので、
かなり無理な姿勢を強いられてしまいます。

 

それに何といっても風が冷たくて寒かった~。。

 

とりあえず作業が終わった時点で
背筋がかなり悲鳴をあげていました。

明日、筋肉痛だろうな・・。

 

バラの葉っぱは、
まず枝をしっかり持って
葉っぱの付け根をつまんで下の方に引っ張れば
簡単に取ることができます。

 

ただ、葉っぱの付け根に新しい芽がもうできていますので、
芽を痛めないようにだけ注意しましょうね!!

 

赤く膨らんでいるのが新しい芽ですよ!

 

今の時期は葉っぱを取るだけで
枝の剪定や誘引のし直しはしません。

それらはもっともっと寒くなった1月から2月へかけて行います。
なぜなら・・・。

・・・話しが長くなりますので、
バラのお手入れにつきましては
是非オーナーズ倶楽部レポートをご覧くださいませ。⇒コチラ!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。