さいたま市クイーン・アン・スタイルの赤レンガの家

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

季節の変わり目だからか、
雑菌にめっぽう強い私が珍しく風邪をひいています・・。

 

今日はさいたま市で建築中の物件へ行ってきました。

赤レンガの外壁で造るクイーン・アン・スタイルの家です。

 

 

ドーン!!いかがでしょう?

 

といっても、ネットで全く分からないですね(笑)。

 

完成予想はこんな感じです。

 

 

細かい部分は多少変更されていますが、
おおよそこんなイメージで完成される予定です。

 

現在の現場の状況はといいますと、
まずレンガの施工準備がされていました。

 

 

まだセメントを入れていませんので
仮置きの状態です。

 

レンガが始まるということは、
サッシ周りのモールディングは取り付けられているんですね。

 

 

レンガの場合のサッシ用モールディングは
GRC製(Grass fiber Reinforced Cement:ガラス繊維強化セメント)で、
ご覧のような分厚さです!

重量もかなりありますよ!

 

強化セメントということで塗装仕上げ前は灰色ですが、
お好きなお色に塗装することが出来ます。

今回は大人気のホワイト色に塗装をします。

 

 

室内の方は断熱材の充填が始まっていました。

 

 

壁面に90mm厚の高性能ブラスウールを充填します。

断熱材を入れ終えたら、
内側に気密シートを貼りめぐらせます。

 

ちなみにこのお宅は全館空調MaHAtシステムを採用しますので、
屋根面に吹付のウレタン断熱が160mmという厚さで充填する予定です。

これでバッチリ、超高気密高断熱の家になりますね!

 

完成は6月下旬の予定です。
外構工事の打合せを急がないとならない時期になりました。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

フロアコーティング

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

最近、ナチュラル志向からなのか、
フローリングの表面仕上げがツルツルと光沢のあるものではなく
光沢のないマットな感じのものが増えてきました。

 

マットな仕上げのフローリング (WEBより)

 

これはこれで落ち着いた感じで素敵ですね。

 

輸入系の無垢材のフローリングにも
ウレタンのコーティングがなく
アマニオイル等で仕上げた光沢のないフローリングが多く発売されています。

 

しかしこれらのフローリングの共通する注意点として、
水などのシミができやすいというデメリットがあることを忘れてはならないんです。

 

これは私ども住宅営業マンも
採用を検討されるお客様にきちんとご説明しないとならないのですが、
お客様の中には
ご納得いただいて採用したにもかかわらず、
お掃除がし難い等の理由で
フロアコーティングをされる方がいらっしゃるのも事実です。

 

こちらは5月発売の「輸入住宅スタイルブック」にも掲載される予定のお宅ですが、
飼われているワンちゃんたちのことを考えて
自然素材のアマニオイル仕上げのフローリングを選択しました。

 

お引渡し当時

 

フローリングの材質はオーク材ですが、
表面に光沢がなく
その為に滑りにくくて害もないというメリットがあります。

 

しかし使い始めてから間もなく
水ジミが出来やすいことがわかり、
お手入れが思ったよりも大変だということで、
結局フロアコーティングを施されました。

 

現在の状態

 

フローリングに光沢があるのがおわかりでしょうか?

コーティングされたことで水ジミの心配はなくなり、
お手入れも簡単になったそうです。

 

 

実際、フロアコーティングは
種類にもよりますが、
光沢は出ても滑りにくいものや
健康に害がないものもあるので、
小さいお子様やペットと同居される方は
積極的にご検討されても良いかもしれませんね!

 

そして現在、
私がご担当させていただいているお客様で
フロアコーティングをご検討されている方がいらっしゃいます。

 

メープル材のフローリング

 

メープル材の無垢フローリングですが
自然の風合いを生かした植物性オイル仕上げが施されており、
足ざわりが良い感じではあります。

今回ご提案しているフロアコーティングは
無機質のガラスコートで
人体に完全に無害であることと、
滑りにくく摩擦強度が高いものです。

ワックスフリーにもなり、
10年は問題なく大丈夫だそうです。

(メーカーさん的には30年大丈夫だとのことですが、
今のご時世、
なかなかそこまで大風呂敷を広げられないのもこれまた現実です・・。)

 

サンプルをご確認いただき次第
施工させていただく予定です。

 

