本場のレンガの家

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

おかげさまで、
天草ハウジングといえば
レンガの家で広く知られるようになってまいりました。

 

レンガの家はご存じの通り欧米から伝わってきたもので、
ルーツはやはり欧米にございます。

 

以前、アメリカ研修の時の画像が残っているので、
あらためてアメリカのレンガの家を見てみました。

 

 

まずは赤レンガのジョージアンスタイルのお宅です。

玄関を中央に配し、
左右の窓をシンメトリーに並べる伝統的なスタイルで、
日本でも人気のあるスタイルの一つです。

本場の家らしく、
屋根の両端にチムニーがございますね。

格好いい!!

お庭がこれだけ広ければ、
玄関までのアプローチも長くとれて
このデザインがより引き立ちますね!

 

 

かなり年季の入った雰囲気のレンガのお宅です。

傾斜地を利用してなのか、
意匠的にそうしたのかはこの写真では判りませんが、
2階に玄関があって、
お庭の方から見ると3階建てになっています。

傾斜地に建築する場合には
このような手法も参考になりますね。

 

 

 

こちらも敷地が道路よりも高くなっている物件です。

お庭自体を傾斜にして土留めを造っていませんね。

日本では雨によって土砂が道路に流れないように処理しないとなりませんので、
なかなか同じようにはいきませんが、
このような手法をとることで
土留めの高さを低く抑えることが出来、
建築コストを大幅に削減する可能性はございます。

屋根がかなりの急こう配なので、
デザイン的にとても素敵に見えます。

グレー色の渋いレンガの色や、
落ち着いた色合いのブルーで統一したサッシ枠やコラムなどが
とてもお洒落に彩っていますね!

 

海外の家の写真を見ていると、
デザインや色使いなど参考になるものが多く、
営業マンとしての引き出しを少しでも増やしていく上で
とても重宝しています。

 

 

番外編

 

 

こんな豪邸を建ててみたい!!

こちらは家ではなく、
おそらくゴルフ場のクラブハウスなんだと思いますが、
石貼り(石積み?)の外壁と
幾重にも重なる切妻屋根、
大きな窓、
格好良すぎます!!

アメリカの豊かさを象徴するような建物ですね!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

7月12日

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

今日は午前中は天気よかったですが、
午後からは厚い雲が出てきました。

雨降るんですかね・・?

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

今日は7月12日の日曜日、
ハウジングワールド立川には
たくさんのお客様がいらっしゃいました。

そして当社のモデルハウスも
多くの方にご見学いただきました。

 

 

外は蒸し蒸しと暑いのですが、
室内はサラッと快適です。

この快適性能を肌で感じでいただきたいですね!

 

さて、新型コロナウィルスの感染者が増えてきているこの時期に
息子がとある国家資格の試験があると、
今朝、家を出ていきました。

コロナに加えて豪雨災害もあり、
今日予定通り試験が行われるかどうか、
今朝の7時にサイト上で発表されることになっていたそうですが、
予定通り行われたようですね。

しかし当日の朝に発表って、
相当な綱渡り状態なんですね・・・。

 

かなりの人数が受験するそうなので、
当然、密な状態になってしまうのでしょうが、
そうなるとコロナに感染しないか、
クラスターが発生しないかなどと、
ついつい心配してしまいます。

何ごともなく無事に終わったのかどうか、
わかるのにはやっぱり2週間かかるんでしょうか?

 

 

 

息子が受けた国家資格はとても難関なので、
うちの息子が一発で受かるわけがない!
と思ってしまっている悪い父親ではありますが、
とても頑張って勉強をしていた息子に
何かご褒美をということで、
今度のお休みの日に
フランチャコルタのスパークリングワインを
一緒に飲もうということになっています!

 

 

若き挑戦者は今日、思い通りにできたのでしょうかね?

もし合格をしていたら、
その時はもっと奮発したご褒美を考えないとなりませんね。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

壁紙の選び方が凄いお宅

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

コロコロと変わる天気の一日でした。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

今日は土曜日でしたので、
新築に向けたお打合せや新規のご来場があり、
なかなか充実した一日でした。

 

さて、最近立川モデルハウスのインスタを担当しており、
毎日、どんな写真をアップしようか
迷うことが多くなりました。

 

インスタなので、
やはり見栄えがする写真でないと
なかなかご覧いただけないので、
過去の物件の画像を
隅から隅へとチェックする毎日です。

 

そんなこともあり、
なかなか凝った家が思いのほか多くあることに気づき、
いまさらながら
天草ハウジングの対応力の凄さを実感しております。

 

今回は壁紙の使い方がとても個性的な、
といいますか、
なかなか他では見かけない使い方をされたお宅をご紹介します。

 

 

 

ブルーが基調のベッドルームです。

ブルー系は心地よい色なので、
寝室に向いているお色ですね。

ただこちらのお宅は
割とビビットな色合いのブルーを選択しており、
また、一面だけワンポイントというのは最近の流行りではありますが、
そのワンポイントが無地!を選択されたのが凄いですね。

しかも無地の面だけ腰高のウッドパネルが無い!!!