見た目にもより美しくなると思いますよ。

施工したらまたご報告します。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

練馬区のプチ・ヴェルサイユ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

練馬区で建築中のフレンチ・アパルトマンスタイル3階建ての
外装工事が佳境に入ってきました。

 

アパルトマン・スタイル 3階建て

 

外装の仕上げのメインはモルタルの左官工事です。

左官屋さんがテキパキと施工していました。

 

今回はただの左官ではなく
石のテクスチャーを表現する
まさに職人技で行っております。

 

 

防護ネットの隙間から
仕上がりがちょっと見えていますね。

 

まだ施工したばかりで
水分を多く含んだままとなっていますので
この段階ではイメージよりも濃い色に見えています。

乾けば白っぽく、当初のイメージの色になってきますよ!

 

 

内部の方はだいぶ進んでいて、
ほぼ仕上がってきていました。

 

 

養生もしてありますし、
シャンデリアもまだ途中、
細かいところの詰めもこれからということで
目指した雰囲気までもう少し!!というところですが、
壁の装飾を見ると、
この家のポテンシャルの高さを予感させます!!

 

 

フレンチ・スタイルらしく
光沢の少ないマットな感じの仕上がりで
とても素敵でした。

 

 

お施主様はこの装飾を
ゴールドにするかホワイトにするかでかなり迷っていらっしゃいましたが、
ホワイトで良かったのではないかと思います。

ゴールドの方が派手さは出ますが、
今回のホワイト色はとてもキレイでシックに感じました。

 

ヴェルサイユ宮殿 王と王妃の寝室 金飾がスゴイ

 

ゴールドにする場合はインパクトが強いので、
高い天井高が必要かもしれませんね・・。

 

 

完成がますます楽しみになってきました。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

外構工事の打合せ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日、世田谷区で施工中の地下室付き3階建てレンガ輸入住宅の
外構工事についてお客様と打合せをしてきました。

 

地下室付き3階建て レンガの輸入住宅

 

高級住宅地の中にあっても
際立つ美しさと豪華さは圧倒的です。

現場の前にいても
通行人の方々からの注目度はかなり高いです!

 

しかし家は建物だけではなく
外回りの外構工事も印象を大きく左右します。

 

とくにこのグレードになってきましたら
かなり頑張って素敵な外構にしませんと
建物との調和がとれません!

 

ファサードもさることながら、
この家には地下室へ行ける外階段もありますので、
こちらも豪華仕様で仕立てることになりました。

 

地下室への外階段

 

広いドライエリア

 

ドライエリアに落ちないように手摺をつけるのですが、
その高さについても安全面を重視して1.6m以上にすることになりました。

 

問題はアイアンの門扉やフェンスのデザインなのですが、
WEB上でいろいろと見ていただいたところ、
これが良い!となったのがコチラです。

 

WEBより

 

お~!!、お目が高い・・・。

これだけレリーフが多いとちょっと高そうです・・。

 

さらに建物の横のボリュームを出すために、
ガレージ前にゲートをつけたらどうかというアイデアをいただきました!

 

例えばこんな感じでしょうか?

 

マストレさんより

 

デザインを合わせてつければ格好良いのは間違いなさそうです。

ただ、幅が8mくらいあります。

強度的に不安がありますので、
メーカーさんの確認をとらないとならないです。

 

土間の仕上げについては
車がメインのガレージ前はピンコロをご提案しました。

 

ピンコロ

 

車の重さに耐えられるだけでなく、
ハンドルを切った時の力も相当強いため、
剥離しにくいものが良いと思って、
ピンコロをお勧めしました。

貼り方を工夫すればピンコロもお洒落になります!

 

しかし人がメインの玄関前は
ピンコロでは凹凸があり過ぎてパンプスを履いたご婦人にはちょっと辛いので、
表面がスムーズなタイルをご提案したいと思います。

 

現地で打合せをすると
イメージが湧きやすくて良いですね!

あとはそれをまとめてご提案しないとなりません。

 

お施主様に喜んでいただけるようなプランをご提案できるように
頑張りたいと思います。

 

 

 

さて、ここからはおまけですが、
先日のブログでも書かせていたいた通り、
昨日4月17日は「マルベックの日」ということで、
成城石井さんで仕入れたアルゼンチンワインをいただきました。

 

TERRAZAS de los Andesの「マルベック・レゼルバ」

 

マルベックのワインらしく
ボディーが強めながら渋味が少なく、
ついつい飲み過ぎて
今日は少々二日酔いです・・。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

ワールド・マルベック・デー

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

よく使うワインの通販サイトを見ていて初めて知ったのですが、
4月17日は「マルベックの日」なんだそうです!