かなりの高等テクニックではないでしょうか。

 

 

 

とてもきれいな色合いでコーディネートされたリビングルームです。

吹抜けになっているため、
広い壁面がありますが、
ホワイトのダマスク柄のクロスを選択されています。
光加減によってダマスク柄が浮き出る
とてもきれいな壁紙です。

このお部屋は腰高の壁モールディングを施していますが、
よく見ると
このモールディングの部分にストライプ柄の壁紙を合わせていますね。

普通、モールディングを施す面は無地のクロスか、
または塗装仕上げの壁にすることが殆どですが、
ここにも柄を合わせたのが凄いです!

こちらもかなりの高等テクニックですね!!!

 

 

 

濃い赤の大柄の壁紙に
ブルー系の柄のカーテンを合わせたお宅です。

家具やシャンデリアはアンティークなもので合わせていますので、
本来であればかなりクラシカルな雰囲気に仕上がるのだと思いますが、
この壁紙とカーテンによってエレガントさがかなりプラスされていますね。

赤と青、普通は喧嘩してしまう色ですが、
アンティークな雰囲気がそれを中和しているように私には見えます。

こちらもかなりの高等テクニックです。凄い!!!!

 

 

 

キッチンの壁にワインのボトルの絵が描かれた壁紙を貼ったお宅です。

ウィットに富んだ感じで楽しいですね。

場所がキッチンだからということもあるのでしょうが、
思いのほか違和感もなく、
お洒落な感じがします。

 

 

 

最後はおトイレです。

一瞬、どこかの宮殿に迷い込んでしまったかのような錯覚を得ます。

私のような男子であれば、
この面を背にするよりはこの面に向かって使用することが多いので、
このとてつもない奥行き感を常に感じながら・・・、
なんか楽しそうですね!

狭い空間だからこその目の錯覚を利用したテクニック。凄いですね!!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

アパート工事 レンガ積みが始まりました!

 

こんにちは。

立川モデルハウスの黒川です。

 

他のスタッフもブログで紹介していましたが

先日、TBSテレビの「ワールド極限ミステリー」にて

立川モデルハウスが出演しておりました。

 

海外の再現ドラマの舞台として

登場していたのですが結構、長い時間

映っていたので見ていて楽しかったです。

 

普段見慣れたモデルハウスでも

テレビに出てくると「お~出たっ!」と

何かテンションが上がりますね。

 

 

さてここから今日の本題ですが、私が担当している

三鷹市のアパート現場にて

いよいよ外壁のレンガ積みがスタートしました。

 

早速、現場に行ってきましたよ~

 

 

レンガ 外壁

 

今回、お選びいただいたのは黄色のレンガです。

煉瓦というと重厚なイメージががあると思いますが

黄色レンガは重厚ながら明るい雰囲気になるため

こちらも人気色となっています。

 

 

レンガ 黄色

 

人気の黄色レンガですが、アパート物件では

過去に使用されたことがないため

今回が初めての事例になります。

出来上がりが今から楽しみです。

 

 

 

室内の方も大工さんによる工事が進んでいます。

こちらのお部屋は石膏ボードを貼り終わり

フローリング工事中です。

 

 

 

工事中はシートがかけられていて

全体の様子がわかりにくいですが

素敵なアパートになりそうな予感(^^)

 

また近々レポートしたいと思います!

 

威厳のあるお部屋

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

どんよりした梅雨空、
雨は上がったようですが、
分厚い雲に覆われています。

梅雨明けが待ち遠しいですね。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

 

さて、
8日(水)の21:00からTBSテレビで放送されました
ワールド極限ミステリー、
ご覧いただけましたでしょうか?

我が、立川モデルハウスが出演しておりまして、
私も録画予約をしたのですが、
結局オンタイムで観てしまいました。

 

 

アメリカのお役所という設定で
立川モデルハウスの書斎が出ていました。

 

ワールド極限ミステリー WEBより

 

このシーンの後、
岩瀬さんがブログで書いているように
チェニジアの家のシーンでも玄関ホールやテラスが映されていました。

 

 

立川モデルハウスの書斎は
木製パネルを壁前面にあしらい、
モールディングで化粧を施していますので、
とても格式が高く
ある意味、威厳のあるお部屋です。

 

立川モデルハウス 書斎

 

見学をされるお客様には
よく大統領の執務室のようだ、とおっしゃっていただけます。

 

なので、
確かにアメリカの役所というシーンには
うってつけのお部屋だったのでしょうね!