 

4月17日って明後日ですよ!

ご存知でしたか??(笑)

 

マルベックというのはワイン用のブドウの品種で
ボディーが強く果実味に溢れながらも
渋味が少ないという、
飲みやすくて美味しいワインになります。

 

ワイン用品種「マルベック」

 

マルベックはもともとボルドー原産ですが、
今ではアルゼンチンで多く生産されているようです。

 

アルゼンチンでマルベックを主要のワイン品種にしようという流れから
マルベックを発展させていくことを祝う日ということで
4月17日が「マルベックの日」と決まったようです。

 

この日は本場アルゼンチンばかりでなく、
アメリカやイギリスでも
「ワールド・マルベック・デー」として
とても盛り上がるのだそうですよ!!

お~、楽しそう!!!

 

 

 

調べたら日本でもイベントを行っているところがありました。

 

ホテル・リッツ・カールトンの「ワールド・マルベック・デー」

 

かの、ホテル・リッツ・カールトンでも行われるようです。

なんと、参加費は25,000円!!!

さっすが、高級です!!

 

ここは無理でも
どこか近場でやっているところがあったら
行ってみたいですね!

 

 

そういえば、
先日のピーロート・ジャパンさんの試飲会でも
マルベックのワインを購入していましたね。

 

パスカル・トソ アルタ・マルベック

 

パスカル・トソ アルタ・マルベック

 

パスカル・トソのアルタ・マルベック。
ヴィンテージは・・どうだったかな?

アルゼンチンの生産者で
2017年の天草ハウジング・クリスマスパーティーでも
こちらの生産者さんのワインをご紹介したことがあります。

 

アルタシリーズはその中でも
高級レンジのワインです。

試飲して、その凝縮感と香りのよさに圧倒され、
衝動的に欲しくなった1本でした。

 

南米のワインはコスパが良いものが多いですが、
こちらのワインは決してお安くはなかった・・・です。

ほろ酔い気分でなければ躊躇したかもしれませんが・・。

 

なので、明後日にいただくにはちょっともったいないなぁ・・、
というのが本音なので、
明日のお休みを利用して
お手頃価格で買えるマルベックのワインを探しに行こう!!と思います。

 

せっかくなので楽しみたいですね!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

悩ましいバラ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

雨が降りそうな天気になってきました・・。

雨・・・、嫌だなぁ~。

 

さて、4月も中旬となり
立川モデルハウスのバラはほとんどの品種がツボミをつけてきました。

 

 

バラにも早咲きのものや遅咲きのものもありますので、
ツボミの育ち具合にも個別差があります。

 

 

 

主寝室の窓辺に咲くように仕立てているバラ。

葉が赤っぽい方はツルバラのアンクル・ウォルターで
真っ赤な大輪の花が咲きます。

黄緑色の葉っぱの方は真っ白な花を房状に咲かせる
アイスバーグです。

どちらもまだ小さいですが
ツボミをつけています。

赤と白が入り混じって咲くようにイメージして仕立ててきましたが、
どうやら上手くいきそうですね!!

 

真っ白のアイスバーグの反対側の隣には
紫色の花が咲くブルー・バユーを生けているのですが、
こちらはまだツボミがついていません。

 

 

このバラは昨年、
たった1回だけ、それもたった1輪咲いただけで、
ひたすら枝を伸ばしているだけだったので、
今年はツルバラのように枝を横に寝かして生けてみました。

芽吹きは順調でしたが、
ツボミが出てこないと
「また今年も咲かないのか・・?」と不安になってしまいます。

 

昨年の11月にやっと1輪だけ花をつけたブルー・バユー

 

大丈夫かな~???と観察していると、
たった1個だけツボミを見つけました!

 

 

遅咲きのタイプなんでしょうか?

それともこの生け方でも花数は少ないのか??

たわわに咲かせたことがないので分からないです。

 

とにかく今年もこの1つだけにならないようにしたいのですが。。

 

要観察ですね・・。

 

主寝室の窓辺を赤・白・紫のバラで彩る計画なのですが、
さて上手くいくでしょうか??

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

インテリアに素敵な彩を添えるステンドグラス

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は少し暖かいですね!
寒いのはもうこりごりです・・。

 

さて、インテリアに彩を与えるアイテムとして
家具やカーテンが思い浮かびます。

色を少し足してあげるだけで
インテリアに温かみと個性が増しますよね!

 

カーテンも良いのですが
輸入住宅のインテリアをグッとクラシカルな雰囲気にするアイテムとして
是非お勧めしたいのがステンドグラスです!

お気に入りのお部屋にステンドグラスを入れるだけで
高級感とオシャレ感がグッと上がってきます。

 

ステンドグラス施工例

 

上の写真のようなやり方であれば、
ステンドグラスを壁にはめ込むだけなので
それほど難しい工事でもありませんし、
ステンドグラスも既製品などお手頃価格のものもございますので
比較的に安価で実現できます。

 

もっと簡単な方法は
リビングのドアなどにステンドグラスのドアを入れるという方法もあります。

 

ステンドグラスのインテリアドア

 

こちらはシンプソン社のドアです。
標準品よりは高価になりますが、
存在感と高級感は折り紙付きです!!

 

 

ステンドグラスを入れる場合に
必ず考慮しなければならないことがあります。

 

それは・・・光を通させる!!!です!

 

せっかく奇麗なステンドグラスを入れても
ステンドグラスに光が当たらなければ
奇麗な色味が発揮されず
残念な感じになって今います。

 

なので、見たい側から奇麗に見えるように
反対側からステンドグラスに光を通すように考慮します。

 

ステンドグラスのあるインテリア

 

この写真は当社の施工例ではございませんが、
奥のドアらしきところにあるステンドグラスに
しっかりと光が当たっています。

テーブルの配置から奥にお部屋があるようには思えません。

きっと裏側にライトが仕込まれているんでしょうね。

 

ステンドグラス施工例

 

こちらも窓の横にあるステンドグラスを
裏側から照らしている施工例です。

ステンドグラスの裏側に照明器具を仕込んでいます。

 

電気に頼らず自然光を生かすのであれば
窓にステンドグラスをはめてしまうのも手ですね。

 

ステンドグラス施工例

 

十分すぎる光でステンドグラスが奇麗に輝いています!

ただ、窓にはめる場合はステンドグラスを窓サイズに合わせないとならないので、
専門業者さんによる調整が必要となります。

また、窓自体の開閉が出来なくなる場合もありますので
十分に注意が必要です。

 

ステンドグラス施工例

 

ステンドグラス施工例

 

ここまでくると
かなり上級テクニックが必要になります。

でも見事な仕上がり!
圧巻ですね~!

 

ステンドグラスをご要望でしたら
どうぞお気軽に天草ハウジングにお問い合わせくださいね。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

のどかな川沿いの道

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

桜もいよいよ見頃を終えたんでしょうか。

ひらひらと花びらが散っております。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

この季節は落ち葉の季節と並んで
展示場のお掃除が大変な時期です・・。

特に桜の花びらは
昨日のように雨が降ってしまうと
大理石やバラの葉っぱに引っ付いてしまい
なかなか取れないんですよね・・・。

 

 

さて、この前の火曜日はお休みをいただいており、
天気も良かったので
お散歩も兼ねて
近くの恩田川沿いの遊歩道を走りました。

 

恩田川は鶴見川の支流の一つで、
町田市で生まれて横浜市緑区の中山あたりで鶴見川に合流します。

 

町田市内では桜並木になっていて
火曜日もたくさんの人が見物に来ていましたよ!

 

恩田川の桜、桜、桜・・・・

 

川幅が狭いので
幾つかある橋の上から見るのがおススメです!!

両岸からせり出す桜の花は
なかなか見事ですよ!!

一部、河原に降りられる場所もありますので、
そこから見ても見ごたえあるでしょうね。

 

そんな中を走るので、
桜を見ている人達にぶつかったりしないように
ゆっくりと慎重に走りました。

 

横浜市に入ると一変して田園風景になります。

 

都県境

 

これでも横浜市・・・

 

田園都市線の田奈駅の脇を通り抜けて
田園地帯を南へひたすら進むと
やがてマンションが立ち並ぶエリアに到達します。

この辺りがJR横浜線の中山駅付近になります。

この先で恩田川は鶴見川に合流するようですよ!