お役に立てただけでも嬉しいのに、
とてもキレイに撮っていただけて、
すごく光栄でした。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

梅雨時でも全館空調は快適

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

雨が降ったり止んだりの一日です。

九州の方では大雨で災害となってしまいました。
梅雨明け間近は大雨が降ることが多いですが、
それにしても凄い雨だったんでしょうね。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

立川の空はどんよりとしていますが、
大雨が降りそうなほどの黒い雨雲は見当たりません。

 

しかし凄い湿度ですね。
気温はさほど高くないですが、
まとわりつくような湿気です。

 

こんな天気でも
高気密高断熱住宅で
全館空調が完備されている立川モデルハウスの室内は
快適そのものです。

 

立川モデルハウス リビング

 

カラッとしているというほどの実感はないですが、
ジメッとする感覚や
保湿時にありがちなひんやり感はまったくありません。

 

ではどんな室温と湿度なのでしょうか。

モデルハウス内の4つの場所に置いてある
温湿度計を見てみましょう。

 

まずはキッチンに設置してある方です。

 

 

 

気温と湿度が交互に表示されています。

現在は室温24.2℃、湿度は59%です。

60%以下に抑えられていますから、
理想的な状態なんですね。

室温も冷えすぎておらず、良い感じです。

 

では、書斎に置いてある方をチェックしてみましょう。

 

 

 

気温が23.8℃、湿度が58%。

キッチンよりも0.3℃低いと言えば低いですが、
体感的には全く差を感じません。

こちらも十分快適な環境になっています。

 

 

それでは2階へ行ってみましょう。

 

まずはキッチンショールームです。

 

 

 

気温は23.4℃と1階よりも少しだけ低くなっていますが、
湿度が62%と、
残念ながら60%を超えています。
ですが、体感的にはやはり殆どさを感じません。

 

最後に打ち合わせ室です。

 

 

 

気温24.0℃、湿度が59%でした。

こちらは1階とほとんど一緒ですね。

 

高い気密性と断熱性を持っている立川モデルハウスですが、
全館空調によるお部屋間の気温のバラツキは 0.8℃、
湿度のバラツキが 4%でした。

全館空調の設計上の室温のバラツキの許容範囲は ±2℃と言われていますので、
立川モデルハウスの全館空調はとてもよく機能していると言えますね!!

 

天草ハウジングの全館空調は質が違う!!
そんなことが実証できそうです。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

緊急告知です!

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

突然ですが告知です。

 

7月8日(水)夜9時から、
TBSテレビで放送されます「ワールド極限ミステリー」を
是非ご覧ください!!

 

番組の予告によりますと
この日は4本のストーリーが予定されていますが、
その中の一つ、

「夫が息子を誘拐!母親が特攻野郎の特殊チームと国境を越え
息子を奪還ミッションを決行」

のお話しに、
天草ハウジングの立川モデルハウスが出演?させていただいております。

 

天草ハウジング 立川モデルハウス

 

どのような形での出演か、
どのようなストーリーかも含めて
全くお教えすることはできませんが、
少しでも多くの方にご覧になっていただきたいです!!!

7月8日(水)夜9時です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

再びバラに彩られた立川モデルハウス

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

7月5日、
東京都民の方にとっては
今日は東京都知事選挙の日ですね。

私は今朝、出勤前に投票所へ行って
清き?1票を入れてきました。

コロナ対策やオリンピックのことなど、
次の都知事はとてもハードワークが求められると思いますが、
当選された方には
是非とも強いリーダーシップと正しい判断力で
この難局を乗り越えていっていただきたいです。

 

さて、今日もどんよりした天気ではございますが、
立川モデルハウスの庭にバラのお花が戻ってきましたよ!

 

 

日本古来の品種もあるバラですが、
殆どはイギリスやフランスなど欧米で品種開発され生まれたものが大半で、
その為、バラのお花は輸入住宅のような洋風のデザインの家に
とても相性が良いです。

 

立川モデルハウスには40種類以上のバラが植えられており、
花が咲く季節には色とりどりのお花が
レンガ外壁の立川モデルハウスを彩ってくれています。

 

 

今咲いているバラは
四季咲きの品種の2番花です。

四季咲きのバラの花はおおよそ45日間隔で咲くと言われており、
5月中旬に1番花が咲いてから今がちょうどその頃に当たるんです。

 

 

雨が多い時期なので、
お花が痛みやすく奇麗な状態を保つのには手が掛かってしまいますが、
手を掛ければその分奇麗に咲いてくれるので、
手入れをするこちらとしても
やりがいがあるというものです!