 

中山までの往復は
20キロほどの平坦なコースでした。

最近は坂が多いところばかり走っていたので
それに比べれば快適なお散歩ランになりました!

 

芝桜が奇麗な場所もあるそうなので、
芝桜が咲くころにまた行ってみようかな~と思っています。

 

恩田川の芝桜(Webより)

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

住宅のIoTに感動した1日

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日と一昨日の暖かさで
桜が一気に満開になりました。

 

 

レンガの輸入住宅である立川モデルハウスは
桜の木が目の前にありますので、
眺めは最高です!

 

また、花壇では
チューリップが咲き出しましたね。

 

 

お花を植え替えるたびに
球根があっち行ったりこっち行ったりして、
チューリップは全く目立たないところに移動してしまいました・・。

 

今日はモデルハウスの前の寄せ植えを整理しました。

 

 

お花を入れ替えて、
伸びすぎたアイビーを切り詰めました。

ちょっと奇麗になったかな??

 

 

さて昨日は、
これから建築をされるお客様へ
住宅のIoTの提案をさせていただきました。

 

「IoT」とは「Internet of Things」の略で、
家の家電などをインターネットでつなげて、
それをスマホでコントロールできる状態のことを意味します。

 

今回は株式会社サンエーさんが出している
「S-REMOS」という商品をご紹介しました。

 

 

「S-REMOS」の本体をルーターにつなぎ、
「S-REMOS」本体と照明器具やエアコン、電子錠の玄関ドアを
電気配線でつなげるだけです。

 

一般的なIoTは
コントローラーから各器具へ無線で指示をだすので、
障害物で無線が届かなかったりするトラブルが多いのだそうです。

例えば、
外出先からスマホでエアコンのスイッチを入れようとした場合に、
スマホからルーターを経てコントローラーまでは指示が来たとしても、
無線が何かしらの理由で器具まで届かなかなったら
エアコンは作動しません。

しかも外出先では誤作動が起きたことはわかりようもないですよね。

 

でも「S-REMOS」の場合はコントローラーから各器具へ有線でつなぐので、
誤作動が起きにくいだけでなく、
「キチンと指示通りに作動した」ことが
外出先のスマホ上で確認ができるので安心です!!

 

サンエーさんの担当の方が
千葉にあるモデルハウスのライトやドアの鍵を
うちの横浜モデルハウスから実際にスマホで操作をしたのですが、
その状況をリアルタイムの映像で見た時は、
感動してしまいました。

聞くのと見るのとでは大違いだなぁ~、と
あらためて思いました。

 

クラシカルな輸入住宅に
最新の技術を導入するのも悪くないですね!

 

 

仕事と直接関係はありませんが、
サンエーさんは私と同じく横浜DeNAベイスターズを応援しているそうで、
ちょっと親近感が湧いてしまいます(笑)。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

暖かくなると虫が多くなる

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は大切な打ち合わせがあり、
横浜展示場に来ております。

 

打合せが終わった後、
横浜モデルハウスの庭を観察していたら、
立川より横浜の方が暖かいからでしょうかね、
バラのツボミが立川より多いような気がしました。

 

特にツルバラのピエール・ドゥ・ロンサールにツボミがあったのには
驚きました!

 

 

立川にも同じバラがありますが、
ツボミはまだつけていなかったと思います・・。

 

ピエール・ドゥ・ロンサールは
とても丈夫で育てやすく、
花も大輪でグラデーションピンクなので、
見た目にも華やかで人気のバラですよね!

 

開花時のツルバラ ピエール・ドゥ・ロンサール(中央) ~ 立川モデルハウス

 

 

ほぼ職業病みたいなもので、
バラがあると観察するクセがついてしまい、
今日もまじまじとバラを眺めていたら
明らかに食害を受けたバラを見つけました!!

 

 

これはけしからん!!!と血眼になって虫を探したら、
なんと芋虫がまさにモグモグとお食事中でした!!!

 

 

食事中の芋虫には悪いのですが、
こちらも命をかけてバラを守っているので、
早々に退治させていただきました。

悪しからず・・・。

 

 

これから害虫がどんどん増えてきますので、
食害された痕や虫の糞らしきものを見つけたら、
被害が広がる前に退治しないとですね!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。