 

 

立川モデルハウスのバラのことについては
天草オーナーズ倶楽部レポートにてより詳しくご紹介しておりますので、
もしご興味がございましたら
覗いてみていただけると嬉しいです。

 

天草オーナーズ倶楽部レポートはこちらからどうぞ。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

高台に建つ家

 

こんにちは。立川モデルハウスの黒川です。

 

今日も雨模様で涼しい一日になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

先日ですが世田谷区で土地購入を検討されている

お客様よりプラン設計のご依頼をいただきました。

 

依頼をいただくとまず行うのが敷地調査ですが

今回は購入前の土地ということもあり

現場確認は行わずに調査を行うことになりました。

 

まずは法務局で土地の面積や権利関係を確認した後

区役所にて前面道路や近隣建物の情報を行います。

 

 

世田谷区役所

 

用事のあった建築調整課はこの日、結構込み合っていて

40分ほど待ってようやく順番がまわってきました(;^_^A

調査は無事完了です。

 

そういえば今回、車でなく電車で区役所に来たのですが

生まれて初めて「世田谷線」に乗りました。

 

世田谷線

 

2両編成の可愛らしいフォルムの電車です。

 

駅に改札がなく電車内でお金を払うバスのような

支払いシステムだったため

はじめは仕組みがわからず少し焦りました。。

 

 

さて、本題に戻ります。

今回ご依頼いただいた建築地

整形地で十分なサイズがあるのですが

敷地の奥側が約5mほど下がった

いわゆる“崖地”でした。

 

土留めのよう壁を作り直すことは

周辺環境から考えても難しそうでしたので

擁壁を生かしながら建物の設計でしっかりとした

安全対策を取る必要がありそうです。

 

そのため高低差のある土地は平坦地に比べて

建築コストがかかってしまうのが欠点ですが

景観の良さやまわりの視線を気にしなくても良いという

利点もあります。

 

天草でも多数の施工事例がございますよ。

 

高台に建つ家

 

こちらは道路から敷地が上がっているいわゆる“高台に建つ家”です。

日中でもカーテンを開けっぱなしにして開放的な暮らしが出来そうですね。

 

 

高台に建つ家

 

こちらも高台に建つ赤レンガのお家です。

平坦地に比べて更に煉瓦積みの存在感が増しますね(^^)/

 

今回ご紹介した2例とも高台であることを

考慮した設計プランとなっております。

 

対策方法は色々とありますので

もしご検討中の土地が崖地・高台に該当する場合は

無料で敷地調査のお手伝いをさせていただきます。

お気軽にご相談ください!

 

ワールドワイドな輸入住宅

こんにちは。立川モデルハウスの竹内です。

 

梅雨空の土曜日、
どのような週末をお過ごしでしょうか?

 

今日は過去に建築させていただいたお宅の中から
特に印象に残っている物件をご紹介します。

 

レンガの輸入住宅 施工実例

 

赤レンガの外壁をもつこちらのお宅は、
外観は立川モデルハウスのイメージを踏襲し、
大きなアーチ、塔屋、カバードテラスを備えております。

 

とても素敵な外観ですが、
このお宅の本当の見どころは
実は室内にあるのです!!!

 

 

玄関を入ると、
サーキュラー階段がある吹抜けのホールになっています。

外観からのイメージと変わらない、エレガントな雰囲気です。

 

 

リビングはヨーロピアンクラシックなイメージで、
グリーンを基調にコーディネートされていて、
これもまた、外観からのイメージと変わりません。

 

ところが、いくつかある個室は
全てインテリアのテーマが別々に決まっており、
全く雰囲気が違うコーディネートがされているんです。

 

 

とある個室はヨーロピアンカントリーでまとめられています。

熊の毛皮が印象的ですね!

 

 

 

こちらのお部屋はアジアン・リゾート。

南国を思わせる小物や家具が楽しいですね!

 

 

 

こちらのお部屋は、なんとアラビアン!!!

アラジンに出てくるような世界観で、
水たばこを楽しむ姿が目に浮かびます。

 

 

 

かと思えば、
トレーニングルームも造ってしまいました。

正面の鏡に映りこんでいる滝と森は壁紙です!!

 

 

 

そして和室もございます。

広縁も備わっており、
写真には写っていないのですが、
このお部屋から見えるお庭は日本庭園風にしてあります。

 

どのお部屋もかなりのこだわりようですが、
これらのお部屋がすべて同じお宅にあるのですから、
インテリアコーディネートって奥が深いですね!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。